05/02/2018

バブル時代のヒット曲 - Over Night Success

前回 「バブル時代のようなエナジーや良い意味での陽気さを取り戻そう」という雰囲気やカルチャーが生まれつつあるようだ」と書きましたが、当時(1980年代中頃~90年代前半)をイメージさせるものといえば、僕にとってはこの曲だったりします。

カセットテープのTV コマーシャルで使用されていたので、覚えていらっしゃる方もいるかもしれませんね。テリ・デザリオという歌手が歌っていた「オーバーナイト・サクセス」という曲です。当時、働いていたフィットネスクラブで、朝の開館準備などの作業をしている時に、この曲がよく流れていたんですよ、有線放送か他の従業員の私物カセットテープか何かだったと思いますが ...(CDやMP3など、まだなかった時代の話ですね 笑)

特に、朝この曲を聴くと「今日も1日頑張ろう!」という元気が出るメロディーで今でも好きな曲です。
Previously I wrote that a social phenomena to be reminiscent of subculture and energy in mid1980's to early 90's is occurring in Japan currently. Speaking of these days, this tune is one of my favorites. Because, I was working at a fitness gym in Tokyo as a student part time instructor at that time, and this song was often played as a back ground music in that facility especially when the gym staffs were preparing for the opening of the facility in every morning.
Lyrics and melody of this tune energize and invigorate you at the start of the day !      

| | Comments (0)

04/29/2018

バブルブーム再びか、エナジーを取り戻せ! Regaining the energy

友人が「こんなの流行っているよ」と教えてくれました

「90年代バブル期のオイニーを撒き散らすセクシーアイドルユニット」だそうで、オイニーという響きが、とんねるずとか夕焼けニャンニャンを思い起こさせ、懐かしいです。20代・30代の皆さんにオイニーと言っても意味がわからないと思いますので、用語の解説をさせていただきますと「におい」の逆さ表現ですね。具体的用法としましては「おいにい、ぷんぷん」などと使用されていましたが、2018年の現在では、このような言語表現をする人は、おそらく、絶滅危惧種と同じくらいレアな存在になりつつあるかもしれません(笑)。

上記のビデオを見た率直な感想ですが、バブルのお姉さん二人のインパクトもさることながら、バンドを含めた全体の雰囲気やファッションなどが、バブル期に流行したディスコソングバンドのデッド・オア・アライブをなんとなく彷彿とさせるような気がします。日本のバブル期カルチャーの再来についてはNew York Timesのビジネス記事欄にも紹介されているようです(下記リンク)。あの当時のエナジーと明るさが世界と日本にも戻ってくるといいですよね。

One of my best friends recommended me this video, which is a girls duo that makes you recall an image and reminiscent memory of Japan's subculture from mid 1980's to early 1990's. If you are interested in this country's culture and social phenomena in those days, this article is detailed. https://www.nytimes.com/2018/04/06/business/japan-1980s-bubble-era.html
key words would be ... learning from the good old days, reconciliation, resilience, and create a new future !

| | Comments (0)

11/08/2017

Japanese girls band Gacharic Spin

I'm ignorant of recent showbiz topics, and one of my friends showed me the presence of a girls-rock band in Japan, their name is Gacharic Spin. When I saw their videos on youtube, my first impression was its taste is a bit like women's pro-wresting, because of the mixture of their bling bling costume, rock'en roll, dancing, seriousness and comedy tasting. It seems that they have a hardcore fan base here in Japan.

最近の芸能ネタには全く疎いのですが、友人からマニアックなガールズバンドの存在を教えてもらいました。名前は、ガチャリック・スピンと言うのだそうです。youtubeでビデオを見て、僕が思った第一印象は、「女子プロレスとか初期FMWのような雰囲気を感じる」ということでした。キラキラでフリフリの衣装がなんとなく、女子プロレスを思い起こさせるし、ギター、歌、ダンス、シリアス、コメディチックなど色々な要素を含んでいて、おもちゃ箱をひっくり返したようなところが、良い意味でプロレスっぽいなと感じました。僕と同じように彼女たちをプロレスと結びつけて考える人は他にもいるようで、天龍選手が出てくるプロモ・ビデオを見つけました(上記リンク)。今後の飛躍に期待。

| | Comments (2)

01/26/2013

2012年 訪日外国人観光客数           number of foreign tourists visited Japan in 2012

according to a press release by Japan National Tourism Organization
the number of tourists visited Japan from overseas in 2012
was 8.36 million people

after the massive earthquake in march 2011
the number of tourists from overseas dropped to a fairly large extent
however, this figure in 2012 is 34.6% increase compared to the previous year

among the 8.36 million visitors
2 million is from Korea    1.4 million is from Taiwan and China respectively   and 710,000 from the United States

conversely, the number of japanese people who went travel abroad
in 2012 was 18 million

i hope many more people will visit japan from overseas in the future !!
we welcome your coming to Japan, the country of rising sun
with hearty welcome !
fuji

日本政府観光局(JNTO)が、2012年に海外から日本を訪れた旅行者の
人数を発表しました

http://www.jnto.go.jp/jpn/news/data_info_listing/pdf/130125_monthly.pdf

2012年の訪日旅行者数は、836万人
2011年3月の地震の後、訪日旅行者数は激減しましたが
836万という数字は、2011年比で34.6%増で、回復傾向にあります
一方、2012年に海外旅行をした日本人の数は、1849万人

836万人のうち、約200万人は韓国から
台湾と中国から、それぞれ、140万人ずつ
米国から71万人 となっています

the rising sun 日本 に来る海外の方々がもっと増えると良いと思います

| | TrackBack (0)

12/01/2012

Gundam like real robot was built

Gundam_3

in japan, robot animation titled '' mobile suit Gundam '' is explosively popular since i was a kid  (pic)
according to the article below, a real robot that resembles Gundam was built in japan
this robot has a built-in pilot's seat like Gundam does
and also it is controlable with a mobile phone
http://www.bbc.co.uk/newsround/20543074
ガンダムに似た本物のロボット(身長4m 重量4トン)が日本で作製されたようです
作製したのはクラタ・コゴロウ氏という人で、ガンダムのようにロボットの中央部に
コクピットがあり、また携帯電話を通じてリモートコントロールも可能
時速9.6kmで歩行可能とのことです        (価格は1億1千万円)
Gundam_like_robot_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/18/2012

man who brought the rebirth of JAL

this article on BBC introduces japanese entrepreneur Mr.Kazuo Inamori
Mr. Inamori is the founder of Kyoto Ceramics Co(Kyocera) and was appointed by the then prime minister to reconstruct Japan Air Lines, which filed bankruptcy in 2010
and Mr.Inamori seccessfully rejuvenetad the aviation company and JAL was relisted on Tokyo Stock Exchange in just a three years
general election in japan is slated for mid December
and the next prime minister will be appointed
although Mr. Inamori is a seasoned businessman, not a politician
in order to regenerate japanese economy, person with excellent career in economic affairs like him should become a leader in japan
http://www.bbc.co.uk/news/business-20293487

BBCのビジネスニュースで、京セラやKDDIの創業者 稲盛和夫氏が紹介されています
ご存知の通り、稲盛氏は、2010年に会社更生法を申請した日本航空 JALの
再建役として政府より任命され、わずか3年でJALを東証に再上場させた功労者ですね
この記事によると、稲盛氏はJALの会長職は無報酬で行っていたそうです

稲盛氏は経営者であって政治家ではありませんが
日本経済を再生させるには、稲盛氏のような人物を政府の要職に迎えるべきです
日本と関係の深い米国や中国との交際を考えると、英語 or 中国語など外国語が
できて、経済に詳しいリーダーが日本には必要です
経済に明るく外国語が堪能というと、竹中平蔵氏や大前研一氏などが思い浮かびますが
両者とも政治家というより研究者タイプかな ??

| | Comments (2) | TrackBack (0)

11/17/2012

japanese politics  revolving door ? 

japanese prime minister Mr.Noda announced dissolution of the lower house of parliament and holds a general election next month
if Mr.Noda's Democratic Party of Japan loses its majority at the general election, it means japan will have 7th PM since mid 2006
there is rarely such a country that changes its leader so often
in a half decade, i guess

not having a prime minister with strong and decisive leadership
is the biggest problem of current japanese politics
the article of BBC compares this circumstance to ''revolving door ''
as a japanese, i'm a bit ashamed of it
i strongly hope japanese politics is heading for a better directon in the future      http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-20352448 

日本が衆議院を解散し、来月に総選挙を行う件は海外のメディアでも報じられています
日本のメディアは選挙の行方についてハッキリとしたことは書いていませんが
CNNやBBCは「民主党は議席を失い、自民党や他の新興小政党による連立内閣に
なるだろう」と予測しています

2006年以降この6年間で7人目の総理大臣が選出される可能性が高いということです
世界中見まわしても、年1回ペースで総理大臣が替わる国は、あまりないと思います
上記のBBC記事は、日本の総理がコロコロ替わる状況を revolving door
(回転ドア)
と評しています  日本の政治が良い方向に向かうことを願う次第です

| | TrackBack (0)

11/02/2012

jam packed commuter trains in Tokyo

rush hour commuter trains in Tokyo are incredibly congested
though i live in a local city which is situated 100miles southwest of Tokyo for 20 years
when i was in college, i was living in the central area of Tokyo
and actually i often experienced the super crowded train commute in those days
this article on CNN intruduces the circumstances in Tokyo's subway commute
http://edition.cnn.com/2012/10/26/world/asia/tokyo-travel-subway/index.html?hpt=hp_bn8

上記のCNN記事は、東京の通勤電車がいかに混雑しているか?
を面白くレポートしています

日本人にとっては当たり前の光景ですが、海外の人達には、こんな風に紹介されているということで、記事の概要を翻訳します

日本は世界で最も優れた電車網を持っている
首都・東京では通勤者の約半数は電車通勤である、これら電車通勤者の約22%は広大な地下鉄網を利用している

米国人フリーランス記者のサンドラ・バロンさんは東京に住んで5年になる
東京に来る前は、ニューヨークに10年住んでおり、地下鉄には慣れたものだが
東京の地下鉄の混雑具合は、想像を越えたものだった
「あまりにギュウギュウ詰めで、カラダが浮いてしまい、電車の床に足がついていない人もいます」とサンドラさんは笑う
「東京に来た当初は、あまりに混んでいるので、中々電車に乗り込めず、また、どうにかこうにか乗り込んでも、自分の降りる駅で右側のドアが開くのか、左側のドアが開くのか、事前に把握してないと、降りたい駅で降りられないこともありました」

東京の電車や地下鉄の駅では「押し屋」と呼ばれる人を配置している
「押し屋」と言うと乱暴なイメージがあるが、彼らは制服・白い手袋・帽子をかぶり
乗客が無事電車に乗車し、ドアにはさまれないようにするのが任務である

また痴漢防止など、女性が安心して乗車できるように女性専用車両も設けられている
また、東京の地下鉄でお馴染みの光景は、乗客の居眠りである
通勤時間が1~2時間と長く、勤務時間も早朝から夜遅くまで長く、仕事後は飲みに行ったりするので、電車内で眠ってしまい、隣の人の肩に頭がコックリもたれかかることもあるが、日本人はこうしたことには比較的寛容である
電車内で眠ったり、酔っ払っている人を決して歓迎しているわけではないが
ある程度、やむを得ないこととして受け入れられているようだ

終電に乗り遅れてしまった人は、ファーストフード店や漫画喫茶、カプセルホテルなどで始発電車を待つ

「東京とニューヨーク、どちらの地下鉄が好きですか?」とサンドラさんに聞いてみたら
東京の方がニューヨークの地下鉄よりも、秩序立っていて、清潔で、効率的に運行されていますね、 でも、どちらが好きか?は自分の子供の中で、どの子が一番可愛いか?を決めるようなものですね」と決めかねているようだった

| | Comments (1) | TrackBack (0)

10/22/2012

tablet PC controlable with the eye

Tablet_pc_controlable_with_the_eye

the below article introduces future high tech gadgets exhibited at Ceatec show held in japan
what is most intriguing for me is the tablet PC that is controlable with the eye
i think this device will be helpful for people with some disability such as myasthenia gravis
and rush hour commuter trains in japan are incredibly congested and there is not much space to move your hands in peak hours
in that point, this gadget might be useful for japanese train commuters too
http://news.bbc.co.uk/2/hi/programmes/click_online/9761306.stm

上記リンクのニュースは、先日、日本で開催されたハイテク機器の展示会 Ceatecにて発表されたアイデア商品を紹介してます
特に面白いと思ったのは、指先でタッチパネルに触れるのではなく
目でコントロール出来るというタブレット端末
 (DoCoMo社製)
東京のラッシュアワー時の電車は、腕を動かす余裕もないくらい混雑しているので
目でコントロール出来たら便利でしょうし、筋無力症などある方々にも役立つと思います
(まだ開発段階で、市場に出回るのはもう少々先のようです)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/18/2012

Newsweek magazine is to become electronic version

according to the new below, The Newsweek magazine is to make transition from paper publishing to online version only from 2013
about 7-8 years ago from now, reading Newsweek and Time was a part of my daily routein of english learning,  english vocabulary used in Newsweek and Time was very hard for my language level at that time, so it took around 2-3 weeks to finish reading an issue of these magazines
cuz i needed to look up unfamiliar words in the dictionary everytime coming across them   
looking back now, it was a very meaningful training for me, and Newsweek has become one of my favorite news sources
I hope Newsweek will evolve further through the new digital version
http://www.bbc.co.uk/news/business-19989346

米国を代表する時事週刊誌「Newsweek」が2013年より、完全にオンライン化とのこと
おそらく、現在でも、本屋さんでNewsweekを購入している人より、ネット版を読んでいる人の方が多いと思いますが...

今から7-8年前、英検1級を目標にしていた僕には、NewsweekやTimeを読むのが日課でした  当時の僕の英語力では、知らない単語が多すぎて、2~3ページ読むのに、数十回、辞書を引く必要があり、Newsweekを1冊読むのに3週間位かかっていました(笑)
そんなことを数ヶ月~数年続けているうちに、辞書を引く頻度も次第に少なくなり、最初は義務感で読んでいたNewsweekも、いつの間にか、お気に入りの雑誌になりました

デジタル版として更に進化するNewsweekに期待したいと思います

| | Comments (4) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧