08/03/2020

Diary August 3rd 2020 - Exercise and Sport Sciences Reviews

THe following link is a free access to American College of Sports Medicine's one of research journals - Exercise and Sport Sciences Reviews.
https://journals.lww.com/acsm-essr/pages/default.aspx

米国スポーツ医学会(ACSM)の研究ジャーナルのひとつ・エクササイズ&スポーツサイエンス・レビューの一部の記事が無料でアクセスできます。
上記のリンクよりどうぞ。

| | Comments (0)

06/19/2020

2020 ACSM Virtual Experience

Power Point presentations and audio lestures concerning latest health & fitness research are available online through ACSM Virtual Experience, which is an alternative program for the cancelled 2020 World Congress because of COVID 19.
and if you need continuing education credits for your ACSM certification, up to 21 CECs are available through this program.
This program is available until December 31st 2020.

https://www.acsm.org/virtual-experience/virtual-experience-home

ACSMの2020年度ワールド・コングレスがコロナ・ウィルスの影響で中止になったため、それに代わるオンラインプログラムが配信されています。
プログラムは無料で視聴できます。継続教育ポイントが必要な場合は、100ドル(会員は50ドル)で21ポイント取得できます。
2020年12月31日まで視聴可能です。
Acsm-virtual-experience

| | Comments (0)

06/08/2020

COVID 19 grant for fitness professionals

For fitness professionals whose job have been severely impacted by the COVID 19, the following link is a grant/financial support by Mr. and Mrs. Davis - the founder of IDEA Fitness Association.

https://www.inspire360.com/fitprorelief

| | Comments (0)

03/24/2020

ボディウエイト&バランストレーニング

The link belw is an exercise demonstration by Ms. Keli Roberts, one of the world's most talented and dedicated fitness professionals, about combination of body weight training and balance workout. The idea and choreograph can be a good hint for exercise instructors, I guess.

https://www.youtube.com/watch?v=TsxJZEZXsSA

自体重を利用した筋力トレーニングにバランストレーニングの要素を組み合わせてグループレッスンのフォーマットとしたものだそうです。良いアイデアが沢山含まれていると思います。世界を代表するフィットネス・インストラクターのひとり ケリ・ロバーツさんによるデモンストレーションです。

| | Comments (0)

03/10/2020

バランス・トレーニング - ACE resource

The link below is a useful tip for balance exercises. Balance is very important for athletes and fall prevention of elderly population as well. This exercise video is by American Council on Exercise, one of major fitness organizations in the industry.
https://www.youtube.com/watch?v=AWuKEt96Jjs

フィットネス関連の資格を認定している団体のひとつにアメリカン・カウンシル・オン・エクササイズ(米国エクササイズ評議会とでも訳しますか)通称ACE という組織があります。1985年にスタートした団体で、もともとはエアロビクス・インストラクター向けの資格を認定していましたが、現在ではパーソナルトレーナー資格なども発行しています。米国のフィットネス業界では大きな団体のひとつで、特に女性のインストラクターやトレーナーが多く活躍している印象があります。

僕自身はACEとは何の関わりもないのですが、ACEの資格認定者向けの継続教育ポイント取得用のプログラムの一部がウェブで無料公開されており、とてもわかりやすい内容です。上記のリンクはバランス・トレーニングを考える上でのヒントに非常に良い内容だと思います。

| | Comments (0)

03/09/2020

ACSM EP 出題範囲 - 2020年3月現在  

For those who are interested in ACSM Exercise Physiologist cert, the link is a current exam content guideline as of March 2020. When I took this cert in 1995, the exam content was mainly centered on knowledge about risk factor stratification for cardiovascular disease and metobolic syndrome, implmentation of graded exercise test, metobolic calculation ... etc. And over 20 years have passed since then, current version of the exam emcompasses almost all of necessary knowldge and skills for fitness instructors and personal trainers, such as knowledge about strength & conditioning, olympic weight lifting, periodization, plyometrics, agility and reaction time drills, balance training, nutritional knowledge, exercise psychology, and so on in addition to the aforementioned topics. So to speak, the current version of this exam is a well rounded ideal one for advanced level fitness professionals.

試験範囲
https://www.acsm.org/docs/default-source/certification-documents/acsmep_examcontentoutline_2017.pdf

上記リンクは米国スポーツ医学会(ACSM)認定エクササイズ・フィジオロジスト資格の試験範囲です(2020年3月現在) 僕がこの資格を取得したのは1995年で、当時は「ACSM認定ヘルス&フィットネス・インストラクター」という名称で、試験内容は、生活習慣病や心臓病などの危険因子のスクリーニング、多段階式運動負荷試験を実施する上で必要な知識、有酸素運動・筋力強化運動・ストレッチングなどの基礎知識、スポーツ栄養学の知識、等が主な内容でした。

あれから20年以上経過し、試験内容も時代の流れに沿って変化しています。
メタボリック・シンドロームなど慢性疾患のリスクファクターのスクリーニング、多段階運動負荷試験の知識、エネルギー代謝の計算問題などは以前とそう変わっていないようですが、ストレングス&コンディショニング関連の知識を問う問題、および、運動参加者の動機付けや行動変容など「エクササイズ心理学」に関する問題がかなり増えている印象です。

ピリオダイゼーション、プライオメトリックス、オリンピックリフト(いわゆるクイックリフト)、アジリティ・ドリル、バランストレーニング、反応速度を高めるトレーニング、コアトレーニング、アクアエクササイズの知識、スタビリティボール(バランスボール)やその他の主要トレーニング器具を使用したエクササイズなども出題されるようです。

このように、現在の試験内容はメディカル・フィットネス関連の知識、ストレングス&コンディショニングの知識、栄養学やエクササイズ心理学関連の知識など、非常にバランスの取れた良い内容になっています。

現在、この資格は英語での受験となります。また受験条件としてエクササイズ・サイエンスや運動生理学、キネシオロジーなどの学位(学士号またはそれ以上)が要求されますが、やる気のある人はチャレンジするに値する内容です。

試験の概要
https://www.acsm.org/get-stay-certified/get-certified/health-fitness-certifications/exercise-physiologist
https://www.youtube.com/watch?v=uHfv4O8NFKM

| | Comments (0)

02/20/2020

ACSM、 ACSM, USAウエイトリフティング協会と提携を発表

The American College of Sports Medicine announced a staretgic partnership with the USA weightlifting. By this partnership, ACSM's know-how regarding strength training especially " quick lifting " will dramatically increased.
http://www.acsm.org/read-research/newsroom/news-releases/news-detail/2020/02/19/acsm-announces-strategic-partnership-with-usa-weightlifting

ACSM(米国スポーツ医学会)は、米国ウェイトリフティング協会との提携を発表しました。これまでACSMの資格や教育プログラム・研究等は "エクササイズすることで病気を予防し、健康なカラダを作ろう"という観点のものが多かったため、有酸素運動を中心とした総合的なフィットネス・プログラムが主体で、筋力トレーニングに関する詳しいノウハウは、あまり蓄積していませんでした。
なので、筋力トレーニングのノウハウについてはNSCAなどと協力関係にありますが、今回、米国ウエイトリフティング協会と提携したことで、ACSMの筋力トレーニングに関する理解やノウハウが大きく向上すると思われます。
Usaweighlifting

| | Comments (0)

12/10/2019

エクササイズ・フィジオロジストとは? What is Exercise Physiologist ?

Four years have passed since the American College of Sports Medicine changed the name of their fitness instructor certification from " Health Fitness Specialist " to " Certified Exercise Physiologist ".  So to speak, history of this new profession is only 4 years as of 2019 and many people in the society don't know what exercise physiologist is.

Certified Exercise Physiologists are fitness instructors with a minimum bachelor's degree in exercise science, exercise physiology, or kinesiology. In other words, they are instructors or trainers with an aspect of as a researcher /investigator as well. You will be able to have an image of exercise physiologist's jobs and duties from these photos.
https://images.search.yahoo.com/search/images;_ylt=Awr9Ik38kO9diVcAyx5XNyoA;_ylu=X3oDMTEzZ2M5aGc1BGNvbG8DZ3ExBHBvcwMxBHZ0aWQDREZENl8xBHNlYwNwaXZz?p=exercise+physiologist&fr2=piv-web&fr=yfp-t

What I feel in my mind recently is ... I would like to pursue this new profession further. My current works are an exercise class for the elderly at a daycare facility, and exercise instruction for people with disabilities at a social welfare facility. Of course, these jobs also have an important meaning in the society and the community. But, what is lacking in my current everyday is an aspect as an investigator in health & fitness.  Some change or development in my work environment may be necessary in the future.

米国スポーツ医学会(ACSM)が認定するフィットネス指導員資格「ヘルス・フィットネス・スペシャリスト」の名称が「エクササイズ・フィジオロジスト」に変更されてから4年少々経ちます。日本では、最近ようやく「パーソナル・トレーナー」という言葉が一般層に少しずつ認知されてきましたが、「エクササイズ・フィジオロジスト」という名称はまだほとんど知られていません。アメリカでも同様に「エクササイズ・フィジオロジストとは何をする人たちなのか?」まだ、一般層には馴染みがないようです。

エクササイズ・フィジオロジストとは、運動科学や運動生理学などの学位を取得した上で受験するフィットネス・インストラクターやパーソナル・トレーナー向けの指導員資格のことです。4年制学部の学位を取得していることが最低基準で、修士号など大学院の学位を持つエクササイズ・フィジオロジストも大勢います(自分もその一人ですが) 上記リンクの写真からエクササイズ・フィジオロジストの業務を何となくイメージできると思います。運動中の呼気ガス分析をしたり、運動負荷試験中の心電図をモニターしたり、筋電図等で筋肉の活動量を調べたり、そのようなことも行うインストラクターやトレーナーといったところでしょうか。

つまり、エクササイズの指導技術に加え、分析者や研究者的な視野や知識も持った指導員ということです。最近思うことは、この新しい職業分野であるエクササイズ・フィジオロジストとしての道を自分なりに追及してみたいなあ、ということ。現在の仕事(高齢者筋トレ教室や福祉施設でのエクササイズ指導)も、もちろん、エクササイズ・フィジオロジストとしての仕事の一部ですが、正直なところ、分析や研究的なところは求められません。少しづつ自分の環境も発展させていく必要があるのかもしれません。

| | Comments (0)

11/02/2019

2020年のフィットネス・トレンド予想

The following link is the result of fitness trend forecast for 2020 conducted by American College of Sports Medicine.
https://journals.lww.com/acsm-healthfitness/Fulltext/2019/11000/WORLDWIDE_SURVEY_OF_FITNESS_TRENDS_FOR_2020.6.aspx#pdf-link

2020年にフィットネスの世界で何が流行するか?を予測した「フィットネス・トレンド2020」の結果が米国スポーツ医学会(ACSM)より発表されました。上記のリンクを御参照下さい。

| | Comments (0)

07/06/2018

ローテーターカフ筋 4つの覚え方  A formula for memorizing muscle groups in the shoulder rotator

Which exercise is contraindicated for persons with impingement syndrome of the shoulder rotator cuff muscles ?

This is one of discussion topics for a study group of ACSM certified Exercise Physiologist, which I retrieved from their internet site, and the following is my answer which I posted on their site. What I learned newly through this discussion is ... as you can see in my post, how to memorize names of muscles that constitute the shoulder rotator muscles. A key word for it is SITS, which is an acronym of the four muscles in the shoulder rotators,  1), Supraspinatus, 2) Infraspinatus, 3) Teres minor, and 4) Subscapularis.

1), Overview of the rotator cuff muscles and impingement syndrome.
The rotator cuff muscle group is most important in maintaining the humeral head in its proper position within the glenoid cavity. The acronym SITS may be used in learning the names of the supraspinatus, infraspinatus, teres minor, and subscapularis. These muscles must possess not only adequate strength but also a significant amount of muscular endurance to ensure their proper functioning, particularly in repetitious overhead activities such as throwing, swimming, and pitching.
When these types of activities are conducted with poor technique, muscle fatigue, or inadequate warm-up and conditioning, the rotator cuff muscle group fails to stabilize the humeral head in the glenoid cavity, resulting in further rotator cuff problems such as tendinitis and rotator cuff impingement within the subacromial space (Floyd, 2012).

2), Contraindication and recommended exercises for the shoulder impingement syndrome.
Overhead pressing exercises such as shoulder press and all forms of bench press exercise should be used cautiously. The decline bench press stresses this area the least, therefore may be an appropriate exercise choice in reintroduction of the bench press.
The upright row should also be used with caution, as rowing too high (elbows up too high) may exacerbate the impingement type pain.
Clients who have had impingement syndrome should concentrate on continued rotator cuff and scapular exercises. Multiple types of rowing exercises targeting the rhomboids and middle and lower trapezius, especially focused on scapular retraction and depression, are recommended (Coburn & Malek, 2012).

Reference
Floyd, R.T. (2012). Manual of structural kinesiology, eighteenth edition. New York:NY. McGraw Hill.

Coburn, J. W., & Malek, M. H. (2012). NSCA's essentials of personal training, second edition. Champaign:IL. Human Kinetics.

「肩のローテーターマッスルのインピンジメント症候群のあるクライアントに忌避されるべきエクササイズ(おススメできないエクササイズ)は何か?」

これは、ACSM エクササイズ・フィジオロジストの自主勉強グループのサイトで出題された課題トピックの一つです。上記がサイト上に記載した僕の解答です(ご覧のとおり、自分自身の書いた回答をコピペしました 笑)

全文訳すと長くなるので省略しますが、今回、僕が新たに学んだのはローテータカフを構成する4つの筋肉の名前を覚える「公式」があるということです。それは、SITSと言いまして、それら4つの筋肉の英語名を頭文字にしたものです。

S     supraspinatus  (棘上筋)
I     infraspinatus    (棘下筋)
T     teres minor      (小円筋)
S     subscapularis  (肩甲下筋)

英語で試験を受験される方などは、こうすると覚えやすいですよね。 

| | Comments (0)

より以前の記事一覧