12/01/2020

Sample from ACSM Exercise Physiologist textbook

The following is a link to a sample exerpt from ACSM's Resources for Exercise Physiologist textbook. A chapter about flexibility assessment and training. When I earned the EP cert, this textbook had not been published yet, thus I don't have this textbook, but this book looks to be well-written and helpful.

https://www.acsm.org/docs/default-source/publications-files/acsm-resources-exercise-physiologist-download.pdf?sfvrsn=8e87e55c_0

上記リンクはACSM エクササイズ・フィジオロジストの教科書のサンプルページです(柔軟性の評価に関する章より抜粋)
エクササイズ指導員に必要な基礎知識に関する教科書の内容はACSMのテキストもNSCAのテキストも大きな違いはないように思います。強いて言えばNSCAはアスリートや筋トレ志向の一般人向け、ACSMは総合的なフィットネス、及び 心臓疾患やメタボリックシンドローム等の疾患を持つ層へのエクササイズ指導を前提とした傾向がありますが。
僕が受験した当時はまだこの本は出版されていなかったので僕自身、この本は持っていませんが、とても良い内容の教科書のように思います。

| | Comments (0)

11/17/2020

ACSM virtual seminar in December 2020

An information about online seminar by ACSM.
" Cutting edge thoughts on COVID 19 in sports medicine and athlete care "

https://www.acsm.org/attend-connect/events-and-conferences/advanced-team-physician-course

ACSM オンラインセミナーのお知らせ
「コロナ・ウィルス ~ スポーツ医学とアスリートのケアに関する最新の考察」

対象者 : 運動選手の健康管理に関わる職業の方々

| | Comments (0)

11/09/2020

New educational requirement for ACSM-EP and CEP from 2027

Education requirement for ACSM Exercise Physiologist exam and ACSM Clinical Exercise Physiologist exam will change from August 2027. The amendment says more strict educational requirement is necessary to sit for the those two exams for further development of the fitness industry and exercise professionals.

https://www.acsm.org/all-blog-posts/certification-blog/acsm-certified-blog/2020/11/04/caahep-coaes-accreditation-requirement-acsm-ep-acsm-cep-certification?utm_source=Informz&utm_medium=Email&utm_campaign=Summit%20Registration&_zs=fdU5W&_zl=K1kJ2

ACSM エクササイズ・フィジオロジストおよびクリニカルエクササイズ・フィジオロジスト試験を受験するための受験資格が2027年8月より変更されます。
現在の受験資格ではエクササイズ・サイエンス関連の学士号またはそれ以上を持っていればよく、どこの大学のカリキュラムか?は問われません(クリニカルエクササイズ・フィジオロジストでは学位に加えて実務経験も必要)

健康科学分野の大学および院のカリキュラム内容等の学校間のバラつきをなるべく少なくし、一定基準を設けようとする動きがあり、CAAHEPという団体がコミッション的な役割をしています。
https://www.caahep.org/

2027年8月以降は、ACSMの上記2資格を受験するためには、CAAHEPが認可した大学または院のエクササイズ・サイエンスコースを卒業していることが必要になります。CAAHEPの認可を受けている学校はまだあまり多くないですが、エクササイズ・サイエンス関連のプログラムを持つ学校は、このACSMの要件に合致するように、2027年までに認可を申請する学校が増えるものと思われます。

| | Comments (0)

08/03/2020

Diary August 3rd 2020 - Exercise and Sport Sciences Reviews

THe following link is a free access to American College of Sports Medicine's one of research journals - Exercise and Sport Sciences Reviews.
https://journals.lww.com/acsm-essr/pages/default.aspx

米国スポーツ医学会(ACSM)の研究ジャーナルのひとつ・エクササイズ&スポーツサイエンス・レビューの一部の記事が無料でアクセスできます。
上記のリンクよりどうぞ。

| | Comments (0)

06/19/2020

2020 ACSM Virtual Experience

Power Point presentations and audio lestures concerning latest health & fitness research are available online through ACSM Virtual Experience, which is an alternative program for the cancelled 2020 World Congress because of COVID 19.
and if you need continuing education credits for your ACSM certification, up to 21 CECs are available through this program.
This program is available until December 31st 2020.

https://www.acsm.org/virtual-experience/virtual-experience-home

ACSMの2020年度ワールド・コングレスがコロナ・ウィルスの影響で中止になったため、それに代わるオンラインプログラムが配信されています。
プログラムは無料で視聴できます。継続教育ポイントが必要な場合は、100ドル(会員は50ドル)で21ポイント取得できます。
2020年12月31日まで視聴可能です。
Acsm-virtual-experience

| | Comments (0)

06/08/2020

COVID 19 grant for fitness professionals

For fitness professionals whose job have been severely impacted by the COVID 19, the following link is a grant/financial support by Mr. and Mrs. Davis - the founder of IDEA Fitness Association.

https://www.inspire360.com/fitprorelief

| | Comments (0)

03/24/2020

ボディウエイト&バランストレーニング

The link belw is an exercise demonstration by Ms. Keli Roberts, one of the world's most talented and dedicated fitness professionals, about combination of body weight training and balance workout. The idea and choreograph can be a good hint for exercise instructors, I guess.

https://www.youtube.com/watch?v=TsxJZEZXsSA

自体重を利用した筋力トレーニングにバランストレーニングの要素を組み合わせてグループレッスンのフォーマットとしたものだそうです。良いアイデアが沢山含まれていると思います。世界を代表するフィットネス・インストラクターのひとり ケリ・ロバーツさんによるデモンストレーションです。

| | Comments (0)

03/10/2020

バランス・トレーニング - ACE resource

The link below is a useful tip for balance exercises. Balance is very important for athletes and fall prevention of elderly population as well. This exercise video is by American Council on Exercise, one of major fitness organizations in the industry.
https://www.youtube.com/watch?v=AWuKEt96Jjs

フィットネス関連の資格を認定している団体のひとつにアメリカン・カウンシル・オン・エクササイズ(米国エクササイズ評議会とでも訳しますか)通称ACE という組織があります。1985年にスタートした団体で、もともとはエアロビクス・インストラクター向けの資格を認定していましたが、現在ではパーソナルトレーナー資格なども発行しています。米国のフィットネス業界では大きな団体のひとつで、特に女性のインストラクターやトレーナーが多く活躍している印象があります。

僕自身はACEとは何の関わりもないのですが、ACEの資格認定者向けの継続教育ポイント取得用のプログラムの一部がウェブで無料公開されており、とてもわかりやすい内容です。上記のリンクはバランス・トレーニングを考える上でのヒントに非常に良い内容だと思います。

| | Comments (0)

03/09/2020

ACSM EP 出題範囲 - 2020年3月現在  

For those who are interested in ACSM Exercise Physiologist cert, the link is a current exam content guideline as of March 2020. When I took this cert in 1995, the exam content was mainly centered on knowledge about risk factor stratification for cardiovascular disease and metobolic syndrome, implmentation of graded exercise test, metobolic calculation ... etc. And over 20 years have passed since then, current version of the exam emcompasses almost all of necessary knowldge and skills for fitness instructors and personal trainers, such as knowledge about strength & conditioning, olympic weight lifting, periodization, plyometrics, agility and reaction time drills, balance training, nutritional knowledge, exercise psychology, and so on in addition to the aforementioned topics. So to speak, the current version of this exam is a well rounded ideal one for advanced level fitness professionals.

試験範囲
https://www.acsm.org/docs/default-source/certification-documents/acsmep_examcontentoutline_2017.pdf

上記リンクは米国スポーツ医学会(ACSM)認定エクササイズ・フィジオロジスト資格の試験範囲です(2020年3月現在) 僕がこの資格を取得したのは1995年で、当時は「ACSM認定ヘルス&フィットネス・インストラクター」という名称で、試験内容は、生活習慣病や心臓病などの危険因子のスクリーニング、多段階式運動負荷試験を実施する上で必要な知識、有酸素運動・筋力強化運動・ストレッチングなどの基礎知識、スポーツ栄養学の知識、等が主な内容でした。

あれから20年以上経過し、試験内容も時代の流れに沿って変化しています。
メタボリック・シンドロームなど慢性疾患のリスクファクターのスクリーニング、多段階運動負荷試験の知識、エネルギー代謝の計算問題などは以前とそう変わっていないようですが、ストレングス&コンディショニング関連の知識を問う問題、および、運動参加者の動機付けや行動変容など「エクササイズ心理学」に関する問題がかなり増えている印象です。

ピリオダイゼーション、プライオメトリックス、オリンピックリフト(いわゆるクイックリフト)、アジリティ・ドリル、バランストレーニング、反応速度を高めるトレーニング、コアトレーニング、アクアエクササイズの知識、スタビリティボール(バランスボール)やその他の主要トレーニング器具を使用したエクササイズなども出題されるようです。

このように、現在の試験内容はメディカル・フィットネス関連の知識、ストレングス&コンディショニングの知識、栄養学やエクササイズ心理学関連の知識など、非常にバランスの取れた良い内容になっています。

現在、この資格は英語での受験となります。また受験条件としてエクササイズ・サイエンスや運動生理学、キネシオロジーなどの学位(学士号またはそれ以上)が要求されますが、やる気のある人はチャレンジするに値する内容です。

試験の概要
https://www.acsm.org/get-stay-certified/get-certified/health-fitness-certifications/exercise-physiologist
https://www.youtube.com/watch?v=uHfv4O8NFKM

| | Comments (0)

02/20/2020

ACSM、 ACSM, USAウエイトリフティング協会と提携を発表

The American College of Sports Medicine announced a staretgic partnership with the USA weightlifting. By this partnership, ACSM's know-how regarding strength training especially " quick lifting " will dramatically increased.
http://www.acsm.org/read-research/newsroom/news-releases/news-detail/2020/02/19/acsm-announces-strategic-partnership-with-usa-weightlifting

ACSM(米国スポーツ医学会)は、米国ウェイトリフティング協会との提携を発表しました。これまでACSMの資格や教育プログラム・研究等は "エクササイズすることで病気を予防し、健康なカラダを作ろう"という観点のものが多かったため、有酸素運動を中心とした総合的なフィットネス・プログラムが主体で、筋力トレーニングに関する詳しいノウハウは、あまり蓄積していませんでした。
なので、筋力トレーニングのノウハウについてはNSCAなどと協力関係にありますが、今回、米国ウエイトリフティング協会と提携したことで、ACSMの筋力トレーニングに関する理解やノウハウが大きく向上すると思われます。
Usaweighlifting

| | Comments (0)

より以前の記事一覧