07/02/2018

2019フィットネストレンド調査に参加  Diary July 2nd 2018  

I participated in a survey for 2019 fitness trend yesterday. As many of you guys in the fitness industry know, the survey result is announced at around November or December of that year. Therefore I can not tell you details about what were on the trend list for the next year at this time, however, I will tell you a little bit of a possible trend direction.

Among the items on the list, the followings were especially interesting and intriguing to me in terms of future direction and further growth of the industry.
1), Exercise is Medicine
2), Raising standards of education and certification levels of fitness professionals
3), health & wellness coaching
4), fitness programs for the elderly
5), starting a discussion for establishing a licensure system for fitness professionals in the future.
Although this is only my prediction, these points will be among the top rankings of the result.

毎年恒例の、フィットネストレンド調査に今年も参加しました。これは、世界中で数千名のフィットネス業界関係者にアンケート形式で翌年に業界で何か注目を浴びるか?何が話題になるか?を回答してもらうものです。あらかじめ、数十の項目がリストアップされていて、回答者の興味のあるもの、重要だと思うものに10点満点評価で点数をつけていきます。また、どうしてそれを選んだか?など理由やコメントを記載することも可能で、またリストに載っていない項目で、これは今後要注目だよ、というものを追加提案することも可能です。

調査結果はその年の11月~12月頃に米国スポーツ医学会 (ACSM)より発表されますので、現時点では詳細なコメントはできませんが、どんなものが僕の興味を引き付けたか、少しだけお伝えしますね。

1)  エクササイズ イズ メディシン(フィットネスクラブ等に参加する皆様の年齢層が上がり、その多くは慢性疾患など抱えているので、フィットネス指導員も、それら代表的な慢性疾患に対する知識を高めましょう、また必要に応じてフィットネス関係者と医療関係者の皆様が協力・提携できるような枠組みを構築しましょう、というもの
Exercise is Medicine official website

2)  ヘルス&ウェルネスコーチング(健康関連の行動変容における心理的サポート。簡単に言うと、どんなに素晴らしいトレーニングプログラムがあっても、顧客の気持ちが前向きにならないと、効果を発揮しないということ、そのための心理学的側面を学ぶもの。僕が学校で専攻した分野の一つはこれです)

3)  フィットネス指導者向けの免許制度の創設に向けて、そろそろ検討を始めてはどうか?という提案
フィットネス業界というのは歴史の浅い業界です。多くの国でフィットネスクラブが普及しはじめたのは1980年代の中頃からです。つまり、この業界は産業としては30年程度の歴史しかないわけで、まだまだ未熟な業界です。インストラクター/トレーナー向けの資格は沢山存在しますが、それらがなければ働けないというわけではありません。つまり、フィットネス関連の資格というのは、その指導員の知識や腕前を示す目安のようなもので、何かに例えるなら格闘技の段位や英検の級のようなもので、「免許」ではありません。

しかし、人様の健康と体力づくりをお預かりする仕事なので、指導員の質の保証や最低ラインの均質化というのは業界の将来の発展のためにも大切なことと思われ、そろそろ、インストラクターやパーソナルトレーナーの資格を「免許」制度に引き上げる方向で検討や議論を始めてはどうか?という提案です。

あくまで僕の予想ですが、11月頃に発表される調査結果では、これらの項目が上位にランクインするのでは?と感じています。

| | Comments (0)

07/01/2018

東京体育館の思い出 Memories of Tokyo Gymnasium

Tokyo_gymnasium

The photo is a scenery of an entrance to Tokyo Gymnasium, which was built in 1964 as a preparation for hosting the Tokyo Olympic Games then. I got this photo from my friend who has been swimming there once a week or so for over 20 years for his health & fitness.

This Gymnasium is going to be reconstructed with a new one soon as a venue for the 2020 Tokyo Olympics. I also used to have workout or swimming in the summer around here in my 20's. So, I'm reminiscent of the scenery of the good old gymnasium.

写真は千駄ヶ谷の東京体育館の入り口部分です。今朝、友人よりこの写真が届きました。友人は健康のため、ここのプールで20年以上泳いでいます。ご存知の通り、2020年の東京オリンピックの準備として、この体育館は改築されることになっており、取り壊しの決まったこの旧・体育館の景色も、もうすぐ見納めというか、僕自身も20代の頃、友人と一緒にこの付近で夏にプールで遊んだり、良い思い出が沢山あるので、懐かしい気分ですね。
旧・東京体育館、ありがとう。

| | Comments (0)

スズメバチと格闘(大袈裟  笑)  Struggle with a nest of WASP (a bit over ... )  

Retting_rid_of_the_nest_june_29th_3

I found a bee's nest under the roof on my house's car garage several days ago. The location of the nest is just above the rear view window of my car, so it was a bit troublesome. I took some photos of the bees and sent them to one of my friends who are conversant with biology (majored in ecology in a graduate school) and asked advice for how to deal with it.

The friend's answer was " apparently they are not bees, probably they are a kind of Asian WASP (refer to the photo),  and if I were you, I would get rid of the nest ". So, I decided to get rid of the nest from there. My biggest concern was being stung by the supposed to be WASPs. I used a BBQ clutch and somehow pulled the nest off of the roof. phew ... (the first pic).

Asian_wasp

That day's my workout was a kind of deadly battle with the insects.  I wanna thanks for the friend's advice and  hope for the R.I.P of the nest.
The yellow & black stripe of the bees/WASPs reminds me of the Bruce Lee's Game of Death ... 

自宅の車庫の屋根部分にハチの巣を発見。僕のクルマのリアウインドウの真上に位置する場所だったので、そのまま放っておくわけにもいかず、どうしたものか?と思案した挙句、生物学に詳しい友人(環境学専攻)にハチの写真を撮って送り、アドバイスを求めたら、「これは明らかに、ミツバチではないね。おそらく、アジアのスズメバチの一種だと思うよ(写真参照)」とのこと。

というわけで、スズメバチに刺されるのは怖いと思いつつも、バーベキュー用のトグルみたいな、つまむ器具を使ってなんとか巣を取り除きました(写真)
これがこの日のトレーニングになりました(笑)

友人のアドバイスと穏便に対応してくれたスズメバチさんに感謝です。
ハチの黄色と黒の模様を見ると、死亡遊戯を連想してしまいます ...

| | Comments (0)

04/01/2018

Diary April 1st 2018

Dscf2068_2

On this Spring Equinox day, I visited some of my relatives houses with my mom, and after that I dropped by one of the most beloved shrines in my city to take photos of cherry trees. This photo is one o f them, which signifies the arrival of the spring.

先日、春分の日に先祖供養に親戚の家を訪問し、その帰りに、なぜか桜の写真が撮りたくなり、静岡浅間神社に立ち寄りました。デジカメを持って境内をウロウロしていたので、観光客に見えたのか、近くにいたおじさんが「お兄さん、桜の写真を撮りに来たの? 向こうに本殿があるから、その裏手で良い写真が撮れるよ」と教えてくださいました。で、撮ったのがこの写真。見知らぬオジさんのご親切に感謝です。(画像クリックすると大きくなります)

| | Comments (0)

10/10/2017

diary Oct 10th 2017 - new learning partner

As you know, English is the second language to me, therefore the language practice is an important part of my everyday life. And sometimes I practice speaking with a language instructor(a learning partner for me) through online. And I talked with an English instructor in Serbia for the first time today. That instructor is very enthusiastic and a kind of nerd like me. So we had a good vibe, hopefully. the only problem is that competitions for booking that instructor's lesson seems to be high. However it would be great if I can establish a good collaborative and conductive learning relationship with the new learning partner as well.

オンライン英会話をする時はいつもフィリピンの先生方に話し相手になってもらっているのですが、本日、初めて、セルビアの先生と話をしてみました。セルビアでは英語は母国語ではないので、レッスン前は、セルビアの英語講師の英語力というのが、いまひとつ具体的に想像できませんでしたが、講師の紹介ビデオを見て直感で人選しました
話してみての感想は、予想通りというか予想以上に良い学習パートナーに出会った気がします。一言で言えば、僕と同じでオタク気質な人、これは、もう紹介ビデオを見た瞬間に感じた(笑) 同じ穴のムジナと言うか... 発音という点では、アメリカ人の英語と少しだけ違う気がするが、知識や話題が豊富なのでボキャブラリーや流暢さという点ではネイティブ・スピーカーと、そんなに変わらない気がする。何よりも、オタクの波長が合うのが嬉しい。問題は、人気講師らしいので、予約の競争率が高い様子。フィリピンの先生とも引き続き練習を続けつつ、この先生とも互いに学び合って行ければ良いなと思います

| | Comments (0)

12/30/2016

2016 year end greetings

this video is my 2016 year end greetings for all of you
thank you very much for your friendship, support, and favor
have a nice new year vocation !

本年の皆様のご理解・ご支援、どうもありがとうございます
2017年も皆様にとって良い年でありますように!

| | Comments (0)

12/18/2016

diary Dec 18th 2016 - year ending party

Dscf1175

today, I had a dinner with my bodybuilding friend. he is a past winner of state bodybuilding championship of my prefecture (prefecture in Japan is equivalent to state in the US), and currently he is competing in national level master's category, so to speak, his whole life is dedicated to bodybuilding, for example, for him, opportunities to eat out are several times in a year, so, today's small year ending party was one of the precious opportunities to relax for top level athletes like him, and I got a good stimuli from his dedication
本日はボディビル仲間とささやかな忘年会。この友人は静岡県ボディビル選手権で優勝経験があり、現在は全日本のマスターズレベルで競っています。食生活も含め生活の殆ど全てをボディビルに捧げる選手にとっては、外食を楽しむ機会もかなり限られてきます。本日は、ほんのひと時のリラックスの時間であるとともに、良い刺激を得ました。来年もお互いに頑張りましょう         

| | Comments (0)

10/07/2016

diary Oct 7th 2016 CalU of PA sport bag

Dscf1145_2

Hello, it's been a while, it's already October, time flies doesn't it !
I'm enjoying interaction with my exercise class participants, one's bodybuilding workout, communication with my friends in overseas through the internet, and so on.  I'm learning a lot from these bilateral learning relationships
the photo is the newest sport bag of my graduate school

皆さん、ご無沙汰しております。早いものでもう10月ですね。特に変わったことはありませんが、フィットネス指導員としての仕事、自分自身のトレーニング、海外の友人たちとのコミュニケーションなどを楽しんでいます。毎日、色々と良い刺激や学ぶことが多いです
サマーギフトとして、写真のミニバッグを母校より頂きました

| | Comments (0)

02/23/2016

ブルース・リーの哲学

No_limitstoday I found this encouraging message on the web. what I like/admire about Mr. Bruce Lee is his philosophy like this one. my another favorite Bruce Lee's word is " absorb what is useful whatever it is, and discard what is not "

本日、インターネットでこのメッセージを見かけました。ブルース・リーさんの言葉ですが、よいメッセージなので訳しますね。
"自分のやることすべてにいつも自分自身で限界を決めつけていたら(それが格闘技や肉体鍛錬でも、勉強や仕事など別のことでも) それは、自分の仕事や生活にも悪影響を及ぼすだろう。プラトー(一時的な停滞状態)というものはあるにしても、限界なんてものはないんだよ。そして、そこで立ち止まっちゃだめなんだ。それを乗り越えていかなきゃ"

ブルース・リーさんが32年という短い生涯で、あれだけ偉大なものを世界に残したのは、このような彼の生きる姿勢だと思います。僕はそれを尊敬します

| | Comments (0)

02/09/2016

new video of CALU online programs

this is a new video of online programs of my alma mater California University of Pennsylvania. CALU's online programs are ranked as one of the toppest among universities that deliver distance education. enjoy watching it !
母校のオンラインプログラムの新しい紹介ビデオが出来たそうなのでご紹介させて下さい。全米の多くの大学がインターネットでも講義やプログラムを配信するようになった現在、どの大学も、オンラインプログラムをいかに充実させるかに今後の発展がかかっていると言っても過言ではありません

| | Comments (0)

より以前の記事一覧