12/30/2020

フィットネス・トレンド 2021

Fitness Trend for 2021 - which is a forecatst for what becomes hot in the fitness industry in 2021 ? - has been announced by the American College of Sports Medicine. This trend forecast is based on a questionnaire type survey by over 4,000 participants worldwide, such as certified personal trainers, group exercise instructors, exercise physiologists, medical professional who are related to sports medicine, graduate school students majoring in exercise science, university professors ... etc.  I also participated in this survey as an ACSM certified fitness professional.

As you can see the result, impact of the COVID is reflected on the ranking, such as online training and workout without special equipment = body weight training.

A workout that doesn't require special equipment and doable online, for example, Yoga style exercise is also gaining people's attention. Also, fitness programs for older adults is raising its ranking in these years, which shows a change in demography in the US and other countries.

Top10 ranking  トップ10ランキング
https://www.acsm.org/read-research/newsroom/news-releases/news-detail/2020/12/29/online-training-is-new-top-fitness-trend-for-2021-according-to-acsm-annual-forecast  

Detailed report about top 20  (トップ20ランキングの詳細) 
https://journals.lww.com/acsm-healthfitness/pages/articleviewer.aspx?article=00006&collectionId=1&context=FeaturedArticles&issue=01000&type=Fulltext&year=2021

2021年にフィットネス業界で何か流行るか?を予測した「フィットネス・トレンド 2021」が米国スポーツ医学会 (ACSM)より発表されました(上記リンク) これは、世界中のフィットネス指導員(パーソナル・トレーナー、グループ・インストラクター、エクササイズ・フィジオロジストなど) スポーツ医学分野のお医者さん、エクササイズ・サイエンス専攻の大学院生や研究者など合計4,377名にアンケート調査したものを集計した結果で、僕もアンケートに参加しました。

調査結果をご覧の通り、コロナ・ウィルスの影響でオンライン・トレーニングや特別な器具を使わずに自宅でできるボディウェイト・トレーニング(自分の体重を負荷とするトレーニング)などが上位にランキングされています。

オンラインで実施可能で特別な器具を必要としないという点ではヨガの人気も高いようです。また、高齢者向けのフィットネス・プログラムもここ数年、順位を上げてきています。日本ではもう15年位前から高齢者向けの体操教室などが盛んですが、アメリカや他の国々でも高齢化が進み、日本と似たような状況になってきていることを反映しているように思います。

| | Comments (0)

12/27/2020

Blood pressure guidelines as of 2020

AS you can see in the chart on the linked page, there are two different guidelines for high blood pressure. The guideline by The American College of Cardiology/American Heart Association is more strict than the one by The Seventh Report of the Joint Comittee.

https://www.cdc.gov/bloodpressure/about.htm

| | Comments (0)

10/03/2020

A graduate program for tactical strength & conditioning

My alma mater Cal Penn started an online graduate program for tactical strength & conditioning. Tactical strength & conditioning means fitness programs for military personnel, law enforcement officers, and life saving workers, and these fitness programs are very important for justice, peace and order of the country. In that sense too, this new course is very meaningful, I think. Also, curriculum of this course covers exam content of NSCA TSAC-F cert.

https://www.calu.edu/academics/graduate/masters/exercise-science/tactical-strength-conditioning/index.aspx

母校・Cal Pennがタクティカル・ストレングス&コンディショニングのコースを始めました。タクティカル・ストレングス&コンディショニングというのは、軍人さん、警察官、消防士、レスキュー隊員など特殊な任務を遂行する職業の方々の体力向上トレーニングのことです。こういった方々の体力向上プログラムというのは平和と治安維持のために非常に重要だと思います。

タクティカル・ストレングス&コンディショニングについて大学院レベルで学べるコースは、全米でもまだ少ないようで、これらの職業の方々が仕事をしながら学べるようにオンラインでのプログラムになっています。
また、NSCAのTSAC-F (タクティカル・ストレングス&コンディショニング・ファシリテイタ―資格)の試験内容に対応したカリキュラムになっているようです。

| | Comments (0)

07/16/2020

COVID 19 and safe return to training

The following PDF file is a useful guideline regarding " COVID 19 and safe return to training "
下記のドキュメントは COVID 19 とトレーニングの再開に関するガイドラインです。

ダウンロード - nsca20covid201920return20to20training.pdf

| | Comments (0)

06/09/2020

Diary June ith 2020 - participation in fitness trend survey

I participated in an annual survey regarding prospective fitness trend for the next year - 2021. This survey is conducted by the American College of Sports Medicine, and a lot of workout methods are listed on the survey. Each participant rate these items in terms of " what would be hot topic in the next year in the health & fitness idustry ? "

Items that captured my attention were ... vitural training, online training, and so on.  These are very prospective in this period of uncertainty due to the COVID 19.  Survery result will be published on ACSM's journal by the end of this year.

毎年恒例の「来年、フィットネス業界で何が注目か?」というフィットネス・トレンドの調査に参加しました。これは、ACSMが実施している調査で、翌年に流行しそうなトレーニング方法などが、あらかじめ沢山ピックアップされており、それらを10点満点方式で、どれがどの程度妥当か?採点するものです。

EMS(筋肉にビリビリ電流を流して鍛える装置)などもピックアップされていましたが、今のところ、効果を裏付ける科学的根拠は希薄なので、EMSは辛い採点にしました。ヴァーチャル・トレーニングやオンライン・トレーニング、自重トレーニングなどもピックアップされており、これらは、コロナと共存しなければならない今後の時代には有望なものと考え、これらに良い点をつけました。

集計結果は今年の11月頃に発表されると思います。

| | Comments (0)

03/26/2020

自宅で25分エクササイズ A 25 minute home exercise

Corona virus patients are rapidly increasing in Japan too. Therefore, the governer of Tokyo issued an advisory warning to " stay at home and avoid unneccesary going out on this weekend ".  For maintaing good health even during this uncertain circumstance, the following video would be a helpful virtual instructor.

https://www.youtube.com/watch?v=eLClKvN9Qag

首都圏で「週末できるだけ外出を避け、家で過ごすように」という要請が出されましたね。上記のビデオは自宅で手軽に出来る25分間のエクササイズです。

| | Comments (0)

03/18/2020

Maintaining physical actvity in the midst of corona virus

Amid the threat of corona virus epidemic, maintaining regular exercise habits in individual level at home is very important for health, fitness, and stress relief. The following link are useful recommendations about this matter.

https://www.exerciseismedicine.org/support_page.php/stories/?b=892

コロナウィルスの影響で学校は休み、スポーツ施設やフィットネスクラブ等も休館だったり営業時間短縮などで、運動不足が問題になりつつあります。そのためコロナウィルス騒動が落ち着くまでは、各自が家で出来る運動などを行うことが大切と思います。上記リンクはそれに関するヒントやアドバイスなどが書かれています。自宅周辺を歩いたり、部屋で可能な筋トレするのもいいでしょうし、若年層で関節や膝・腰などに問題がなければ、無理のない程度に縄跳びをするのも良い運動になると思われます。

| | Comments (0)

03/14/2020

1985年当時のエアロビック映像&レイチェル・マクリッシュ

I'm reminiscent of fitness fever in mid 1980's, watching this video.
Opening of this aerobic dance competion features Ms.Rachel Mclish, the first Ms.Olympia. I think that kind of 80's style dancing workout will regain popularity in the near future.
https://www.youtube.com/watch?v=L-yxmCNkS30

近年、ジムでのトレーニングが人気ですが、動きのあるダンシング・エクササイズもいいですよね。
人口動態の変化で若年層が減って中高齢者が増えた現在、スタジオで行われているエクササイズはヨガなどソフトなものが多くなっていますが、このようなダンスエクササイズも近い将来、また人気を取り戻すと思います。
1985年のこの映像では、当時の女子ボディビルディングのスター選手 レイチェル・マクリッシュも出演していて懐かしいです。

| | Comments (2)

03/13/2020

フィットネスビキニ選手 ジェシカ・アレバロ

Today, I'll introduce you to one of my favorite fitness youtube channels. She is Ms. Jessica Arevalo, a professional fitness bikini competitor, and I like her zest, positivity, and hilariousness. Also, her youtube videos can be a good learning material for my English language practice.
https://www.youtube.com/watch?v=Ti5Y5Ej_wAM

僕が時々チェックしているフィットネス・ユーチューバーの一人をご紹介します。ジェシカ・アレバロさんという名前で、フィットネス・ビキニコンテストのプロ選手です。
もっと美人のフィットネス・ビキニの選手も多いですが、アレバロさんは気さくで陽気な感じで、内に秘めた闘志とポジティブさに刺激されます。
英語の勉強としても見ています。

| | Comments (0)

02/12/2020

青少年アスリートの怪我防止のための6項目

Six important points for preventing injury and burnout among youth athletes. If you click the pic, it wil be enlarged.
青少年アスリートの怪我や使い過ぎ障害、精神的な燃え尽きなどを防ぐための6項目(イラストをクリックすれば拡大表示になります)
83318766_10158392568216264_2437402758047

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

and this is a reminder to myself : Don't be so irritated, be patient and kind to others. Show respectful understanding to your talking partner's way of thnking and behavior.

| | Comments (0)

より以前の記事一覧