06/27/2018

オペラ座の怪人 ルーク・マーガトロイド版 Shooting star in opera Luke Murgatroyd

Usually in duet of the song " Phantom of the Opera ", people's attention tends to go to the female singer of the duet, and I found a kind of exceptional version of that song in which the male part is outstanding as well as the female part. The male singer is Mr. Luke Murgatroyd from England. I was shocked in a good sense when he started singing in this video. I hope you will like it.

ミュージカルの名曲「オペラ座の怪人」ですが、多くの場合、この曲のデュエットでは女性パートに聴衆の関心が行きがちですよね。サラ・ブライトマンなどのイメージが強いせいかもしれません。男性パートが際立った「オペラ座の怪人」をyoutubeで見つけました。

この男性シンガーはLuke Murgatroyd (ルーク・マーガトロイド)という名前でイギリス出身。日本にも来たことがあるようですが、一般的な知名度はまだ高くないようで、期待の新人といった感じでしょうか。ビデオ開始1分のあたりで、彼が歌いだすと見事な歌唱力にちょっと衝撃ですよ。

| | Comments (0)

06/24/2018

エクササイズを楽しくする80年代ヒット曲ーエクスポゼ(現在) The mid 80's hit song that makes your fitness workout fun - Reunion of Expose 

I wrote about the mid 1980's dance song group Expose in the previous post, and they are still active in the present as well, 30 years after their heyday. The video is their live as of 2013, and I'm happy that alll the three ladies are still pop, cool, dynamic, a bit chubby-ish sexy physique (ahaha), and sweet. Enjoy their reunion performance !

昨日の記事でバブル時代の知る人ぞ知る女性グループ・エクスポゼについて書きましたが、彼女たちは30年後の現在でも元気にステージで歌って踊っています。このビデオは2013年の映像ですが、フィジーク的には、幾分バルクアップしていますが(笑)、相変わらずパワフルで、見ていて元気が出ます。

| | Comments (0)

06/23/2018

エクササイズを楽しくする80年代ヒット曲ーエクスポゼ  The 80's hit song that makes your fitness workout fun and exciting

When I was reading an internet security related web article today, I came across a word saying that point of entry, which is supposed to be a data entry point or something like that. And, what sprung up in my mind on the spot was mid 1980's disco hit song Point of No Return by Expose.

Speaking of disco hit songs, many of you guys will imagine hit songs of Bananarama such as Love at first degree, Venus and so on. The striking difference between these groups is ... Bananarama is a female group in the UK, however, Expose is a female group in the USA, and reflecting the multicultural society in the US, members of Expose multinational and multicultural as you can see in the video clip. Their songs will become a good back ground music and a kind of motivator for your fitness workout who are reminiscent of cultures in the mid 80's.

本日2度目の更新にて失礼します。先の記事に書きました通り、本日はインターネットセキュリティ関連のネット記事などに目を通していたのですが、その中でポイント・オブ・エントリーという用語に遭遇しました。データエントリー関連か何かの用語かと思われますが(間違っていたらすみません)、その瞬間、僕の心に思い浮かんだのは、1980年代中頃にヒットした「ポイント・オブ・ノーリターン」という曲です(笑)。もう後戻りできないポイントという意味ですが...

歌っていたのはエクポゼという女性グループですが、いまだにエクスポゼのことを覚えているのは日本中で僕を含めて数名程度かもしれません(笑)。当時の女性グループの代表格といえばバナナラマですよね。エクスポゼはバナナラマの影というかダークホース的な存在だったので、一般的には知っている人は少ないのです。

両グループの決定的な違いは、バナナラマはイギリスの女性グループですが、エクスポゼはアメリカの女性グループです。米国の多文化・他民族共生社会を象徴するかのように、エクスポゼのメンバー構成は多様性に富んでいます。ビデオをご覧になってお解りの通り、バナナラマのように典型的なブロンド美人というよりは、エクスポゼはヒスパニック系などの人達もターゲットにしたようなメンバー構成になっています。

ダンサブルな曲なので、エクササイズのBGMとして聴くのも元気がでると思いますよ!

| | Comments (0)

06/09/2018

シニア世代のロールモデル 萩本欽一論 トリロジー  June 9th 2018

2007年に、このブログで萩本欽一さんについての僕の思いを3回渡り書かせていただいたことがあった。僕はとりたてて欽ちゃんのお笑いのファンだというわけではない。むしろ、僕が20代・30代の頃は「欽ちゃんの笑いは、ほのぼのファミリー路線で、刺激に欠ける」気がして、あまり好きではなかった。

ところが、自分が40代になり、2007年のある日、テレビで久しぶりに見た欽ちゃんは、「良い意味で本音で語っている(勿論、テレビ番組の制約の範囲内ですが)。あるいは、純粋に自分の興味を追及している」ように見えて、少し新鮮な衝撃を覚え、ブログのネタに取り上げさせていただいたわけです。あれから、10年以上経過し、最近、このブログ記事への検索アクセスが少しづつですが増えつつあるようなのです。70歳を超えて大学生になった欽ちゃんのチャレンンジ精神に共感したり、興味を持っている方が多いのかもしれません。

というわけで、3回に分けて書いた欽ちゃん論を、まとめて再録させていただきます。3部作なのでtrilogy - トリロジーということで (大袈裟、笑)

萩本欽一論 第一部

第二部

第三部

In Japanese comedy world, one of the most beloved big shot comedian is Mr. Kinnitch Hagimoto. I wrote my though about his on my blog in 2007(the above links).  In 2015, he enrolled in a university at the age of over 70 years old to study the nature of human life and buddism. What I like about his is his passion and enthusiasm for pursuit of one's curiosity and belief.

| | Comments (0)

04/18/2018

懐かしのエブリシング・ユー・ドゥー

Although this is a hit song in more than 15 years ago, it is one of my recent favorites.  M2M    " Everything you do "
Have a good day today as well !

この曲、15年以上前のヒット曲ですが、最近なぜか、また気に入って聴いています。本日も良い一日を!

| | Comments (0)

04/03/2018

心に響くタイタニックテーマ (クリスティーナ・グリミー) Your heart will go on, Christina Grimmie

Two years have passed since the tragedy, however Ms. Christina Grimmie's beautiful songs are still in my mind, especially this song is one of my favorites and as heart touching as the original version by Ms.Dion. Although I can't specify why Christina's version moves people's mind, probably that is because of her innocence like a sunshine, belief in singing and sincerity, I guess. Christina, your memory will go on in the heart of your fans.

米国の女性歌手・クリスティナ・グリミーさんの悲劇の事故から2年が過ぎようとしていますが、彼女がカバーした「マイ ハート ウィル ゴーオン(タイタニックのテーマ)」は今でも僕の好きな曲の一つで、個人的にはセリーヌ・ディオンのオリジナルと同じくらい素晴らしいと思います。何でグリミーさんの歌が人々の心をとらえるのか?特定するのは難しいのですが、彼女の天真爛漫な明るさと歌に対する信念や情熱、真摯さだと思います。My heart will go on とは「私の心は生き続ける」という意味ですが、彼女の魂と思い出は僕らファンの心の中に永遠に生き続けています。

| | Comments (0)

01/20/2018

Diary Jan 20th 2018 - memory of globe

One of my English teachers in the Philippines whom I practiced with until the spring of 2017 was a fan of globe (a music group in Japan which gained an explosive popularity in 1990's, and its leader announced a retirement from the music industry a few days ago). so, this video makes me a bit reminiscent and sentimental mood. globe's momentum in the mid 90's was great because their songs and popularity reached as far as the Philippines as well. As the group name implies, they were a global music band !

2017年の春までお世話になったオンラインの先生がglobeのファンでした。僕自身はglobeの大ファンというわけではありませんが、このビデオを見ると、この当時は勢いがあったなあと思います。90年代の日本のポップ音楽を牽引してきた功績は大きいと思いますし、フィリピンでも人気があるなんて、名前の通りグローバルだったなあと思います。引退の理由はどうあれ、やや残念な気もします。

| | Comments (0)

11/21/2017

Diary Nov 21st 2017 Gary V

I'm not sure this singer Gary Valenciano is known in the USA and Europe, however his song " I will be here " is one of my recent favorites. His song and lyrics are very heart touching. I knew about him through one of my learning partners in the Philippines.  I hope you enjoy the video

フィリピンの人気歌手 ゲリー・ヴァレンシアーノのヒット曲 I will be here です。だいぶ前に、フィリピンの先生から教えてもらったのですが、よい曲で気に入っています。ニックネームが「ミスター・ピュアエナジー」のゲリー・ヴィーさんにも暖かい人柄を感じます

| | Comments (0)

11/15/2017

Nov 15th 2017 - pure and passionate kung-fu guys

On youtube, I found a bunch of passionate and enthusiastic kung-fu movie aficionado guys whose team name is " martial club ".  https://www.youtube.com/watch?v=A2yvzrfrRsQ  this link is one of their videos.
the situation in this footage is ... they are great fan of Donny Yen, and when Mr.Yen came to a move theater for premier ceremony of his new film, the Martial Club guys asked Mr. Yen's permission to demonstrate their action stunt performance in front of the eyes of their idol Donny, and Mr.Yen kindly accepted their offer. What is impressive to me is these guys' pure and intense passion for martial arts, especially preparation and hard training for this moment.  And also I was impressed with Mr.Yen's kind and gentle attitude to accept their sudden offer.
Donny was also a kung fu kid (even now), so he can understand the pure heart and passion of Martial Club guys, I guess.
check this video out especially from around 2 minute 50 second.

最近、メイクアップ系やフィットネス系のユーチューバーは多いですが、カンフー映画マニアのユーチューバーを偶然見つけました。マーシャル・クラブという名前のチームで、アメリカ在住の東洋人なのか、香港の人達なのか?よくわかりませんが、上記のビデオを見て感じたのは、純粋な熱意と真剣さがスゴイということ
ビデオの状況は、彼らが尊敬するカンフー映画スター ドニー・イェン氏が新作映画の舞台挨拶に来た時に会場に行き、質問コーナーで手を挙げ、ドニー氏の武術哲学などに関して質問した後、「実は俺たち、貴方(ドニーさん)の映画にも大きく影響されて武術の練習してるんです。もしできれば、この場で型の演武を少しだけ披露させていただいてよろしいでしょうか?」と尋ねてみる。 ドニー・イェンさんは「もちろんOKだよ」と快諾。
(上記リンクの2分50秒のあたりからです)
この瞬間に向けて、彼らがいかに真剣に練習を重ねてきたかがよくわかります
このようなマニアックなファンからの突然の申し出を快く受け入れたドニーさんも紳士的で心の優しい人だと思います。ドニーさん自身がカンフー少年だったから(今も)、彼らの熱い真剣な気持ちがわかるのでしょう

| | Comments (0)

06/06/2017

new shooting star in sport reporters - Emily Nakagawa

I woke up earlier than usual this morning at around 5, and watching a morning new show on TV, and one of new comer sport reporters for that show said she was serving as a professional cheerleader for baseball team Tokyo Giants until a few years ago. a short footage at that time was on introduced as an self-introduction of that new comer pretty sport reporter, and her energetic and vivid dancing captured me mind. so, I searched her videos on youtube and found the video below.
of course, physically she is too short and skinnier than NFL cheerleaders, however, in a fundamental nature of the professional cheerleaders saying that making people happy, smile, and energetic through skillful dancing, cute and attractive smile, professional demeanor, and positive energy which emanates from her, her potential is as excellent as the toppest cheerleaders in the USA, I think. her name is Emily Nakagawa, check her out !
https://www.youtube.com/watch?v=YoVfMPVt8n8
https://www.youtube.com/watch?v=FyBlWPYDi0M    retrieved from youtube

今朝はなぜか朝5時頃に目が覚めてしまい、テレビをつけてみた。早朝のバラエティ・ニュース番組の新人スポーツレポーターの女性が僕の目を惹きつけた。レポーターになる前はチアリーダーをやっていたそうで、当時の映像が少しだけ流れたが、非常に躍動感のある踊りをしていた。興味を持ち、彼女の映像をyoutubeで探して、上記のリンクビデオを見つけた。ナカガワ・エミリさんという方で、幼少時代よりダンスをやっており、高校卒業後、読売ジャイアンツのチアリーディング・チームに所属していたというプロのチアリーダー。アメリカのNFLなどのチアリーダーと比較すると、小柄だし、体の線も細すぎるが、キレのあるダンス、表情、プロ意識、彼女から観客席や選手に伝わるエネルギーなど全てに目を見張るものがある。才能があり、なおかつ楽しく努力する人だということが伝わってくる。そんな人は見る者を幸せな気分にする。今後、スポーツレポーターやアナウンサー業を主体に活動予定とのことだが、言葉によるコミュニケーションは勿論だが、彼女の原点である身体を通じた自己表現やコミュニケーション(チアやダンスやエクササイズのたぐい)も引きく続き追及したら良いと思う。 僕と同じように、エミリさんに大きな可能性を感じた方がこのようなブログ記事を書かれています http://weblog.hochi.co.jp/yaguchi/2015/10/post-6577.html (報知新聞ブログ)

| | Comments (0)

より以前の記事一覧