07/08/2019

Diary July 8th 2019

I was really exhausted mentally and physically in these several weeks because of uncontrollable misunderstandings in human relationships. However, I'm somehow regaining my energy little by little recently.
Have a nice day today too everyone !

| | Comments (0)

06/22/2019

Diary June 22nd 2019

What is necessary for me right now is ... patience, resilience, refreshment, and recuperation.

| | Comments (0)

06/12/2019

Adaptation to a changing situation - June 12th 2019

One of meanings of the word & concept " Fitness " is " an adaptation to a new environment or a changing situation ", I think. Of course, my primary profession is to demonstrate, explain, and instruct fitness workout and related knowledge, at the same time, my another work is interpretation, translation, and language instruction. What I mean by that is ... my job title from a wider perspective is ... my profession should be an instructor & facilitator for supporting people adapt to a new environment or a changing situation. My second major is behavior modification psychology, aka wellness coaching, that is also a part of adaptation to a new environment.

That said to me Fitness Instructor = Adaptation Instructor. 

The instructor myself is wearing and tearing one's nerves in unexpected misunderstandings in human relations recently, however, this is also an important life lesson to learn how to adapt to a changing environment and unpredictable situations. 

「フィットネス」という言葉の意味のひとつは「新たな環境や変わりゆく状況に適応すること」であると思う。もちろん、僕の第一の役目はフィットネスのトレーニングを実演したり関連知識を説明したりすることですが、通訳の仕事をしたり、海外の方に日本語をお教えしたり、日本人向けの英語の家庭教師などもさせていただいている。外国語を学ぶのも、ある意味、「新しい環境・状況に適応すること」だと思う。

僕の専攻分野のひとつ・ウェルネス・コーチング(健康関連の行動変容心理学)も新たな環境に適応することである。つまり、僕の役目というのは、広い意味で言えば、「新たな環境や変わりゆく状況に適応することのインストラクター」だと思う。

僕自身が、ここ1ヵ月位、連日、予測していなかった誤解やすれ違いで神経をすり減らしてしまっているが、これも「変わりゆく状況や予測不能な状況に適応すること」を学んでいるのかなあ、と思う。

| | Comments (0)

06/08/2019

Diary June 8th 2019

Sometimes it feels like that the more you chase what you want, the more ir runs away, it goes away ...
Life is an irony, don't you think ? ...

追えば追うほど、逃げられてしまう時や状況ってありませんか?
猫を追いかけると逃げちゃうけど、しらんふりしてると、近づいて来たり ...

仕事でも人間関係でも、当事者の思いやタイミングが一致するのって、なかなか難しいですよね。

| | Comments (0)

06/07/2019

Rehearsal for the future - June 7th 2019

Currently I'm working in a very complicated and exciting environment, that is tutoring Japanese language to three German people living in Japan, besides, an agent company for this job is a one in the USA, the service is taking place in Shizuoka Japan, that said work cultures in the three countries Germany, USA, and Japan are assiciated each other in this project.

Of course, all the people in this project - clients from Germany, management staff from USA, and staff in Japan - are very nice person and tackling this job seriousy with good will. However, a slight difference in work culture, difference in way of thinking and each person's personality and so on can sometimes lead to unexpeted trivial misunderstanding and entanglement of emotions.

Although it is not an easy job, however, I'm experiencing and learning something important in human relations and intercultural communication through this tough and precious opportunity. I would like to thank for all the parties involved.

2019年1月より、ドイツ企業の静岡支社の従業員の方3名に日本語をお教えさせていただいていますが、この仕事は、アメリカの翻訳&語学系の会社からインストラクターとして派遣されています。つまり、生徒さん(お客様)はドイツの方で、僕の雇用者はアメリカの会社、レッスンが実施されているのは日本(掛川)という3ヶ国の文化・習慣が入り混じった非常に複雑な環境でお仕事させていただいています。

もちろん、ドイツ側のお客様もアメリカ側のスタッフも全員良い人達ばかりです。しかし、ものの考え方や習慣等の微妙な違いなどが時々、思わぬすれ違いや誤解、感情のもつれ等につながることもあります。個人個人の性格の違いもあります。特に、ここ1ヵ月位、よかれと思ってやったことが、なぜか、ことごとく裏目に出る、というような状況が連発し、精神的に疲れてしまったというのが正直な今の状況です。でも、こちらがそう感じているということは、相手側も同じように、心を痛めたり悩んだりしていると思います。

長い目で見れば、人間関係において、あるいは国際交流や異文化交流においてとても大切な事を学ばせてもらっているのかなあ、と思います。
いつの日か、国籍不明の美女と一緒になることを考えるなら、異文化交流の狭間で神経すり減らす程度のことは、将来へのリハーサルなのかもしれません(笑)
そう思って頑張ります(笑)

P.S. セルビアからは、その後まだ連絡ありません ...

| | Comments (0)

06/05/2019

Diary June 5th 2019

If you are living and working in an environment of a foreign language to you, one of the most challenging moment would be how to deal with and solve an unexpected trouble, trivial misunderstanding and so on. And these situations can sometimes become mind boggling temporarily ... however, they can become an important opportunity to think about one's way of thinking, attitude, pre-conception, and the importance of peaceful conflict resolution. As long as you live in a multicultural environment, that kind of situation and life lesson is more or less inevitable, I think.

外国語を使う環境にいると、多かれ少なかれ、ちょっとした誤解などが生じることがあります。お互いに悪気はなくて、よかれと思っての行動でも、色々な要因が重なって思わぬすれ違いになったりすることもあり得ます。最近、そんなちょっとしたすれ違いが多くて、精神的には少し疲れたりもしますが、文化や言語の異なる人達と仕事したり、勉強したりする場合、やむをえないというか避けられないことでもあると思います。でも、誤解をなるべく平和に解決しようと一生懸命になっている時が、一番無意識に外国語を使っている瞬間でもあるような気がします。

When some misunderstanding or conflict arises between you and your friend/client/co-worker, an iportant point would be to calm down and thinking that situation from that partner's shoes, however, I tend to forget this point sometimes, I mean, I get excited easily, or short tempered person. Mental maturity is necessary for me.

誤解やトラブルが生じたときに大切なことは、感情的にならず、落ち着いて、相手の立場でも状況を考えることだと思いますが、僕のダメなところは、すぐにエキサイトしてしまうところだと思います。僕は負けず嫌いで勝気なところが自分の長所でもあり、逆から見れば、場合によっては、相手の立場でも状況を考える思いやり的な配慮が欠けてしまう事があるのが短所でもあると思います。

以前見た大山倍達氏の講話ビデオで「闘うところに男のロマンがあるんだよ! そのくらいの覇気がなくてどうする?」と言っていました。男というのは、何歳になっても良い意味で、やんちゃぼうず的な心意気が必要だと思うのですが、それは、時には、相手をいたわる優しさでもあるべきなのでしょうね、つまり、強くて優しい男にならなくては、と思うのですが、まだまだどちらも欠けているのが現状です。

| | Comments (0)

05/29/2019

Diary May 29th 2019 Japanese language and Enka

What I realized recently is ... melodies of Enka and Rokyoku are quite reasonable and suitable for Japanese language that is mainly focued sounds of vowels.

最近、気がついたのですが、演歌や浪曲のメロディーは、母音の音が大きな構成要素をしめる日本語には非常にマッチした旋律であるということ。
いわゆる"こぶしをまわす" (語尾の母音を伸ばす)のは、子音の後に母音が伴う日本語やハングル語には、ごく自然な歌唱表現であると思う。

| | Comments (0)

05/27/2019

Diary May 27th 2019 操(みさお)ってどう訳す??

Before the start of my senior fitness class, this song was played in karaoke as a back ground music in the facility. This is one of big hit songs of Japanese enka. The lyrics of this song a bit touvhed my heart. and I wonder that pure hearted woman exists in reality nowadays ??  Lyrics of this song is a fantasy and hope of male perspective and conveience, I guess ...

https://www.youtube.com/watch?v=U3ARdQBTxlY

本日のシニア・フィットネスクラスが始まる前に、この曲が施設内のカラオケで流れていた。演歌にはほとんど興味ないんですが、この曲の歌詞の女心のけなげさに感心すると同時に、昭和30年~40年代頃ならまだしも、2019年の現在、現実には、このような女性はいるのか?とやや苦笑。

「あなたの邪魔はしないから、そばに置いてほしいのよ」とか、女心を歌にしたものなのかもしれませんが、むしろ、そんな一途な女性に追いかけられたいなあ、という男の勝手な願望&妄想を歌詞にしたものではないか?と思ってしまいます(笑) 女性作詞家が書いた歌詞なら女性目線なんでしょうが、この曲の作詞家は男性ですからね ...

コミュニケーション言語が英語で、国籍不明っぽいエキゾティックな感じで、さらに、この曲のように一途な人が理想なんですが、まあ、僕個人の都合&妄想レベルの話なんですけどね(笑)

| | Comments (0)

05/26/2019

Diary May 26th 2019

The only thing I can do and I should do is to live one's life based on a belief, human relationships will grow and develp gradually and naturally if they are a fate.

| | Comments (0)

05/25/2019

May 25th 2019 - 与太話

Tenacity, this is one of the most important things to me, in pursuit of fitness, in language practice, in one's profession, in human relationship ... etc. Sticking to one's belief, and keep on learning ! This is a message to myself.

1年程前に仲良くなり、ほぼ毎日レッスンを受けていたオンライン講師、2018年末で辞めて別の仕事をしているが、5ヵ月ぶりくらいで「ヨシ、元気? どうしてるの?」とメールがあった。「久しぶりにスカイプでおしゃべりしたいわ」と嬉しいことを言ってくれるので、指定された日程と時間(時差の関係で日本時間 朝5:30=セルビア22:30)にパソコンの前でスカイプが鳴るのを待っていた。

目鼻立ちのキレイな僕の好みのタイプで、ワクワクしながら待っていたが、10分たってもコールがない。どうしたのかな?と思い、メールボックスをチェックしてみると、彼女から2通のメールが届いていた。

1通目のメールは「ヨシ、ごめんね、友達とちょっとした誤解があって、今日は帰りが遅くなるの。約束の時間を1時間遅くすることは可能?」 前日の日本時間・夜9時頃=セルビア14:00頃に受信しているが、翌日の朝が早いので、僕はこの時もう寝てしまっていた。

2通目のメールは、当日の朝4時=セルビア21:00頃に届いており、「ヨシ、本当にごめんね、友達との誤解がますます複雑になってしまって、今日のあなたとの約束はキャンセルしなければいけないの。あなたとお話ししたかったんだけど ... 別の機会に、またお話しできる?」


僕は、この日、掛川での日本語レッスンへ行くので朝6時過ぎには自宅を出る予定で、5時30分から6時頃まで30分位、出勤前の時間を割いて久しぶりのスカイプデートを楽しむ予定でいたので、さすがに、ガッカリした。

が、あまり恨めしい内容の返事を送るのも男らしくないので、「おはよう、昨日は早く寝たので今メールを見たよ、こちらの事は心配しなくていいよ。都合のよい日を連絡してよ」といった内容の返事を送った。

あれから、3週間近く経ちますが、彼女から一言も連絡がない ...
気分的につらい日々です。信じたいけど、ちょっと人間不信気味になりそうです。
あれこれ詮索しても、どうしようもないのだけど ...

推測1.  彼女の気まぐれにふりまわされただけ。他の友達(男か女か不明ですが)との関係を優先される時点で、望み薄。
推測2.  もしかしたら、職場の同僚との間にトラブルがあり、同僚をfriendと表記している可能性もあるかもしれないが ...
推測3.  僕の事は、暇な時のおしゃべり友達程度にしか考えていない


本音を言えば「朝4時に起きて準備してたんだよ、次の機会があるかどうかは、おまえ次第だ」くらいの強気の返事を送ろうかとも思いましたが、基本的には女性をたてるのが欧米的男女関係なので、あえて、やさしい返事にしたつもりですが ...

縁があれば、何らかの形でつながっていくでしょうし、まあ、あまり期待せずに気長に待つしかなさそうです。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧