11/10/2018

Diary Nov 10th 2018

Fitness and English practice, the both are an indispensable part of my identity and my everyday life. Training them for a while, and taking some rest sometimes for recuperation and refreshment. I've been repeating this process for may times. Probably and hopefully, this cycle will continue in the future as well throughout my life.

昨日もラリー・キング トークショーのスクリプトを使用しての練習をしたが、なぜかわからないが、これが意外と疲れる。講師にレイディー・ガガのパートをやってもらったが、「ガガの役をやるの楽しいけど疲れるわー」と似たような感想を言っていた。

書いてあるもの(台本)を読むだけなのだが、フリートークとはまた違った要素が要求されるようだ。格闘技の練習に例えるとするなら、約束組手や型の練習を真面目にやるのと似たようなものだと思う。あるいは、野球などのスポーツの練習に例えれば、何パターンもあるセットプレイの練習をするようなものだろうか?と感じた

| | Comments (0)

10/10/2018

Diary Oct 10th 2018 A man is whichever room he is in

I learned a nice proverb through today's language training, that quote is ...  " A man is whichever room he is in "

本日、馴染みのオンライン講師から上記の諺を教えていただきました。
日本語にピッタリくる訳が難しいですが、「人というのは、その時にどんな部屋にいるかである」とでも訳しましょうか。つまり、人というのは会社にいるときは会社用の顔がある、学校にいるときは学校用の顔、うちに帰れば自宅用の顔があるように、その時々の状況によって人には多面性がある、というような意味ですかね。

| | Comments (0)

10/07/2018

Diary Oct 7th 2018

Nearly one year has passed since I started practice of English with instructors in southern European countries such as Serbia and Bosnia. I talked with totally around 10 instructors in those countries in the past year, and what I noticed in their English is ... people who speak English with comfortable popping rhythm are relatively limited. Of course, English is not a mother language in these countries, thus what I write here might be a bit tough request for them. In terms of the rhythm, English of Philippina people is relatively close to that of American English, I guess. In the Philippines too, English is not the mother tongue. So, probably, factors that are associated with popping rhythm of English might be ... 1) influence of American culture such as TV programs in their everyday life, 2) climatic condition
This is only my hypothesis though ...

セルビアやボスニアなど南ヨーロッパの講師の方々と英語の練習を開始してから、そろそろ1年になる。この1年にこれらの国の英語講師、累計で10人位と話をした。もちろん、英語力やしゃべり方は人それぞれだが、一番気づいたことは、アメリカ英語に慣れた僕の耳には、セルビアやボスニアの英語講師の多くには「英語特有の弾むようなリズム感」があまりないような気がする。

もちろん、これらの国でも英語は外国語であって母国語ではないから無理はない。これらの国の人にアメリカやカナダなど北米の英語を期待するほうが無理な注文である。が、例えばフィリピンでも英語は公用語の一つではあるけれど母国語ではない。だけど、フィリピン人英語講師は非常にリズム感のある英語をしゃべる人が多い。アメリカ英語の感覚に比較的近い。

おそらく、南ヨーロッパの英語講師とフィリピンの英語講師のリズム感の違いの原因として考えられるのは、1)日常生活でのアメリカ文化の影響、フィリピンはアメリカ文化の影響が強い、ボスニアやセルビアはアメリカよりもイギリスの方が近い 2)寒い地域では、しゃべる時にあまり口を大きく開けないし、極寒の気候の影響か感情の起伏を言葉のリズムという形で表すのも、比較的少ないような気がする

あくまで仮説ですけど ...
それと、しゃべり方やリズム等は別として、南ヨーロッパの講師の皆さん、目鼻立ちのはっきりした美人が多いです。   

| | Comments (2)

09/21/2018

Diary Sep 21st 2018

Although I wrote this topic on this blog several times in the past, I would like to write it again as a reminder to myself,  that is ... if you want to switch one's dominant language and thought process from one's mother tongue to a foreign language you are practicing, writing something in that language as much as possible is critically important. Even some trivial matter is OK, so to speak, writing is an essential step in acquiring a new language.

| | Comments (0)

09/12/2018

Diary Sep 12th 2018

Hey ya'll,  the climate is getting autumn-ish day by day recently, and I took out a little bit thicker autumn blanket from the closet today for the first time in this season. It makes me feel the arrival of the early fall season. I have to be careful not to catch a cold especially at the seasonal divide.  

気候が日ごとに秋めいてきてますね。今日は今シーズン初めて、少し厚めの布団を押し入れから出しました。季節の変わり目で風邪などひきやすい時期でもあるので気を付けましょう。

| | Comments (0)

08/26/2018

Culmination and end of Japanese summer   高円寺・阿波踊り = 夏の終わりの象徴

Koenji_awa_dancing

I got this photo from my friend in Tokyo this morning, which is a scenery of traditional local dancing festival in Tokyo, and in Japan it signifies the culmination and end of the summer.

Speaking of dancing, I found the footage below on youtube today, although it is a bit different from the traditional summer dancing in Japan, I like the choreography and the fashion in this video, and beautiful and sexy abs of Nicole Sherzinger can become a good motivator for your exercise adherence, I guess.

東京在住の友人が高円寺・阿波踊り祭りに行ってきたそうで、今朝写真が届きました。日本の夏を象徴する光景であると同時に夏の終わりと秋の訪れも感じさせる光景ですよね。

日本の伝統的な踊りとは少し違っていますが、上記のビデオのプッシーキャットドールズの振り付けやファッションなども、なんとなく阿波踊りの雰囲気やリズムに共通するものがあるような気もしますが、どうでしょうか?
ニコール・シャージンガーのセクシーで鍛えられた腹筋は、エクササイズをやる気にさせるモティベーションにもなりますね。
写真を送ってくれた友人に感謝です。

| | Comments (0)

07/30/2018

どうしてネズミが科学実験に使用されるのか? Why mice are used for academic study and experiment ?

I got an interesting question from one of my language learning partners yesterday, that is ... " Why rats and mice are used for scientific experiments ? ".   Actually I have never thought of answer to this question so far, therefore, this question is very intriguing to me too.

As a result of searching related information on the web, I hit the following article, which can be an answer to the above question.
Why do researchers use mice for scientific experiments ?

昨日、英語のトレーニングパートナーの一人より興味深い質問をいただきました。ある研究記事を読んでいたのですが、「どうして、この手の学術研究ではネズミ(マウスやラット)が実験台に使われるの?他の動物ではだめなの?」という質問でした。

僕自身も、どうして学術実験ではラットやマウスが使用されるのか?考えたことがありませんでしたので、その場では質問に答えることが出来ませんでした。ネットで関連情報を検索したところ、上記リンクの記事を見つけました。

研究者がマウスやラットを実験に使用する主な理由は ...
1) 身体が他の動物に比べて小さいので、広い飼育スペースを要さないので便利、また環境に順応しやすい。
2) 繁殖が速く、寿命がおおよそ2~3年なので、比較的短期間に数世代のマウスやラットを観察することが可能なため、実験に都合が良い
3) 実験に使用されるマウスやラットの多くは同種交配なので、性別以外の点では遺伝子が似ているので、実験結果にバラつきを生ずる可能性が少ない
4) 価格が他の動物に比べて安価なため、大量購入が可能で、予算的にも都合が良い

こんなこと書いたら、ネズミさんたち本人には失礼かもしれませんが、このような理由だそうです。勉強になりました。

| | Comments (0)

07/27/2018

Diary July 27th 2018 - related laws for personal trainers

the following is a given topic for this week's ACSM exercise physiologist study group.  " Should a breach of contract be treated by tort low or by contract law ? "

sample answer
A contract is simply a promise or performance bargained for and given in exchange for another promise or performance, all of which is supported by adequate consideration. In examining exercise testing and prescription activities, the law of contracts affects the relationship between exercise professionals and clients. The client may receive physical fitness information and recommendations on exercise training. Likewise, the professional may perform exercise testing in exchange for payment, or some other consideration to value. This contract relationship also encompasses any related activities that occur before and after exercise testing, such as health screening prior to testing, exercise prescription, and first aid and basic emergency care that arises from exercises temporally associated with on-site provider services. If expectations during this relationship are not fulfilled, lawsuit for breach of contract may be instituted. Such potential suits allege non fulfillment of certain promises or a breach of alleged warranties that the law sometimes imposes on many contractual relationships, contract law also has implications for inter-professional relations, such as those with equipment companies, independent service contractors, and employees (ACSM, 2005).
Reference
ACSM's resources for the personal trainer, first edition (2005).
Philadelphia, PA: Lippincott Williams & Wilkins.

ACSMエクササイズ・フィジオロジスト自主学習グループのサイトで出題された今週のテーマは「パーソナルトレーニング契約等における契約不履行は不法行為法で対処されるべきか? あるいは、契約法で対処されるべきか?」

パーソナルトレーナー関連の資格試験にはよく出題されるテーマだと思われます。

| | Comments (0)

04/10/2018

Diary April 10th 2018 - effort and fate

Make your best effort, and be optimistic after that.
That said, pour the best energy and enthusiasm as you can into something that is important and priceless to you, and commit the judgement to your destiny and environment.

| | Comments (0)

04/06/2018

Diary April 5th 2018 長所は短所でもあり得る

It is often said that one's strengths and weaknesses are both sides of a coin, and if you look at your strength from the other side, they can be a weakness as well.  What I feel recently is ... if you have some outstanding advantage/strength over other people, in that case, probably 8 or 9 out of 10, you will have some extreme inferiority to others. Because it is not difficult to imagine that the person poured as much energy and time as possible for achieving the feats, and as a result, he/she sacrificed a lot of things in the process of pursuit. examples are the top level athletes, artists, scholars, business people ... etc. I feel that kind of dilemma recently.

インターネットで僕のブログやプロフィールを見た方の多くは、こんな印象を持つことが多いようです。「この人、英語ができて、資格も色々持っていて、ボディビルの大会にも出てたらしいね ...  色々なことやっている人だなあ」

フィットネスと英語に力を入れているのは事実ですが(それが仕事なので)、実際のところは、僕からその二つを取ったら何の取り柄もない不器用な人間なんです。所持している資格のいくつかは、僕が日本で唯一の取得者だったりしますが、アメリカの資格なので、日本では、ほとんど認識されておらず、また、もともと自分の趣味だったフィットネスを職業として選んだので、どこまでが趣味で、どこからがビジネスかという認識が甘くて、自分の専門分野や資格などを、それに見合う金銭的対価に昇華できていない現実があります。生活力の欠如した中年男と、現実的な生活設計を考える運命の女神は、そうそういないようで、いい歳をして、まだ独身です (2018年4月現在)。 

こんなことを書いてよいものかどうかわかりませんが、目立った特技などを持つ人間というのは、それを得る過程で、かなりのものを犠牲にしているので、想像を超えたレベルの欠点もあったり、常識が欠如していることが多いように思います。長所と短所は表裏一体ということですね。
というわけで、実際の僕は、ネット上のイメージとは違い、世間様から捨てられたような人間かなあ、と思ったりもします...

| | Comments (0)

より以前の記事一覧