05/22/2020

Diary May 22nd 2020

Today's post is a practice for spelling the word " privilege "

It's my privilege to work with you.
It's my privilege to have you as my client.
It's my privilege to learn a lot from you.
It's my privilege to have you as my mentor.

| | Comments (0)

05/18/2020

Diary May 18th 2020

English words and expressions I came across while listening to BBC World Service.
BBC ワールドサービスを聞いていて耳に残った言葉を書き連ねてみた。

normality,  hygiene,  hygienic condition,  epidemiology,  enormous,  madatory,  obligatory,  avid,  arid,  social contact,  social distancing,  indeed,  infected,   sustainability,  silver lining,   architect,   death toll,  modest man,  burden,  investigate,   diminish, animosity,   notable,   reverse,    immunologist,   behind us,    critical,   strong supporter,   strange feeling,    strategy,   economic functioning,   calculation,   acrimony,  alimony,    notion,    concept,   frankly,   immunity,   anti-body,   tested negative,   out there,   fight against COVID 19,   most people's view,  vaccine,   vaccination,   fundamental,    protect elderly in different ways,   confident,  confidence,   individual level,   main concern,  ease,   face mask,   fascinating,   help stop spread of corona virus,  spiders,   manage stress,   exhale forcefully,    online meditation,    emerging economy,   turmoil,  deadlock,   outbreak,   victim,  prospective candidate,   annoying,    

and the news about temporary closure of climbing routes on Mount Fuji during the 2020 season was reported in BBC as well.        

| | Comments (0)

05/14/2020

おすすめオンライン英会話-Recommemded online English school Be Me Academy

One of my online English teachers in the Phillipines established her own online language school. Teacher Mary Anne is an experienced and enthusiastic language tutor with a master's degree.
Especially when I was in my graduate school, and in my exam prep for health & wellness coaching certification, she helped me a lot.
Also, she is conversant with topics about preservation of indigenous Phillipino cultures.

以前お世話になったオンライン英会話の先生(フィリピンのマリアン先生)がご自身のオンライン英会話スクールを始めました。マリアン先生には、10年位前からお世話になっていて、特に僕がウェルネス・コーチング試験の受験準備をしている時など、一緒にテキストを読んで下さったり、口述試験の練習相手になって下さったり、本当に助けられました。

I highly recommend her for English learners in all levels, from kids, beginning learners to advanced learners.
英語講師として経験豊富で修士号も持っている先生で、初級者から上級者まで
英語学習者にお勧めします。
ちなみに先生のアイエルツのスコアーは、なんと 8.0 だそうです。

Be Me Academy  (マリアン先生のスクール)
https://bemeacademy.wixsite.com/academy

Profile of teacher Mary Anne Abubo マリアン先生 プロフィール
https://bemeacademy.wixsite.com/academy/maan

| | Comments (0)

05/13/2020

Diary May 13th 2020 - new teacher with acting & drama major

In today's online English training, I practiced a script of CNN Larry King Live with a new teacher. This new teacher is a Serbian woman, but she was living in the US for 3 years and speaks like an American. Besides, her academic major was acting and drama. So, she is just the right person to practice TV show transcripts. I've found a nice tutor !

本日もラリーキング・ライブのスクリプトを使用して練習しましたが、新しい講師と練習しました。この先生、セルビア人ですが、アメリカに3年間住んでいたそうで、ヨーロッパっぽい英語ではなくて、いわゆるアメリカ英語です。

しかも、大学と大学院で演劇専攻だったそうで、さすがに、脚本読むのが上手いです。この先生、数日先のレッスンまで既に予約が沢山入っていて、予約を取るのが大変そうですが、良い先生を見つけました。

| | Comments (0)

05/09/2020

「あくを取る」英語で

An English expression I wasn't able to translate from Japanese language.

料理で、「あくを取る」って言いますよね。この表現を英語でどう言えばいいか?わからなかったのですが、こう表現するようです。

Skim the scum off the top.
Skim the foam off the top.

| | Comments (0)

05/08/2020

Diary May 8th 2020 - Talked with a person with JLPT N1

I had an opportunity to talk online with a foreign resident in Japan who are learning Japanese language.  He said that he has the N1 grade of Japanese Language Proficiency Test (N1 means the highest level in that exam).  This was the first time for me to talk with a person with the N1.  He was very polite, eager and humble in learning. And I got a good stimuli from him. I would like to emulate his enthusiastic and humble attitude in learning and communication.

本日はオンラインで日本在住の外国人(中国出身の方)と日本語の勉強について話をする機会がありました。なんと、その方、日本語検定の1級(いわゆる JLPTのN1)とのこと。日本語検定1級の外国人と話をしたのは初めてですが、驚くほど日本語がしっかりしてます。文法的に正しくて、お行儀の良い日本語と言うか ...  きちんとした新聞記事を読んでいるような感じの日本語です。

御本人もそれを認識していて「自分は日本の新聞記事を読んだりテレビのニュースを見たりして日本語を学んだので、良くも悪くも、自分の日本語は、お堅い感じがするので、礼儀正しさを保ちつつも、もう少しカジュアルな表現を身に着けたい。何か良いアドバイスはありませんか?」とのことでした。

日本のテレビドラマや映画などは見ますか?と聞いたところ、新聞やニュースばかりで娯楽物はあまり見ないとの返事でした。きっと凄く勉強熱心で真面目な方なのだと思います。「サザエさんというファミリードラマのアニメがあるので、それを見たらどうでしょう?」とアドバイスしてみました。サザエさんは子供からお年寄りまで色々な世代の登場人物がいるし、あまり下品なエピソードはないので、日本語の勉強教材としていいかな?と思いまして。

この方のように、日本語検定1級の外人さんが更に日本語を上達させて日本語ネイティブに近づくため、お勧めできる勉強法って何でしょうね?

| | Comments (0)

04/28/2020

omission of " that " - thatの省略

Reviewing one's knowledge in grammatical rules in English
英文法の復習

Omission of " that "
that の省略
It is possible to leave out " that " in the following four patterns
以下の4パターンのいずれかの場合、thatを省略することが可能

1)  in inderect speech  (間接話法的な文章)
e.g.,  I think that ...  She told me that ...   I wish that ...  I believe that ...
このようなthatは省略可能

2) " that " after some adjective  (形容詞の後のthat)
e.g.,  I'm happy that ...  I'm glad that ...  I'm sad that ...
これらのthatも省略可能

3)  " that " in a double word conjunction (2語からなる接続詞のthat)
e.g.,  so that ...   provided that ...
このようなthatも省略可能

4)  relative pronoun that replaces an object  (目的語の代用となる関係代名詞のthat)
e.g.,  This is the theater that I talked about last week
このようなthatも省略可能

| | Comments (0)

03/25/2020

Diary March 25th 2020 - Current English practice

Today, I'll write about my current English language practice. What I'm doing in my recent practice is reading a textbook about clinical exercise physiology with one of instructors in an online English school. This textbook is a one I used for exam prep for ACSM certified Clinical Exercise Physiologist exam. So to speak, reading this textbook is a good opportunity to review my knowledge in that aspect.

This textbook is written for exercise prescription for persons with some chronic disease or disability, therefore, a lot of terminology in medicine as well as jargon in exercise science are included. For example, the chapter in the photo is about " aneurysms ".  I would like to say thank you to the instructor in the online school who could read this difficult technical book with me.

久しぶりに現在の英語の練習内容について書きます。
最近やっていることは、クリニカル・エクササイズ・フィジオロジーのテキストを読むのにオンライン英会話の講師に無理やり頼み込んで、つき合わせてます。

この本、以前、ACSMクリニカルエクササイズ・フィジオロジスト および NSCA スペシャルポピュレーション・スペシャリストの認定試験に向けて準備している時に使用したものです。何らかの慢性疾患のある人にエクササイズ指導をすることが前提の内容なので、トレーニング関連の専門用語に加えて、医学関連の専門用語も沢山出てきます。例えば、写真のページは動脈瘤(aneurysms)について。資格を取得してから数年経ち、内容を忘れかけているので、知識を復習したほうが良いだろうと思い、読むことにしました。

一緒にテキストを読んでくれている先生はドイツ在住のボスニア人。かなり英語が上手でネイティブの英語とそんなに変わらない感じだけど、英語が母国語ではないヨーロッパ人の先生にとって、自分の専門分野でもない専門書を読むのは、面白くないだろうし、負担かもしれませんが、嫌な顔せず勉強に付き合ってくださり感謝です。
Dscf3853

| | Comments (0)

11/27/2019

Diary November 27th 2019

An online English instructor who I'm practicing with recently is Serbian, but she speaks English with British accent. As I'm not good at listening comprehension in British accent, it can be a good practice to improve my listening skills. Getting out of your comfort zone little by little is also necessary for further improvement.

ここ数日は、新しいオンライン講師と練習している。セルビアの人だけれどイギリスっぽい英語を喋る。僕はイギリス発音の英語を聞き取るのは、あまり得意ではないので、この先生と一緒に練習するのがリスニング改善の良い訓練になりそうです。

| | Comments (0)

09/08/2019

オンライン英語 2年間で800レッスン受講

My cummulative training hours in online English lesson reached 20,000 minutes (25 minute session × 800 sessions) since I registered on an online English tutorial service two years ago, on which a lot of instructors in southern European countries such as Serbia, Bosnia, Romania are available. I'm not sure whether my English speaking skills has dramatically improved in these two years, because, my main focus is in listening to stories of beautiful European ladies rather than actively speaking recently.

2017年10月頃より、セルビア、ボスニア、ルーマニアなどの講師が多数在籍するオンライン英会話スクールで練習を開始し、そろそろ2年が経過する。本日、このオンライン・スクールでのレッスン受講回数が累計 25分レッスン×800回に達した。1年365日、2年間で730日、2年間で800レッスンだと、毎日1レッスン、時々2レッスンのペースで練習していたことになる。フィリピンの講師が主体の別のスクールでは、その前から何年もやっているので、オンライン英会話を始めてからの合計レッスンは1000回を軽く超えているハズ。

ヨーロッパの先生達と練習するようになったこの2年で、英語力が向上したか?というと、正直な話、先生達のキレイな顔にみとれていて、レッスン内容には、あまり集中してなかったです(笑)
フィリピンの先生達と練習していた頃の方が、自分自身、スピード感とリズム感のある英語をしゃべっていたような気がする。

https://video.fc2.com/content/20190909pnELFcb6
This link is my current English speaking level
( ↑ 英語をしゃべっているところを久しぶりに動画に撮ってみました)

セルビア、ボスニア、ルーマニアあたりの講師は驚くほどの美人がいたりする。
これらの国は、北欧、ロシア方面、中近東など色々な国の血が混血した人が多いので、エキゾチックで綺麗な顔立ちになるのだろうか?

いい歳して独身の僕は、自分好みの先生だと、男としてのスケベ心が出てしまって、どうにかして、この美人先生と仲良くなりたいな、と思ってしまうので、自分がしゃべる練習をするよりも、先生の話の聞き役に回ってしまいがち(笑)

中には、あくまで仕事と割り切ってやっていてプライベートな話は一切話したがらない講師もたまにいる。以前、会話をふくらめる糸口を見つけようと思い「最近どんなことに興味がありますか? 好きな俳優は誰ですか?」と質問したら「そういうことには答えたくない」といった態度の講師もいたので、その手の女性に比べれば、自分が飼っている猫や犬の話、この前の休みの日に美容院に行った話、ゆうべ見た怖い夢の話、などを話してくれる先生の方が、「ああ、多少なりとも僕に気持ちを開いてくれているのかな?」という気分になる。
このようにプライベートな話もしてくれる講師の方が僕は好きだし、カジュアルな会話のリスニング練習にもなる。

ここ数か月の間に、がっかりすることや戸惑うことも何度もありましたが、今後も楽しみつつ頑張ります。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧