07/03/2019

Diary July 3rd 2019

Probably, the best way for learning a foreign language would not be a matter of methodology. Rather, the most important factor in acquiring a new language would be the total amount of time you are exposed to that language, positively not passively. Other deciding factors are of course, your committement, motivation, energy, and belief.

As for me, taking online English practice two lessons a day (totally 50 minutes) regularly seems to be necessary for maintaining and further improving my current language skills (as of July 2019). A huge amount of reading or writing can be a replacement for the speaking practice. Of course, an ideal of a combination of these. 

英語を学ぶのに、どんな勉強法が良いか?よく話題になりますが、僕自身も含めてほとんどの人は、方法論を語る以前に、英語に触れたり英語を使ったりする絶対量が不足しています、方法の問題ではないように思います。

あえて「ベストな方法」を語るなら、「各人のレベルで、可能な限り普段の生活で英語に触れる・使う量を増やすこと」だと思います。スポーツの練習と同じで、量をこなさなければ上達することはあり得ません。

| | Comments (0)

06/29/2019

Diary June 29th 2019

I was off of active language practice for the past 4 to 5 days, because, I extremely exhausted mentally and physically. What i noticed in this hietas period was that linguistic distance bewteen English and Japanese is very distant, therefore if you are off of active practice even for a few days, it can lead to regression. Even a 5 to 10 munite practice will do, active practice would be by far effective than a long hours of passive practive. Writing, Reading, Listening, Speaking, all of the four skills are important and closely related each other.

| | Comments (0)

05/02/2019

Diary May 2nd 2019

English vocabulary I want to make them a part of myself.
tenasity, consistency, all of a sudden, phenomenal, denominator, numerator, fraction.

Have a nice day today too ! 

| | Comments (0)

04/11/2019

Learning style-Diary April 11th 2019

Currently I'm tutoring Japanese language to three German people living in Japan. and one of intersting points is their preferred learning style is different from person to person. for example, client A is learning mainly from writing practice, client B is learning mainly through verbal communication, and client C is learning mainly through grammartical rules and vocabulary building. Difference in learning style and mode, process, and methodology in learning is a very intriguing topic to me currently no matter whatever it is such as language training, fitness workout ... etc

現在、日本に在住のドイツの方、合計3名に日本語の個人レッスンをさせていただいていますが、興味深いのは、ひとりひとり学習方法の好みが大きく異なること。Aさんは、ひらがなやカタカナを書く練習を中心に学んでいます。Bさんは簡単なフレーズをいくつも読んで、そこから共通する法則を見い出そうとしています。Cさんは、文法を学びつつ、単語を増強するのがよいと考えているようです。どの方法が良いか?というのも大切ですが、各人が自分に合った方法で学ぶのが良いだろうと思います。フィットネスのトレーニングでも語学の訓練でも、learning style というのは興味深いテーマです。

| | Comments (0)

03/17/2019

ダイアナ・クラール on Sesame Street

About 20 yeas ago from now, watching Sesame Street was a part of my English training. Understanding all of lines in Sesame Street was a bit hard and difficult to my language level in those days. And this is one of my favorite scenes in Sesame Street.
The jazz singer Diana Krall is cool and beautiful !

もう20年近く前ですが、テレビでセサミストリートをよく見ていました。
当時の僕の英語レベルは英検2級でしたが、セサミストリートを全て理解することは難しく、この番組を観ることも良いトレーニングになっていました。

このシーンはカナダの美人シンガー、ダイアナ・クラールさんがゲストで「みんなのうた」(Everybody's song)を歌った時の映像。良い歌だし、ダイアナさんはクールでキレイだし、パペットの動物達とのコンビネーションも可愛らしくて、今でも好きなシーンです。

| | Comments (0)

01/29/2019

Diary Jan 29th 2019 Interjection

What I learned through my English practice using CNN talk show transcripts is an importance and variation of interjection in conversations/interviews. My English training in the past was mainly focused on reading newspaper articles and books concerning fitness, that is why I didn't notice the importance of interjections, probably.

Interjections I learned today are ... yikes, alas, lo and behold.

CNNトークショーのトランスクリプトを使用しての英語練習を開始してから2ヶ月程になるが、最近、気が付いたことは、会話文での間投詞のバリエーションと大切さ。僕の英語は主に新聞記事やフィットネス関連の本などを多量に読むことで学んできた。新聞記事や教科書などの文章には、当然のことながら「えーと」などの間投詞はほとんど使用されていない。だから、僕の英語の間投詞のバリエーションはかなり限定されているように思う。
あるいは、類似した間投詞の微妙な違いとか。
たとえば、ah とohはどう違うのか?など
というわけで、最近は間投詞に着目しています。

| | Comments (0)

01/08/2019

New challenge in language training

Fortunately I got an opportunity to teach Japanese language to foreign residents in my region. And this new challenge started today. Teaching my mother tongue to someone else is my new endeavor, however, my experience in English language practice would be applicable in some way hopefully. I'm very excited with this new challenge. Of course I'll pour as much energy into fitness instruction as possible as ever !

日本在住のドイツ人の方に日本語をお教えする機会をいただき、今日からレッスンがスタートしました。自分の母国語を人に教えるのは初めてですが、自分自身が英語を勉強してきた経験が何らかの形で役に立てばいいなと思っています。 もちろん、フィットネスの仕事も従来通り頑張ります!

Twlogo

I'm glad to be a member of Techworld Global Language Instructors team.

ttp://techworldinc.com/foreign-language-academy/
この任務は、米国 Techworld ランゲージ チームの一員として活動します。

| | Comments (0)

12/05/2018

短縮形の微妙な音 Diary Dec 5th 2018

It seems that my English pronunciation in abbreviated forms such as "we'll, you'll, didn't ... etc " are a bit unnatural. Two online language tutors notified me of the problem in the past few weeks. What I need is ... of course practice,  although practice may not necessarily bring about 100 percent perfect, one thing for sure is ... practice makes the problem better more or less.
This is a practice of foreign language, you know.

ここ数週間でオンライン講師2名から指摘されたことがある。それは、僕の英語の助動詞などの短縮形の発音がやや不自然であるということ。

助動詞の短縮形というのは具体的には
We will  → We'll
You will  → You'll
Did not → Didn't
この手の発音のこと

数週間前にヨーロッパの講師からこの点を指摘されて、今日はフィリピンの講師も同じようなことを指摘したので、事実なのだろう。
僕を含めて日本人はdidn't を「ディドゥント」と発音しがちだけど、今日のフィリピンの先生によると、ほとんど「ディント」に近くて、ドゥの音は、無声音みたいに、かすかな音だという。

僕のdidn't は「ドゥ」の音が強すぎて、いわゆる日本人英語っぽいというか、短縮形の発音としては不自然なのだろう。先日書いたように、無声音やそれに近い微妙な子音の音が出過ぎてしまっているのだと思う。現在の僕の英語の課題の一つです。  

| | Comments (0)

11/28/2018

英語での子音の重要性 The importance of consonants

Probably one of the reasons why my English doesn't sound like native would be that my pronunciation of English is focused on vowels and sound of my consonants are too strong. Because Japanese language is centered on sound of five vowels A I U E O, and I speak English in a similar manner unconsciously. What I mean by that is ... more relaxing would be necessary when speaking English, so that sound of my consonants become more natural.

どうして僕の英語の発音から日本人っぽい感じが今ひとつ抜けきらないか? 最近感じることは、僕はすべての音を日本語でいうところの「ハッキリ、クリアーに」発音しすぎなのかもしれない。

日本語はア イ ウ エ オの五種類の母音を中心に音声が構成されているが、おそらく、英語をしゃべる時も、僕はその感覚でしゃべってしまっているのかもしれない。英語では子音の存在が母音と同じくらい、もしくは母音以上に大切なように最近感じる。

つまり、僕のように「滑舌よくハッキリしゃべる」タイプの人は、英語を話す時は、もう少し力を抜いてリラックスして話したほうが自然な音になるのかな?と思う。

日本語の「母音と子音の関係」の概念は、算数でいうところの「分母と分子の関係」に似ているような気がする。つまり、ベース(母体)になっているのは分母(母音)。日本語では子音というのは母音という母体になる音に乗っているようなものだと思う。母音があってこその子音。つまり、日本語は音声上は、母音をベースに構成されている言語だと思う。

英語でいうvowels(母音)とconsonants(子音)の関係は、それとは少し違うように思う。conという接頭語は「反対の~」みたいな意味だと思う。 sonant とはresonate (共鳴する、一緒に響く)の意味に近いように思う。つまり、consonant (コンソナント)という語の本来の意味は、「有声音の反対」みたいなニュアンスだと思う。「有声音の反対」って、つまり、「あまりハッキリしない音」っていう意味だと思う。

だから、英語の子音を、日本語でよく言う「はっきり、クリアーにしゃべる」感覚で発音すると、不自然に強調されたいわゆる「カタカナ英語」みたいになるように思う。

僕の英語を聞いた日本人はよく、こんな風に言ってくれる人が多い。
「遠藤さんの英語はハッキリしていて、声も大きいので、聞き取りやすい」
おそらく、日本語の感覚で言う「カタカナみたいにハッキリしている」のだと思う。だから、そういわれて素直に喜んで良いのか?微妙なところである。
もし、僕の英語の発音がネイティブとほとんど同じだったら、「遠藤さんの英語は外人さんみたいな発音で、何を言っているかよく聞き取れない」という反応になるだろうと思う。

このように、日本人の英語学習者にとっては、母音も大切だけど、それと同様、あるいは、それ以上に子音に注意を払う必要があることを最近感じている。


P.S.  僕の英語がどんなのか?気になる方は、これまでに撮ったビデオを御覧ください My youtube channel

| | Comments (0)

11/25/2018

スクリプトを使用した英語練習ー②

The link is a part of my English language practice using a CNN talk show transcript. The purpose is getting oneself exposed to casual type conversations including slang words.
script used : Larry King Live : guest Johnny Depp

上記リンク動画は昨日の英語トレーニングの一部です
(CNNトークショーのスクリプトを読み込む練習)
開始20秒あたりで drag(引きずるというような意味)の発音を指摘され
くだらないギャグでボケてみましたが、先生の反応は?
この先生は発音記号どおりの読み方に非常に忠実で、後半ではcommitの発音を指摘されましたが、自分の発音の不自然なところを認識する良い機会になります。

「Adobe Flash Payerを有効にしますか?」といったメッセージが表示されたら、「許可する」を選択し御覧下さい

| | Comments (0)

より以前の記事一覧