02/17/2022

CEFRで自分の英語力は?

Have you ever heard about Common European Framework of Reference for Languages ? - abbriviated as CEFR.  As you know, there are many different language competency tests all over the world. For example, when it come to English proficiency tests, representative ones are TOEFL, IELTS, Cambridge English test, and EIKEN in Japan ... etc. the CEFR is a kind of comparson chart of these different tests based on 6 levels. I think this comparson chart was created in the UK mainly for people in EU countries who relocate from one's country to some other country in the EU for getting a job, or studying at a foreign university. Because a objective proof of that person's language proficiency is necessary in that case.  Although this is only my opinion, UK made English tests such as IELTS and Cambridge test are highly evaluated in this comparson chart, whereas, USA made English tests such as TOEFL are a bit negatively evaluated than the actual. I mean, the highest level of Cambridge test and IELTS score 8.5 and over are categorized in C2 (the top level) in this comparson chart, however, even if you achieved full marks in TOEFL ibt test, it is categorized as C1 (the second from the top). Getting full marks in TOEFL ibt is almost a miracle, I guess.

Aside from objectivity and pros & cons of the CEFR, I checked which category in this comparison chart my English level is applied. Test score of STEP EIKEN test is convertible to the CEFR. I passed the 1st grade of EIKEN in 2006, so I reviewed my test score at that time, and entered my test score into a conversion webpage.  The result is ... my test sore in EIKEN in 2006 is categorized in C1 of CEFR. I'm happy with this result, but I would like to achieve the toppest level - C2 in the future.
https://en.wikipedia.org/wiki/Common_European_Framework_of_Reference_for_Languages

外国語の勉強をしている人はCEFR というのを聞いたことがあるかもしれません。世界中に色々な語学の検定試験が存在します。英語だったら、アメリカで代表的な英語力測定テストはTOEFL、イギリスやイギリスの影響の大きな国ではIELTSやケンブリッジ英検、日本では英検やTOEICなど。ヨーロッパ(特にEU圏内)の人達が仕事の機会を求めて母国から他のEUの国に移住するとか、他の国の大学で勉強したい、というような場合に、普及している語学テストが国によって異なるので、これらの異なるテストを統一基準で評価する目安が必要になってきます。CEFRは、このようにEU圏内を仕事や学業で移動する人達の語学力の証明基準として作成されたものらしいです。

個人的な意見を言わせてもらうと、このCEFRの英語の検定の比較基準にはおかしな点が多々あります (このページ下部の比較表を御参照下さい)イギリスで作成された基準なので、イギリス製の英語試験への評価は高くて、アメリカ製の英語試験への評価は低めです。たとえば、イギリスの英語試験 IELTS で8.5 または 9を取ると、CEFR の最上級 C2 ランクになりますが、アメリカ製の英語試験 TOEFL ibt で満点の120を取ったとしても、上から2番目のC1 というランクになります。IELTS で8.5を取るのは、ものすごく難易度が高いと思いますが、TOEFL ibt で満点を取るのはそれ以上(ほとんど奇跡に近いレベル)に難しいと思います。日本の英検1級の筆記試験と面接試験で1点も減点されずに満点を取るのも同様に難易度高いと思いますが、英検1級で仮に満点を取れても、CEFRでは上から2番目のC1というランクになります。

このように、はっきり言ってしまえば、CEFRの比較基準はイギリス製の英語検定試験に有利なように判官びいきで作成された評価基準に過ぎないように思います。オンライン英会話でヨーロッパの先生方と話をしていると、時々ですが「私はC2だよ」などとCEFRの話をする講師がいます。つまり、ヨーロッパではCEFRは知られているようです。では、アメリカではどうか?というと、僕が米国の大学院に在籍していた3年間で、C1とかC2とかCEFRの話題など一度も聞いたことがありません。僕が在籍していた環境はクラスメートや教授、職員さんのほどんど全員がアメリカ人。カナダとイギリス出身の学生がほんの数名という状況でしたので、英語力の検定試験の話題など出ないのは当然ですが。西海岸やアリゾナ近辺の学校のように米国以外からの入学者が多い地域や学校では、英語力の試験の話題が出ることもあるかもしれませんが。ヨーロッパでのCEFRの認知度に比べると、米国ではCEFRは外国語教育や入試事務局、国外からの人材リクルート等に携わっている方々を除いて、一般層にはほとんど知られていないように思います。

とはいえ、このCEFRの基準では自分の英語力がどれくらいのランクなのか?気になるのでチェックしてみました。英検は2015年以降、スコアシートの点数がCEFRに対応するように出来ているようです。僕が英検1級を取得したのは2006年ですが、当時のスコアをCEFRに対応するように換算できるようになっており、昔のスコアシートを引っ張り出してきて、緊張しながら自分の当時の点数を入力してみました。

表示された結果は、2006年の僕の英検1級の点数はCEFRのC1ランクとのこと。15年以上前の点数なので、今現在の自分のレベルは変化していると思いますが、学ぶ以上は最上級のC2レベル相当に到達できるように頑張ります。
https://www.eiken.or.jp/cse/

本日のオンライン英会話で練習相手を務めて下さったのはルーマニアの先生ですが「ルーマニアで一番よく知られている英語の検定試験は何ですか?」と聞いてみました。この先生の答えは「そうねえ、おそらくCambridge English Test (ケンブリッジ英検)だと思うよ」と言っていました。

CEFRのレベルと代表的な英語の試験
(画像をクリックすれば大きな画像になります)
Cefr

| | Comments (0)

11/24/2021

Learning rhythm of English - McKenzie Morgan's videos

I like this girl's rhythm in her English speaking. For those who are learning English as a second language, rhythm of English is enormously important. This girl's English rhythm can be a good role model for the language learners who want to speak like native speakers. Her English is comfortable to ears.

https://www.youtube.com/watch?v=YLVLWTpD6e4

英語を習得する上で英語特有のリズムはとても大切だと思います。上記のビデオの女性が話す英語は非常に軽快なリズム感で聴いている人の耳に心地よいです。英語のリズムを体に覚えこませるためのリスニング用教材として非常に良いのではないかと思います。明るくてキレイな女性なのでビデオを見ていても楽しいです。

| | Comments (0)

10/13/2021

Totoro and bank robbery - Oct 13th 2021

Today I had an opportunity to talk with my friend in New Your over the phone. When our conversation came to a topic of Covid, that friend asked me " It is common to wear a mask in public places in Japan ? "

I answered " Yes, an allergy to cedar pollen is very common in Japan especially in early spring season, therefore, in order to prevent inhaling cedar pollens, wearing a mask has been a common scenary in Japan even before the Covid pandemic. But I know that situation in the US is different, probably, a mask evokes an image of bank robbery, I guess "

That friend didn't understand my English pronunciation of bank robbery. The friend told me " Please tell me the spelling of the word you mentioned now "  So, I told that friend " B A N K R O B B E R Y "   The friend's reaction was " Oh I got it !  bank robbery " 

What I learned from today's chatting with my American friend was ... there is much room for improvement in my English pronunciation. I will practice more.

ニューヨーク在住の友人(アメリカ人)と電話で話す機会がありました。コロナの話題になった時に友人が「日本ではマスクをするという習慣は一般的なの?」と聞いてきました。「日本ではスギの花粉に対するアレルギーが春に多くて、スギ花粉を吸いこむのを防ぐため、コロナが流行る前からマスクをするのは日常的な光景だよ。でもアメリカの状況は違うよね。アメリカでは必要ないのにマスクなんかしてたら銀行強盗だと思われちゃうだろうな」と答えました。

すると、友人は僕の英語の発音 bank robbery (銀行強盗)を聞きとれなかったようで、銀行強盗の話題の部分で「え?今なんて言った? 今言った言葉のスペリングを教えてくれる?」とのこと。B A N K R O B B R Y とアルファベットを羅列したら「ああ、銀行強盗ね、わかった」との反応。

僕の英語の発音 bank robbery はアメリカ人に通じませんでした。30分位電話で会話して、通じなかったのは唯一それだけですが、僕の英語の発音はネイティブスピーカーが相手だとまだまだ改善の余地があるということがあらためて認識できました。

電話ではなく、相手が目の前にいる場合やスカイプやズームなど映像がある場合は、通じない言葉があってもボディランゲージなどが補ってくれますが、音声だけがコミュニケーション手段である国際電話は、ある意味、自分の英語力(スピーキング&リスニング)の弱点を確認するのに最適のツールだと思われます。

その友人は「となりのトトロ」を知っているそうです。
That friend knows an anime movie in Japan " My neighbor Totoro.
https://www.youtube.com/watch?v=KEOFsQm6Je0

| | Comments (0)

08/21/2020

Diary August 21st 2021

Since October 2017, I started online English practice with tutors in Europe, and my cummulative training hours in these 3 years have reached 26000 minutes. Each lesson is 25 minutes, thus it means I had 1040 sessions in this period.

A legendary karate master in Japan once said " 1000 days of practice is an entrance to a beginning exerciser, and 10,000 days of practice is an entrance to a master ".  So to speak, my English practice is still in beginner's phase. I'll continue learning.

2017年10月からヨーロッパの講師の方々とのオンライン英語レッスンを開始して、そろそろ3年になります。この3年間での累計レッスン時間が本日で26000分と表示されました。1回のレッスンは25分なので、26000÷25=1040。
この3年で1040回レッスンを受けたことになります。

「千日を以って初心となす、万日を以って極みとなす」という言葉があるように、僕の英語訓練は、まだまだ初心のレベルです。今後とも楽しみながら頑張ります。

| | Comments (0)

06/17/2020

Diary June 17th 2020 - 現在の英語の練習動画

The link is a footage about my current online English practice as of June 2020. This is a training to read a lot of English in a short time frame.

http://video.fc2.com/content/20200617q5x7arYd/

2020年6月現在の英語の練習映像です。
エクササイズ・フィジオロジーのテキストを読み込んで、発音等に不自然なところがあれば講師に指摘してもらっています。この先生はボスニアのの方ですが、訛りなどは少なく、きれいな英語を話す人です。

| | Comments (0)

06/04/2020

Heartwarming gift from Joe-san - June 4th 2020

Gift-from-joesan-june-3rd-2020

 

 

 

 

 

 

 

 

 





I got this nice present (an assortment of packed sushi) from a legendary 91 year old tour guide. Mr. Joe Okada is the elderst bilingual tour guide (Eng-Jp), who entertains visitors from various countries with his samurai warrior performance show and talk. I became friends with him a few years ago.

Amid the COVID 19, tourists from around the world badly decreased and it impacted his tour guide business as well. His son works for a traditional food restaurant Wakahiro and this assortment of sushi is also a product of Wakahiro restaurant.

I think the gift from him is a massage saying that " riding out this uncertain period together in all "
I hope guests to his tour will increase in the future.

Joesan-cutting-an-apple-with-a-sword 










京都にてサムライのパフォーマンスで外国人観光客を楽しませている伝説的なツアーガイドがいます。ジョー岡田さんといいまして今年(2020年6月時点)91歳の通訳案内士さんです。
僕も通訳案内士の資格を持っている関係で数年前からジョーさんと親しくさせていただくようになり、昨日、寿司の詰め合わせを送っていただきました。

ジョーさんの息子さんが鯖寿司などを扱う「若廣」で働いているとのことで、この詰め合わせも若廣の製品です。コロナ・ウィルスの影響で海外からの観光客が激減し、ジョーさんの通訳ガイド業にも大きな影響が出ているそうです。
「先の見えないこの時期を、みんなで力を合わせて頑張って乗り切ろう」というお心遣いがこの寿司に込められているように思います。

ジョーさんのツアーにも早くお客さんが戻ってくるといいですね。

Joe Okada Samurai Walking Tour
http://www.samurai-okada.com/
https://www.youtube.com/watch?v=2mH4w0WR6l0

| | Comments (2)

05/22/2020

Diary May 22nd 2020

Today's post is a practice for spelling the word " privilege "

It's my privilege to work with you.
It's my privilege to have you as my client.
It's my privilege to learn a lot from you.
It's my privilege to have you as my mentor.

| | Comments (0)

05/18/2020

Diary May 18th 2020

English words and expressions I came across while listening to BBC World Service.
BBC ワールドサービスを聞いていて耳に残った言葉を書き連ねてみた。

normality,  hygiene,  hygienic condition,  epidemiology,  enormous,  madatory,  obligatory,  avid,  arid,  social contact,  social distancing,  indeed,  infected,   sustainability,  silver lining,   architect,   death toll,  modest man,  burden,  investigate,   diminish, animosity,   notable,   reverse,    immunologist,   behind us,    critical,   strong supporter,   strange feeling,    strategy,   economic functioning,   calculation,   acrimony,  alimony,    notion,    concept,   frankly,   immunity,   anti-body,   tested negative,   out there,   fight against COVID 19,   most people's view,  vaccine,   vaccination,   fundamental,    protect elderly in different ways,   confident,  confidence,   individual level,   main concern,  ease,   face mask,   fascinating,   help stop spread of corona virus,  spiders,   manage stress,   exhale forcefully,    online meditation,    emerging economy,   turmoil,  deadlock,   outbreak,   victim,  prospective candidate,   annoying,    

and the news about temporary closure of climbing routes on Mount Fuji during the 2020 season was reported in BBC as well.        

| | Comments (0)

05/14/2020

おすすめオンライン英会話-Recommemded online English school Be Me Academy

One of my online English teachers in the Phillipines established her own online language school. Teacher Mary Anne is an experienced and enthusiastic language tutor with a master's degree.
Especially when I was in my graduate school, and in my exam prep for health & wellness coaching certification, she helped me a lot.
Also, she is conversant with topics about preservation of indigenous Phillipino cultures.

以前お世話になったオンライン英会話の先生(フィリピンのマリアン先生)がご自身のオンライン英会話スクールを始めました。マリアン先生には、10年位前からお世話になっていて、特に僕がウェルネス・コーチング試験の受験準備をしている時など、一緒にテキストを読んで下さったり、口述試験の練習相手になって下さったり、本当に助けられました。

I highly recommend her for English learners in all levels, from kids, beginning learners to advanced learners.
英語講師として経験豊富で修士号も持っている先生で、初級者から上級者まで
英語学習者にお勧めします。
ちなみに先生のアイエルツのスコアーは、なんと 8.0 だそうです。

Be Me Academy  (マリアン先生のスクール)
https://bemeacademy.wixsite.com/academy

Profile of teacher Mary Anne Abubo マリアン先生 プロフィール
https://bemeacademy.wixsite.com/academy/maan

| | Comments (0)

05/13/2020

Diary May 13th 2020 - new teacher with acting & drama major

In today's online English training, I practiced a script of CNN Larry King Live with a new teacher. This new teacher is a Serbian woman, but she was living in the US for 3 years and speaks like an American. Besides, her academic major was acting and drama. So, she is just the right person to practice TV show transcripts. I've found a nice tutor !

本日もラリーキング・ライブのスクリプトを使用して練習しましたが、新しい講師と練習しました。この先生、セルビア人ですが、アメリカに3年間住んでいたそうで、ヨーロッパっぽい英語ではなくて、いわゆるアメリカ英語です。

しかも、大学と大学院で演劇専攻だったそうで、さすがに、脚本読むのが上手いです。この先生、数日先のレッスンまで既に予約が沢山入っていて、予約を取るのが大変そうですが、良い先生を見つけました。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧