05/19/2018

アラン・ウォーカー Faded クリスマスライブ version

昨日、アラン・ウォーカー人気について書きましたが、このライブ映像を見ると、いかに彼の曲が若者世代中心に共感を持って受け入れられているか感じられます。2017年12月にノルウェイで行われたライブのようですが、ビデオ開始2分のあたりから、会場の大観衆がボーカルの女性シンガーと一緒に自然発生的に大合唱を始め、ボルテージMAX状態になります。

「あなたは今どこ? 私は消えてなくなってしまいそう」という哀しげな歌詞を、これだけの大勢の観客が大合唱するということは、言い換えれば、皆、多かれ少なかれ、何らかの不安や孤独、寂しさなどを感じているからこそ、この曲に共感するのでしょう。その映像を観て心打たれるものがあるということは、自分もその一人なのだろうと思います。

I wrote my thought about popularity of Alan Walker's tunes in my previous post, and the above video is another live performance version of Faded, which took place in December 2017 at his home country Norway. I got goose bumps on my skin when the audience started singing with the female singer from 2 minute of the beginning of the video. The large audience's singing the lyrics " Where are you now ? I'm faded ... " probably signifies that many people on the globe are feeling a sense of stagnation in the society, at the same time, hope for the future.  Being moved with this footage probably means that I'm also one of them. 

| | Comments (2)

05/18/2018

アラン・ウォーカー人気考察  - popularity of Alan Walker - hope in the uncertainty

現在、ヨーロッパの若者の間で支持されているミュージシャンがアラン・ウォーカー。代表的なヒット曲がこれです、BGMとして使用しているyoutuberもいるので、どこかで聞いたことのある方も多いと思います。
(註 キーボードの男性がアラン・ウォーカーです)
美しくて幻想的なメロディーですが、歌詞はちょっと切ないというか退廃的な面もあります。I'm faded, where are you now ?   under the sea
(私は消えてなくなりそう、あなたはどこにいるの? 海の底)
こんな内容の歌詞です。

ここ数か月、英語のトレーニングでネットを通じて南ヨーロッパの人達とも話をする機会がありますが、感じるのは、多くの若者が将来に希望を見いだせないで漠然とした不安を感じているようだということ。国の経済状況が停滞しており、失業率も高く、なかなか良い仕事が得られない。こんな社会状況らしいので、将来に希望を見出せなくて、気分が鬱状態になってしまう人も多いのだそうです。

つまり、アラン・ウォーカーの曲がヨーロッパの若者の将来への不安を代弁し、それをファンタスティックなメロディで元気づけているのだと思います。日本も多かれ少なかれ似たような状況になりつつありますよね。ちょっと切なく、癒しと希望も感じるところが、僕も気に入っています。

The above video is one of my current favorite tunes, Alan Walker's Faded. The melody is beautiful and fantastic, however the lyrics are a bit sad and decadent-ish, such as " I'm faded, where are you now ?  under the sea ... ".

In these several months, I have opportunities to talk with people in their late 20's to early 30's in south European regions through online language practice tutorial service. What I feel from them is ... many of people in those regions seem to be feeling a sense of uncertainty and anxiety about the future because of stagnated economy, high unemployment rate and difficulty in getting a job with good working condition ... etc.

Alan Walker is also a musician in Europe - Norway.  Probably the reason why his songs draw empathy of young generations in Europe would be ... his songs are representing/embodying that kind of their internal voice, and his beautiful melody lines would give the audience a sense of relaxation, healing, reassurance, and hope for the future.  Japan is also facing a similar social problems more or less.  When I listen to his tunes, I feel a little bit blue, and at the same time I feel at ease and get energized, that is why I prefer his tunes.      

| | Comments (0)

04/29/2018

ゴールデンウィーク 英語では何という? Japanese Golden Week

「ゴールデンウィーク」を英語でどう言うか?興味のある方も多いと思います。
僕が知る範囲では、ゴールデンウィークという名前の祝日が存在する国は海外にはあまりないようです。なので、外国の方に「ゴールデンウィーク」と言っても、何のことなのか?ピンと来ないようです。もちろん意味は「金色の1週間」とか「黄金週間」という意味になりますが、その言葉から何を想像するか?は人それぞれのようです。人によっては、金を堀りに行くとか、その種の鉱石活動を振興するための祝日かなあ?なんて想像するかもしれません(笑)

僕自身が、英語でゴールデンウィークを説明する場合は、holiday studded week と言っています。studded とは「ちりばめられた」という意味で、つまり、「多くの祝日がちりばめられた1週間の休暇」といったような意味になります。

すると、次の反応は「え、じゃあ、その1週間には、どんな祝日が含まれてるの?」という質問が来たりしますので、「4月29日が一代前の天皇のお誕生日で、5月3日は日本の憲法が制定された記念日で ... 」とか具体的な説明が必要になったりします。そうすると、相手は「あーなるほどね、私の国ではね ...」などと自国の文化や習慣を説明して下さったりしますので、会話はどんどん膨らんで行きます。例えば、以前、中東の方と話をする機会がありましたが、祝日の話題から始まり、イスラムの断食習慣・ラマダンのことを説明してくださり、とても興味深かったです。そうなると外国の方々と会話するのが楽しくなり、英語の勉強もやる気が増します。このように、楽しみながら学ぶサイクルになると理想ですよね。

The longest officially designated holiday week in Japanese calendar is the Golden Week Holiday which starts from around April 29th and ends around on May 5th. (the exact start date and the end date of the golden week depends on the calendar of that year). Probably,  many of you guys would be curious about the reason why this holiday week is called as the golden week.

The reason is ... as much as 4 national holidays are studded in this week.
April 29th -  birthday of the previous emperor.
May 3rd   -  National constitution day
May 4th   -  The Green Day (holiday for raising awareness about natural environment)
May 5th   -   Children's day (holiday for celebrating sound growth of children)

and including the weekends before and after these national holidays, if you take a few days of payed leave, it will bring you a consecutive 8 or 9 holidays. So to speak, this holiday studded week is as precious as gold for busy working people, housewives and people like that.  Have a nice golden week everyone !

| | Comments (0)

04/26/2018

参勤交代 英語で - 通訳案内士試験 サンプル

「江戸時代の参勤交代を英語でどう説明するか?」というキーワードで僕のブログにアクセスして下さる方が多いようで、おそらく、通訳案内士試験の勉強をしている方々が多いと思います。僕自身、この試験を2007年に受験した時は、参勤交代に関する問題は出ませんでしたが、過去問を調べると頻出のトピックということで受験者の皆さんに気になるところだと思います。

まず、「参勤交代を英語で説明せよ」と言われたときに、なぜ戸惑うかというと、参勤交代という制度自体、現在の我々の生活にないので、語学力以前の問題として、参勤交代とは何なのか?どのような意義があったのか?ということを知っていないと、英語に訳しようがありません。

参勤交代というのは、江戸幕府が地方の大名に、1年おきに中央政府(江戸)に出てきて、江戸の将軍様の近くで仕事をしなさい、と命ずるシステムだったと理解しています。歴史の本やネットで参勤交代について調べると、色んな意義が書かれていて、たとえば、地方の大名を江戸に1年間出張させることで、地方の大名(県知事みたいなもんですか)を地元から不在にさせ、また江戸に出張させることで、出張費・旅費を使わせて、地方の有力者が中央政府(江戸幕府)に反逆する力を未然に防ぐためだった、という見方をしている人もいるようです。

また、逆の意見もあり、地方の県知事さん(地方大名)を首都・江戸の都知事(将軍)の近くに出張させることで、今でいう都知事と地方県知事の親睦・交友を深め、また、江戸の政治や行政を地方知事に学んでもらって、それを地元に還元させるためだった、という見方をしている人もいるようです。

遠い過去の事象なので、どちらが本当なのか?は僕にはわかりません。家康さんを始め、徳川家は先進的な考えの人が多かったというイメージを僕は持っていますので、地方知事と都知事の親睦友好および研修が主な目的だったと思いたいですが。 というわけで、参勤交代の真意は何だったのか?はよくわかりませんが、これを日本を訪れる外国人観光客に英語で説明する、あるいは通訳案内士・2次試験でこの問題が出た場合、どのように解答すればよいか?というと、あくまで一例ですが

In feudal period in Japan, regional war lords were administered and controlled by the central government - the Edo shognate.  One of characteristics in administration in this period was ... regional war lords were imposed an official duty to serve in the capital city Edo (current Tokyo) in every other year.  The true motive of this system varies among historians, for example, the main reason of this system was to have the regional lords spend a lot of travel expenses and stay them away from their local areas, and deprive them of money and time for overthrowing the central government.

Other opinions are like this ... a true reason for this system was to have better mutual understanding and friendship between the central government and regional war lords by requesting them to serve in the capital city in every other year. As a result, the regional heads were able to return what they learned at the capital to their local territories.

Looking back now, this system of service of local governors at the capital city in every other year was, hopefully, supposed to be a historical initiative for co-prosperity and mutual understanding between the central government and regional governors.
これは、試験に受かってから10年以上経過した時点で僕が書いたサンプルですので、実際の試験では、ここまでは要求されないと思います、ご安心ください。それと、このサンプルを丸暗記して試験で答えても、合格点が取れるかどうかは、他の要素もありますので保証はしかねます(笑)。あなたの自信や雰囲気とか、試験管との相性とか、正確なアクセントで喋れているか?とか...  大切なことは、外国にはあまりない習慣・システムをいかに簡潔に、そして興味深く伝えるか?だと思います。僕自身も、その点はまだまだ勉強中です。

| | Comments (0)

04/24/2018

英文法は必要か? -  英語の構文150 

Dscf2145

僕自身の現在の英語スキルを形成する上で非常に役立った大切な一冊がある。僕らの世代の高校生向けの参考書として広く使用されていた「英語の構文150」である。

いわゆる文法書なのだが、この本の良いところは、英語でよく使用される文章パターンを約150の例文で示しており、こみいった文法の説明は最小限に抑えられている。つまり、やるべきことは、この150種類の例文を繰り返し読んで暗記すること、と非常にシンプル。

「英語を話すのに文法は必要か?」というのはよく出る話題ですが、英語圏で生まれ育ったとか、小さい時からインターナショナルスクールなど、子供の頃から英語が日常言語という環境にいる場合は別として、日本で日本人として育った人が、ある程度の年齢になってから英語を学ぶ場合、英語と日本語は、語順など構造上の共通点が非常に少ないこともあり、文章の基本的な構造をある程度理解していないと、きちんとした文章を書いたり、話したりするのは非常に困難になると思われます。

その意味でも、この本は英語の構造を覚えるのに非常に役立った本で、ある意味、僕自身の英語学習の原点の一冊とも言えます (写真をクリックすると大きなサイズになります)

The photo is a page from a book that I used for forming a foundation of my English grammar. This textbook is comprised of around 150 sample sentences of representative English grammars, and was widely used among high school boys and girls in my generation. This is one of the most memorable textbooks in my language learning journey so far.

| | Comments (2)

04/16/2018

Yoshi videolog - April 16th 2018

☆ Happy Holiday ☆

今回のビデオはシンプルで、「早いもので4月も後半ですが、日々、ポジティブ&ハッピーで過ごしましょう!」といった内容です。

| | Comments (0)

04/08/2018

語学トレーニングとセリエ博士の理論 - My thought as of April 2018

All of my regular online learning partners are off of work today because of the Easter holiday. I thought of taking some other instructor's lesson instead, however I wasn't able to betray trusting relationships with my regular partners, besides, it seems that my energy level has reached the temporary exhaustion stage recently, which is a final phase of the general adaptation theory, thus, I'm writing this post instead of speaking practice. Unexpectedly, a super compensation seems to be happening as a result of conserving energy. Looking back now, I have been a kind of automatic pilot state in these two months or so, as is explained in the general adaptation syndrome theory that you reach to the temporary exhaustive state after about 8 weeks to 12 weeks of intense continual training.  Through this experience, I re-noticed the importance of taking active rest period after exposing yourself to an intense and continual stimuli for about two months or so.

I hope my dear partners are enjoying the egg shell game with their family right now.   

| | Comments (0)

03/25/2018

Diary March 25th 2018 ドラゴンへの道の微妙なニュアンス

The following is my thought about slight difference in interpretation of English language version and Japanese language version of Bruce Lee's movie " The Way of the Dragon "

From the English title " the way of the dragon", what you imagine would be ... determination and pride as a dragon, like " I will go this way as a dragon  or born this way "
On the other hand, when this movie was released in Japan, this title was translated into Japanese language like this " the way to(or for/toward)the dragon ".  which evokes images like " I will keep striving for my lifetime in order to become the dragon".  In other words, efforts and endless practice for the higher state are emphasized, I guess.
This slight difference in the English title and the Japanese title would be a kind of cultural difference in the west and the east. I like the both titles and cultures.
ブルース・リー氏の代表作に「ドラゴンへの道」という映画があります。英語版のタイトルは「ザ・ウェイ・オブ・ザ・ドラゴン」です。 ウェイとはこの場合、生き方や人生を意味します。つまり、この英語タイトルを直訳すると、ドラゴンの人生、とか、ドラゴンの道、といった感じになります。日本語版のタイトルは「への道」と訳されています。英語版はつまり、「ドラゴンとしての人生・生き方」というニュアンスです。一方、日本語版は、「本物のドラゴンになるため(近づくため)の道」という感じがします。

つまり、英語版からは、俺はドラゴンとしてこの道を行くんだ、という決意とプライドのようなものを感じます。ボーン・ディス・ウェイ(この道を生きるために生まれた)に似ています。日本語版からは、常に理想の境地を目指して努力を続けるという東洋的な謙遜を伴った決意のようなものを感じます。「ドラゴンとしての人生」なのか「ドラゴンを目指す道」なのか、ちょっとした訳の違いですが、西洋と東洋の文化の違いを反映しているように思います。       

| | Comments (0)

01/10/2018

Diary Jan 10th 2017

Today's topic is about the latest change in the governmental system of Licensed Translator & Tour Guide, so to speak, it's kind of domestic issue, so I will write it in Japanese language.

僕の所持している英語関連資格のひとつに通訳案内士という国家資格があります。日本を訪れる外国人観光客の通訳や観光案内を有償で行うための免許です。皆さん、ご存知の通り、近年、中国などアジア方面からの観光客が増加しております。通訳案内士試験の合格率は言語や年度によって多少ばらつきがありますが、10%以下~15%前後で推移しており、試験合格者だけでは、急増するアジア方面からの訪問客に対応しきれないという状況があります。
数日前(2018年1月上旬)に、これに関する法制度が一部改訂(規制緩和)され、今後は、通訳案内士の資格がない人でも、外国人観光客に有料で通訳や案内を行っても良い、というように変わってしまいました。
つまり、これまでは、「通訳案内士の試験に受からないと、その仕事はできない」という免許だったものが、今後は、資格がなくても仕事はできるけど、資格があれば、レベルの証明にはなる、という「検定資格」みたいなものになってしまいました ...
時代の流れと言ってしまえばそれまでですが、せっかく一生懸命準備して受かった資格の価値が下がってしまうのは、正直、複雑な心情です。
外国人観光客に通訳や案内をするには、日本の文化や歴史、他の国との価値観や考え方の違いなどをある程度学んだ人間でないと、日本のことが正しく伝わりません。もちろん僕ももっと学ばねばなりません。 英語や中国語、韓国語など外国語が、まあまあ、なんとかできるという人は最近、沢山います。でも、それだけで通訳案内の仕事を許可してしまったら、日本はますます海外から誤解されてしまう可能性もあります。(もちろん、外国語好きな人がボランティアの有志活動として行うのは、また別の話です)
もちろん僕はフィットネス分野の人間なので、実際に通訳やガイド業の実務を日々行っているわけではありませんし、英語力も理想のレベルからは程遠いです。でも、「英語ガチ」の端くれとして、そして、日本とアメリカの学校、両方で学んだ人間としても、英語は絶対に人には負けたくないという思いで、日々生きています。(もちろん、上には上がいることも理解しています)
通訳案内士をとりまく状況が良い方向に向かうことを願います。

| | Comments (0)

12/19/2017

Diary Dec 19th 2017 - My pronunciation of " oxygen " is a bit weird

English words I need to improve its pronunciation

oxygen
acid
protein
yolk
prescribe
About the pronunciation of oxygen, my incorrect pronunciation was indicated by a language instructor in the Philippines as well before.

| | Comments (0)

より以前の記事一覧