11/15/2018

Diary Nov 15th 2018 子音字中心の単語

As I wrote in my yesterday's post, my English pronunciation " Rhythm Nation " didn't make sense to one of my learning partners in South Europe. The following is my guess about possible reasons why my pronunciation didn't make sense.

Pronunciation of Japanese language is based on these five vowels A, I, U, E, O. What I mean by that is ... words made up of without any of these vowels don't exist in Japanese language system. However, the English word Rhythm is made up of only consonants in its spelling, additionally, Japanese language doesn't have sounds like rhy, th. and I think this is the reason why correct pronunciation of the word Rhythm is not so easy for many Japanese people learning English (including me). Of course, as long as you learn some foreign language, you need to overcome that kind of linguistic distance.  This is what I learned and noticed from the yesterday's experience.

昨日の投稿で「リズム・ネイション」の発音が通じなかった話を書いたが、どうして通じなかったか?理由を考えてみた。

日本語の発音は基本的に「あ、い、う、え、お」の母音が基本となっている。これらの母音を含まない言葉というのは、基本的に、日本語の中には存在しないと思う。たとえば、自分の名前を英語で書いてみるとよくわかる。A, I, U, E, Oのどれかの文字が、苗字にもファーストネームにも数個含まれている人が多いと思う。日本語ってのは、それくらい母音(あいうえお)を基本とした言語。

ところが、リズム Rhythm という単語はスペリングの表記上は、これらの母音が含まれていない、つまり、子音字だけで構成される単語である。日本語にはこのように子音字のみの言葉はないと思う。しかも、Rhythmは、日本人の多くが苦手なRの音で始まる。また、日本人が、これまた苦手なthの音も含んでいる。

これらの要因を考えると、「リズム」とカタカナで書けば簡単な言葉だが、Rhythmというのをネイティブ並みの正しい発音で言える日本人は少ないのでは?と思う。もちろん、Rhythmという言葉だけを単体で発話するのは練習すれば誰でもできる、が、会話の自然な流れの中で、必要な時に、日本語の言語体系にはあまりない類の言葉を自然に発話できるというのは、意外と難しく、慣れというか訓練が必要。

1年ほど前に書いたが、フィリピンの先生とプリンスのヒット曲「パープル・レイン」の話をした時も、僕のpurpleの発音は一発では通じなかった。パープルもリズムと同様に、日本語にはあまり存在しない子音で構成される単語。前回も今回も、20年以上も前のヒット曲のタイトルを言ったときに僕の発音が一発では通じないのは、話し相手との世代の違いもあるのかもしれない。1980年代のヒット曲のタイトルを突然言われても、僕よりも二回り近く若い講師にはピンとこないのかもしれない。でも、英語特有の子音の多い言葉の発音が僕はまだ下手なのは事実だと思う。このように、想定外のところで、学ぶべき点が多々あります。

| | Comments (0)

11/14/2018

Diary Nov 14th 2018  リズムネイション = デジグネイション?

I chose a transcript of Larry King Live for today's English practice with my online partner, an episode in which Janet Jackson was a guest. So, I told my partner that Janet Jackson 's biggest hit song would be ... probably Rhythm Nation. And the learning partner's reaction was " oh I don't know that song ... why the title is so negative ? "

So, I sent a youtube video clip of Rhythm Nation through chat board, and the learning partner's reaction was " oh, Rhythm Nation, of course I know it.  I thought the title was " Resignation ".  What I learned today is ... ere is still much room for improvement in my English pronunciation especially consonants that don't exist in Japanese language, e.g., rhythm ... etc.

本日は、ジャネット・ジャクソンがゲストのラリー・キングライブ スクリプトを使用してみました。「ジャネット・ジャクソンのヒット曲で一番有名なのはリズム・ネイションだと思うな」と講師に言ったら、「え? そんな曲あったっけ? なんでそんなネガティブなタイトルつけるんだろう?」という反応。

おかしいな、と思ってyoutubeでリズム・ネイションのビデオを探して、リンクをチャットボードで送って「この曲だよ」と説明したら、「あー、これね。もちろん知ってるよ」との返事

「もしかして、僕の発音が不正確で、うまく伝わってなかった?」と確認したら、Rhythm Nation がResignation に聞こえたとのこと(笑) 日本語には存在しない英語の子音の発音、Rhy とか thm の音を正確に出すのは難しいですね。

| | Comments (0)

11/13/2018

Diary Nov 13th 2018 - スクリプトを読む英語練習

The link below is a part of my current English language training. An intention to use some transcript is to get yourself exposed to casual conversations including slang words. I learned English mainly through reading such as news articles on BBC, CNN, Time, and information regarding health & fitness, therefore, there is still much room for improvement in my language skills in that kind of informal conversations. That's why I'm doing this type of exercise recently. And my appreciation to my learning partners for their collaborative efforts for this exercise.

If a message saying that " Will you activate Adobe Flash Player ? " was displayed, please do so before watching the video.
https://video.fc2.com/content/20181113X9G6E4k0

ラリー・キング トークショーの台本を使用した英語の練習、こんな風にやっています(上記リンク動画)
僕はいろいろなものを読むことを中心に英語を学んだので(例:新聞記事やフィットネス関連の情報など)、テレビや映画のセリフのようにスラングを含む話し言葉となると、まだまだ改善の余地が沢山あります。

そんなわけで、最近はこのように脚本などを読み込むタイプの練習も取り入れたりしております。快く役割練習に協力してくださる講師の方々にも感謝。

Adobe Flash Player を有効にしますか?といったメッセージが表示されたら、「許可」を選択の上、御覧ください

| | Comments (2)

11/06/2018

Diary Nov 6th 2018 - ラリー・キングライブのロールプレイに挑戦

What I tried in my online language practice today and yesterday was reading a transcript of CNN Larry King talk show: the episode of Lady Gaga. I played the role of Gaga and my learning partner played the role of Larry King, and switched the roles today. The main reason why currently I'm using scripts in my language practice is ... I learned English mainly through reading newspaper articles on the internet such as BBC, CNN, Newsweek, and health & fitness related books and journal articles ... etc. I mean, I'm familiar with written form of English, however, when it comes to verbal English including a lot of slang words and casual expressions, there is still much room for improvement in my current language skills and vocabulary. Currently to me, the role playing style practice using some script is mainly intended for improving that aspect.

昨日と本日、オンラインのトレーニングでCNN ラリー・キング トークショーのスクリプトをロールプレイすることに挑戦してみた(レイディ・ガガがゲストのエピソード)。本来、ラリーキング・ライブはCM等も含めて60分前後の番組だったと思う。なので、25分の英語レッスンで全部を読むのはキツイので、昨日は僕がガガ役で講師がラリー・キング役でスクリプトの前半を読み、本日は役割を逆にして後半を読んでみた。

やってみての感想は、テレビ番組のスクリプトのロールプレイは面白いですよ、読みながら、自分が演じている人物の人生や価値観なども知ることができるし。ちょっと下ネタっぽい表現もあったりして、女性講師相手に読むには失礼かな?とも思いましたが、語学の訓練だと自分に言い聞かせて、役になりきることに徹する(笑)。さいわい、講師もノリノリで楽しそうに見えました
(本音は呆れ返っているかもしれませんが ...)
インターネットを通じて、ラリーキングごっこなどやっていて良いのだろうか?と思ったりもしますが、まあ、たぶん、当分続けるだろうな ...
I practiced a transcript of this episode (このエピソードの台本で練習)
https://www.youtube.com/watch?v=iGb0Mc2RahU 

| | Comments (0)

10/31/2018

TOEFL教材でロールプレイ式練習  Role paying style practice using a script

Dscf2552

My usual language practice in an online English conversation service is a kind of free talk & discussion with an instructor, using some article on the internet such as news article on BBC, CNN, and so on, however, I changed this training method a bit today as a refreshment, I mean, today's practice was a role playing using a script. The main intention of this script reading training is brushing up my listening skills and learning new expressions.

The script I chose for today's practice was a conversation in the listening comprehension section in TOEFL exam (internet based version).  I took the TOEFL ibt exam when I was preparing for an enrollment application for my graduate school, so, I picked up the prep book for TOEFL from my book shelf after quite a while. This type of role playing practice using a script is also useful, I think.

オンラインの英語講師と普段行っているトレーニング内容は、主に、ネット上のニュース記事などを選んで、それを読み、感想や意見などを言い合ったりしているのですが、今日はやり方を少し変えてみました。何か台本を選んでロールプレイ形式で講師と読み合う、というやり方。

読むことで読解の訓練をしているわけではなく、脚本を読むことで自分のボキャブラリーの中にはない新しい表現を覚えたりするのに役立つだろうと思って。

で、本日選んだ台本は、TOEFLテストのリスニングパートの会話文(写真)
学生同士の会話だったり、教授の講義だったり、色々な表現や語彙が使われているので、それを使用してロールプレイするのは面白いですよ。

| | Comments (0)

10/26/2018

英語の講師・通訳をお探しの方 ー 静岡地区

僕の本業はフィットネス・インストラクターですが、ここ最近、大学受験生の英語の家庭教師をさせてもらったり、市内の企業様にて社内通訳をさせていただいたりと、英語関係の仕事をいただくことが増えてきています。ならば、この流れに沿って英語関係の仕事にも力を入れていきたいと思っております。
二足のわらじを履くような気もしますが、健康・体力づくり関連の最新情報などは英語で発信されるものが多いので、英語に力を入れることがフィットネスの仕事と勉強にも良い影響を及ぼすと願いたいです。

つきましては、企業や学校等での英語研修、あるいは、地域で活動されている英会話サークルなどで講師をお探しの場合、お声をかけていただければ幸いです。
もちろん、当方の自宅での個人レッスンも歓迎です (遠方の方はスカイプで)
ホームページやメール、社内文書などの日本語⇔英語の翻訳なども承ります
こちらは、外国人の勉強仲間と会話している動画 
「Flash Playerを有効にしますか?」のメッセージが出たら、「有効にする」を選択してご覧下さい
このブログのプロフィール写真の下のリンク (Email me) よりメールを送れますのでお気軽にどうぞ。
遠藤 吉彦 (静岡市葵区在住)
TOEIC 895点    英検1級
静岡市流通センターより麻機方面に向かって1.5km位
tel    054-246-8735

料金は、内容や時間等に応じてご相談ですが、例えば、当方の自宅またはスカイプでの英語レッスン(週2回、1回90分程度まで)の場合で、月額30.000円位を目安にお考え下さい。

| | Comments (2)

10/24/2018

英語の上手い有名人 - Boaの英語のリズム感

I wrote about the importance of rhythm in English language practice a little bit before in this blog, and in my opinion, the Korean pop singer Boa has good rhythm and ears among people whose native language is out of English. The link below is an interview video of Boa. In terms of rhythm, speed, fluency, and friendly humor, her English is a good role model for my language practice as well. Probably her good rhythm and speed in language comes from her exceptional hard work and talents in song & dance, I guess.

Boa interview video (ボア 英語インタビュー)

少し前に英語のリズムについて書きましたが、英語が母国語ではない人の中で、歌手のBoaさんは非常に優れたリズム感とスピードを持っていると思います。(上記のリンクは2008年収録のインタビューです) おそらく、彼女が歌やダンスを通じて培ったリズム感が土台になっていると思いますが、それ以上に、もの凄い努力家なんだと思います。このビデオのインタビュアーの女性も早口でテンポの良い喋りで、二人のスピーディな会話を見ると、いまだに僕自身も良い意味で刺激を受けます。

| | Comments (0)

10/18/2018

Diary Oct 18th 2018

Yesterday's my work was translation for a seminar for employees in a company. The seminar topic was career development, another seminar for Japanese employees in that company was held a few weeks ago in Japanese language, and yesterday's my task was to translate video recordings of that seminar into English for employees from outside Japan, so it was a kind of simultaneous interpretation while watching the video. What I felt about myself was I would need to brush up my English language skills more and more especially in simultaneous translation.
Learning and practice is a never ending process, you know !

昨日は、市内のある企業様にて、外国人従業員向けの社内研修の通訳をさせていただきました。研修内容は「仕事における目標設定やいかに将来像を描くか?」といった内容。日本人従業員向けに行われた研修をビデオ撮りし、その日本語での研修映像を見ながら、逐次、英語に訳すといった業務でした。

ある意味、同時通訳みたいなものですが、日本人講師がしゃべった内容のニュアンスをなるべくそのまま、英語に訳すというのは、文化的背景の違いなどもあり、なかなか難しいです。目標設定などに関する話題は、僕が専攻していた行動変容心理学と共通する部分もあるので、同時通訳の経験において自分の足りない部分は、なんとか自分の専門分野の予備知識に救われた感がありました。貴重な経験をさせていただき感謝です。

| | Comments (2)

09/28/2018

Diary Sep 29th 2018 - speaking and reading

Although it may sound paradoxically, if you hope to improve your speaking skills in a language you are practicing (English in my case), you need to increase the amount of reading as well. What's being said is ... an ability in reading and speaking are closely related each other. This is my honest impression based on my long years of the language practice.
In these few years, my focus has been mainly in speaking practice, however, as a result, an amount of reading decreased a lot. Thus, recently I'm feeling a necessity to re-increase the amount of reading as well for further step up..

外国語のスピーキング能力と読解力は、ほぼ比例関係にあるような気がする。つまり、しゃべる力を上達させたければ、読む量も増やす必要がある。自分の場合、ここしばらく喋ることばかりに比重を置くあまり、読む量が以前と比べるとかなり減ってしまった。読む量を増やさずに、しゃべる練習だけやっても、頭打ちになるのが早い気がする。伸び幅が限られるというか ...  というわけで、読む量も再び増やしていく必要がありそうだ。

| | Comments (0)

09/16/2018

不定詞は未来志向  infinitives are future oriented

Currently one of my jobs is home tutor of English for a high school student. And me and the high school boy is reading an English grammar textbook, which becomes a good opportunity to review/reconfirm my knowledge as well. for example, currently we are learning about " infinitives " and " gerunds".  The following is a representative example to show the difference in infinitives and gerunds.

It is very nice to meet you !   <infinitives>
It is very mice meeting you !  <gerunds>

as a whole, infinitives are future oriented, so to speak,  in the first example, the speaker is looking forward to a good constructive future relationship with the person whom he met for the first time.
on the other hand, gerunds are used for a matter of present or past, so to speak, in the second example, the speaker shows his joy and appreciation for the meeting with the person. In other words, " meeting you " indicates I had a good time with you in today's conversation, so this meeting is past oriented.
This is the fundamental difference in infinitives and gerunds.

Speaking of English language learning, I'm reminiscent of days when I was tackling and struggling with articles on Time magazine and Newsweek magazine.   

現在、高校3年生(大学受験生)の英語の家庭教師をさせていただいているが、英文法のテキストを読んでいると、忘れていたことを思い出したり、新たな学びがあったり、非常に有意義で、ある意味、高校3年生から学んでいる側面もある。例えば、今日は不定詞と動名詞の違いを再確認した。
It's nice to meet you のto meet は不定詞
これは、初めて人に会った時の最初の挨拶の決まり文句。あなたに会えて嬉しいです。という意味だけど、日本語で言えば、はじめまして、以後どうぞよろしくお願いします的なニュアンス
It's nice meeting you のmeeting は動名詞
これは、別れ際のお礼の挨拶の決まり文句。今日はお会いできてよかったです的なニュアンス
不定詞は基本的に未来志向の意味合いが強い。つまり、最初の例文には、「今後よろしくお願いします。今後、良い人間関係を持ちましょう」という未来志向のニュアンスが含まれている。
対して、2つ目の例文は動名詞(meeting)、この場合。本日はお会いできて良かったです、というように、本日会えたことがniceです。という現在または過去を志向したニュアンスになる。 「不定詞のニュアンスは未来志向、動名詞は現在または過去志向」、大切なことを改めて学んだ気がします。

余談ですが、英語学習というと、わからない単語が出てくるたびに辞書をひきながら、雑誌TIMEやNewsweekの記事を読んでいた頃が懐かしいです。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧