01/10/2018

Diary Jan 10th 2017

Today's topic is about the latest change in the governmental system of Licensed Translator & Tour Guide, so to speak, it's kind of domestic issue, so I will write it in Japanese language.

僕の所持している英語関連資格のひとつに通訳案内士という国家資格があります。日本を訪れる外国人観光客の通訳や観光案内を有償で行うための免許です。皆さん、ご存知の通り、近年、中国などアジア方面からの観光客が増加しております。通訳案内士試験の合格率は言語や年度によって多少ばらつきがありますが、10%以下~15%前後で推移しており、試験合格者だけでは、急増するアジア方面からの訪問客に対応しきれないという状況があります。
数日前(2018年1月上旬)に、これに関する法制度が一部改訂(規制緩和)され、今後は、通訳案内士の資格がない人でも、外国人観光客に有料で通訳や案内を行っても良い、というように変わってしまいました。
つまり、これまでは、「通訳案内士の試験に受からないと、その仕事はできない」という免許だったものが、今後は、資格がなくても仕事はできるけど、資格があれば、レベルの証明にはなる、という「検定資格」みたいなものになってしまいました ...
時代の流れと言ってしまえばそれまでですが、せっかく一生懸命準備して受かった資格の価値が下がってしまうのは、正直、複雑な心情です。
外国人観光客に通訳や案内をするには、日本の文化や歴史、他の国との価値観や考え方の違いなどをある程度学んだ人間でないと、日本のことが正しく伝わりません。もちろん僕ももっと学ばねばなりません。 英語や中国語、韓国語など外国語が、まあまあ、なんとかできるという人は最近、沢山います。でも、それだけで通訳案内の仕事を許可してしまったら、日本はますます海外から誤解されてしまう可能性もあります。(もちろん、外国語好きな人がボランティアの有志活動として行うのは、また別の話です)
もちろん僕はフィットネス分野の人間なので、実際に通訳やガイド業の実務を日々行っているわけではありませんし、英語力も理想のレベルからは程遠いです。でも、「英語ガチ」の端くれとして、そして、日本とアメリカの学校、両方で学んだ人間としても、英語は絶対に人には負けたくないという思いで、日々生きています。(もちろん、上には上がいることも理解しています)
通訳案内士をとりまく状況が良い方向に向かうことを願います。

| | Comments (0)

12/19/2017

Diary Dec 19th 2017 - My pronunciation of " oxygen " is a bit weird

English words I need to improve its pronunciation

oxygen
acid
protein
yolk
prescribe
About the pronunciation of oxygen, my incorrect pronunciation was indicated by a language instructor in the Philippines as well before.

| | Comments (0)

12/17/2017

Diary Dec 17th 2017 - differentiate the sound of flow and flaw

reminder to myself concerning confusing English pronunciation

1. Go with the flow
2. Go with the flaw
3. Go with the fraud ... (joke)

| | Comments (0)

12/13/2017

Diary Dec 13th 2017

I compared my latest video which I uploaded on this blog one week ago with one of my videos I filmed in 2013. The following is my impression about the comparison.

Naturalness ... a little bit improved compared to 3-4 years ago
Pronunciation ... same as the above
vocabulary & fluency ... no so changed, or the before might be better when it comes to technical terms in anatomy or subjects like that  (mainly because I was pressed for reading a lot of textbooks and journal articles, and writing reports and papers in those days)
conclusion ...  there is a lot of room for improvement in my language skills.
先日このブログにアップした自分自身のビデオと2013年後半頃に撮影したビデオを見比べてみました(英語の変化のチェック)。 以下は自分なりの感想
全体の自然さ   ...   多少は改善しただろうか?
発音  ...   多少改善したものの、いまだに日本人っぽい英語の発音が少し残り、日本人特有の文法ミスもある (主語が複数形なのに、それに続く動詞に三人称単数のSをつけちゃったり)
流暢さとボキャブラリー  ...   4年前のビデオで、「このエクササイズは上半身と下半身の接合部を鍛えるもので ... 」といった内容の事を喋っているが、「接合部」という表現を junction なんて単語で話していて、過去の自分に苦笑。 「何?こいつのワードチョイスは? トレーニング関連の話をする時にジャンクションなんて言葉使う奴いないよ、高速道路じゃないんだから」 と思うもん(笑)
とりあえずの結論   ...  改善の余地は沢山ある

| | Comments (0)

11/19/2017

Diary Nov 19th 2017 - achievement rate of 60 - 70 %

I had my current English skills evaluated on an online English conversation service yesterday. I booked a new instructor to me, and introduced myself briefly at the beginning of the 25 minute session. After that I conveyed my scores in TOEFL and TOEIC test to the instructor. And, the instructor sent me the following link on the chat board, so I answered the first 12 questions or so in the remaining 15 minute. After the discussion, I asked the instructor my current English skills on a scale of 10. The instructor's answer was " from 6 to 7 out of 10,   the reason for the 3-4 point reduction is your weaknesses in listening comprehension ".  I don't know the validity of this instructor's evaluation, because the discussion was based on the written topics on the webpage, I mean listening skills evaluation was not included that discussion.  The instructor was only listening my speech. So, I think this instructor's evaluation was biased with my scores in TOEFL and TOEIC,  because my scores in listening scores were lower than the other sections. In other words, this instructor was having a preconception saying that this guy would be not good at listening. (I told her my test scores before the discussion). besides, this instructor is not a native English speaker, a person in a European country, who majored in English literature at a college).  However, I'm willing to accept the evaluation saying that 6-7 out of 10,  because it means if I improve my English by 30-40 %, it would become a satisfactory level.  I'm not sure the meaning of the score 10, whether it is a level equivalent to native speakers,  or a satisfactory level among people who are learning English as a second language ...  Anyway, if I was given 8-9 score, I would be satisfied with the status quo, and my progression would stop there. In that sense, I appreciate that instructor's evaluation saying that " your current achievement rate is from around 60 - 70 % ".   There is still a room for improvement !
question topics used for the evaluation https://esldiscussions.com/e/entertainment.html

昨日は、いつもお世話になっているオンライン英会話の先生がフィリピンの先生もヨーロッパの先生も皆、休みだったので、初めての先生を予約してみた(セルビア出身の30代の女性で、大学で英文科だったとのこと)。初回なので、現在の僕の英語力を評価してもらった。簡単な自己紹介をして(住んでいるところや職業など)、おおよそのレベルを伝えるために過去に受験したTOEFL ibt とTOEICの点数を伝えた。
その後、ディスカッション用のお題がチャットボードで送られてきた(上記リンク)。15分位の間に、最初の10問程度のお題に自分なりの考えを述べた。 つまり、トーフルのスピーキングセクションのインディペンデントタスクを10問程度やったような形式。その後、先生の判定は「そうねー、今のあなたの英語力は、10段階でいうと6から7の間位かな、3~4減点した理由は、あなたはリスニングが得意ではないから」とのこと。
僕がお題に答えている間、先生は聞いているのみで、意見のやりとり、つまり僕が先生の英語を聞き取るというリスニング的な要素はこの15分間の評価には、ほとんど含まれておらず、もっぱら僕が英語を喋っていただけ、つまり、スピーキング主体のテスト。なのに、リスニングを減点の理由にしたのは、事前に僕が伝えたTOEICの点数に先入観を持っていたのでしょう。僕のTOEICスコア(2008年受験)はリーディングは満点、リスニングは正解率8割程度だったので、「こいつは、日本人にしては、喋るのはまあまあ上手いけど、リスニングはイマイチなんだろうな」と思い込んでいたのだと思われる。
でも、6から7という評価で感謝しています。8とか9の評価をもらったら嬉しいけど、現状に満足してしまって、今以上に頑張ろうという向上心が薄れます。こんなアルバイト感覚のレベルの低い講師に、適当に6から7の評価をつけられて、正直、悔しさがこみ上げましたが、それと同時に、もっともっと頑張って改善しようと思えました。
余談ですが、「今まで多くの日本人のレッスンを担当したけど、TOEFLのスコアを申告してきた人は、あなたが初めてよ、TOEICの点数を言ってくる人は多いけど...」と言っていました。

| | Comments (0)

11/06/2017

Diary 6th 2016 - vocabulary building

I'm writing today's post for simply increasing my English vocabulary.
The following are new words I came across with through a book I'm reading now
ある本を読んでいて、自分の中に定着していないと思った単語を書き出してみました

squander = waste
premade,    e.g., premade lunch
a cornerstone  = a very important thing/point
drag down = hinder, obstruct, disturb 
underpin = support
be cognizant of = be aware of,  know 

| | Comments (0)

10/30/2017

Diary Oct 30th - current way of my language practice

I'm writing about my skype English lessons in these several days consecutively, of course which means I'm pouring a lot of energy into language practice recently. And some of you guys may be interested in what kind of practice I'm doing through the online conversation service. So, I will write about my current language practice method today.

What I'm doing through the skype language service is mainly discussion using some news topic on the internet such as an article on BBC, MSNBC, and so on. Topics are various from science, health & fitness, showbiz, education ... etc. At the beginning of the lesson, me and the instructor (learning partner for me) read a chosen article alternately by paragraph and paragraph, and after that we discuss about that topic or related matters in a relaxed and friendly atmosphere.
Foe example, yesterday's topic was a bit serious, " various political systems in the world ".  this article  http://www.politicalsciencedegree.com/the-five-most-common-political-systems-around-the-world/    
because, as you know, political systems, religion and so on are closely associated with way of thinking and values of people in that country, so to speak, for better world wide understanding and friendship, to know the difference and similarity in each country's culture and social system would be very important, I guess. Hopefully, conductive learning relationship is facilitated through this type of practice style.
ここ数日、英語の話題ばかり書いていて興味のない方には申し訳ないですが、オンライン英会話で現在、僕がどんな内容のトレーニングをやっているか?をご紹介したいと思います。
簡単に言うと、まずは、インターネットのニュース記事(BBCニュースなど)から何か面白そうな話題を選びます。まず、レッスンの最初にその記事を音読します。僕だけで読むこともあれば、講師と一段落づつ交代で読むこともあります。その後、その記事の内容や関連する話題について、語り合ったり、意見を述べ合うというスタイルです。

話題は、健康・フィットネス関連だったり、科学関連のニュースだったり、色々す。固い話題ばかりだとつまらないので、フィリピンで人気のあるオネタレントとか、そういう方向に話が展開することもあります(笑)
参考までに、昨日使用した記事が上記のリンク。民主主義、共和制、共産主義など、世界の主な政治システムの違いについての記事です。なぜなら、政治や宗教というのは、その国の人達のものの考え方や価値観と深い結びつきがあるので、こういったことを念頭に置いておかないと、違う国の人達と理解しあうのは難しいからに他なりません。
こんな風に、時に真面目に、時にはおちゃらけて楽しんでトレーニングしています

| | Comments (0)

10/29/2017

Diary Oct 29th 2017 - pronunciation of purple, パープルの発音

I took a skype English lesson yesterday with a talking partner who I've been with for these six months. and I noticed that my English pronunciation of " purple " is not correct. The episode is ... That talking partner was in a purple shirt (and a purple backpack) yesterday, so, the first word that came out of my mouth was " oh, purple rain ! ".  However, the reaction was " what ?  what did you say ?  powerful ... ?? ".   I replied " purple rain,  Prince's song ", and I sang the phrase " purple rain, purple rain ".  But the reaction was " .... ??? ".   Probably the biggest reason why my word " purple rain " didn't make sense was generational gap rather than a matter of my pronunciation.  that talking partner is in late 20's, the purple rain is a hit song in the mid 80's. Therefore, this talking partner didn't know much about Prince and purple rain, I guess.

However, aside from that kind of reason, it would be true that there is a room for improvement in my English pronunciation especially in some consonants.  As a whole, Japanese people are not good at the pronunciation of what is called " inverted e " such as girl, bird, skirt. Because the sound of inverted e doesn't exist in Japanese language, and my pronunciation is also not an exception.  In the similar reason, Japanese people are not good at pronunciation of words that end with the letter of L or Le such as school, cool, doll, available, affordable ... etc.  The sound of purple has the both points that Japanese language system doesn't have.  It means the sound of purple includes the inverted e and it ends with the letter of Le. Hopefully a day will come when I can pronounce words like girls, birds, school, purple, correctly.
昨日はフィリピンの先生とスカイプやっていたのだが、僕の英語の発音「パープル」が通じなかった。この先生には、6ヶ月位お世話になっており、これまでに僕の発音や文法が通じなかったことは、ほとんどないですが、パープルという簡単な単語が通じなかったことで、やはり、日本人の発音の苦手な部分が自分にも当てはまると再認識しました。
この先生、昨日、紫のTシャツに紫のバッグという服装だったので、僕は挨拶代わりに「oh, purple rain ! 」と言ったんですよ。パープルレインはもちろん、プリンスのヒット曲。でも、先生の反応は「え、何? なんて言ったの? パワフルなんとか??」
なので、「パープルレインだよ、プリンスの歌」と説明して、ちょっとだけ歌ったりもしましたが、反応は「???」。
この先生の年齢は20代後半、プリンスのパープルレインがヒットしたのは1984年頃だったと記憶している。 おそらく、僕の発音が通じなかったというより、この先生はプリンスとかパープルレインとか言われてもピンと来ない世代なのでしょう。でも、フィリピンの若い女性にパープルの発音が通じなかったのは、自分の課題として認識しないといけない。
発音記号で言うと、eをさかさまにした記号の音、bird, girl, skirt などは日本人が苦手な発音、巻き舌でRを伸ばすような音が日本語には存在しないから。LやLeで終わる言葉の発音も日本語には存在しない、school, cool, doll, available, affordable など。スクールなんて単語は日本の中学1年の最初に習う単語だけど、スクールのルの音を正確に自然に発音できる日本人は少ない。
で、purple(パープル)という単語は、さかさまeの音も含むし、Leで終わる。
パープル(むらさき色)、誰もが口にするような単語だけど、英検1級の僕でも、自然な発音は意外と難しいということ。こんな風に、意外な単語が通じなかったという経験ありませんか?

| | Comments (0)

10/25/2017

diary Oct 25th 2017 - an importance of writing

Nearly two years have passed since I completed my school programs, and opportunities to write something in English significantly decreased recently. When in the school programs, literally almost everything in my everyday life was English, I mean, reading textbooks and reference materials, writing reports and papers, interacting with classmates, instructors, and school staffs. After the completion of the programs, I intentionally increased opportunities to speak English through online conversation service in order to further brush up my language skills. What I feel these days is that, of course online English conversation services are beneficial for practice of speaking and listening, however, in terms of changing one's thought process from one's mother language into English oriented, writing something as much as possible in English would be the best way, I guess.  Actually, when I was in the aforementioned environment, basically I was thinking many things in my everyday activity in English, even when in my dream. Thus, I will need to increase opportunities to write something even trivial matters.

以前にも書きましたが、頭を日本語思考から英語思考に切り替えるには、英語で書く機会を可能な限り増やすことだと思う。ここ1年半位、英語を話すことは多くやっているが、反面、英語で何かを書く機会は以前よりも減ってしまった。 英語で毎日のようにレポート等を書いていた頃は、頭の中はほとんど英語で物を考えていた。オンライン英会話等で話す機会を増やしても、書く機会が少ないと、頭が英語思考になるのは、レッスン中のみで、他の時間は日本語でものを考えている。
たとえば、休みの日など時間に余裕がある時に、25分の英会話オンラインレッスンを1日3レッスン位こなしても、その晩に英語で夢を見ることは非常に少ない(あくまで自分の場合ですが)。会話練習をそれほどやっていなくても、毎日多量の英語を読んで書いていた頃は、英語で夢を見たりしていた。英語で物を考えるということは、言うまでもなく、頭の中で英作文をすることなので、やはり、基本は書く機会を増やすことだと感じている。自分の場合、まだまだ絶対量が足りないなと思う。

| | Comments (0)

08/16/2017

an intriguing language learning nerd video blogger Loretta

one of video bloggers who are intriguing to me is this woman.
https://www.youtube.com/watch?v=WRm4CBOh3h4
according to her past videos, Ms. Loretta is from College of William and Mary and she started learning Japanese language when she was 14 yeas old or so, because of influence of Japanese anime cartoons. In order to pursue her language learning and intercultural communication and understanding, she enrolled in a graduate school in Tokyo from the spring 2017, and she finished her first semester recently. I also did my graduate school programs in a foreign language, which is English in my case. So, I can understand how she feels right now. As she expresses her state of her mind in the title of this video " I somehow survived the first semester ", I also had a similar feeling after my first semester. A complicated emotion such as a mixture of a little bit relieved emotion temporarily, expectation and pressure for the future semesters and so on. Ms. Loretta, your enthusiasm and energy are a good encouragement for your video viewers including me !

僕が注目しているビデオブロガーの一人が日本語学習オタクのアメリカ人・ロレッタさんです(上記リンクのビデオ)。14歳頃に日本のアニメの影響などで日本語の勉強を始めたらしいです。米国の有名大学の一つ、カレッジ・オブ・ウィリアム&メアリー出身とのことなので、勉強好きな性格なのでしょう、ほとんど独学で日本語能力検定の1級(N1)に合格されており、もの凄い努力だと思います。
で、2017年の春より日本の大学院でビジネス関連分野を勉強されています。留学生向けのコースではなく、日本人向けの修士過程に日本語で院試を突破して学ばれています。最近、第1学期がようやく完了したとのことで、ホッと一息ついているのが、上記のビデオです。精神的にも肉体的にも、少しだけの安堵感と疲労感、次の学期への期待とプレッシャーなどが伝わってきます。思えば、数年前、僕自身も似たような状況にありましたので、今現在のロレッタさんの心情がよくわかります。色々と大変なことは多いと思いますが、自分の好きなことを追及されているので、今後、日本語も勉強も更に進歩すると思います。見ている側も彼女の頑張りからエネルギーをもらっている気分です。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧