« May 2021 | Main | July 2021 »

06/29/2021

魯園菜館店 - June 29th 2021

The photo is a Chinese style fried vegetables lunch my friend in Tokyo had after swimming last weekend.
It looks yummy and stimulates your appetite !

写真は友人が週末に食べた「野菜とニラの炒め物」です。
美味しそうで食欲を刺激しますね。
Shinochan-june28th2021

| | Comments (0)

06/26/2021

Till the World Ends by Amelia Aya Kodama

I happened to find this video on youtube.
A professional dancer and choreographer in Japan, Aya Amelia Kodama re-enacts Britney's Till the World Ends.

youtubeで偶然見つけたのですが、アメリカ育ちの日本人ダンサー・児玉アメリア彩さんがブリトニー・スピアーズのTill the World Endsを完全コピーして踊っています。プロの方なので、もちろん上手ですが、この曲を選んだセンスが良いと思います。

Till the World Ends by Aya Amelia Kodama
https://www.youtube.com/watch?v=yUfHX8VS-aM

Original version
https://www.youtube.com/watch?v=EjPTw-0wiLY

| | Comments (0)

06/25/2021

Imagine and make your destiny - June 25th 2021

There are controllable factors and uncontrollable factors in life. Fate is basically made up of uncontrollables, whereas destiny is a mixture of one's efforts, timing, luck, and a lot of uncontrollable factors. What you can do is ... doing one's best based on your belief and honesty always.

人生には自分でコントロール可能な要素とコントロール不能な要素があります。Fate (運命)というのはコントロール不可能な要素に大きく左右されるようですが、Destiny というのは運やタイミングに自分の努力なども合わさって決まっていくとのことです。当たり前のことですが、自分の信念に基いていつでも最善を尽くすことが大切だと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=v4eK69eik80

| | Comments (0)

06/24/2021

Diary June 24th 2021

I heard from two of my online English tutors in Europe that today's daytime temperatures in Serbia and Bosnia were around 40 to 50 degree celsius. Surprisingly hot !   I hope good health of my tutors in those regions.

本日、オンラインの英語練習を2レッスン受けたのですが、最初のレッスンはセルビアの講師。「今日はめちゃくちゃ暑くて40℃以上あるよ」と言っていました。2つ目のレッスンはボスニアの講師。やはり「今日は暑いよー、温度計が50℃を指してる」と見せてくれました。

セルビアやボスニアなどユーゴスラビア地域って冬は大雪が積もるそうで寒い国のイメージがありましたが、日本で言う盆地みたいな感じなのでしょうか?夏場はものすごく暑くなることがあるようです。馴染みの先生たちの体調が無事でありますように。

ブリトニーの Till the world ends が最近、気に入ってます。
Britney's " Till the world ends " is my recent favorite song.
https://www.youtube.com/watch?v=hwplKbsfoHI

| | Comments (0)

06/16/2021

うさぎとカメ - June 16th 2021

In Japan, we have an old fork tale about a rabbit and a turtle. What I thought today was ... you don't need to be necessarily a cool and smart rabbit, rather what is important would be honesty and sincerity of the unsophisticated turtle.

現在、中学3年生の英語の家庭教師を務めさせていただいていますが、この生徒さんが使っている英語の教科書に1964年の東京オリンピックの1万メートル走である外国選手が体調不良のため3周遅れになってしまったが、それでも最後まで諦めずに走り抜いたというエピソードが教材として紹介されていました。

この選手は日本に来日後、風邪をひいてしまい、それが悪化してレース当日はとても走れるような状態ではなかったようです。しかし、応援してくれている母国の皆さんの期待や愛する妻や娘のことを考えると棄権することはせず、たとえ他の選手から3周遅れてしまっても最後まで諦めないことを決心したそうで、非常に胸のうたれる話でした。

それで、うさぎとカメの話を思い出しました。人間は誰でも(僕自身も)仕事をするにしても、スポーツをするにしても、恋をするにしても、順調に、カッコよく、きれいにいけばいいな、と思いがちですが、必ずしもクールなうさぎでいる必要はない、ということ。うさぎとカメの話のカメさんのように、垢抜けなくて、どんくさくても、最後まで諦めない根気や誠実さが実は一番大切なのだろう、ということを改めて感じました。僕は、いつでも不器用なカメです。
https://www.youtube.com/watch?v=1j49hhVO-gQ

| | Comments (0)

06/15/2021

わらじ vs 踵の高い靴

友人から興味深い質問をいただきました。

江戸時代、人々は江戸ー大阪などの街道を行き来するのに1日30km位の距離を歩いていたようですが、その際、草鞋を履いていました。一方、現代のウォーキング用の靴やビジネスシューズなどは、踵の部分がやや高くなったデザインです。長い距離を歩く場合、草鞋のように底が平らな靴とやや踵が高くなった靴とどちらが良いのでしょう?

正解についてはバイオメカニクスなどが専門の先生方や靴を開発する専門家の方などに聞くのがいいと思いますが、傾向としては、踵とつま先側の高低差が大きな靴は、長い距離を歩くと、脚の特定の部分の筋肉に過度の負担がかかる可能性が考えられます。

踵が高くなっていると、つま先寄りに重心が移動します。つまり、立っている時や歩いている時に脚の前面の筋肉群(大腿四頭筋、前脛骨筋など)が優位に働くことになります。これらの筋肉は大きな力を発揮するので、比較的短い距離をスピード早めにパワフルに歩くのには向いていると思われます。ただし長時間の歩行では、これらの筋肉が過剰に使用されて過剰に疲労する可能性があります。

一歩、草鞋のように踵とつま先側の高低差が少ない靴は、脚の前面と後面の筋肉に負荷がまんべんなく分散されるので、長時間歩いても、どこか特定の筋肉だけが過剰疲労する可能性は、やや少なくなる可能性が考えられます。

ただし、薄い草鞋は江戸時代のように路面が土の街道を歩くのには良いでしょうが、現代のようにアスファルトの硬い路面を歩くにはクッション性が不足する可能性が考えられます。

おおまかな傾向としては、このような考えになるかと思われます。

| | Comments (0)

06/13/2021

Buttons - June 13th 2021

Today, I'm reminiscent of this song by Pussycat Dolls.
Where are you now ? 

https://www.youtube.com/watch?v=Hi3eOwsZob4

本日は、この曲を久しぶりに聴いています。
僕にとっては思い出のある曲です。

| | Comments (0)

06/08/2021

A wish to oneself - June 8th 2021

Message to oneself
自分自身への願い

It's an ideal if my heart goes beyond the Pacific Ocean and the Atlantic Ocean.  自分の思いが太平洋や大西洋など超えていけば理想。

Of course, it's not so easy in reality though.
現実には、そんなに簡単ではないけど。     

https://www.youtube.com/watch?v=Rkc7x11DGoY

| | Comments (0)

06/05/2021

Every time - June 5th 2021

Unexpected things can happen in human relationship, you may be shocked by the incident at that moment, however, seeing from the other side, it may be a good opportunity to reconfirm your relation with that person, and in the long term perspective, it can become a catalyst to further grow the relationship toward a better direction. One thing for sure is ... that is not an end, rather this is a beginning of new chapter.

人間関係には予期せぬことも起こり得る。はじめはショックを受けるかもしれない。でも逆の方向から見れば、その人との関係を再確認する良い機会なのかもしれない。更に長期的な視点で見れば、その出来事をきっかけに、関係が更に良い方向に進展していく可能性だってあり得る。
ひとつ確実なことは、それは「終わり」なのではなく「新しい扉への幕開け」
だということ。

https://www.youtube.com/watch?v=NTnABGp1yIs

| | Comments (0)

06/04/2021

Unconditional friendship - June 4th 2021

Hopefully, unconditional friendship can grow into an unconditional love someday in the future.
見返りを求めない友人関係(男女)が、いつの日か、無条件の愛に成長すれば
良いな、と思ったりします。

| | Comments (0)

« May 2021 | Main | July 2021 »