« Diary March 3rd 2021 | Main | Diary March 11th 2021 »

03/04/2021

Diary March 4th 2021 - 飛行機が苦手

かなり前の話になりますが、僕は新幹線の中で突然、過呼吸のようなパニック障害症状を起こしたことがあります。

30代前半の頃、短期間ですが、フィットネスの仕事ではなく、会社員生活をしていたことがあります。毎月の売り上げノルマや職場の人間関係などから、いつもプレッシャーを感じている状態でした。ある日、新幹線で静岡から東京へ向かっている時に、近くに座っていた乗客の一人がタバコを吸っていました。その瞬間「ああ、ここの空気は汚いし酸素が薄い、今すぐにここから脱出しなければ酸素不足で死んでしまうかもしれない」という思いが頭をよぎりました。普段ならば、そんなことはまず考えないでしょうが、ストレスとプレッシャーで精神状態がかなり消耗していたのだと思います。

呼吸困難のような息苦しい感覚が襲ってきて、今すぐその場から安全な場所へ逃げ出したかったですが、自分の意思で新幹線を止めることはできませんし、窓もドアも開きません。東京駅に着いた時にプラットホームのベンチに倒れこんで、症状が回復するのを待つしかありませんでした。幸い、20~30分程度で体調と気持ちが少しづつ落ち着いてきて、その日は無事に静岡に帰れましたが、この時の怖い体験がいまだに心理的なトラウマとして心の中に残っています。万が一また同じようなことが起きたらどうしよう?と思うと、新幹線や飛行機など、いざという場合に逃げ場所のない乗り物に長時間乗るのは、心理的に抵抗感・恐怖感があるのが事実です。

この時は、パニック障害のことなど全く知りませんでしたので、息苦しい発作が起きた瞬間は、心臓か肺の病気になってしまったのかな?と考えましたが、その後の健康診断でも心肺機能などに問題はありません。この体験以降、自分が経験した症状を本で調べ「パニック障害」というものの存在を知りました。ある情報によると、ニコチンやカフェインなどは脳の誤作動を引き起こす引き金になる場合があるのだそうです。今考えると、あの時の新幹線の中のタバコの煙が発作の引き金になったのかな?と思います。脳の認識機能が一時的に誤作動して、タバコで煙たい新幹線の座席を「酸素が薄く、決定的に危険な状況」と誤認識して、恐怖からパニックになったのだと思います。


大学院時代のクラスメート・ルーシーとの心の距離が最近、少しづつ近づきつつあり、正直な気持ち、今すぐにでもルーシーに会いにアメリカに行きたいです。もちろん、今はコロナによる渡航制限があり、海外に行くことは難しいです。
でも、遅かれ早かれ、僕自身の飛行機への苦手意識を克服しないと会いたい人にも会えません。いずれ、自分自身の恐怖を克服する必要があるのなら、なるべく早いほうがいいかな、とも思います。何事でも待っている期間が一番プレッシャーですから。

近場の海外旅行(例えばグアム・サイパンなど)は比較的、精神的負担が軽いですが、ルーシーはノースカロライナに住んでいて、日本からの直行便はないので、途中の乗り換え時間も含めると18~20時間程度になるようです。
大切な女性に会いたいけど、飛行機での長時間の一人旅は不安もある、というのが現在の本音です。

こんなわけで、自分自身の飛行機恐怖症をどう克服するか? 最近思い悩んでいます。

ルーシーのこと
http://walkon.cocolog-shizuoka.com/fitness/2021/02/post-69b2e0.html

Let me tell you an old story of mine that happened more than 20 years ago. I have a past episode of suddenly and unexpectedly experiencing a panic attack like symptom when I was traveling by a Shinkansen bullet train.

At one time in my early 30's, I was working as an office worker, not in the fitness industory. Workload, monthly sales quota, and worksite human relationships were stressful, and I was always feeling a lot of pressure in those days.
When I was heading for Tokyo from Shizuoka by a bullet train (a super high speed train in Japan), I suddenly felt a stuffy sensesation like breathing difficulty.  Probably, a trigger for that panic attack was that one of passengers near me was smoking  tobaco, and what sprang up in my mind at that moment was ... " the air is this space is very thin, therefore, unless I escape from this space immediately, I will not be able to survive "

When the train arrived at Tokyo Station, all I could do was only lying down on a bench on the train platform. Fortunately, I recovered from the symptom in 20-30 minutes, however, a psychological trauma from that fearful experience still remains in my mind. Therefore, I still have a tendency to avoid long travel by a transportation which is out of your control just in case of emergency, such as airplane or high speed train. 
 
Recenly, psychological distance between me and Ruthie (my classmate in graduate school days) is getting closer gradually, and I want to go see her in the USA one day in the future - as soon as possible. 
Meeting her right now is a bit difficult due to travel restrictions by COVID,  however, there will come a time when I need to face the challenge sooner or later - which is my airplane anxiety and phobia. 
If I have to overcome the fear, the sonner is better.  Because, as many of you know,  waiting period is the most pressurous.

Like this, what I am thinking everyday recently is  ... how I can overcome my flight anxiety.

|

« Diary March 3rd 2021 | Main | Diary March 11th 2021 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Diary March 3rd 2021 | Main | Diary March 11th 2021 »