« Diary November 21st 2020 | Main | レイア・サロンガ ドキュメンタリー »

11/22/2020

Diary November 22nd 2020

Although this might be an assumption and a kind of biased view about myself, the English I speak may be a little bit female-ish or girly.
The reason is ... I've been practicing English online for ten years now, and most of the online tutors were (and are) female tutors.
I only talked with two male tutors in my online language practice history. One was a guy interested in MMA, and the other was a guy interested in bodybuilding. The both men were nice persons, but the practice with them didn't last so long. All of the other tutors in my practice history are women. The reason is quite simple, because I'm a man, I'm unconsciously looking for sweetness of women, I guess.
But seeing from the other side, it means practice listening to English of men lack in my language training, and as I wrote in the beginning, there is a small possibility that my speaking is influenced by female talks. Thus, I'll need a practice listening to male speaking as well in the future.

これは単なる思い込みかもしれませんが、僕の英語の話し方は、ほんの少しだけ女性っぽいところがあるかもしれないな、と思ったりします。なぜ、そのような心配をするかというと、オンラインで英語の練習を始めてから10年位になりますが、練習相手をして下さる先生方は、この10年でほとんど全てが女性の先生だからです。

男性講師と練習したのは10年間で2名だったと記憶しています。ひとりは総合格闘技が好きな講師で、もうひとりはジム通いが趣味の講師。どちらの講師も良い人で楽しく練習させていただきましたが、あまり長期間は続きませんでした。ジョルジュ・サン・ピエールの話題とか筋トレの話ばかりだと、やっぱり色気に欠けるというか(笑)
自分は男なので、無意識に女性の練習相手に安らぎや癒しを求めているのだと思います。

僕自身が講師として語学関連の仕事をさせていただく時は、相手の性別や年齢等に関係なく、その時その時で最善を目指すように心がけていますが、自分がレッスンを受ける時は、自分好みの女性講師でないと英語を練習するモチベーションが上がりません(笑)

が、いつも女性の先生と英語を練習している、ということは以下の2点に検討の余地ありかもしれません。
1)  男性の話す英語を聴く練習をあまりしていない。
2)  自分の話し方が女性の喋り方に影響を受けている可能性あり。

日本語では男の喋り方と女の喋り方はかなり異なりますよね。男なら自分の事を「俺」「僕」と言うし、女なら「わたし」「あたし」と言うし、語尾も男なら「だぜ」、女なら「なのよ、そうね」など。英語では性別によって言葉の用法にそこまで大きな違いはありませんが、やはり、男性の話す英語と女性の話す英語は雰囲気が異なります。言葉の用法上の違いというよりも、男女の声の出し方の違いなどに起因するものかもしれませんが。

かといって、オンラインでの練習を男性の講師中心に切り替えるつもりは今後もありませんが(笑)男性の話す英語も聴く練習は必要かなあ、と感じています。

余談になりますが、萩本欽一さんが、語尾をあえて「そうなのよ、かしら」など女性口調で話すことで柔らかな印象を与え、子供からお年寄りまで幅広い年齢層から人気を博したように、英語、日本語に限らず、あまり男っぽい喋り方よりも、少し優しい口調の方が人当たりは良いのかもしれませんね。

|

« Diary November 21st 2020 | Main | レイア・サロンガ ドキュメンタリー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Diary November 21st 2020 | Main | レイア・サロンガ ドキュメンタリー »