« Diary November 20th 2020 - my first Zoom exprience | Main | Diary November 22nd 2020 »

11/21/2020

Diary November 21st 2020

I have a fever of 38 degree Celsius for these two days, and I visited a neaby hospital today. The physician said " according to your symptoms, there is a possibility of flu, however unfortunately exam kit for flu is out of stock now, so, please visit another hispital to get the flu test "

It was 20 minutes before noon, reception hours on Saturdays are until noon or 12:30 in many hospitals in Japan. So, I made a phone call to another internal medicine clinic I visited 6 years ago or so, but they didn't accept my request. After that, I rushed to another hospital in my area and conveyed my situation over the phone, but this clinic also didn't accept my request. THe time was alread past noon at that time, I became desparate and drived that area a while to search for available hospital, and luckly I found a pediatric and internal medicine clinic nearby, and I parked my car at that clinic and conveyed my situation and symptoms at the reception, fortunately this clinic kindly accepted my visit and a female physician came out of the room and asked my symptoms.

She conducted a test for flu and a test for COVID 19 anti-body. After waiting for 15 minutes outside the clinic, my name was called again, fortunately the results for the two tests were negative. and also the female physician conducted a urine test as well, and there was no problem in the urine test too. So, the diagnosis by the physician is a common cold.

Clinics that refused my request, and the clinic that accepted my visit. I saw a true nature of medical institutions through this episode. I wanna thank the physician and staff members of the pediatric and internal medicine clinic for their ind work.

2日程前から37.5~38度前後の発熱。本日(土曜日)昼前に38.3度まで熱が上がってきたので近所の内科へ行って症状を伝えると「高熱のある患者さんは他の患者さんと別の時間帯に診察させていただきたいです。本日お待ちの患者さんの診察が終了するのが12:30頃になるので、12:45にまた来ていただけますか?」とのこと。いったん自宅に戻ると、その医院の先生から電話があり「高熱があって節々が痛むという症状からインフルエンザの可能性が疑われますが、あいにく、インフルエンザの検査キットが在庫切れで、本日は検査ができませんので他の病院で診てもらって下さい」

時間は既に昼11時40分頃で、多くの病院は土曜日は12時か12時30分までの受付なので、数年前に行ったことのある内科に電話して状況を伝えてみたが「これからお見えになると受付時間を過ぎてしまうので、他を当たって下さい」とのこと。市の医師会の電話番号を教えて下さったので、早速医師会に電話してみると「おかけになった番号はただいま使われておりません」

もう時間は昼12時を少し過ぎていて、38度を超える熱があり、明日は日曜日、明後日は祝日(勤労感謝の日) ますます気持ちが焦る。土曜日にやっている当番医に電話して状況を伝えると「当院ではインフルエンザの検査はしません」とのこと。

あきらめ半分に車を運転していると、「土曜日 受付13:00まで」と書いてある小児科&内科を見つけた。もうここに賭けるしかない、との思いで受付に状況を伝えると、快く対応して下さり、診察室から女医さんが出ていらした。
「38度以上の熱が続いているということは、インフルエンザとコロナ・ウィルス、両方の可能性が疑われますが、コロナのPCR検査をするには保健所などに申請する必要があるし、ここ数週間の間に県外や海外などへの渡航歴がない場合、PCR検査をしてもらえるかわかりません。コロナの抗原検査なら当院で可能なので、抗原検査とインフルエンザの検査をしましょう」と言って下さった。

医院の玄関前の屋外で検査を受け、15分程待っていると「診察室にお入りください」と呼ばれた。結果はインフルエンザもCOVIDも異常なしでした。
念のため尿検査もして下さり、尿検査も大きな異常なし。
熱の原因は風邪でしょう、との診断になり、解熱剤が処方されました。

2020年11月以降、コロナ・ウィルスが急激に再拡大しており、医療機関では熱のある患者の受け入れには慎重になっているようです。今回の僕のように、土曜の昼頃に「熱が38.3度あるんですが診ていただけますか?」と問い合わせても、断られて当然なのかもしれません。でも、今回問い合わせた各医院によって対応が異なるように、こんな状況でどんな対応をして下さったか?にその医療機関の本質が反映されているようにも思います。

1)  検査キットの在庫がない旨、院長先生本人が電話を下さった。
2)  これから来院すると時間外なので診れません。医師会に問い合わせてみてはいかがでしょう?(でも教えて下さった電話番号は使われておらず)
3) 本日、当院が当番医ですが、インフルエンザの検査等はお受けできません。
4)  38.3度の熱のある突然の新規患者を受け入れて下さった

どの医療機関もそれなりの事情があり、診療科目、状況や症状による優先順位等の方針もあると思います。
診て下さった小児科医院の先生と職員さんに感謝します。

|

« Diary November 20th 2020 - my first Zoom exprience | Main | Diary November 22nd 2020 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Diary November 20th 2020 - my first Zoom exprience | Main | Diary November 22nd 2020 »