« October 2020 | Main | December 2020 »

11/30/2020

Diary 30th 2020

Today is the last day of November, it means the rest of 2020 is only 31 days. I would like to spend every single day meaningfully.
Have a great December everyone !

| | Comments (0)

11/27/2020

Diary November 27th 2020

You shouldn't satisfy with a language level saying that " oh your English is good as an Asian or as a Japanese ". You need to go beyond that level. Of couse it will take some time to reach that level, but that is my next destination.

「あなたは日本人としては英語が上手ですね」というレベルで満足してはいけない。そのレベルを超えて行くのが僕自身の次の目標です。

| | Comments (0)

11/26/2020

Thanksgiving message 2020 from ACSM

Thanksgiving message from the American College of Sports Medicine.

https://www.youtube.com/watch?v=hswncfgW4wY&feature=youtu.be

Acsm-thanksgiving-2020

| | Comments (0)

Diary November 26th 2020

Expressions and words I want to use in my everyday conversation.

preference
disparity
facet
unlock the door
resonate with / resonance
puisuit of excellence
tier
satiate
pillar
insane / insanity
striving for
struggle with
comaradery
perseverance, patience
tenacity / tenacious / tenacious efforts / tenacious pursuit
 
additional post - I came across this footage today.
本日のおまけ オーバー・ザ・レインボウ
https://www.youtube.com/watch?v=hVDzDk-l-pU

| | Comments (0)

11/22/2020

レイア・サロンガ ドキュメンタリー

The following is a link to a docummentary of musical singer from the Phillipines Ms. Lea Salonga. Her voice and songs are captivating and beautiful, besides, her English can be a good role model for learning the language as well. This TV show is empowering midst of the COVID 19 pandemic.

https://www.youtube.com/watch?v=UKdDpZz1oJM

ミュージカル「ミス・サイゴン」やディズニーアニメ「アラジン」のジャスミン姫の歌声で有名なミュージカル歌手 レイア・サロンガさんのドキュメンタリー番組です。非常に惹きつけられる内容ですし、レイアさんの英語の発音がとてもきれいで英語のリスニング教材としても有用なビデオだと思います。

| | Comments (0)

Diary November 22nd 2020

Although this might be an assumption and a kind of biased view about myself, the English I speak may be a little bit female-ish or girly.
The reason is ... I've been practicing English online for ten years now, and most of the online tutors were (and are) female tutors.
I only talked with two male tutors in my online language practice history. One was a guy interested in MMA, and the other was a guy interested in bodybuilding. The both men were nice persons, but the practice with them didn't last so long. All of the other tutors in my practice history are women. The reason is quite simple, because I'm a man, I'm unconsciously looking for sweetness of women, I guess.
But seeing from the other side, it means practice listening to English of men lack in my language training, and as I wrote in the beginning, there is a small possibility that my speaking is influenced by female talks. Thus, I'll need a practice listening to male speaking as well in the future.

これは単なる思い込みかもしれませんが、僕の英語の話し方は、ほんの少しだけ女性っぽいところがあるかもしれないな、と思ったりします。なぜ、そのような心配をするかというと、オンラインで英語の練習を始めてから10年位になりますが、練習相手をして下さる先生方は、この10年でほとんど全てが女性の先生だからです。

男性講師と練習したのは10年間で2名だったと記憶しています。ひとりは総合格闘技が好きな講師で、もうひとりはジム通いが趣味の講師。どちらの講師も良い人で楽しく練習させていただきましたが、あまり長期間は続きませんでした。ジョルジュ・サン・ピエールの話題とか筋トレの話ばかりだと、やっぱり色気に欠けるというか(笑)
自分は男なので、無意識に女性の練習相手に安らぎや癒しを求めているのだと思います。

僕自身が講師として語学関連の仕事をさせていただく時は、相手の性別や年齢等に関係なく、その時その時で最善を目指すように心がけていますが、自分がレッスンを受ける時は、自分好みの女性講師でないと英語を練習するモチベーションが上がりません(笑)

が、いつも女性の先生と英語を練習している、ということは以下の2点に検討の余地ありかもしれません。
1)  男性の話す英語を聴く練習をあまりしていない。
2)  自分の話し方が女性の喋り方に影響を受けている可能性あり。

日本語では男の喋り方と女の喋り方はかなり異なりますよね。男なら自分の事を「俺」「僕」と言うし、女なら「わたし」「あたし」と言うし、語尾も男なら「だぜ」、女なら「なのよ、そうね」など。英語では性別によって言葉の用法にそこまで大きな違いはありませんが、やはり、男性の話す英語と女性の話す英語は雰囲気が異なります。言葉の用法上の違いというよりも、男女の声の出し方の違いなどに起因するものかもしれませんが。

かといって、オンラインでの練習を男性の講師中心に切り替えるつもりは今後もありませんが(笑)男性の話す英語も聴く練習は必要かなあ、と感じています。

余談になりますが、萩本欽一さんが、語尾をあえて「そうなのよ、かしら」など女性口調で話すことで柔らかな印象を与え、子供からお年寄りまで幅広い年齢層から人気を博したように、英語、日本語に限らず、あまり男っぽい喋り方よりも、少し優しい口調の方が人当たりは良いのかもしれませんね。

| | Comments (0)

11/21/2020

Diary November 21st 2020

I have a fever of 38 degree Celsius for these two days, and I visited a neaby hospital today. The physician said " according to your symptoms, there is a possibility of flu, however unfortunately exam kit for flu is out of stock now, so, please visit another hispital to get the flu test "

It was 20 minutes before noon, reception hours on Saturdays are until noon or 12:30 in many hospitals in Japan. So, I made a phone call to another internal medicine clinic I visited 6 years ago or so, but they didn't accept my request. After that, I rushed to another hospital in my area and conveyed my situation over the phone, but this clinic also didn't accept my request. THe time was alread past noon at that time, I became desparate and drived that area a while to search for available hospital, and luckly I found a pediatric and internal medicine clinic nearby, and I parked my car at that clinic and conveyed my situation and symptoms at the reception, fortunately this clinic kindly accepted my visit and a female physician came out of the room and asked my symptoms.

She conducted a test for flu and a test for COVID 19 anti-body. After waiting for 15 minutes outside the clinic, my name was called again, fortunately the results for the two tests were negative. and also the female physician conducted a urine test as well, and there was no problem in the urine test too. So, the diagnosis by the physician is a common cold.

Clinics that refused my request, and the clinic that accepted my visit. I saw a true nature of medical institutions through this episode. I wanna thank the physician and staff members of the pediatric and internal medicine clinic for their ind work.

2日程前から37.5~38度前後の発熱。本日(土曜日)昼前に38.3度まで熱が上がってきたので近所の内科へ行って症状を伝えると「高熱のある患者さんは他の患者さんと別の時間帯に診察させていただきたいです。本日お待ちの患者さんの診察が終了するのが12:30頃になるので、12:45にまた来ていただけますか?」とのこと。いったん自宅に戻ると、その医院の先生から電話があり「高熱があって節々が痛むという症状からインフルエンザの可能性が疑われますが、あいにく、インフルエンザの検査キットが在庫切れで、本日は検査ができませんので他の病院で診てもらって下さい」

時間は既に昼11時40分頃で、多くの病院は土曜日は12時か12時30分までの受付なので、数年前に行ったことのある内科に電話して状況を伝えてみたが「これからお見えになると受付時間を過ぎてしまうので、他を当たって下さい」とのこと。市の医師会の電話番号を教えて下さったので、早速医師会に電話してみると「おかけになった番号はただいま使われておりません」

もう時間は昼12時を少し過ぎていて、38度を超える熱があり、明日は日曜日、明後日は祝日(勤労感謝の日) ますます気持ちが焦る。土曜日にやっている当番医に電話して状況を伝えると「当院ではインフルエンザの検査はしません」とのこと。

あきらめ半分に車を運転していると、「土曜日 受付13:00まで」と書いてある小児科&内科を見つけた。もうここに賭けるしかない、との思いで受付に状況を伝えると、快く対応して下さり、診察室から女医さんが出ていらした。
「38度以上の熱が続いているということは、インフルエンザとコロナ・ウィルス、両方の可能性が疑われますが、コロナのPCR検査をするには保健所などに申請する必要があるし、ここ数週間の間に県外や海外などへの渡航歴がない場合、PCR検査をしてもらえるかわかりません。コロナの抗原検査なら当院で可能なので、抗原検査とインフルエンザの検査をしましょう」と言って下さった。

医院の玄関前の屋外で検査を受け、15分程待っていると「診察室にお入りください」と呼ばれた。結果はインフルエンザもCOVIDも異常なしでした。
念のため尿検査もして下さり、尿検査も大きな異常なし。
熱の原因は風邪でしょう、との診断になり、解熱剤が処方されました。

2020年11月以降、コロナ・ウィルスが急激に再拡大しており、医療機関では熱のある患者の受け入れには慎重になっているようです。今回の僕のように、土曜の昼頃に「熱が38.3度あるんですが診ていただけますか?」と問い合わせても、断られて当然なのかもしれません。でも、今回問い合わせた各医院によって対応が異なるように、こんな状況でどんな対応をして下さったか?にその医療機関の本質が反映されているようにも思います。

1)  検査キットの在庫がない旨、院長先生本人が電話を下さった。
2)  これから来院すると時間外なので診れません。医師会に問い合わせてみてはいかがでしょう?(でも教えて下さった電話番号は使われておらず)
3) 本日、当院が当番医ですが、インフルエンザの検査等はお受けできません。
4)  38.3度の熱のある突然の新規患者を受け入れて下さった

どの医療機関もそれなりの事情があり、診療科目、状況や症状による優先順位等の方針もあると思います。
診て下さった小児科医院の先生と職員さんに感謝します。

| | Comments (0)

11/20/2020

Diary November 20th 2020 - my first Zoom exprience

Today, I participated in ACSM virtual town hall meeting 2020, and I used Zoom for the first time.
Although I haven't tried many of its functions yet, as for video definition and sund quality, I prefer Skype to Zoom.
It was a good opportunity to experience a virtual meeting on Zoom.

本日は、ACSMのタウンホールミーティングにZoomにて参加。2020年度の会計報告や2021年に向けた展望などを役員が話すといった会議です。Zoomをパソコンにインストールしたのは数ヶ月前なんですが、これまで使う機会がなくて、本日、初めてZoomでのミーティングを体験しました。役員の報告を聞いていただけで、こちらからは何も発言しなかったので、Zoomの機能の多くはまだよくわかりませんが、とりあえず、Zoomを試す機会があって良かったです。個人的な感想を言えば、画質や音声などは、オンライン英会話で使い慣れたスカイプの方が良いような気がしました。
Acsm-town-hall-meeting

| | Comments (0)

11/17/2020

ACSM virtual seminar in December 2020

An information about online seminar by ACSM.
" Cutting edge thoughts on COVID 19 in sports medicine and athlete care "

https://www.acsm.org/attend-connect/events-and-conferences/advanced-team-physician-course

ACSM オンラインセミナーのお知らせ
「コロナ・ウィルス ~ スポーツ医学とアスリートのケアに関する最新の考察」

対象者 : 運動選手の健康管理に関わる職業の方々

| | Comments (0)

11/14/2020

Diary November 14th 2020

Good morning guys.
It is 6:30 in the morning, and I hope it will be a good day for you all.
Although it is getting colder day by day, be positive and stay safe !

| | Comments (0)

11/12/2020

Diary November 12th 2020

In today's online English practice, I noticed an importance of paying attention to where you want to emphasize and where it is not so important in the context. By doing so, excessive stress on the tongue and muscles around the throat will be reduced. I sometimes experience inflamations on the side of tongue in the process of English practice, probably the cause of the inflamation would be tightened muscles around the throat and mouth when you speak the foreign language. That says relaxation and accent are important in speaking. 

| | Comments (0)

11/09/2020

New educational requirement for ACSM-EP and CEP from 2027

Education requirement for ACSM Exercise Physiologist exam and ACSM Clinical Exercise Physiologist exam will change from August 2027. The amendment says more strict educational requirement is necessary to sit for the those two exams for further development of the fitness industry and exercise professionals.

https://www.acsm.org/all-blog-posts/certification-blog/acsm-certified-blog/2020/11/04/caahep-coaes-accreditation-requirement-acsm-ep-acsm-cep-certification?utm_source=Informz&utm_medium=Email&utm_campaign=Summit%20Registration&_zs=fdU5W&_zl=K1kJ2

ACSM エクササイズ・フィジオロジストおよびクリニカルエクササイズ・フィジオロジスト試験を受験するための受験資格が2027年8月より変更されます。
現在の受験資格ではエクササイズ・サイエンス関連の学士号またはそれ以上を持っていればよく、どこの大学のカリキュラムか?は問われません(クリニカルエクササイズ・フィジオロジストでは学位に加えて実務経験も必要)

健康科学分野の大学および院のカリキュラム内容等の学校間のバラつきをなるべく少なくし、一定基準を設けようとする動きがあり、CAAHEPという団体がコミッション的な役割をしています。
https://www.caahep.org/

2027年8月以降は、ACSMの上記2資格を受験するためには、CAAHEPが認可した大学または院のエクササイズ・サイエンスコースを卒業していることが必要になります。CAAHEPの認可を受けている学校はまだあまり多くないですが、エクササイズ・サイエンス関連のプログラムを持つ学校は、このACSMの要件に合致するように、2027年までに認可を申請する学校が増えるものと思われます。

| | Comments (0)

11/07/2020

Diary November 7th 2020

A knowledge in the following area is also necessary for fitness professionals.

Conflict resolution in the gym, and in the studio.
In other words, how an instructor handles and solves a trouble among gym members peacefully.  

| | Comments (0)

11/05/2020

Diary November 5th 2020

I got a flu vaccine at a nearby hospital today, and the physician in that clinic said an interesting thing. He said " Although this is my personal opinion, I don't think flu gets prevalent in this winter season because everyone wears a facemask due to COVID 19 "

Like this, this physician always says interesting things, and I go to his clinic for flue shot every year because of his sense of humor and personality.  

本日は近所の医院でインフルエンザの予防接種をしたのですが、その病院の先生は中々興味深いことをおっしゃっていました。「これは私の個人的な意見なんだけど、今シーズンはインフルエンザはそれほど流行しないと思うよ。だってみんなマスクしてるんだから」

この先生、こんな感じでいつも面白いことをおっしゃいます。この先生のユーモアと人柄でインフルエンザの予防接種、毎年この医院にお願いしています。

| | Comments (0)

11/02/2020

The 2:1 rule in wellness coaching

In wellness coaching, an ideal ratio between coache's listening and speaking should be around 2:1, which means health & wellness coaching is a mindful listening based approach to elicit your client's/patient's motivation and positive attitude toward his/her desired change.

| | Comments (0)

11/01/2020

Diary November 1st 2020

Sometimes, foreigh people come to the city fitness center I'm working for currently. Today, I talked with two women - probably from the Phillipines. One of the women told me " Your English is good, and I like your accent "
I wasn't so conscious about my English accent until now. But the words from the Phillipino woman became a good encouragement for my further practice.

静岡市に隣接する市のスポーツセンターのトレーニング室で数ヶ月前より働かせていただいていますが、時々、外国人の方もトレーニングにいらっしゃいます。本日は、おそらくフィリピン出身だと思われる女性2名と話をする機会がありました。日本での生活が長いようで日本語がとても上手ですが、ジム利用に際してのコロナに関する注意事項など、細かい点は英語で説明しました。

すると、Your English is good ! という反応でした。
また、I like your accent とも言っていただきました。

このアクセントの意味は、英語を喋る際の強弱やリズムという意味かな?と勝手に解釈しています。「あなたの英語には典型的な日本式英語の発音や訛りがあって気に入ったわ」と皮肉で言っているのではないと思いたいです。

僕はオンラインでフィリピンの先生達と何年も練習していたので、もしかしたらフィリピンの先生達との会話で身に着いたアクセントが、フィリピン出身のお姉様2名に心地よく感じられたのかな?とも推測しているのですが ...

自分の英語のアクセントがどんな感じなのか?を意識したことはあまりないですが、あえて言えば、僕の英語は「日本式英語の癖や発音が混じった米国風アクセント、それに加えて、フィリピン英語の影響が少し入っている可能性少々」といった感じかな?と自分なりに推測しています。何にせよ、アクセントについてあらためて意識する良い機会になりました。

| | Comments (0)

« October 2020 | Main | December 2020 »