« October 6th 2020 - Keep on learning | Main | Diary October 8th 2020 ‐ necessity to improve my pronunciation »

10/07/2020

October 7th 2020 - Beginning of my coaching psychology journey

Today, I'll look back a reason why I decided to learn psychological aspect of health & fitness at a graduate school.

When I was 41 years old, I passed the EIKEN 1st grade exam, which is one of the most sought after milestone tests among English learners in Japan. And the next year, I passed the Tour Guide & Translator (Eng-Jp) certification exam. So, my next goal was to brush up my English laguage skills and increase my knowledge in health & fitness field at a graduate school in the USA.

A problem was ... what kind of aspect of fitness you should learn ?
At that time, I already had more than 20 years of work experience in the health & fitness field, such as instructor at a fitness club, strength & conditioning coach for high school and collegiate athletes, and exercise instruction and related lectures at regional public health centers. Besides, I was participating in bodybuilding competitions in my late 20's to early 40's. What I mean by that is I had a lot of knowledge and experience in technical aspect in fitness instruction, such as exercise techniques, training principles, nutritional tips, and so on.

Then, what was lacking in my knowledge and experience ?
Although this is not limited to the fitness field, quite a few people discontinue their new behaviors in a short period of time when they started something new, e.g., improvement in everyday diet,  workout in the gym. and I saw the same pattern in my exercise class participants as well. Thus, what I wanted to know was how well the instructor motivates class participants for long term adherance to their desired changes. And I noticed that kind of knowledge in motivational support was lacking in me. And fortunately, I found a graduate school that has an exercise science program focused on sport psychology, and what made the matter more convenient was that school was delivering many programs online as well. Therefore, I made up my mind to study psychological aspect in health related behabior change.  This was the start of my journey in sport psychology and wellness coaching.

ちょっと昔話になりますが、なぜ、スポーツ心理学や健康関連の行動変容を専攻することにしたのか?について書きたいと思います。

フィットネスの仕事やトレーニングと同じくらい英語の習得に力を入れていた僕は41歳の時に念願の英検1級に合格しました。その翌年、通訳案内士資格も取得し、次の目標は「フィットネスに関する勉強をアメリカの大学院で英語オンリーの環境でしてみたい」ということでした。問題は、フィットネスのどんな側面について学ぶか?ということでした。

その時点で、僕はトレーニングの指導員として20年位の経験がありました。フィットネスクラブのインストラクター勤務をしたり、高校や大学の野球部のストレングス・コーチをしたり、市の保健センター等で実施しているメタボ改善講座の講師を務めさせていただいたり。ボディビル・コンテストにも出場していました。なので、フィットネスの技術的な側面、例えば、ウェイト・トレーニングやストレッチング等のやり方や指導法、栄養に関する知識や講義など、そういった実技面に関しては比較的知識と経験がありました。

では、自分に欠けているものは何か?
これは、カラダを鍛えることに限りませんが、何か新しいことを始めると、多くの人は3日坊主で終わってしまい、長期間続けられる人というのは、それほど多くありません。ダイエットを始めても、ジムに通い始めても、あるいは英会話など何か習い事を始めても、数ヶ月以内に止めてしまう人が多いですよね。
ジムや体操教室などに参加される皆さんが、いかに長期間に渡り動機とやる気を保つか?といった心理面でのサポートに関する知識と経験が僕自身には不足しているなあ、と感じていました。

エクササイズ・サイエンス全般について学びつつ、そういった心理面に重点を置いたコースも設けている学校が米国にあることを知り、更には、働きながら学べるようにオンラインでのプログラムを提供しているので、その学校で勉強することを選びました。

|

« October 6th 2020 - Keep on learning | Main | Diary October 8th 2020 ‐ necessity to improve my pronunciation »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« October 6th 2020 - Keep on learning | Main | Diary October 8th 2020 ‐ necessity to improve my pronunciation »