« Diary September 1st 2020 - Buying a PC printer is competitive now | Main | Diary September 5th 2020 »

09/02/2020

Diary September 2nd 2020 - A sense of guilty

Today, I made a big mistake - I unknowingly drove over a kitten.
One of stray cats in my neighborhood gave birth to kitten a few months ago, and these kittens are often taking a nap under my car in the garage during the hot summer. Usually I check under my car before coming out of the garage, but today, I didn't check under my car, because it started raining right before going out and I was in a hurry. And when I noticed I saw a scenery a kitten agonizingin pain in the side mirror of my car. It seemed that the kitten was sleeping under my car when I coming out of the garage. So, I took the kitten an animal sheltor in my city, but when I arrived the sheltor, the kitten was not breathing any more. Like this, I claimed a precious life of the two months old kitten. I feel a sense of guilty and an apology to the kitten and its mom and family.

本日は大失敗 ー クルマで猫をひいてしまった。
近所の野良猫が2ヶ月程前に子猫を産んだ。子猫達は夏の暑さをしのぐために時々僕のクルマの下で昼寝をしていたりする。なので、車庫から出る時はクルマの下に猫が寝ていないか?チェックするように心がけているのだが、本日は出かける前に雨が降ってきたため、自分自身、気分的に急いでいたのだろうか、クルマの下をチェックしなかった。

車庫から出た瞬間、サイドミラーの中に子猫がのたうち回っている光景を見た。その瞬間「ああ、猫を轢いてしまったんだ」とわかった。すぐに自宅前にクルマを停めて子猫の様子を見た。出血など外傷はないが、おそらく頭部など強打したのだろうか?もはや全身に力がなくグッタリしており、残念ながら助かる見込みがほとんどないであろうことは想像がついた。クルマで30分程の距離にある動物愛護センターに連れていくことにした。

動物愛護センターに到着し、職員さんに状況を伝えると「身体はまだ暖かいけれど、もう息をしていませんね」とのことだった。「丁寧に埋葬しますから」と言って子猫の遺体を引き取って下さった。

避けられない事故だったのかもしれないが、生後2ヵ月程度の子猫の命を奪ってしまったのは事実。亡くなった子猫に申し訳ないことをしたし、子猫の母猫、父猫、兄弟達にも申し訳ない気持ちです。クルマに乗る前に車体の下に猫がいないか?チェックしていれば子猫の命が犠牲にならずに済んだのかもしれない。
罪の意識と後悔の念、そして子猫が苦痛でのたうちまわっている光景がなかなか頭から離れません ... 猫さん、本当にごめんなさい。

|

« Diary September 1st 2020 - Buying a PC printer is competitive now | Main | Diary September 5th 2020 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Diary September 1st 2020 - Buying a PC printer is competitive now | Main | Diary September 5th 2020 »