« COVID 19 and safe return to training | Main | CalU of PA and Clarion combine their strengths »

07/17/2020

Diary July 17th 2020

I started online English practice in 2008, and 12 years have passed since then. Two years or so out of the 12 years as an inconsistent practice or hiatus period, thus, my actual career in the online language practice is around 10 years.

Online English practice is very convenient, you can talk with tutors in various countries through the internet without traveling to his/her country. However, what I feel recently is ... in order to increase my language skills further, you will need to go beyond the framework of the commercialized service. I mean, in the online English practice, your tutor is a service provider, and you are a client(a student of the tutor). This relationship is different from human relations in real life, such as mutual friends relations, or couple relations ... etc.  I'll continue my online English practice in the future as well, at the same time, I'll need to go over the framework of paid-service providing relations.

オンライン英会話を始めたのは2008年頃だったと記憶している。2020年の今年で12年が経過する。そのうち2年間くらいは、やったりやらなかったりだったので、実質的には、10年間位オンラインで英語を練習していることになる。

オンライン英会話は非常に便利である、自宅に居ながら世界各国の講師と話が出来る。が、最近感じることは、ここから更に英語力を高めるためには、何かプラスアルファが必要だな、と思う。オンライン英会話は、講師にとって生徒はあくまでお客さんである。親友同士や恋人同士のような関係ではない。講師によっては、自分自身の身の上話などをするのが好きな人もいるが、基本的には、あくまで仕事上の表面的な関係に過ぎない。仲良くなった講師とメールアドレスを教え合ったりしたこともあったが、日本とヨーロッパと距離が遠いためか、それ以上に関係が発展しない。

オンラインの練習を続けながらも、何らかの形で「講師とお客」の枠組みを良い意味で越えていければ良いのだけれど ...

|

« COVID 19 and safe return to training | Main | CalU of PA and Clarion combine their strengths »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« COVID 19 and safe return to training | Main | CalU of PA and Clarion combine their strengths »