« Diary May 7th 2020 - ジャッキー・イヴァンコ | Main | 「あくを取る」英語で »

05/08/2020

Diary May 8th 2020 - Talked with a person with JLPT N1

I had an opportunity to talk online with a foreign resident in Japan who are learning Japanese language.  He said that he has the N1 grade of Japanese Language Proficiency Test (N1 means the highest level in that exam).  This was the first time for me to talk with a person with the N1.  He was very polite, eager and humble in learning. And I got a good stimuli from him. I would like to emulate his enthusiastic and humble attitude in learning and communication.

本日はオンラインで日本在住の外国人(中国出身の方)と日本語の勉強について話をする機会がありました。なんと、その方、日本語検定の1級(いわゆる JLPTのN1)とのこと。日本語検定1級の外国人と話をしたのは初めてですが、驚くほど日本語がしっかりしてます。文法的に正しくて、お行儀の良い日本語と言うか ...  きちんとした新聞記事を読んでいるような感じの日本語です。

御本人もそれを認識していて「自分は日本の新聞記事を読んだりテレビのニュースを見たりして日本語を学んだので、良くも悪くも、自分の日本語は、お堅い感じがするので、礼儀正しさを保ちつつも、もう少しカジュアルな表現を身に着けたい。何か良いアドバイスはありませんか?」とのことでした。

日本のテレビドラマや映画などは見ますか?と聞いたところ、新聞やニュースばかりで娯楽物はあまり見ないとの返事でした。きっと凄く勉強熱心で真面目な方なのだと思います。「サザエさんというファミリードラマのアニメがあるので、それを見たらどうでしょう?」とアドバイスしてみました。サザエさんは子供からお年寄りまで色々な世代の登場人物がいるし、あまり下品なエピソードはないので、日本語の勉強教材としていいかな?と思いまして。

この方のように、日本語検定1級の外人さんが更に日本語を上達させて日本語ネイティブに近づくため、お勧めできる勉強法って何でしょうね?

|

« Diary May 7th 2020 - ジャッキー・イヴァンコ | Main | 「あくを取る」英語で »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Diary May 7th 2020 - ジャッキー・イヴァンコ | Main | 「あくを取る」英語で »