« Maintaining physical actvity in the midst of corona virus | Main | カナダのフィットネス団体 canfitpro »

03/19/2020

コロナの影響で全米の大学の多くがオンライン授業で実施

The spread of corona virus is affecting higher institutions as well, many of major US universities are closing their on campus programs and transitioning to remote teaching or online programs until the corona virus situation improves. My alma matar is also not an exception. The problem is ... whether students who got familiar with online delivery style through this opportunity can go back to conventional on campus style classrooms after the corona virus died down. I think transition to online program would be further enhanced at academic settings through this opportunity except for lab works or internship programs and so on that require face-to-face delivery.

https://www.foxnews.com/us/coronavirus-washington-university-stanford-close-online-classes

米国でコロナウイルスが急速に拡がり、大学教育にも影響が出ているようです。コロナウィルスの状況が落ち着くまで全米の主要な大学の多くはキャンパスでの授業を全て中止し、オンラインで授業を行うことに切り替えていくようです。
僕の母校も同様の動きです。

これまでオンラインプログラムに力を入れてきた学校は授業をオンラインで配信するノウハウが確立していますが、オンラインのプログラムをあまり重視していなかった学校は、数週間でカリキュラムの全てをオンライン化するのは厳しいでしょう。

それと、問題は、これまで学校に通って受けていた授業の多くが実はオンラインでも履修が可能だ、ということに学生が慣れてしまうと、コロナウィルスが沈静化してから、元のキャンパス型授業に戻そうとしても、オンラインの方を好む学生が増え、大学のキャンパスが過疎化する可能性があるということ。オンラインの方が学校まで往復する時間と交通費の節約になりますから。

医学系や薬学系・看護系、工学系、理工系、環境学、地質学、動物学、生命科学系など、実習や実験、インターンシップ、フィールドワークなどが多い分野はオンラインだけでは履修が難しい部分があるでしょうが、講義やコースワークが主体の分野では、この機会に大学教育のオンライン化が更に進んで行くように思います。

関連記事 http://walkon.cocolog-shizuoka.com/fitness/2020/04/post-a19f80.html

|

« Maintaining physical actvity in the midst of corona virus | Main | カナダのフィットネス団体 canfitpro »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Maintaining physical actvity in the midst of corona virus | Main | カナダのフィットネス団体 canfitpro »