« Adaptation to a changing situation - June 12th 2019 | Main | Guided meditation - June 17th 2019 »

06/15/2019

マサ斎藤さんの英語が上手い件 June 15th 2019 

THis is a botched interview video of a legendary professional wrestler in Japan, Mr. Masa Saito, who passed away in 2018. Please look at this video from the lap time 1:30, his English is very good as an asian, plus, his smile and sense of humor shows how a nice person he was. He tried to break a board with his head, but the timing was not good in the first attempt, and his reaction was nice, " oh, this board is tough like a Japanese wrestler, Saito is No.1, and I'll break the board in the next attempt ! "   the result is ...   

https://www.youtube.com/watch?v=sT90Qu6HMZ4

ユーチューブでプロレスのビデオを見ていたら、昨年、他界された伝説的プロレスラー・マサ斎藤さんの入場シーンがあったんですよ。リングに上がる時に斎藤さん、自分自身に何かを語りかけて精神集中しているのですが、くちびるの動きから、おそらく、日本語ではなく、英語で何か言っているように見えました。

で、ふと思ったのが「マサ斎藤さんはアメリカのリングで長年活躍していたそうなので、もしかしたら、英語がかなり上手いのではないか? 普段は英語でものを考えているような人だったのでは?」ということ。

検索したら、斎藤さんの英語インタビューがありました。
上記リンクビデオを1分30秒あたりから御覧ください。
アメリカでフリーランスのプロレスラーとして生計を立てていたということは、自分の売り込みから契約交渉、練習、打ち合わせなど全て英語で生活していたはずで、やはり、それにふさわしい英語力をされています。それと、このビデオを見ると、律儀でユーモアのある性格の人だったのだろうと思います。

プロレス試合のプロモ―ション・インタビューみたいな映像なので、いかにもプロレスラーっぽい荒々しく大きな声で喋っていますが、自分の出演シーンの最初に、きちんと律儀におじぎをするし、タッグパートナーのジェシー・ベンチュラさんに着物をプレゼントし、ベンチュラさんが着物を羽織った後で、襟元の乱れを直してあげたり。

さらに、自分たちの力をデモンストレーションするため、板を頭で割ろうとするのですが、1回目はタイミングがあわず板は割れず、アドリブで発したセリフが " Oh, just like a Japanese wresler, it's tough !  Mr. Saito is No.1. Broken in the next one ! "(おー、この板は日本人レスラーみたいにタフだな。斎藤はナンバーワンだ! 次は割れちゃうぜ!)と2回目に挑戦しますが、インタビュー収録中のスタジオが爆笑する結果に ...

|

« Adaptation to a changing situation - June 12th 2019 | Main | Guided meditation - June 17th 2019 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Adaptation to a changing situation - June 12th 2019 | Main | Guided meditation - June 17th 2019 »