« June 2nd 2019 - peacefulness of mind | Main | Rehearsal for the future - June 7th 2019 »

06/05/2019

Diary June 5th 2019

If you are living and working in an environment of a foreign language to you, one of the most challenging moment would be how to deal with and solve an unexpected trouble, trivial misunderstanding and so on. And these situations can sometimes become mind boggling temporarily ... however, they can become an important opportunity to think about one's way of thinking, attitude, pre-conception, and the importance of peaceful conflict resolution. As long as you live in a multicultural environment, that kind of situation and life lesson is more or less inevitable, I think.

外国語を使う環境にいると、多かれ少なかれ、ちょっとした誤解などが生じることがあります。お互いに悪気はなくて、よかれと思っての行動でも、色々な要因が重なって思わぬすれ違いになったりすることもあり得ます。最近、そんなちょっとしたすれ違いが多くて、精神的には少し疲れたりもしますが、文化や言語の異なる人達と仕事したり、勉強したりする場合、やむをえないというか避けられないことでもあると思います。でも、誤解をなるべく平和に解決しようと一生懸命になっている時が、一番無意識に外国語を使っている瞬間でもあるような気がします。

When some misunderstanding or conflict arises between you and your friend/client/co-worker, an iportant point would be to calm down and thinking that situation from that partner's shoes, however, I tend to forget this point sometimes, I mean, I get excited easily, or short tempered person. Mental maturity is necessary for me.

誤解やトラブルが生じたときに大切なことは、感情的にならず、落ち着いて、相手の立場でも状況を考えることだと思いますが、僕のダメなところは、すぐにエキサイトしてしまうところだと思います。僕は負けず嫌いで勝気なところが自分の長所でもあり、逆から見れば、場合によっては、相手の立場でも状況を考える思いやり的な配慮が欠けてしまう事があるのが短所でもあると思います。

以前見た大山倍達氏の講話ビデオで「闘うところに男のロマンがあるんだよ! そのくらいの覇気がなくてどうする?」と言っていました。男というのは、何歳になっても良い意味で、やんちゃぼうず的な心意気が必要だと思うのですが、それは、時には、相手をいたわる優しさでもあるべきなのでしょうね、つまり、強くて優しい男にならなくては、と思うのですが、まだまだどちらも欠けているのが現状です。

|

« June 2nd 2019 - peacefulness of mind | Main | Rehearsal for the future - June 7th 2019 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« June 2nd 2019 - peacefulness of mind | Main | Rehearsal for the future - June 7th 2019 »