« Diary June 5th 2019 | Main | Diary June 8th 2019 »

06/07/2019

Rehearsal for the future - June 7th 2019

Currently I'm working in a very complicated and exciting environment, that is tutoring Japanese language to three German people living in Japan, besides, an agent company for this job is a one in the USA, the service is taking place in Shizuoka Japan, that said work cultures in the three countries Germany, USA, and Japan are assiciated each other in this project.

Of course, all the people in this project - clients from Germany, management staff from USA, and staff in Japan - are very nice person and tackling this job seriousy with good will. However, a slight difference in work culture, difference in way of thinking and each person's personality and so on can sometimes lead to unexpeted trivial misunderstanding and entanglement of emotions.

Although it is not an easy job, however, I'm experiencing and learning something important in human relations and intercultural communication through this tough and precious opportunity. I would like to thank for all the parties involved.

2019年1月より、ドイツ企業の静岡支社の従業員の方3名に日本語をお教えさせていただいていますが、この仕事は、アメリカの翻訳&語学系の会社からインストラクターとして派遣されています。つまり、生徒さん(お客様)はドイツの方で、僕の雇用者はアメリカの会社、レッスンが実施されているのは日本(掛川)という3ヶ国の文化・習慣が入り混じった非常に複雑な環境でお仕事させていただいています。

もちろん、ドイツ側のお客様もアメリカ側のスタッフも全員良い人達ばかりです。しかし、ものの考え方や習慣等の微妙な違いなどが時々、思わぬすれ違いや誤解、感情のもつれ等につながることもあります。個人個人の性格の違いもあります。特に、ここ1ヵ月位、よかれと思ってやったことが、なぜか、ことごとく裏目に出る、というような状況が連発し、精神的に疲れてしまったというのが正直な今の状況です。でも、こちらがそう感じているということは、相手側も同じように、心を痛めたり悩んだりしていると思います。

長い目で見れば、人間関係において、あるいは国際交流や異文化交流においてとても大切な事を学ばせてもらっているのかなあ、と思います。
いつの日か、国籍不明の美女と一緒になることを考えるなら、異文化交流の狭間で神経すり減らす程度のことは、将来へのリハーサルなのかもしれません(笑)
そう思って頑張ります(笑)

P.S. セルビアからは、その後まだ連絡ありません ...

|

« Diary June 5th 2019 | Main | Diary June 8th 2019 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Diary June 5th 2019 | Main | Diary June 8th 2019 »