« May 2019 | Main | July 2019 »

06/29/2019

Diary June 29th 2019

I was off of active language practice for the past 4 to 5 days, because, I extremely exhausted mentally and physically. What i noticed in this hietas period was that linguistic distance bewteen English and Japanese is very distant, therefore if you are off of active practice even for a few days, it can lead to regression. Even a 5 to 10 munite practice will do, active practice would be by far effective than a long hours of passive practive. Writing, Reading, Listening, Speaking, all of the four skills are important and closely related each other.

| | Comments (0)

06/22/2019

Diary June 22nd 2019

What is necessary for me right now is ... patience, resilience, refreshment, and recuperation.

| | Comments (0)

06/17/2019

Guided meditation - June 17th 2019

I came across this 15 minute guided meditation video, which is very relaxing, tranquil, and beautiful in the scenery, music, the instructor's soothing voice. I would recommend this for those who are seeking emotional healing.

https://www.youtube.com/watch?v=e2_4xrVt4hs

とてもリラックスできるビデオを見つけました。メディテーション(瞑想)のビデオですが、景色、音楽、インストラクターの解説と声などに癒されます。

このビデオの女性はカナダのヨガ・インストラクターで、世界中の景色の良い場所でヨガや瞑想のビデオを撮影し、それをyoutubeで公開しているようです。

| | Comments (0)

06/15/2019

マサ斎藤さんの英語が上手い件 June 15th 2019 

THis is a botched interview video of a legendary professional wrestler in Japan, Mr. Masa Saito, who passed away in 2018. Please look at this video from the lap time 1:30, his English is very good as an asian, plus, his smile and sense of humor shows how a nice person he was. He tried to break a board with his head, but the timing was not good in the first attempt, and his reaction was nice, " oh, this board is tough like a Japanese wrestler, Saito is No.1, and I'll break the board in the next attempt ! "   the result is ...   

https://www.youtube.com/watch?v=sT90Qu6HMZ4

ユーチューブでプロレスのビデオを見ていたら、昨年、他界された伝説的プロレスラー・マサ斎藤さんの入場シーンがあったんですよ。リングに上がる時に斎藤さん、自分自身に何かを語りかけて精神集中しているのですが、くちびるの動きから、おそらく、日本語ではなく、英語で何か言っているように見えました。

で、ふと思ったのが「マサ斎藤さんはアメリカのリングで長年活躍していたそうなので、もしかしたら、英語がかなり上手いのではないか? 普段は英語でものを考えているような人だったのでは?」ということ。

検索したら、斎藤さんの英語インタビューがありました。
上記リンクビデオを1分30秒あたりから御覧ください。
アメリカでフリーランスのプロレスラーとして生計を立てていたということは、自分の売り込みから契約交渉、練習、打ち合わせなど全て英語で生活していたはずで、やはり、それにふさわしい英語力をされています。それと、このビデオを見ると、律儀でユーモアのある性格の人だったのだろうと思います。

プロレス試合のプロモ―ション・インタビューみたいな映像なので、いかにもプロレスラーっぽい荒々しく大きな声で喋っていますが、自分の出演シーンの最初に、きちんと律儀におじぎをするし、タッグパートナーのジェシー・ベンチュラさんに着物をプレゼントし、ベンチュラさんが着物を羽織った後で、襟元の乱れを直してあげたり。

さらに、自分たちの力をデモンストレーションするため、板を頭で割ろうとするのですが、1回目はタイミングがあわず板は割れず、アドリブで発したセリフが " Oh, just like a Japanese wresler, it's tough !  Mr. Saito is No.1. Broken in the next one ! "(おー、この板は日本人レスラーみたいにタフだな。斎藤はナンバーワンだ! 次は割れちゃうぜ!)と2回目に挑戦しますが、インタビュー収録中のスタジオが爆笑する結果に ...

| | Comments (0)

06/12/2019

Adaptation to a changing situation - June 12th 2019

One of meanings of the word & concept " Fitness " is " an adaptation to a new environment or a changing situation ", I think. Of course, my primary profession is to demonstrate, explain, and instruct fitness workout and related knowledge, at the same time, my another work is interpretation, translation, and language instruction. What I mean by that is ... my job title from a wider perspective is ... my profession should be an instructor & facilitator for supporting people adapt to a new environment or a changing situation. My second major is behavior modification psychology, aka wellness coaching, that is also a part of adaptation to a new environment.

That said to me Fitness Instructor = Adaptation Instructor. 

The instructor myself is wearing and tearing one's nerves in unexpected misunderstandings in human relations recently, however, this is also an important life lesson to learn how to adapt to a changing environment and unpredictable situations. 

「フィットネス」という言葉の意味のひとつは「新たな環境や変わりゆく状況に適応すること」であると思う。もちろん、僕の第一の役目はフィットネスのトレーニングを実演したり関連知識を説明したりすることですが、通訳の仕事をしたり、海外の方に日本語をお教えしたり、日本人向けの英語の家庭教師などもさせていただいている。外国語を学ぶのも、ある意味、「新しい環境・状況に適応すること」だと思う。

僕の専攻分野のひとつ・ウェルネス・コーチング(健康関連の行動変容心理学)も新たな環境に適応することである。つまり、僕の役目というのは、広い意味で言えば、「新たな環境や変わりゆく状況に適応することのインストラクター」だと思う。

僕自身が、ここ1ヵ月位、連日、予測していなかった誤解やすれ違いで神経をすり減らしてしまっているが、これも「変わりゆく状況や予測不能な状況に適応すること」を学んでいるのかなあ、と思う。

| | Comments (0)

06/08/2019

Diary June 8th 2019

Sometimes it feels like that the more you chase what you want, the more ir runs away, it goes away ...
Life is an irony, don't you think ? ...

追えば追うほど、逃げられてしまう時や状況ってありませんか?
猫を追いかけると逃げちゃうけど、しらんふりしてると、近づいて来たり ...

仕事でも人間関係でも、当事者の思いやタイミングが一致するのって、なかなか難しいですよね。

| | Comments (0)

06/07/2019

Rehearsal for the future - June 7th 2019

Currently I'm working in a very complicated and exciting environment, that is tutoring Japanese language to three German people living in Japan, besides, an agent company for this job is a one in the USA, the service is taking place in Shizuoka Japan, that said work cultures in the three countries Germany, USA, and Japan are assiciated each other in this project.

Of course, all the people in this project - clients from Germany, management staff from USA, and staff in Japan - are very nice person and tackling this job seriousy with good will. However, a slight difference in work culture, difference in way of thinking and each person's personality and so on can sometimes lead to unexpeted trivial misunderstanding and entanglement of emotions.

Although it is not an easy job, however, I'm experiencing and learning something important in human relations and intercultural communication through this tough and precious opportunity. I would like to thank for all the parties involved.

2019年1月より、ドイツ企業の静岡支社の従業員の方3名に日本語をお教えさせていただいていますが、この仕事は、アメリカの翻訳&語学系の会社からインストラクターとして派遣されています。つまり、生徒さん(お客様)はドイツの方で、僕の雇用者はアメリカの会社、レッスンが実施されているのは日本(掛川)という3ヶ国の文化・習慣が入り混じった非常に複雑な環境でお仕事させていただいています。

もちろん、ドイツ側のお客様もアメリカ側のスタッフも全員良い人達ばかりです。しかし、ものの考え方や習慣等の微妙な違いなどが時々、思わぬすれ違いや誤解、感情のもつれ等につながることもあります。個人個人の性格の違いもあります。特に、ここ1ヵ月位、よかれと思ってやったことが、なぜか、ことごとく裏目に出る、というような状況が連発し、精神的に疲れてしまったというのが正直な今の状況です。でも、こちらがそう感じているということは、相手側も同じように、心を痛めたり悩んだりしていると思います。

長い目で見れば、人間関係において、あるいは国際交流や異文化交流においてとても大切な事を学ばせてもらっているのかなあ、と思います。
いつの日か、国籍不明の美女と一緒になることを考えるなら、異文化交流の狭間で神経すり減らす程度のことは、将来へのリハーサルなのかもしれません(笑)
そう思って頑張ります(笑)

P.S. セルビアからは、その後まだ連絡ありません ...

| | Comments (0)

06/05/2019

Diary June 5th 2019

If you are living and working in an environment of a foreign language to you, one of the most challenging moment would be how to deal with and solve an unexpected trouble, trivial misunderstanding and so on. And these situations can sometimes become mind boggling temporarily ... however, they can become an important opportunity to think about one's way of thinking, attitude, pre-conception, and the importance of peaceful conflict resolution. As long as you live in a multicultural environment, that kind of situation and life lesson is more or less inevitable, I think.

外国語を使う環境にいると、多かれ少なかれ、ちょっとした誤解などが生じることがあります。お互いに悪気はなくて、よかれと思っての行動でも、色々な要因が重なって思わぬすれ違いになったりすることもあり得ます。最近、そんなちょっとしたすれ違いが多くて、精神的には少し疲れたりもしますが、文化や言語の異なる人達と仕事したり、勉強したりする場合、やむをえないというか避けられないことでもあると思います。でも、誤解をなるべく平和に解決しようと一生懸命になっている時が、一番無意識に外国語を使っている瞬間でもあるような気がします。

When some misunderstanding or conflict arises between you and your friend/client/co-worker, an iportant point would be to calm down and thinking that situation from that partner's shoes, however, I tend to forget this point sometimes, I mean, I get excited easily, or short tempered person. Mental maturity is necessary for me.

誤解やトラブルが生じたときに大切なことは、感情的にならず、落ち着いて、相手の立場でも状況を考えることだと思いますが、僕のダメなところは、すぐにエキサイトしてしまうところだと思います。僕は負けず嫌いで勝気なところが自分の長所でもあり、逆から見れば、場合によっては、相手の立場でも状況を考える思いやり的な配慮が欠けてしまう事があるのが短所でもあると思います。

以前見た大山倍達氏の講話ビデオで「闘うところに男のロマンがあるんだよ! そのくらいの覇気がなくてどうする?」と言っていました。男というのは、何歳になっても良い意味で、やんちゃぼうず的な心意気が必要だと思うのですが、それは、時には、相手をいたわる優しさでもあるべきなのでしょうね、つまり、強くて優しい男にならなくては、と思うのですが、まだまだどちらも欠けているのが現状です。

| | Comments (0)

06/02/2019

June 2nd 2019 - peacefulness of mind

What I should keep in mind always, beyond the framework of wellness coaching  - calmness, mindfulness, empathy, which is a respectful understanding of your talking partner's circumstance.

| | Comments (0)

« May 2019 | Main | July 2019 »