« ぴんから兄弟 = デ・バージ説 | Main | What is not being said - May 30th 2019 »

05/29/2019

Diary May 29th 2019 Japanese language and Enka

What I realized recently is ... melodies of Enka and Rokyoku are quite reasonable and suitable for Japanese language that is mainly focued sounds of vowels.

最近、気がついたのですが、演歌や浪曲のメロディーは、母音の音が大きな構成要素をしめる日本語には非常にマッチした旋律であるということ。
いわゆる"こぶしをまわす" (語尾の母音を伸ばす)のは、子音の後に母音が伴う日本語やハングル語には、ごく自然な歌唱表現であると思う。

|

« ぴんから兄弟 = デ・バージ説 | Main | What is not being said - May 30th 2019 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ぴんから兄弟 = デ・バージ説 | Main | What is not being said - May 30th 2019 »