« Diary April 13th 2019 | Main | Diary April 16th 2019 »

04/14/2019

Diary April 14th 2019 Resynthesis and consolidation of memory in language practice

I've experienced an interesting phenomenon many times so far in the process of my English language practice. That is ... your dominant lanuage can change from your mother tongue to English on the next morning after being exposed to a lot of English. For example, I took as many as 4 classes of online English training yesterday, however, I didn't feel some special change right after the classes, and I felt that my thought process and dominant language changed into English oriented this morning. What I mean by that is ... probably, a time for recovery would be necessary for memory consolidation fter an intense language training. So to speak, this process is similar to the super conpensation principle in fitness workout, that said a rest period such as sleep is necessary for protein synthesis and recovery of neural system and so on after an intense workout. In that sense, language practice and fitness workout are similar, I guess.

これまでに何度も経験していることですが、集中的かつ多量に英語をトレーニングすると、その翌朝になってから、頭が日本語思考から英語思考に切り替わってくるのを感じます。例えば、昨日はオンラインの英語レッスン・25分を4クラス受講しました(普段は1日1レッスンか、多くて1日2レッスン程度)。4レッスン、つまり合計で2時間近く英語を喋っていても、その日の夜は特に大きな変化は感じません。が、一晩寝て、翌日の朝になると、英語でものを考えていたり、場合によっては、その晩、夢の中で英語で喋っていたりします。

つまり、集中&多量のトレーニングをした後、その効果が発現するのには、ほんの少しだけ時間差が生じるような気がします。これは、僕の推測でしかありませんが、一晩寝ている間に、トレーニングで疲労した脳が回復して、記憶や思考が再生&統合されていくのでは?と思います。つまり、筋力トレーニングをして、睡眠と栄養を取ると、タンパク質が再合成される過程で筋肉が強化されていく過程と似ている気がします。

ただし、せっかく、頭が英語思考に切り替わっても、そういった環境を続けていないと、維持されません。日本のテレビ番組を見たり、日本語の本やネット記事を読んだり、と日本語中心の環境では、またすぐに日本語思考に戻ってしまいます。日本で生活しつつ英語を学ぶならば、いかに自分の生活から不必要な日本語を排除するか?くらいの意気込みが必要だなと感じています。

|

« Diary April 13th 2019 | Main | Diary April 16th 2019 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Diary April 13th 2019 | Main | Diary April 16th 2019 »