« Diary March 2nd 2019 | Main | Diary March 8th 2019 Never stop learning ! »

03/03/2019

Diary March 3rd 2019

Dscf3006

As I wrote before, my English training online in the past four months was mainly focused on role playing style practice of CNN talk show transcripts, however, I've got a bit tired of that kind of lesson recently, so I changed my focus on reading textbooks on strength & conditioning. What is required in reading these books is knowledge in physiology, anatomy, and so on. Plus, knowledge in physics is also preferable when reading about principles of lever system ... etc. It would be wonderful if I can find an online language instructor who is conversant with physics or mathematics. That kind of person are not so many in language instructors, it is like searching for a diamond in a desert, maybe.

ここ4カ月程、CNNトークショーのトランスクリプトを使用した英語練習をやってきたが、4ヶ月も続けると、少々飽きてきて、最近は、またフィットネス関連の本などを教材に使いたくなってきた。というわけで、数日前から、NSCAやACSMのテキストを読むのを講師につきあわせてます。英語が母国語でなく、フィットネス関連が専門でもないヨーロッパ人やフィリピン人の先生達に、自分の専門分野の教科書を読ませるのは、無理な要求だとはわかっていますが ...
迷惑な客だと思われてるかもしれません。

特に、バイオメカニクス関連の章は、てこの原理などの文章があるので、物理や数学に詳しい講師がいてくれたら理想なんだけどなあ、などと勝手に思ってます。オンライン英語講師の学生時代の専攻は、当然、英文科とか教育学部とかの人が多いです。経済学とか法律、観光学などの人もたまにいますが、物理専門の人とかはあまり見かけませんが、そんな先生いないかなあ?などと講師のプロフィールページを物色してます(笑)

専攻が電気工学という講師のプロフィールを見つけましたが、時差の関係で日本時間の深夜か早朝のレッスンになるのと、年齢が24歳と若いので、そんな若いお嬢さんに僕のようなオッサンが予約入れることに、ちょっとためらいを感じたりして、まだこの講師は予約してません。

今日は馴染みの美人先生に一緒にテキスト読んでもらいました。ヨーロッパ人は、ラテン語から派生した科学関連の専門用語を読むのは日本人よりは、はるかに上手で、本日のレッスンで、酵素の一種、クレアチンキナーゼ Creatine kinase の正しい読み方はクリアティン・カイネーゼだということが判明。

ちなみに、ミトコンドリアも、アメリカ人はマイトコンドリアと発音しますし、日本で出版されている教科書に表記されているこれらの物質の読み方は、あまりあてになりませんね。

|

« Diary March 2nd 2019 | Main | Diary March 8th 2019 Never stop learning ! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Diary March 2nd 2019 | Main | Diary March 8th 2019 Never stop learning ! »