« フィットネスインストラクター・パーソナルトレーナーのお仕事ください | Main | Green Tea Experience Excursion »

11/28/2018

英語での子音の重要性 The importance of consonants

Probably one of the reasons why my English doesn't sound like native would be that my pronunciation of English is focused on vowels and sound of my consonants are too strong. Because Japanese language is centered on sound of five vowels A I U E O, and I speak English in a similar manner unconsciously. What I mean by that is ... more relaxing would be necessary when speaking English, so that sound of my consonants become more natural.

どうして僕の英語の発音から日本人っぽい感じが今ひとつ抜けきらないか? 最近感じることは、僕はすべての音を日本語でいうところの「ハッキリ、クリアーに」発音しすぎなのかもしれない。

日本語はア イ ウ エ オの五種類の母音を中心に音声が構成されているが、おそらく、英語をしゃべる時も、僕はその感覚でしゃべってしまっているのかもしれない。英語では子音の存在が母音と同じくらい、もしくは母音以上に大切なように最近感じる。

つまり、僕のように「滑舌よくハッキリしゃべる」タイプの人は、英語を話す時は、もう少し力を抜いてリラックスして話したほうが自然な音になるのかな?と思う。

日本語の「母音と子音の関係」の概念は、算数でいうところの「分母と分子の関係」に似ているような気がする。つまり、ベース(母体)になっているのは分母(母音)。日本語では子音というのは母音という母体になる音に乗っているようなものだと思う。母音があってこその子音。つまり、日本語は音声上は、母音をベースに構成されている言語だと思う。

英語でいうvowels(母音)とconsonants(子音)の関係は、それとは少し違うように思う。conという接頭語は「反対の~」みたいな意味だと思う。 sonant とはresonate (共鳴する、一緒に響く)の意味に近いように思う。つまり、consonant (コンソナント)という語の本来の意味は、「有声音の反対」みたいなニュアンスだと思う。「有声音の反対」って、つまり、「あまりハッキリしない音」っていう意味だと思う。

だから、英語の子音を、日本語でよく言う「はっきり、クリアーにしゃべる」感覚で発音すると、不自然に強調されたいわゆる「カタカナ英語」みたいになるように思う。

僕の英語を聞いた日本人はよく、こんな風に言ってくれる人が多い。
「遠藤さんの英語はハッキリしていて、声も大きいので、聞き取りやすい」
おそらく、日本語の感覚で言う「カタカナみたいにハッキリしている」のだと思う。だから、そういわれて素直に喜んで良いのか?微妙なところである。
もし、僕の英語の発音がネイティブとほとんど同じだったら、「遠藤さんの英語は外人さんみたいな発音で、何を言っているかよく聞き取れない」という反応になるだろうと思う。

このように、日本人の英語学習者にとっては、母音も大切だけど、それと同様、あるいは、それ以上に子音に注意を払う必要があることを最近感じている。


P.S.  僕の英語がどんなのか?気になる方は、これまでに撮ったビデオを御覧ください My youtube channel

|

« フィットネスインストラクター・パーソナルトレーナーのお仕事ください | Main | Green Tea Experience Excursion »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« フィットネスインストラクター・パーソナルトレーナーのお仕事ください | Main | Green Tea Experience Excursion »