« Diary Nov 1st 2018 | Main | Diary Nov 4th 2018 予想以上にハードコア Hardcore beyond expectation »

11/03/2018

Great works of Mr. Raymond Chow レイモンド ・チョウさんーブルース・リーの才能を見出した一人

Many of you guys already know this news, I guess. A film producer and the founder of Golden Harvest Film reached a finish line of his 91 years life.
https://www.bbc.com/news/entertainment-arts-46080166
Until around 1970, Bruce Lee was a kind of undiscovered gem except for some TV appearances such as Long Street, and Green Hornet. So to speak, most people in the movie industry and martial arts world hadn't noticed Bruce Lee's exceptional amazing potential and his enthusiasm yet at that time. And when Bruce visited his hometown Hong Kong in 1970, Mr.Chow discovered Bruce's talents and offered him a chance to play the leading role in an action movie (the Big Boss).  What is meant by that is ... if Mr.Chow hadn't discovered Bruce's potential,  Bruce's stardom and his blockbuster films such as Enter the Dragon couldn't be. As a big fan of Bruce Lee, I would like to thank for Mr.Chow's insight and his hard work throughout his life.
And I hope Bruce and Mr.Chow reunite in the heaven and are talking about restart of production of Game of Death

既に報じられているニュースですが、香港の映画プロデューサー・レイモンド・チョウさんが91歳で逝去されました。

ブルース・リーは1970年頃まで、アメリカの格闘技界の一部で名前が知られているだけで、アクションスターとしては、「グリーン・ホーネット」、「ロングストリート」などのテレビドラマに準主役で出演しただけの、ほとんど無名の存在でした。

リーさんは、東洋と西洋の両方から受け入れられる要素を持った、数十年にひとりの「ダイヤの原石」だったと思います。ワーナーブラザースやフォックスなど映画製作会社の何名かはリーさんの秘めた可能性に注目していたようですが、その時点でほぼ無名のアジア人を主役にして映画を作っても、アメリカ人の観客は興味を示さず、収益的には赤字になる可能性が高いと考えていたようです。

ブルース・リーさんは
1)  香港人だけど、母方にドイツの血が入っており、どことなく、西洋的な雰囲気も持っている。
2) アメリカで生まれ、イギリス統治下の香港で育ったので、英語を母国語なみに喋れる
3) ブルースのお父さんは香港の俳優さんで、演技することも馴染みがあった
4) 18歳から30歳頃まではアメリカに住んでいたので、見た目は東洋人だけど、中身(考え方や価値観)はアメリカ人に近い部分がある
5) 格闘技の練習や、それをいかに映画で効果的に見せるか?ということに関して、努力と情熱が並外れており、非常に独創的でアイデア豊富だった (天才過ぎて、彼のことを理解できる人が限られており、ある意味、ブルースの心は孤独だったと思う)

もし、リーさんの顔、体形、性格や価値観が、いわゆる典型的な東アジア限定みたいな人で、英語もネイティブに近いレベルでなかったら、どんなに凄い格闘技の達人でも、アジア、北米、ヨーロッパ、中東方面やアフリカ方面でも受け入れられるアイドルスターにはなっていなかったと思います。

で、リーさんのこんなポテンシャルに気が付いて、アクション映画に主演するチャンスと資金を最初に提供した人がレイモンド・チョウさんでした。つまり、リーさんとチョウさんの出会いがなかったら、燃えよドラゴンもドラゴンへの道も存在しなかったことでしょう。
天国で二人が再開して、中断していた死亡的遊戯の再開案など話していると願いたいです。

|

« Diary Nov 1st 2018 | Main | Diary Nov 4th 2018 予想以上にハードコア Hardcore beyond expectation »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Diary Nov 1st 2018 | Main | Diary Nov 4th 2018 予想以上にハードコア Hardcore beyond expectation »