« Diary Nov 16th 2018 Middle way approach   | Main | ダンベルやバーベルって、世間的にはイメージどうなんでしょうか? »

11/18/2018

僧帽筋をもっと鍛えなきゃ Diary Nov 18th 2018

Dscf2608

If you look at my physique from a bodybuilding contest-ish perspective, one of my body parts that need improvement would be trapezius muscle. I mean, compared to the V line shape under the armpit, muscle mass and thickness of muscles around/in between shoulder blades are still weak. The following is my today's back workout routine. Mind-Muscle-Connection is especially important in back workout, I guess.

自分自身のカラダをボディビル・コンテスト的な視点から見た場合、改善が必要な筋肉は僧帽筋、菱形筋など肩甲骨の周辺だろうと感じています。
もちろん、腕、肩、胸、脚など全てにおいて筋肉量が足りませんが、現在の状態で各部のサイズや輪郭などのバランスを比較した場合は、自分の場合、僧帽筋およびその周辺が弱点だろうなと自分では思います。
わかりやすく言うと、ウエストから脇の下にかけてのV字ライン(いわゆる逆三角形のライン)は、まあまあ出ていますが、首から肩甲骨にかけて、および、肩甲骨の間の部分の筋肉の厚みや凹凸感がまだまだ不足しているということ。

以下は本日の背中のトレーニングです        Today's back workout
Barbell rowing on the bench  バーベル・ローイング    6 sets
Dumbbell bend over rowing   ダンベル・ローイング   2 sets
dumbbell shrug            ダンベル・シュラッグ    4 sets
dumbbell pullover         ダンベル・プルオーバー 4 sets
barbell curls                バーベル・カール       3 sets
barbell shrug               バーベル・シュラッグ    3 sets

これまでは、「背中の基本種目(例、ローイング、チンニング、デッドリフトなど)をやっていれば僧帽筋も刺激されるだろう」という楽観的な考えで、僧帽筋のエクササイズは重視していませんでした。時間とエネルギーの余裕がある時にバーベル・シュラッグを2~3セット程度行うのみでした。でも、写真からもわかる通り、やっぱり、それでは不十分だなあ、と思います。というわけで、本日はシュラッグを少し増やしてみました。考えてみたら、肩甲骨の間やその周辺の筋肉って、カラダの背面の真ん中に位置します、つまり、普通に鏡を見ても、一番見えにくい部分なんですよね。だからこそ、マインドーマッスル・コネクションを意識してトレーニングするのが大切なんだろうな、と思います。

|

« Diary Nov 16th 2018 Middle way approach   | Main | ダンベルやバーベルって、世間的にはイメージどうなんでしょうか? »

Comments

コンテストに復帰する予定ですか?
フィジークという手もありますね。

Posted by: hira | 11/18/2018 at 07:16 PM

>hira-san
自分の場合、収入の安定とか家族を持つということは後回しにして、これまで散々自分の好き放題やってきたので、「人生の優先順位は何だろう」?と最近、あらためて考えたりもします。今はコンテストの準備よりも他にやるべきことがあるんだろうなと思います。

でも、いつかはまた復帰したい気持ちも念頭においてトレーニングを続けます。フィジークも面白そうですよね。

Posted by: ENDO | 11/18/2018 at 07:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Diary Nov 16th 2018 Middle way approach   | Main | ダンベルやバーベルって、世間的にはイメージどうなんでしょうか? »