« Diary Nov 14th 2018  リズムネイション = デジグネイション? | Main | Diary Nov 16th 2018 Middle way approach   »

11/15/2018

Diary Nov 15th 2018 子音字中心の単語

As I wrote in my yesterday's post, my English pronunciation " Rhythm Nation " didn't make sense to one of my learning partners in South Europe. The following is my guess about possible reasons why my pronunciation didn't make sense.

Pronunciation of Japanese language is based on these five vowels A, I, U, E, O. What I mean by that is ... words made up of without any of these vowels don't exist in Japanese language system. However, the English word Rhythm is made up of only consonants in its spelling, additionally, Japanese language doesn't have sounds like rhy, th. and I think this is the reason why correct pronunciation of the word Rhythm is not so easy for many Japanese people learning English (including me). Of course, as long as you learn some foreign language, you need to overcome that kind of linguistic distance.  This is what I learned and noticed from the yesterday's experience.

昨日の投稿で「リズム・ネイション」の発音が通じなかった話を書いたが、どうして通じなかったか?理由を考えてみた。

日本語の発音は基本的に「あ、い、う、え、お」の母音が基本となっている。これらの母音を含まない言葉というのは、基本的に、日本語の中には存在しないと思う。たとえば、自分の名前を英語で書いてみるとよくわかる。A, I, U, E, Oのどれかの文字が、苗字にもファーストネームにも数個含まれている人が多いと思う。日本語ってのは、それくらい母音(あいうえお)を基本とした言語。

ところが、リズム Rhythm という単語はスペリングの表記上は、これらの母音が含まれていない、つまり、子音字だけで構成される単語である。日本語にはこのように子音字のみの言葉はないと思う。しかも、Rhythmは、日本人の多くが苦手なRの音で始まる。また、日本人が、これまた苦手なthの音も含んでいる。

これらの要因を考えると、「リズム」とカタカナで書けば簡単な言葉だが、Rhythmというのをネイティブ並みの正しい発音で言える日本人は少ないのでは?と思う。もちろん、Rhythmという言葉だけを単体で発話するのは練習すれば誰でもできる、が、会話の自然な流れの中で、必要な時に、日本語の言語体系にはあまりない類の言葉を自然に発話できるというのは、意外と難しく、慣れというか訓練が必要。

1年ほど前に書いたが、フィリピンの先生とプリンスのヒット曲「パープル・レイン」の話をした時も、僕のpurpleの発音は一発では通じなかった。パープルもリズムと同様に、日本語にはあまり存在しない子音で構成される単語。前回も今回も、20年以上も前のヒット曲のタイトルを言ったときに僕の発音が一発では通じないのは、話し相手との世代の違いもあるのかもしれない。1980年代のヒット曲のタイトルを突然言われても、僕よりも二回り近く若い講師にはピンとこないのかもしれない。でも、英語特有の子音の多い言葉の発音が僕はまだ下手なのは事実だと思う。このように、想定外のところで、学ぶべき点が多々あります。

|

« Diary Nov 14th 2018  リズムネイション = デジグネイション? | Main | Diary Nov 16th 2018 Middle way approach   »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Diary Nov 14th 2018  リズムネイション = デジグネイション? | Main | Diary Nov 16th 2018 Middle way approach   »