« September 2018 | Main | November 2018 »

10/31/2018

TOEFL教材でロールプレイ式練習  Role paying style practice using a script

Dscf2552

My usual language practice in an online English conversation service is a kind of free talk & discussion with an instructor, using some article on the internet such as news article on BBC, CNN, and so on, however, I changed this training method a bit today as a refreshment, I mean, today's practice was a role playing using a script. The main intention of this script reading training is brushing up my listening skills and learning new expressions.

The script I chose for today's practice was a conversation in the listening comprehension section in TOEFL exam (internet based version).  I took the TOEFL ibt exam when I was preparing for an enrollment application for my graduate school, so, I picked up the prep book for TOEFL from my book shelf after quite a while. This type of role playing practice using a script is also useful, I think.

オンラインの英語講師と普段行っているトレーニング内容は、主に、ネット上のニュース記事などを選んで、それを読み、感想や意見などを言い合ったりしているのですが、今日はやり方を少し変えてみました。何か台本を選んでロールプレイ形式で講師と読み合う、というやり方。

読むことで読解の訓練をしているわけではなく、脚本を読むことで自分のボキャブラリーの中にはない新しい表現を覚えたりするのに役立つだろうと思って。

で、本日選んだ台本は、TOEFLテストのリスニングパートの会話文(写真)
学生同士の会話だったり、教授の講義だったり、色々な表現や語彙が使われているので、それを使用してロールプレイするのは面白いですよ。

| | Comments (0)

10/30/2018

英語以外で製作された映画・ベスト100 - BBC 調査  

When I was checking the BBC website, I found an interesting ranking, that is " the best 100 films made in languages other than English ". Twenty seven films of the best 100 are French language movie, 12 are Mandarin, 11 are Italian and Japanese respectively. Keeping your eyes off of Hollywood movies will give you a fresh perspective, maybe ...

BBCのウェブサイトを見ていたら、「英語以外で製作された映画ベスト100」というランキングが出ていました。イギリス・BBCが世界中の映画評論家209人を対象に調査した結果だそうです。ベスト100に選ばれた作品のうち、27本はフランス語で製作された映画、12本は中国語(北京語)、イタリア語の作品が11本、日本語の作品が11本だそうで、トップ5は ...

5位 ゲームの規則
4位 羅生門
3位 東京物語
2位 自転車泥棒
1位 七人の侍

詳しいランキングは上記のリンクを御覧ください

余談ですが、100本の映画を選ぶのに選考者(審査員)が209人(しかも映画評論家ばかり)というのは、かなり偏ったランキング結果である可能性が高いように思うのですが ... 

| | Comments (0)

10/29/2018

NCCA認定のトレーナー/インストラクター資格一覧 fitness certifications approved by NCCA

I wrote about Fitness Trend forecast for 2019 in yesterday's post, and among the hot topics on the top 20 ranking, one of important issues the health & fitness industry is facing now is ... raising standard in educational and certification programs for fitness professionals. The fitness industry is a new industry with only 30 years history or so, thus, there are large difference in quality, level, and credibility among certification programs. For the time being, approval by National Commission on Certifying Agency will become a standard for it, especially when personal training gyms and fitness clubs employ personal trainers/fitness instructors. For your information, below is fitness certifications approved by NCCA (as of Oct 2018).

昨日の記事にて(2019年のフィットネス・トレンド予測) 米国では今後、フィットネスクラブやパーソナル・トレーニングジムなどがトレーナーやインストラクターを雇用する際に、NCCA(全米資格認証委員会)の認証を受けた指導者資格を取得していることを雇用条件とする方向に進んでいくであろう、という話を書きましたが、それでは、NCCAの認証を受けた資格とは、どの団体のどの資格なのでしょう?

NCCAの認証を受けているフィットネス資格は最近かなり増えて、以下の表に記載されているものがそうです(2018年10月現在)。日本では知られていない団体も沢山あります、ご参考になれば幸いです。 

           
Organization Name Industry NCCA Accredited Programs
Academy of Applied Personal Training Education
        (AAPTE) Fitness and Wellness Certified Personal Fitness Trainer (CPFT), Accredited through 3/31/2019
ACTION Certification
        (ACTION) Fitness and Wellness Certified Personal Trainer (CPT), Accredited through 1/31/2019
American College of Sports Medicine
        (ACSM) Fitness and Wellness ACSM Certified Personal Trainer (ACSM-CPT), Accredited through 8/31/2021
ACSM Certified Exercise Physiologist (ACSM-EP), Accredited through 8/31/2021
ACSM Registered Clinical Exercise Physiologist (ACSM-RCEP), Accredited through 8/31/2021
ACSM Certified Clinical Exercise Physiologist (ACSM-CEP), Accredited through 8/31/2021
American Council on Exercise
        (ACE) Fitness and Wellness Certified Medical Exercise Specialist (ACE-CMES), Accredited through 10/31/2023
Group Fitness Instructor (ACE-GFI), Accredited through 10/31/2023
Health Coach Certification (ACE Health Coach Certification), Accredited through 10/31/2023
Personal Trainer (ACE-CPT), Accredited through 10/31/2023
Collegiate Strength and Conditioning Coaches association
        (CSCCa) Fitness and Wellness Strength and Conditioning Coach Certified (SCCC), Accredited through 2/28/2019
International Fitness Professionals Association
        (IFPA) Fitness and Wellness International Fitness Professionals Association Personal Fitness Training Certification (IFPA - PFT), Accredited through 11/30/2019
National Academy of Sports Medicine
        (NASM) Fitness and Wellness Certified Personal Trainer (CPT), Accredited through 11/30/2021
Certified Group Fitness Instructor (AFAA-CGFI), Accredited through 6/30/2022
National Certification Board for Therapeutic Massage and Bodywork
        (NCBTMB) Fitness and Wellness
Healthcare: Chiropractic
Healthcare: Therapy
Healthcare: Other
Other
Board Certification in Therapeutic Massage & Bodywork (BCTMB), Accredited through 4/30/2020
National Council for Certified Personal Trainers
        (NCCPT) Fitness and Wellness NCCPT Certified Personal Trainer (NCCPT CPT), Accredited through 5/31/2021
National Council on Strength and Fitness
        (NCSF) Fitness and Wellness Certified Personal Trainer (NCSF-CPT), Accredited through 3/31/2020
Certified Strength Coach (CSC), Accredited through 4/30/2022
National Exercise and Sports Trainers Association
        (NESTA) Fitness and Wellness Personal Fitness Trainer (PFT), Accredited through 1/31/2019
National Exercise Trainers Association
        (NETA) Fitness and Wellness Certified Personal Trainer (NETA-CPT), Accredited through 7/31/2022
Certified Group Exercise Instructor (NETA-CGEI), Accredited through 7/31/2022
National Federation of Professional Trainers
        (NFPT) Fitness and Wellness Certified Personal Fitness Trainer (CPT), Accredited through 1/31/2022
National Strength and Conditioning Association
        (NSCA) Fitness and Wellness Certified Personal Trainer (NSCA-CPT), Accredited through 4/30/2023
Certified Strength and Conditioning Specialist (CSCS), Accredited through 4/30/2023
Tactical Strength and Conditioning-Facilitator (TSAC-F), Accredited through 7/31/2020
Pilates Method Alliance
        (PMA) Fitness and Wellness PMA Certified Pilates Teacher (PMA-CPT), Accredited through 4/30/2022
PTA Global
        (PTAG) Fitness and Wellness Personal Training Academy Global Certified Personal Trainer (PTA Global CPT), Accredited through 8/31/2019
The Cooper Institute
        (CI) Fitness and Wellness Personal Trainer Certification (CPT), Accredited through 11/30/2021
World Instructor Training Schools
        (W.I.T.S.) Fitness and Wellness Personal Trainer Certification (PT), Accredited through 8/31/2022

| | Comments (0)

10/28/2018

2019年のフィットネス・トレンド予測  Fitness trend for 2019

A trend forecast in the 2019 fitness world has been released by the American College of Sports Medicine. This trend forecast is " What will be hot topics in the fitness industry the next year ? and the top 20 ranking of it.  Survey participants are several thousands health & fitness professionals worldwide.

2019年にフィットネスの分野で何が流行するか?という「フィットネス・トレンド2019」が米国スポーツ医学会(ACSM)より発表されました。これは、世界中のフィットネス指導員・数千名を対象に「来年はどんなトレーニングや話題が注目か?」といったことをアンケート形式で調査し、その結果を集計したものです。以下が、トップ20です。

source of info, ACSM Health & Fitness Journal(原文資料) 

1.  Wearable technology
    コンピューター内蔵の腕時計タイプの万歩計のようなもの
2.  Group training
    5名以上で実施するグループレッスン
3.  High Intensity Interval Training (HIIT)
    高強度のインターバル・トレーニング
4.  Fitness programs for older adults
    高齢者向けのフィットネス・プログラム
5.  Body weight training
    器具を使わず、自分の体重を負荷にするトレーニング
6.  Employing certified fitness professionals
    資格を持った指導員を雇用すること
7.  Yoga
    ヨガ
8.  Personal training
    パーソナル・トレーニング
9.  Functional training
    日常生活動作などに役立つ機能的なトレーニング
10. Exercise is Medicine
    エクササイズ・イズ・メディスン

11. Health/Wellness coaching
    ヘルス&ウェルネス・コーチング
12. Exercise for weight loss
    体重を減らすためのエクササイズ
13. Mobile exercise apps
    スマートフォンなどに対応するフィットネス・アプリ
14. Mobility/myofascial devices
    筋膜リリース用の器具(フームローラーなど)
15. Worksite health promotion
       職場での健康増進プログラム
16. Outcome measurement
    効果的な測定方法のデザインや開発
17. Outdoor activities
    ジム内ではなく屋外での運動や活動
18. Licensure for fitness pros
    指導者資格を免許制度にする方向性の議論
19. Small group personal training
    少人数グループでのパーソナル・レッスン
20. Post-rehabilitation classes
    医療機関でのリハビリが終了した後のコンディショニング・プログラム


注目すべきは、「グループ・トレーニング」というキーワードが2位にランクされていることです。米国を中心に、ここ10年以上、マンツーマンの個人レッスン形式(パーソナルトレーニング)が主流でしたが、集団で行うスタジオ・レッスンやグループ形式でのジム・レッスンなども最近人気を取り戻しつつある、ということでしょうか。

理由の一つは、フィットネスクラブの顧客の年齢層が高齢化し、高齢の方々は自分よりもはるかに年下のトレーナーとマンツーマンでレッスンするよりも、自分と同年代の方々と楽しくおしゃべりしながら、社交の要素も含んだクラス形式のレーニングを好む人も多いのだと思われます。もう一つの理由は、スタジオでのダンスエクササイズなどがここしばらく下火でしたが、それらを懐かしむ人達も増えているのでしょう、日本でもディスコが回顧ブームだと言いますし。

高強度インターバルや自体重でのトレーニングも上位にランクしているのは、やはり、時間がなくて忙しい人たちがいかに短時間で効率よく、あるいは器具がなくても可能なトレーニング法を求めている、ということでしょう。

「資格を持った指導員を雇用」というのは、フィットネス業界はまだ産業としての歴史が浅く、インストラクターやトレーナーの資格制度が統一されておらず、指導員によって持っている資格の種類や信頼性・取得難易度など大きく異なるので、ジム側がインストラクターやパーソナルトレーナーなどを雇用する際、まずは当面の基準として、NCCA(全米資格認証委員会)の承認を受けているフィットネス団体の指導員資格を取得していることを要件にしよう、という動きです。

I also participated in this survey in July 2018, and this link is a post I wrote at that time.

| | Comments (0)

10/26/2018

英語の講師・通訳をお探しの方 ー 静岡地区

僕の本業はフィットネス・インストラクターですが、ここ最近、大学受験生の英語の家庭教師をさせてもらったり、市内の企業様にて社内通訳をさせていただいたりと、英語関係の仕事をいただくことが増えてきています。ならば、この流れに沿って英語関係の仕事にも力を入れていきたいと思っております。
二足のわらじを履くような気もしますが、健康・体力づくり関連の最新情報などは英語で発信されるものが多いので、英語に力を入れることがフィットネスの仕事と勉強にも良い影響を及ぼすと願いたいです。

つきましては、企業や学校等での英語研修、あるいは、地域で活動されている英会話サークルなどで講師をお探しの場合、お声をかけていただければ幸いです。
もちろん、当方の自宅での個人レッスンも歓迎です (遠方の方はスカイプで)
ホームページやメール、社内文書などの日本語⇔英語の翻訳なども承ります
こちらは、外国人の勉強仲間と会話している動画 
「Flash Playerを有効にしますか?」のメッセージが出たら、「有効にする」を選択してご覧下さい
このブログのプロフィール写真の下のリンク (Email me) よりメールを送れますのでお気軽にどうぞ。
遠藤 吉彦 (静岡市葵区在住)
TOEIC 895点    英検1級
静岡市流通センターより麻機方面に向かって1.5km位
tel    054-246-8735

料金は、内容や時間等に応じてご相談ですが、例えば、当方の自宅またはスカイプでの英語レッスン(週2回、1回90分程度まで)の場合で、月額30.000円位を目安にお考え下さい。

| | Comments (2)

10/24/2018

英語の上手い有名人 - Boaの英語のリズム感

I wrote about the importance of rhythm in English language practice a little bit before in this blog, and in my opinion, the Korean pop singer Boa has good rhythm and ears among people whose native language is out of English. The link below is an interview video of Boa. In terms of rhythm, speed, fluency, and friendly humor, her English is a good role model for my language practice as well. Probably her good rhythm and speed in language comes from her exceptional hard work and talents in song & dance, I guess.

Boa interview video (ボア 英語インタビュー)

少し前に英語のリズムについて書きましたが、英語が母国語ではない人の中で、歌手のBoaさんは非常に優れたリズム感とスピードを持っていると思います。(上記のリンクは2008年収録のインタビューです) おそらく、彼女が歌やダンスを通じて培ったリズム感が土台になっていると思いますが、それ以上に、もの凄い努力家なんだと思います。このビデオのインタビュアーの女性も早口でテンポの良い喋りで、二人のスピーディな会話を見ると、いまだに僕自身も良い意味で刺激を受けます。

| | Comments (0)

10/22/2018

注目の女子プロレスラー Priscilla Kelly

Recently a female professional wrestling fighter is drawing my attention, her name is Priscilla Kelly (the purple costume fighter in the video). Of course I enjoy watching pro wrestling shows as a highly pre-choreographed fighting arts entertainment. The reason why Priscilla Kelly is attractive to me is ... she is sexy, in a good shape, enthusiastic, and nasty in a good sense.

最近、プリシラ・ケリーという女子プロレスラーの存在を知った
(紫の衣装の選手)
日本の女子プロレスは、カラダがあまり絞れていない選手がヒラヒラのフリルのついたコスチュームを着て、「テメー、コノヤロー!」と対戦相手を罵倒しながら戦っているパターンが多くて(例外の選手もいますが)、僕の好みとはどうも合わない。一方、プリシラ・ケリー選手は、あくまでクールでセクシー、それと、良い意味でお下品(笑)

もちろん、僕はプロレスを、事前に事細かく打ち合わせ&振付された格闘エンターテインメントとして観ています。

| | Comments (0)

10/21/2018

Diary Oct 28th 2018

Today's online English practice was fun, cuz I found a new instructor with mater's degree in psychology, and her current interest is practice of French style kickboxing Savate. My impression about her is that she is a very good listener, and gives me a lot of very pertinent and interesting questions that elicit good flow of conversation. There will be a lot to learn from this new learning partner as well.

オンラインの英語トレーニングで、心理学の修士で趣味がサバット(フランスのキックボクシング)というプロフィールの講師を見つけたので早速予約してみた。

実際に話をしてみての印象は、こちらの話を聞くのが上手い。会話の流れに沿って適切な話題や質問を次から次へくれる。例えば、僕の専攻分野がスポーツ心理学および行動変容だという自己紹介をすると、「セルビアではスポーツ心理学への認識度がまだ低くて、スポーツ心理関連を学べる大学は国内には一つもない」というような反応をくれて、興味深い。サバットの話なども聞きたかったのだけど、聞き上手なので、結局、殆ど僕の自己紹介になってしまい、聞いている側の講師は少し退屈だったかもしれません。

昨日見たビデオに出てくるバイオリン美女の印象が強いせいか、勝手な思い込みで、バイオリンのおねーさんがメガネをかけて、論文書いてるようなイメージの先生だな、などと妄想してしまった次第です(笑)
良い勉強仲間になると良いですが。

| | Comments (0)

10/20/2018

Mixture of hard rock and classical music - Angel of Salvation

I know the presence of this rock band and this song from my friend, the name of this band is Galneryus. What I like about this song is the co-existence/mixture of hard rock and a classical music -ish taste. In that sense, this song a bit reminds me of Bohemian rhapsody. For your information, his type of music is called " heavy metal rock " in Japan.

友人より、この曲とバンドの存在を教えてもらいました。ヘヴィ・メタル調の曲にクラシック音楽っぽい要素を盛り込んだのが良いと思います。その意味では「ボヘミアン・ラプソディ」に共通する部分もある気もします。
余談ですが、このビデオに出てくるヨーロッパ人風の女性がキレイでいいなあ、などと思ってしまいます(笑)

| | Comments (2)

10/18/2018

Diary Oct 18th 2018

Yesterday's my work was translation for a seminar for employees in a company. The seminar topic was career development, another seminar for Japanese employees in that company was held a few weeks ago in Japanese language, and yesterday's my task was to translate video recordings of that seminar into English for employees from outside Japan, so it was a kind of simultaneous interpretation while watching the video. What I felt about myself was I would need to brush up my English language skills more and more especially in simultaneous translation.
Learning and practice is a never ending process, you know !

昨日は、市内のある企業様にて、外国人従業員向けの社内研修の通訳をさせていただきました。研修内容は「仕事における目標設定やいかに将来像を描くか?」といった内容。日本人従業員向けに行われた研修をビデオ撮りし、その日本語での研修映像を見ながら、逐次、英語に訳すといった業務でした。

ある意味、同時通訳みたいなものですが、日本人講師がしゃべった内容のニュアンスをなるべくそのまま、英語に訳すというのは、文化的背景の違いなどもあり、なかなか難しいです。目標設定などに関する話題は、僕が専攻していた行動変容心理学と共通する部分もあるので、同時通訳の経験において自分の足りない部分は、なんとか自分の専門分野の予備知識に救われた感がありました。貴重な経験をさせていただき感謝です。

| | Comments (2)

10/10/2018

Diary Oct 10th 2018 A man is whichever room he is in

I learned a nice proverb through today's language training, that quote is ...  " A man is whichever room he is in "

本日、馴染みのオンライン講師から上記の諺を教えていただきました。
日本語にピッタリくる訳が難しいですが、「人というのは、その時にどんな部屋にいるかである」とでも訳しましょうか。つまり、人というのは会社にいるときは会社用の顔がある、学校にいるときは学校用の顔、うちに帰れば自宅用の顔があるように、その時々の状況によって人には多面性がある、というような意味ですかね。

| | Comments (0)

10/07/2018

Diary Oct 7th 2018

Nearly one year has passed since I started practice of English with instructors in southern European countries such as Serbia and Bosnia. I talked with totally around 10 instructors in those countries in the past year, and what I noticed in their English is ... people who speak English with comfortable popping rhythm are relatively limited. Of course, English is not a mother language in these countries, thus what I write here might be a bit tough request for them. In terms of the rhythm, English of Philippina people is relatively close to that of American English, I guess. In the Philippines too, English is not the mother tongue. So, probably, factors that are associated with popping rhythm of English might be ... 1) influence of American culture such as TV programs in their everyday life, 2) climatic condition
This is only my hypothesis though ...

セルビアやボスニアなど南ヨーロッパの講師の方々と英語の練習を開始してから、そろそろ1年になる。この1年にこれらの国の英語講師、累計で10人位と話をした。もちろん、英語力やしゃべり方は人それぞれだが、一番気づいたことは、アメリカ英語に慣れた僕の耳には、セルビアやボスニアの英語講師の多くには「英語特有の弾むようなリズム感」があまりないような気がする。

もちろん、これらの国でも英語は外国語であって母国語ではないから無理はない。これらの国の人にアメリカやカナダなど北米の英語を期待するほうが無理な注文である。が、例えばフィリピンでも英語は公用語の一つではあるけれど母国語ではない。だけど、フィリピン人英語講師は非常にリズム感のある英語をしゃべる人が多い。アメリカ英語の感覚に比較的近い。

おそらく、南ヨーロッパの英語講師とフィリピンの英語講師のリズム感の違いの原因として考えられるのは、1)日常生活でのアメリカ文化の影響、フィリピンはアメリカ文化の影響が強い、ボスニアやセルビアはアメリカよりもイギリスの方が近い 2)寒い地域では、しゃべる時にあまり口を大きく開けないし、極寒の気候の影響か感情の起伏を言葉のリズムという形で表すのも、比較的少ないような気がする

あくまで仮説ですけど ...
それと、しゃべり方やリズム等は別として、南ヨーロッパの講師の皆さん、目鼻立ちのはっきりした美人が多いです。   

| | Comments (2)

10/02/2018

Diary Oct 2nd 2018   石の上にも3年を英語で言う

When I was talking with one of instructors of an online English conversation service yesterday, the instructor asked me " people often say that the young generation in those days lacks patience, what do you think of it ? "
Speaking of which, we have an old saying in Japan that symbolizes this topic well, so, I explained it as the following.

オンラインの講師の一人から「最近の若者は辛抱が足りない、ってよく言われるけど、どう思いますか?」と聞かれた。その瞬間思い浮かんだのは「石の上にも3年」という諺だった。In Japan, we have an old saying that stay on a stone at least three years. とシンプル表現したら、なるほど!という表情をしていたので、もう追加説明の必要はないなと感じたが、一応、of course it means that if you want to excel in something, at least three years of patience is necessary と加えた。

preaching that kind of thing to a young person itself probably means that I'm getting old ...
こんな諺を自分よりはるかに若い人に説明していること自体、自分は歳とったのかな?と感じたりします(笑)

| | Comments (0)

« September 2018 | Main | November 2018 »