« September 2018 | Main

10/18/2018

Diary Oct 18th 2018

Yesterday's my work was translation for a seminar for employees in a company. The seminar topic was career development, another seminar for Japanese employees in that company was held a few weeks ago in Japanese language, and yesterday's my task was to translate video recordings of that seminar into English for employees from outside Japan, so it was a kind of simultaneous interpretation while watching the video. What I felt about myself was I would need to brush up my English language skills more and more especially in simultaneous translation.
Learning and practice is a never ending process, you know !

昨日は、市内のある企業様にて、外国人従業員向けの社内研修の通訳をさせていただきました。研修内容は「仕事における目標設定やいかに将来像を描くか?」といった内容。日本人従業員向けに行われた研修をビデオ撮りし、その日本語での研修映像を見ながら、逐次、英語に訳すといった業務でした。

ある意味、同時通訳みたいなものですが、日本人講師がしゃべった内容のニュアンスをなるべくそのまま、英語に訳すというのは、文化的背景の違いなどもあり、なかなか難しいです。目標設定などに関する話題は、僕が専攻していた行動変容心理学と共通する部分もあるので、同時通訳の経験において自分の足りない部分は、なんとか自分の専門分野の予備知識に救われた感がありました。貴重な経験をさせていただき感謝です。

| | Comments (0)

10/10/2018

Diary Oct 10th 2018 A man is whichever room he is in

I learned a nice proverb through today's language training, that quote is ...  " A man is whichever room he is in "

本日、馴染みのオンライン講師から上記の諺を教えていただきました。
日本語にピッタリくる訳が難しいですが、「人というのは、その時にどんな部屋にいるかである」とでも訳しましょうか。つまり、人というのは会社にいるときは会社用の顔がある、学校にいるときは学校用の顔、うちに帰れば自宅用の顔があるように、その時々の状況によって人には多面性がある、というような意味ですかね。

| | Comments (0)

10/07/2018

Diary Oct 7th 2018

Nearly one year has passed since I started practice of English with instructors in southern European countries such as Serbia and Bosnia. I talked with totally around 10 instructors in those countries in the past year, and what I noticed in their English is ... people who speak English with comfortable popping rhythm are relatively limited. Of course, English is not a mother language in these countries, thus what I write here might be a bit tough request for them. In terms of the rhythm, English of Philippina people is relatively close to that of American English, I guess. In the Philippines too, English is not the mother tongue. So, probably, factors that are associated with popping rhythm of English might be ... 1) influence of American culture such as TV programs in their everyday life, 2) climatic condition
This is only my hypothesis though ...

セルビアやボスニアなど南ヨーロッパの講師の方々と英語の練習を開始してから、そろそろ1年になる。この1年にこれらの国の英語講師、累計で10人位と話をした。もちろん、英語力やしゃべり方は人それぞれだが、一番気づいたことは、アメリカ英語に慣れた僕の耳には、セルビアやボスニアの英語講師の多くには「英語特有の弾むようなリズム感」があまりないような気がする。

もちろん、これらの国でも英語は外国語であって母国語ではないから無理はない。これらの国の人にアメリカやカナダなど北米の英語を期待するほうが無理な注文である。が、例えばフィリピンでも英語は公用語の一つではあるけれど母国語ではない。だけど、フィリピン人英語講師は非常にリズム感のある英語をしゃべる人が多い。アメリカ英語の感覚に比較的近い。

おそらく、南ヨーロッパの英語講師とフィリピンの英語講師のリズム感の違いの原因として考えられるのは、1)日常生活でのアメリカ文化の影響、フィリピンはアメリカ文化の影響が強い、ボスニアやセルビアはアメリカよりもイギリスの方が近い 2)寒い地域では、しゃべる時にあまり口を大きく開けないし、極寒の気候の影響か感情の起伏を言葉のリズムという形で表すのも、比較的少ないような気がする

あくまで仮説ですけど ...
それと、しゃべり方やリズム等は別として、南ヨーロッパの講師の皆さん、目鼻立ちのはっきりした美人が多いです。   

| | Comments (2)

10/02/2018

Diary Oct 2nd 2018   石の上にも3年を英語で言う

When I was talking with one of instructors of an online English conversation service yesterday, the instructor asked me " people often say that the young generation in those days lacks patience, what do you think of it ? "
Speaking of which, we have an old saying in Japan that symbolizes this topic well, so, I explained it as the following.

オンラインの講師の一人から「最近の若者は辛抱が足りない、ってよく言われるけど、どう思いますか?」と聞かれた。その瞬間思い浮かんだのは「石の上にも3年」という諺だった。In Japan, we have an old saying that stay on a stone at least three years. とシンプル表現したら、なるほど!という表情をしていたので、もう追加説明の必要はないなと感じたが、一応、of course it means that if you want to excel in something, at least three years of patience is necessary と加えた。

preaching that kind of thing to a young person itself probably means that I'm getting old ...
こんな諺を自分よりはるかに若い人に説明していること自体、自分は歳とったのかな?と感じたりします(笑)

| | Comments (0)

« September 2018 | Main