« 海の日を英語で説明  July 16th 2018, the Marine Day | Main | 不完全だけど許容範囲 acceptable but imperfect ? »

07/17/2018

中高齢者の筋力トレーニングの必要性 Necessity of strength training for the middle aged and older adults

Today I will translate an BBC article that shed light on the importance of strength workout mainly for prevention of decrease of fitness in later years in life.

Give your bones a workout, public told
Retrieved from BBC website

本日は久しぶりにBBCニュースの健康関連記事の要点を翻訳します。
筋力トレーニングの重要性(特に高齢の方など)をわかりやすく述べています。

PHE(パブリックヘルスイングランド)によると、多くの人が筋肉や骨の健康ためのエクササイズを見過ごしている。
同機関は、正しくエクササイズをすることでいかに人々が健全に歳を重ねていくことができるかに関するアドバイスを人々に提供するためのレポートを立ち上げた。

心肺機能を健康に保つための有酸素運動をしましょうというメッセージは一般の人達の間でかなり広まりつつある一方で、全身の筋力を健全な状態に保つことの重要性は、人々の間でそれほど明確になっていない。

理想は週に2回、(もしくはそれ以上)ストレングス・トレーニング(筋力強化運動)をすることである。バーベルやダンベルなど重りを持ち上げるのもいいし、テニスやダンスエクササイズなども筋肉への効果が期待できる。

筋肉へ刺激を与える運動の例としては
各種の球技
ラケットスポーツ
ダンス
ノルディック・ウォーキング
筋力トレーニング   など

ヨガ、太極拳、自転車こぎも、骨や筋肉の維持・向上やバランス感覚に効果が見込められるようだ。PHEの専門家によると、骨を健康に保つためのエクササイズや運動を定期的に行っているのは、男性の3人に1人、女性の4人に1人といった割合である。

筋肉や骨を強化し、バランス感覚を高める運動はあらゆる年代における心身の健康状態を改善し、早期の死のリスクを減らす可能性を見込める。

また、これらの運動は、人生における様々な身体的に困難な状況、例えば妊娠、更年期障害、疾患の発生、病気からの回復、リタイアメントなどにおける健康状態も改善することが見込まれる。

若年層においては、筋力のピークを迎える30歳前後までに、筋肉量や骨量を作り上げておくことが理想である。高齢者層においては、筋力や筋肉量を維持し、加齢に伴う減少を遅らせることが必要である。いくつになっても始めるのに遅すぎるということはない。

成人向けのエクササイズガイドラインとしては
中強度の有酸素運動(やや速めのウォーキングなど)を1週間に合計150分以上
                および
全身の主要な筋肉群を強化するエクササイズを週に2回、またはそれ以上   

|

« 海の日を英語で説明  July 16th 2018, the Marine Day | Main | 不完全だけど許容範囲 acceptable but imperfect ? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 海の日を英語で説明  July 16th 2018, the Marine Day | Main | 不完全だけど許容範囲 acceptable but imperfect ? »