« June 2018 | Main | August 2018 »

07/30/2018

どうしてネズミが科学実験に使用されるのか? Why mice are used for academic study and experiment ?

I got an interesting question from one of my language learning partners yesterday, that is ... " Why rats and mice are used for scientific experiments ? ".   Actually I have never thought of answer to this question so far, therefore, this question is very intriguing to me too.

As a result of searching related information on the web, I hit the following article, which can be an answer to the above question.
Why do researchers use mice for scientific experiments ?

昨日、英語のトレーニングパートナーの一人より興味深い質問をいただきました。ある研究記事を読んでいたのですが、「どうして、この手の学術研究ではネズミ(マウスやラット)が実験台に使われるの?他の動物ではだめなの?」という質問でした。

僕自身も、どうして学術実験ではラットやマウスが使用されるのか?考えたことがありませんでしたので、その場では質問に答えることが出来ませんでした。ネットで関連情報を検索したところ、上記リンクの記事を見つけました。

研究者がマウスやラットを実験に使用する主な理由は ...
1) 身体が他の動物に比べて小さいので、広い飼育スペースを要さないので便利、また環境に順応しやすい。
2) 繁殖が速く、寿命がおおよそ2~3年なので、比較的短期間に数世代のマウスやラットを観察することが可能なため、実験に都合が良い
3) 実験に使用されるマウスやラットの多くは同種交配なので、性別以外の点では遺伝子が似ているので、実験結果にバラつきを生ずる可能性が少ない
4) 価格が他の動物に比べて安価なため、大量購入が可能で、予算的にも都合が良い

こんなこと書いたら、ネズミさんたち本人には失礼かもしれませんが、このような理由だそうです。勉強になりました。

| | Comments (0)

07/27/2018

Diary July 27th 2018 - related laws for personal trainers

the following is a given topic for this week's ACSM exercise physiologist study group.  " Should a breach of contract be treated by tort low or by contract law ? "

sample answer
A contract is simply a promise or performance bargained for and given in exchange for another promise or performance, all of which is supported by adequate consideration. In examining exercise testing and prescription activities, the law of contracts affects the relationship between exercise professionals and clients. The client may receive physical fitness information and recommendations on exercise training. Likewise, the professional may perform exercise testing in exchange for payment, or some other consideration to value. This contract relationship also encompasses any related activities that occur before and after exercise testing, such as health screening prior to testing, exercise prescription, and first aid and basic emergency care that arises from exercises temporally associated with on-site provider services. If expectations during this relationship are not fulfilled, lawsuit for breach of contract may be instituted. Such potential suits allege non fulfillment of certain promises or a breach of alleged warranties that the law sometimes imposes on many contractual relationships, contract law also has implications for inter-professional relations, such as those with equipment companies, independent service contractors, and employees (ACSM, 2005).
Reference
ACSM's resources for the personal trainer, first edition (2005).
Philadelphia, PA: Lippincott Williams & Wilkins.

ACSMエクササイズ・フィジオロジスト自主学習グループのサイトで出題された今週のテーマは「パーソナルトレーニング契約等における契約不履行は不法行為法で対処されるべきか? あるいは、契約法で対処されるべきか?」

パーソナルトレーナー関連の資格試験にはよく出題されるテーマだと思われます。

| | Comments (0)

07/25/2018

運動が緑内障予防に効果的な可能性 Possible benefits of exercise on glaucoma prevention

A new research that is published on an ACSM journal sheds light on possible benefits of regular exercise habits on prevention of eye diseases such as glaucoma and cataracts.
What is expected in the future would be to investigate this kind of study using other exercise modalities such as strength workout, hiking, and so on, running is used in this study as an exercise mode, however, running a lot of distances everyday might be a bit hard for the elderly population that are probably the highest risk group for the development of glaucoma.
How running can help protect your eyesight

米国スポーツ医学会(ACSM)のジャーナルに近日中に発表予定の研究によると、定期的な運動習慣が緑内障や白内障の予防に効果がありそうだ、とのこと(上記リンク)

研究の概要
米国・ダラスのクーパー研究所で行った調査で、対象者は40歳~81歳の方、合計9,500名。これら参加者の有酸素運動能力(トレッドミルでの歩行やランニング)と1週間に実施している運動の合計量を調べた。そして、その後6年間の追跡期間に、緑内障の発生率を調査。

結果は、最も活動的な部類の参加者は、最も不活発な部類の参加者と比較すると、6年間の間に緑内障を発生する割合がおおよそ半分程度であった。
最も活発な人達の運動量は、1週間に合計16km程度のランニング、スピードは1.6kmを10分で走るくらいのペース。

どうしてランニングが緑内障の発生予防に効果が見込めるか?
緑内障の危険因子のうち、生活習慣や運動などで修正可能なものは眼球内圧である。眼球内圧が高くなり過ぎると、視神経を傷つけ、緑内障の発生につながりやすい。定期的な運動習慣(ある程度の運動強度のあるもの)は、眼球内圧を適度に下げる働きを期待できるようである。

また、2009年に行われた別の研究では、定期的な運動習慣のある人達は、6年の追跡調査期間中の白内障の発生率も低かったとのこと。
エクササイズや運動というと、やせる、ダイエット、マッチョになるとか、そういった面が強調されがちですが、目にも良い効果が期待できるようです。

私見としては、この研究はランニングという運動形式で調査されましたが、他のタイプの運動、例えば筋力トレーニングやハイキングなどでも同様に目への良い効果が期待できるか?を更に調査したら興味深いと思います。中高齢の人達に、毎週16km走るのを期待するのは、ちょっと酷かな、と思います。

| | Comments (0)

07/24/2018

My interpretation of wellness coaching (as of summer 2018)

Because the wellness coaching is a new and fledgling field in the health & fitness, many people don't know what exactly it is yet. In my interpretation, wellness coaching is a mixture of coaching psychology, behavioral psychology, positive mindset, and so on which is required for a desired behavior change, such as adherence to regular exercise habits, improvement of everyday diet. And the fundamental concept can be applicable to various aspects in life as well not limited to your journey in the health & fitness. I also just started learning this new field. I would like to explore this way as well in addition to fitness workout and language practice.

上に書いた内容と関係ないですが、暑い日が続いてますね ...
涼しいうちにトレーニングをしようと、早起きして朝食を済ませ、スクワットを開始するも、2セット目で体力と気力がトーンダウン ...  昨日、気まぐれで数か月ぶりに神社の階段登りをして、ヒラメ筋のあたりに遅発性筋肉痛が出ていて、スクワットの最中の安定感が良くないのと、あまりの暑さのせいかなあ、などと自分を慰めつつ、今日は無理せずに体力を温存することに気分を切り替える。

ここまで暑いと、体に負担をかけ過ぎないようにトレーニングメニューを調整することが必要になってきますね。皆さん。どうぞご自愛下さいませ。

環境省 熱中症予防対策ウェブサイト The ministry of environment website for heat stroke prevention    

| | Comments (0)

07/22/2018

不完全だけど許容範囲 acceptable but imperfect ?

Hey ya'll,  I got an interesting question from one of my learning partners yesterday, that is " What do you think is something that is acceptable but imperfect ? "
I thought it's a intriguing topic at that moment I got the question, and an answer that came out of my mouth was Japanese people's tolerance and generousness to alcohol related cultures, for example, drinking alcohol with one's work colleagues after work is regarded as a kind of catalyst for cultivating a good relations and mutual understanding with coworkers, as a whole, alcohol drinking habits don't have a good image in other cultures, I guess.
So to speak, drinking party in Japan is a kind of imperfect but acceptable important part of socialization.
In your opinion, what do you think is something that is acceptable however imperfect ?

昨日、英語のトレーニングパートナーの一人から興味深い質問をいただいた
「許容範囲だけど完璧ではないものって何だと思う?」
その瞬間思いついたのは、アルコール飲酒に関する日本文化の許容性ということ
健康面から考えたら、多量のアルコールを頻繁に飲むのは決して良いこととは言えない、しかし、友人や同僚との親睦を深めてリラックスする機会としてアルコールは日本の文化の一部である、というようなことを答えた(この答えに納得したかどうか?はちょっとわからないが)
完璧ではないけど許容範囲のものって何だと思いますか?

| | Comments (0)

07/17/2018

中高齢者の筋力トレーニングの必要性 Necessity of strength training for the middle aged and older adults

Today I will translate an BBC article that shed light on the importance of strength workout mainly for prevention of decrease of fitness in later years in life.

Give your bones a workout, public told
Retrieved from BBC website

本日は久しぶりにBBCニュースの健康関連記事の要点を翻訳します。
筋力トレーニングの重要性(特に高齢の方など)をわかりやすく述べています。

PHE(パブリックヘルスイングランド)によると、多くの人が筋肉や骨の健康ためのエクササイズを見過ごしている。
同機関は、正しくエクササイズをすることでいかに人々が健全に歳を重ねていくことができるかに関するアドバイスを人々に提供するためのレポートを立ち上げた。

心肺機能を健康に保つための有酸素運動をしましょうというメッセージは一般の人達の間でかなり広まりつつある一方で、全身の筋力を健全な状態に保つことの重要性は、人々の間でそれほど明確になっていない。

理想は週に2回、(もしくはそれ以上)ストレングス・トレーニング(筋力強化運動)をすることである。バーベルやダンベルなど重りを持ち上げるのもいいし、テニスやダンスエクササイズなども筋肉への効果が期待できる。

筋肉へ刺激を与える運動の例としては
各種の球技
ラケットスポーツ
ダンス
ノルディック・ウォーキング
筋力トレーニング   など

ヨガ、太極拳、自転車こぎも、骨や筋肉の維持・向上やバランス感覚に効果が見込められるようだ。PHEの専門家によると、骨を健康に保つためのエクササイズや運動を定期的に行っているのは、男性の3人に1人、女性の4人に1人といった割合である。

筋肉や骨を強化し、バランス感覚を高める運動はあらゆる年代における心身の健康状態を改善し、早期の死のリスクを減らす可能性を見込める。

また、これらの運動は、人生における様々な身体的に困難な状況、例えば妊娠、更年期障害、疾患の発生、病気からの回復、リタイアメントなどにおける健康状態も改善することが見込まれる。

若年層においては、筋力のピークを迎える30歳前後までに、筋肉量や骨量を作り上げておくことが理想である。高齢者層においては、筋力や筋肉量を維持し、加齢に伴う減少を遅らせることが必要である。いくつになっても始めるのに遅すぎるということはない。

成人向けのエクササイズガイドラインとしては
中強度の有酸素運動(やや速めのウォーキングなど)を1週間に合計150分以上
                および
全身の主要な筋肉群を強化するエクササイズを週に2回、またはそれ以上   

| | Comments (0)

07/16/2018

海の日を英語で説明  July 16th 2018, the Marine Day

Today July 16th is a national holiday in Japan, the Marine day.
So, I will introduce you to the meaning of this holiday.

本日7月16日は海の日ですね、そこで今日のテーマは「海の日を英語でどう説明するか?」です、以下、思いつくまま例文を書いてみますね。

Japan is a small island nation surrounded by the ocean, therefore, blessings from the sea such as fish, seafood, shellfish and so on are very important and precious asset for the everyday lives of Japanese. And, in order to show a sense of appreciation and celebration, this day the Marine Day was established. Another significance of this holiday is to raise people's awareness about conservation of the nature especially marine species and marine environment. Like this, the Marine day has a significant meaning for people in Japan.

訳  日本は海に囲まれた島国です、そのため魚や貝などの海産物は我々日本人の毎日の生活に非常に大きな意味を持ちます。これら、海からの恵みに感謝の念を示し、記念する意味でこの祝日・海の日が制定されました。また、もう一つの重要な意味は、海洋資源や海の環境保全に関する人々の意識を高めるということでもあります。このように、海の日は日本の人々にとって重要な意味があります。

 

| | Comments (0)

07/15/2018

ウェイトトレーニングの消費カロリーは?  Energy expenditure in strength training

One of the most common frequently asked questions regarding strength workout would be probably ... " How much energy is consumed in a strength training session ?  or How much calorie is burned in a muscle training session ?   Concerning this question, the below website would be of some help for estimating/calculating energy expenditure in various strength workouts.  This website is provided by Arizona State University and National Cancer Institute.

According to the table on the page, estimated exercise intensity of strength workout is around 5 to 6 METs, as you can see. METs is an abbreviation for Metabolic Equivalent, which means that , for example, 1 MET is equivalent to O2 consumption of resting state, and 2 METs means its O2 consumption is two times of that of the resting state. So to speak, 5 METs of exercise is equivalent to O2 consumption five times of its resting state. And, calorie expenditure is ... approximately 1 calorie is expended an hour per kilogram of your body weight in 1 MET of activity.  In an exercise of 5 METs,  around 5 kcal is expended in an hour per kilogram of your body weight.

Therefore, a conclusion for the above question is ... if you are engaged in 60 minute of typical strength training session, an estimated calorie expenditure is multiply your body weight in kilogram with five,  for example,  if your body weight is 80kg,  an estimated energy expenditure in a 60 minute weight training session is ... 80kg × 5 = 400 kcal.
Compendium for Physical Activities

筋力トレーニング(ウエイトトレーニング)に関して、よくある質問の一つが「ウエイトトレーニングでは、どのくらいカロリー(エネルギー)を消費するの?」というトピックです。

これに関しては、上記リンクが、おおよその目安を計算する上で役に立ちます。アリゾナ州立大学とナショナル・キャンサー・インスティチュートによるウェブサイトですが、色々な運動や身体活動に要求される運動強度がMETで示されています。

METというのは、運動生理学分野の専門用語ですが、簡単に言いますと、1METの運動で消費される酸素は安静時の酸素消費に等しいということを示す公式です。上記ウェブサイトではウェイトトレーニングの運動強度はおおよそ5METsから6METsと記されています。つまり、ウェイトトレーニングを60分行った場合、安静時の酸素消費量の5倍~6倍の酸素消費量に相当する運動強度ということになります。

1METの運動を60分行った時に消費するカロリーは自分の体重1kgにつき、おおよそ1kcalになります。つまり、ウエイトトレーニングを60分行った場合のカロリー消費量は、体重80kgの人の場合ですと、80kg×5 = 400kcal もしくは、80kg×6 = 480kcal となります。

註 : あくまで、おおよその目安と捉えてください。実際には同じ重さのダンベルやバーベルを同じ回数持ち上げても、腕の長さや脚の長さ(移動距離)の違いなどの条件により、厳密には、実際の仕事量には差が出ますので、その点をご了承のうえ、上記ウェブサイトの情報を利用されることをお勧めします。

関連情報
ウェイトトレーニングの指導者資格の代表的なものの一つ CSCS資格(Certified Strength & Conditioning Specialist)の受験資格が2030年より変更になる旨、米国本部より連絡がありました。詳しくは以下のページをご覧ください
A change in CSCS exam eligibility

| | Comments (0)

07/13/2018

月刊ボディビルディング 1990年~96年 全巻売ります

199093

明けても暮れても1日中ボディビルのことばかり考えていた20代中頃から30代前半の頃に愛読した雑誌「月刊ボディビルディング」、トレーニング法や栄養に関する貴重な情報源でした。思い出のたくさん詰まったこのボディビル雑誌(1990年~1996年までの7年分、合計84冊・全号揃っています)、部屋の収納スペースの都合上、処分することにしました。

つきましては、買い取っていただける方を探しております。問題は価格ですが、ネット上のオークションでは月刊ボディビルディングは、1冊 おおよそ900円
前後で落札されているようです 月刊ボディビルディング誌、オークション価格相場

199496

したがいまして、これを参考価格とさせていただき、900円×84冊=75,600円でお願いしたく思います。本の保存状態は写真をクリックすると大きな画像でご覧になれますが、背表紙などに多少の傷みなどありますので、消費税はサービスいたします。
また、特別特典として、1997年の1月号・2月号・3月号を無料でお付けします。
写真の通り、1月号は通算400号特別記念号、2月号と3月号はボディビル界で有名なスター選手の当時の写真が表紙で、希少でレアなアイテムです!
このブログの私のプロフィール写真の下の Email Me をクリックするとメールを送れますので、ご希望の方やお問い合わせはこちらからどうぞ。

購入御希望の方が複数いらっしゃる場合は、上記の価格をスタート価格としてオークション形式としたいと思います。価格が更新された場合、この記事のコメント欄に追加していきますのでチェックをお願い致します。

受付期間は2018年8月31日 21:00PM までとさせていただきます。
よろしくお願い申し上げます。

97

97_2

97_3

余談ですが、この当時、月刊ボディビルディングに加えて、マッスル&フィットネス誌とアイアンマン誌も愛読しておりました。思い出としてとっておきたい気持ちもあるのですが、部屋の収納スペースの都合を考えると、これらも何らかの形で、少しづつ処分していくことになるのかもしれません。

| | Comments (0)

07/08/2018

茶の都ミュージアム訪問 Green Tea Museum

Dscf2268

Today I visited this facility, which is a kind of museum for introducing and having the visitors experience green tea cultures.
Shizuoka Green Tea Museum
I had a good and meaningful time with today's lecturer, guests, and operating staff members. thanks guys !

本日は静岡県島田市にある「ふじのくに茶の都ミュージアム」を訪問(語学研修の一環として)
茶道の体験が格安でできたり、展望台からの眺めも良いし、心地の良い施設です
肝心の語学レッスンは、fermentationとbrewingの違いをディスカッションしたり、中々有意義な時間を持てました

| | Comments (0)

07/07/2018

A kind of innovative view - age restriction on high dosage of caffeinated drinks.

Today I talked with one of language training partners from Europe about possible health benefits of green tea. When it came to the topic of caffeine contained the green tea, that training partner's perspective was very interesting, and a kind of innovative to me. That is ... " high dosage/high intake of caffeine can be sometimes addictive, so, how about setting up a age restriction on high intake of green tea in terms of safety on the human body and health ? ". Speaking of which, high dosage of caffeine in the urine can be a subject of drug testing in the Olympic Games and that kind of athletic events, so, in terms of safety and health on the human body especially for youths, that training partner's point saying that setting a age restriction might be quite reasonable. Of course, I'm in a position to convey and promote Japanese culture to people from overseas as a certified translator, so, setting a age restriction on green tea or things like that might not be preferable in terms of sales promotion of teas ... etc.  However, aside from that point, innovative perspective or looking at things from different perspective from traditional ones would be very important in everything, I guess.

本日は英語のトレーニングパートナーの一人と「日本茶の健康効果」について話したのですが、非常に興味深いというか面白いアイデアがありました。そのトレーニングパートナー(ヨーロッパの方)いわく、「お茶やコーヒーに含まれるカフェインは大量に摂取すると中毒性や依存性を生じることもあるので、安全と健康(特に若年層の)を考えたら、お茶やコーヒーなどカフェインを含む飲料を多量に飲む場合は、年齢制限を設けたらどうか?」ということでした。要するに、お酒やたばこなど嗜好品の年齢制限と同じようなものですね。

僕は、日本の文化を海外からの観光客の皆さんに紹介するという立場にもありますので、その意味では「お茶の大量摂取には年齢制限をもうけたらどうか?」というアイデア(まあ、半分ジョークだったかもしれませんが)などを声を大にして言ったら、けしからん、ということになってしまいますね。でも、それは別として、このカフェインの件に限らず従来の枠や物の見方にとらわれない斬新な視野というか発想は非常に大切なことだなあ、と感じた次第です。

| | Comments (0)

07/06/2018

ローテーターカフ筋 4つの覚え方  A formula for memorizing muscle groups in the shoulder rotator

Which exercise is contraindicated for persons with impingement syndrome of the shoulder rotator cuff muscles ?

This is one of discussion topics for a study group of ACSM certified Exercise Physiologist, which I retrieved from their internet site, and the following is my answer which I posted on their site. What I learned newly through this discussion is ... as you can see in my post, how to memorize names of muscles that constitute the shoulder rotator muscles. A key word for it is SITS, which is an acronym of the four muscles in the shoulder rotators,  1), Supraspinatus, 2) Infraspinatus, 3) Teres minor, and 4) Subscapularis.

1), Overview of the rotator cuff muscles and impingement syndrome.
The rotator cuff muscle group is most important in maintaining the humeral head in its proper position within the glenoid cavity. The acronym SITS may be used in learning the names of the supraspinatus, infraspinatus, teres minor, and subscapularis. These muscles must possess not only adequate strength but also a significant amount of muscular endurance to ensure their proper functioning, particularly in repetitious overhead activities such as throwing, swimming, and pitching.
When these types of activities are conducted with poor technique, muscle fatigue, or inadequate warm-up and conditioning, the rotator cuff muscle group fails to stabilize the humeral head in the glenoid cavity, resulting in further rotator cuff problems such as tendinitis and rotator cuff impingement within the subacromial space (Floyd, 2012).

2), Contraindication and recommended exercises for the shoulder impingement syndrome.
Overhead pressing exercises such as shoulder press and all forms of bench press exercise should be used cautiously. The decline bench press stresses this area the least, therefore may be an appropriate exercise choice in reintroduction of the bench press.
The upright row should also be used with caution, as rowing too high (elbows up too high) may exacerbate the impingement type pain.
Clients who have had impingement syndrome should concentrate on continued rotator cuff and scapular exercises. Multiple types of rowing exercises targeting the rhomboids and middle and lower trapezius, especially focused on scapular retraction and depression, are recommended (Coburn & Malek, 2012).

Reference
Floyd, R.T. (2012). Manual of structural kinesiology, eighteenth edition. New York:NY. McGraw Hill.

Coburn, J. W., & Malek, M. H. (2012). NSCA's essentials of personal training, second edition. Champaign:IL. Human Kinetics.

「肩のローテーターマッスルのインピンジメント症候群のあるクライアントに忌避されるべきエクササイズ(おススメできないエクササイズ)は何か?」

これは、ACSM エクササイズ・フィジオロジストの自主勉強グループのサイトで出題された課題トピックの一つです。上記がサイト上に記載した僕の解答です(ご覧のとおり、自分自身の書いた回答をコピペしました 笑)

全文訳すと長くなるので省略しますが、今回、僕が新たに学んだのはローテータカフを構成する4つの筋肉の名前を覚える「公式」があるということです。それは、SITSと言いまして、それら4つの筋肉の英語名を頭文字にしたものです。

S     supraspinatus  (棘上筋)
I     infraspinatus    (棘下筋)
T     teres minor      (小円筋)
S     subscapularis  (肩甲下筋)

英語で試験を受験される方などは、こうすると覚えやすいですよね。 

| | Comments (0)

07/05/2018

静岡県 通訳案内士名簿(2018年5月現在) Name lists of certified translator & tour guide registered on Shizuoka-pref

静岡県に登録している通訳案内士、および地域限定通訳案内士の名簿が2018年5月に更新されましたので、ご報告させていただきます。

The above link is a name list of certified translator & tour guide who are registered on the Shizuoka prefecture office (as of May 2018). Although lists on this page are written in Japanese language, my information is on the second page of the National English Translator & Guide, and on the first page of the Local English Translator & Guide. I earned these certifications as a milestone of language learning in 2007.
I'm glad if my language/translation skills are of some help especially for some contact point of health/fitness and tourism, plus better worldwide understanding.

| | Comments (0)

07/04/2018

個人情報管理システム ISMS の通訳・翻訳  translator of ISMS related topics

Today, I will write about my today's work as a certified translator, not as a fitness professional.  I was invited by an IT company in my city, and had a lecture/translation for the company's employee from overseas. The lecture topic was ISMS, which stands for Information Security Management System.

As you know, nowadays on the internet world, protection of personal information, and prevention of the threat of targeted attacks, ransomware such as Wannacry and so on are a very important matter especially for companies and organizations that manage/deal with informational assets. In order to raise awareness about these matters among the employees, that IT company held a training workshop, and fortunately I was appointed as a translator for it.

Of course, IT related topics are out of my expertise as a fitness professional, however, today's experience became a very good opportunity to horn and brush up one's skills and consciousness as a professional translator. I would like to thank for the kindness of that company and their staff members.

本日は、市内のあるIT関連企業に招かれて、通訳・翻訳業務をしてきました。6月23日の記事 で書いた通り、個人情報の保護やランサムソフトウェアの脅威などをいかに未然に防ぐか?というのは情報を多く扱う企業や自治体等にとっては、非常に重要な問題になりつつあるようです。

この企業様では、これらの面に関する従業員の意識や知識を高めるため、ISMS (Information Security Management System) に関する社員研修を実施し、今回、僕は外国人従業員の方の通訳・翻訳担当として務めさせていただきました。

本来の自分の専門分野である健康・フィットネスや行動変容心理などとは違い、情報管理に関する内容なので、不慣れで戸惑う部分もありましたが、貴重な勉強の機会を与えていただき感謝です。同様の内容の講義や研修の英語通訳・翻訳要員をお探しの方いらっしゃいましたら、微力ながらもお役に立てると幸いです、お気軽にお問い合わせください。

静岡県登録 通訳案内士名簿 (2018年5月現在)

| | Comments (0)

07/03/2018

エクササイズ器具か?おもちゃか? ポーゴスティック Pogo stick - an exercise equipment ? or a toy ?

One of my acquaintances in Europe showed me the presence of this device today.
She told me that she is going to use this as an exercise equipment.
Basically this can be a good explosive exercise that requires almost the entire muscles on the body, except for the possibility of dangers and risks of accidents and injury.

Actually, in Japan as well we have similar traditional playing tool/toy called bamboo made horse. Basically it is used for gaming attraction especially in family gathering of new years celebration.
ヨーロッパの知人が、この器具の存在を教えてくれました。「知り合いが500ドルで米国より購入した」と言っていました。まあ、おもちゃみたいなものでしょうが、危険がないように使用すれば良い全身運動にもなるかもしれませんね。
竹馬の進化版みたいなものでしょうか ...

| | Comments (2)

07/02/2018

2019フィットネストレンド調査に参加  Diary July 2nd 2018  

I participated in a survey for 2019 fitness trend yesterday. As many of you guys in the fitness industry know, the survey result is announced at around November or December of that year. Therefore I can not tell you details about what were on the trend list for the next year at this time, however, I will tell you a little bit of a possible trend direction.

Among the items on the list, the followings were especially interesting and intriguing to me in terms of future direction and further growth of the industry.
1), Exercise is Medicine
2), Raising standards of education and certification levels of fitness professionals
3), health & wellness coaching
4), fitness programs for the elderly
5), starting a discussion for establishing a licensure system for fitness professionals in the future.
Although this is only my prediction, these points will be among the top rankings of the result.

毎年恒例の、フィットネストレンド調査に今年も参加しました。これは、世界中で数千名のフィットネス業界関係者にアンケート形式で翌年に業界で何か注目を浴びるか?何が話題になるか?を回答してもらうものです。あらかじめ、数十の項目がリストアップされていて、回答者の興味のあるもの、重要だと思うものに10点満点評価で点数をつけていきます。また、どうしてそれを選んだか?など理由やコメントを記載することも可能で、またリストに載っていない項目で、これは今後要注目だよ、というものを追加提案することも可能です。

調査結果はその年の11月~12月頃に米国スポーツ医学会 (ACSM)より発表されますので、現時点では詳細なコメントはできませんが、どんなものが僕の興味を引き付けたか、少しだけお伝えしますね。

1)  エクササイズ イズ メディシン(フィットネスクラブ等に参加する皆様の年齢層が上がり、その多くは慢性疾患など抱えているので、フィットネス指導員も、それら代表的な慢性疾患に対する知識を高めましょう、また必要に応じてフィットネス関係者と医療関係者の皆様が協力・提携できるような枠組みを構築しましょう、というもの
Exercise is Medicine official website

2)  ヘルス&ウェルネスコーチング(健康関連の行動変容における心理的サポート。簡単に言うと、どんなに素晴らしいトレーニングプログラムがあっても、顧客の気持ちが前向きにならないと、効果を発揮しないということ、そのための心理学的側面を学ぶもの。僕が学校で専攻した分野の一つはこれです)

3)  フィットネス指導者向けの免許制度の創設に向けて、そろそろ検討を始めてはどうか?という提案
フィットネス業界というのは歴史の浅い業界です。多くの国でフィットネスクラブが普及しはじめたのは1980年代の中頃からです。つまり、この業界は産業としては30年程度の歴史しかないわけで、まだまだ未熟な業界です。インストラクター/トレーナー向けの資格は沢山存在しますが、それらがなければ働けないというわけではありません。つまり、フィットネス関連の資格というのは、その指導員の知識や腕前を示す目安のようなもので、何かに例えるなら格闘技の段位や英検の級のようなもので、「免許」ではありません。

しかし、人様の健康と体力づくりをお預かりする仕事なので、指導員の質の保証や最低ラインの均質化というのは業界の将来の発展のためにも大切なことと思われ、そろそろ、インストラクターやパーソナルトレーナーの資格を「免許」制度に引き上げる方向で検討や議論を始めてはどうか?という提案です。

あくまで僕の予想ですが、11月頃に発表される調査結果では、これらの項目が上位にランクインするのでは?と感じています。

| | Comments (0)

07/01/2018

東京体育館の思い出 Memories of Tokyo Gymnasium

Tokyo_gymnasium

The photo is a scenery of an entrance to Tokyo Gymnasium, which was built in 1964 as a preparation for hosting the Tokyo Olympic Games then. I got this photo from my friend who has been swimming there once a week or so for over 20 years for his health & fitness.

This Gymnasium is going to be reconstructed with a new one soon as a venue for the 2020 Tokyo Olympics. I also used to have workout or swimming in the summer around here in my 20's. So, I'm reminiscent of the scenery of the good old gymnasium.

写真は千駄ヶ谷の東京体育館の入り口部分です。今朝、友人よりこの写真が届きました。友人は健康のため、ここのプールで20年以上泳いでいます。ご存知の通り、2020年の東京オリンピックの準備として、この体育館は改築されることになっており、取り壊しの決まったこの旧・体育館の景色も、もうすぐ見納めというか、僕自身も20代の頃、友人と一緒にこの付近で夏にプールで遊んだり、良い思い出が沢山あるので、懐かしい気分ですね。
旧・東京体育館、ありがとう。

| | Comments (0)

« June 2018 | Main | August 2018 »