« 加圧トレーニングの海外記事 (ACSM) Kaasu Training | Main | 東京体育館の思い出 Memories of Tokyo Gymnasium »

06/29/2018

エクササイズ中の室温が食欲に影響する? Temperatures during exercise can have an influence on your appetite ?

I wrote the following topic on this blog 10 years ago from now (in 2009), however, access to this post seems to be increasing little by little recently, so, I hereby will take that topic again with the addition of its original research link.

According to this research, it seems that climatic environment (temperatures) during exercise has some relation to suppression/promotion of appetite afterwards. The key to this phenomena is a hormone named as " peptide YY ".  Let's find out what it is through the link below.

Note : profuse sweating during exercise in an extremely hot environment can lead to risks of dehydration, heatstroke and so on. Therefore consideration and precaution concerning this point would be important and necessary.
     
以下の記事は、2009年にこのブログに書いたものですが、最近、少しづつアクセスが増えているようなので原文記事を添付し、再録致します。

(もとは、ロイター通信のニュースがアメリカン・ジャーナル・オブ・クリニカル・ニュートリション 2009年11月号掲載の記事を引用紹介したもの)

内容・・・・・若く活動的な男性11人を対象に、室温が適度(25度)と高温(36度)のジム内でウォーキング40分を行わせ、その後の食欲を調べた。

室温25度で運動した場合、安静時と比較して、平均で300カロリー程度、食欲が増加した。一方、室温36度で運動した場合、安静時と比較して、特に食欲が高くなることはなかった。

満腹のシグナルとなる「ペプチドYY」というホルモンは、高温環境下で運動するほうが、分泌が高まるんだそうです。

私見ですが、よく、「ダイエットのために運動したけど、後でおなかが空いちゃって、余計に食べちゃった」という話を聞きますが、運動後の食欲の増進を抑制するためには、この研究結果に基づいて考えるならば、高温環境で運動したほうが効果的かもしれないということになります。ホットヨガとか、サウナスーツを着てトレーニングしたりするのも、この点では理にかなっているのかもしれません ...  ただし、熱中症や多量の発汗による脱水症状の可能性など危険性も内包しているので、その点は充分御注意下さい。 

原文記事 Original article

Retrieved from American Journal of Clinical Nutrition, Volume 90, Issue 5, 1 November 2009, Pages 1215–1221.

関連記事(運動は食前にすべきか?食後か?)

|

« 加圧トレーニングの海外記事 (ACSM) Kaasu Training | Main | 東京体育館の思い出 Memories of Tokyo Gymnasium »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 加圧トレーニングの海外記事 (ACSM) Kaasu Training | Main | 東京体育館の思い出 Memories of Tokyo Gymnasium »