« February 2018 | Main | April 2018 »

03/25/2018

Diary March 25th 2018 ドラゴンへの道の微妙なニュアンス

The following is my thought about slight difference in interpretation of English language version and Japanese language version of Bruce Lee's movie " The Way of the Dragon "

From the English title " the way of the dragon", what you imagine would be ... determination and pride as a dragon, like " I will go this way as a dragon  or born this way "
On the other hand, when this movie was released in Japan, this title was translated into Japanese language like this " the way to(or for/toward)the dragon ".  which evokes images like " I will keep striving for my lifetime in order to become the dragon".  In other words, efforts and endless practice for the higher state are emphasized, I guess.
This slight difference in the English title and the Japanese title would be a kind of cultural difference in the west and the east. I like the both titles and cultures.
ブルース・リー氏の代表作に「ドラゴンへの道」という映画があります。英語版のタイトルは「ザ・ウェイ・オブ・ザ・ドラゴン」です。 ウェイとはこの場合、生き方や人生を意味します。つまり、この英語タイトルを直訳すると、ドラゴンの人生、とか、ドラゴンの道、といった感じになります。日本語版のタイトルは「への道」と訳されています。英語版はつまり、「ドラゴンとしての人生・生き方」というニュアンスです。一方、日本語版は、「本物のドラゴンになるため(近づくため)の道」という感じがします。

つまり、英語版からは、俺はドラゴンとしてこの道を行くんだ、という決意とプライドのようなものを感じます。ボーン・ディス・ウェイ(この道を生きるために生まれた)に似ています。日本語版からは、常に理想の境地を目指して努力を続けるという東洋的な謙遜を伴った決意のようなものを感じます。「ドラゴンとしての人生」なのか「ドラゴンを目指す道」なのか、ちょっとした訳の違いですが、西洋と東洋の文化の違いを反映しているように思います。       

| | Comments (0)

03/21/2018

Diary March 21st 2018 A sensitive topic - difference in currency value

I will write today's diary in Japanese only, because I don't have much opportunity to write Japanese language recently. Keeping a diary in one's mother tongue is a way to maintain one's mother language skills currently for me. it's a kind of funny irony, you know.

フィリピンやセルビアの先生たちと英語を話していて、ちょっと微妙な話題は、日本と相手国の物価や人件費の違いなど貨幣価値の話題になった場合。
以下は、本日のやりとり

先生 「フィットネスクラブに入会しようか検討しているんだけど、月会費がちょっと高くてどうしようかな?と思ってるの。月に20ドル相当なのよ、高いよね?」

僕 「うーーん、こんな話題に触れていいのかどうかわからないけど、国によって貨幣価値というのは大きく異なるからなあ、何とコメントすべきかわからないよ。例えばね、東京のフィットネスクラブだと月会費は1万円前後(およそ100ドル相当)のところが多いから、日本でジムの月会費が2000円前後(約20ドル相当)なら、すごくお得なんだけど、僕は先生の国の物価のことはわからないからなあ。 高いと感じるかお得と感じるかは、結局、自分の生活の中で何に優先順位を置いて考えるか?だと思うよ」

先生「えーーっ、月に100ドル? 日本のジムの会費はそんなに高いの?」
先程まで何だか嬉しそうだった先生の顔が、深刻になってしまい、この日の会話はなんか重々しい雰囲気になってしまった ....

フィットネスの仕事をしている僕に、「ジムに入ろうかな?」なんて話をしてくれるということは、僕と話題を合わせるように先生なりに気を使って下さっているのだろうと思う。後になって考えたら、具体的に日本の物価の例(日本のジムの会費)を伝えるよりは、「そうだよね、ちょっと高いよね」とか「例えば、先生の国では、ランチ一回分はいくら位?」とか、やんわりとした相槌の打ち方があったと思う。自分としては、正確な情報をお伝えしたくて、日本のジムの会費の例を出したのだが、この先生が僕と同じフィットネス業界の人間ならまだしも、英会話の先生をしている若い女性に、この先生の国と日本の貨幣価値の違いという過酷な現実を、伝えてしまったことになり、今になって後悔している。
何て、気の利かない、嫌みな東洋人かと、先生を失望させてしまったかもしれないし、この先生の勤労意欲を逆撫でしてしまったかもしれない。僕は、何気なく言った一言でいつもこんな失敗ばかりしています。

| | Comments (0)

03/18/2018

Diary March 18th 2018 Everyone has its own uniqueness

If the 7 billion people on the planet were exactly the same in terms of personality, way of thinking, outlook, values, and so on, that will make the world a very tiring place. Each individual is different, that is why human relations can be sometimes complicated, and sometimes thrilling and exciting.  Have a nice Sunday everyone !

| | Comments (0)

03/17/2018

Diary March 17th 2018 - 城みちる考察 Michiru Jo  

This is an old hit song in Japan in mid 1970's. Lyrics of this song catches my heart recently for some reason. So, I tried translating the lyrics from Japanese language to English below.

When you miss someone who is close to you, go to the see and look at the horizon. A boy (a prince charming for you) riding on the dolphin will be coming to see you from the space between the sea and the sky. Holding a bunch of flowers, he is coming from a far away country in the south just for meeting you. Don't worry and rest assured, even the ocean winds will rub your cheek gently.
先日、インターネットで往年のアイドル歌手・城みちるさんの話題を見ました。城さんは、裕福な家の出身だそうで、お金を稼ぎたくて歌手を目指したというよりも、人前で歌うことが好きで、要するに自分の信念を持った趣味というか生き甲斐としてアイドルをやっていたらしいです。現在は、お父様の事業を継いで多忙な社長業の合間をぬって芸能活動も行っているとのこと。ボランティア活動として老人ホームの慰問コンサートなどもやっているらしいです。
城さんはもうすぐ60歳に届く年齢とはいえ、年配のおばさまの方々の目には、顔とか雰囲気が「若い頃は白馬の貴公子みたいな感じだったんだろうな」的なイメージに映るかもしれませんね。
老人ホームで暮らしている高齢の方々、精神的に不安で孤独な部分も多いだろうと思います。この先の健康のことや、離れて暮らしている家族のことなど。そんな状況で、往年の王子様みたいな人が突然現れて、「遠い国から、君に会うためやってきた」なんて歌ってくれたら、おばさま達の心は、良い意味で、夢見る少女状態になって、気持ちも若返り、明日への希望もわいてくるんじゃないでしょうか。
もしかしたら、僕の勝手な拡大解釈かもしれませんが、城さんの活動のように、純粋に人に夢や希望を与えられる人は素晴らしいと思います。
P.S.  What I felt today - You started to exceed your past-self little by little,  it is a slight progression though ...   

| | Comments (0)

03/11/2018

Diary March 11th 2018

Although there is nothing much to write, my dominant language is changing day by day between English and Japanese. that is my current state of mind.

| | Comments (0)

03/05/2018

Diary March 5th 2018

A message to oneself

Concentrate on what you should do right now in this moment, believing in yourself and believing in people who could support you.

| | Comments (0)

« February 2018 | Main | April 2018 »