« Diary March 21st 2018 A sensitive topic - difference in currency value | Main | Diary April 1st 2018 »

03/25/2018

Diary March 25th 2018 ドラゴンへの道の微妙なニュアンス

The following is my thought about slight difference in interpretation of English language version and Japanese language version of Bruce Lee's movie " The Way of the Dragon "

From the English title " the way of the dragon", what you imagine would be ... determination and pride as a dragon, like " I will go this way as a dragon  or born this way "
On the other hand, when this movie was released in Japan, this title was translated into Japanese language like this " the way to(or for/toward)the dragon ".  which evokes images like " I will keep striving for my lifetime in order to become the dragon".  In other words, efforts and endless practice for the higher state are emphasized, I guess.
This slight difference in the English title and the Japanese title would be a kind of cultural difference in the west and the east. I like the both titles and cultures.
ブルース・リー氏の代表作に「ドラゴンへの道」という映画があります。英語版のタイトルは「ザ・ウェイ・オブ・ザ・ドラゴン」です。 ウェイとはこの場合、生き方や人生を意味します。つまり、この英語タイトルを直訳すると、ドラゴンの人生、とか、ドラゴンの道、といった感じになります。日本語版のタイトルは「への道」と訳されています。英語版はつまり、「ドラゴンとしての人生・生き方」というニュアンスです。一方、日本語版は、「本物のドラゴンになるため(近づくため)の道」という感じがします。

つまり、英語版からは、俺はドラゴンとしてこの道を行くんだ、という決意とプライドのようなものを感じます。ボーン・ディス・ウェイ(この道を生きるために生まれた)に似ています。日本語版からは、常に理想の境地を目指して努力を続けるという東洋的な謙遜を伴った決意のようなものを感じます。「ドラゴンとしての人生」なのか「ドラゴンを目指す道」なのか、ちょっとした訳の違いですが、西洋と東洋の文化の違いを反映しているように思います。       

|

« Diary March 21st 2018 A sensitive topic - difference in currency value | Main | Diary April 1st 2018 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Diary March 21st 2018 A sensitive topic - difference in currency value | Main | Diary April 1st 2018 »