« Diary March 11th 2018 | Main | Diary March 18th 2018 Everyone has its own uniqueness »

03/17/2018

Diary March 17th 2018 - 城みちる考察 Michiru Jo  

This is an old hit song in Japan in mid 1970's. Lyrics of this song catches my heart recently for some reason. So, I tried translating the lyrics from Japanese language to English below.

When you miss someone who is close to you, go to the see and look at the horizon. A boy (a prince charming for you) riding on the dolphin will be coming to see you from the space between the sea and the sky. Holding a bunch of flowers, he is coming from a far away country in the south just for meeting you. Don't worry and rest assured, even the ocean winds will rub your cheek gently.
先日、インターネットで往年のアイドル歌手・城みちるさんの話題を見ました。城さんは、裕福な家の出身だそうで、お金を稼ぎたくて歌手を目指したというよりも、人前で歌うことが好きで、要するに自分の信念を持った趣味というか生き甲斐としてアイドルをやっていたらしいです。現在は、お父様の事業を継いで多忙な社長業の合間をぬって芸能活動も行っているとのこと。ボランティア活動として老人ホームの慰問コンサートなどもやっているらしいです。
城さんはもうすぐ60歳に届く年齢とはいえ、年配のおばさまの方々の目には、顔とか雰囲気が「若い頃は白馬の貴公子みたいな感じだったんだろうな」的なイメージに映るかもしれませんね。
老人ホームで暮らしている高齢の方々、精神的に不安で孤独な部分も多いだろうと思います。この先の健康のことや、離れて暮らしている家族のことなど。そんな状況で、往年の王子様みたいな人が突然現れて、「遠い国から、君に会うためやってきた」なんて歌ってくれたら、おばさま達の心は、良い意味で、夢見る少女状態になって、気持ちも若返り、明日への希望もわいてくるんじゃないでしょうか。
もしかしたら、僕の勝手な拡大解釈かもしれませんが、城さんの活動のように、純粋に人に夢や希望を与えられる人は素晴らしいと思います。
P.S.  What I felt today - You started to exceed your past-self little by little,  it is a slight progression though ...   

|

« Diary March 11th 2018 | Main | Diary March 18th 2018 Everyone has its own uniqueness »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Diary March 11th 2018 | Main | Diary March 18th 2018 Everyone has its own uniqueness »