« October 2017 | Main | December 2017 »

11/29/2017

Diary Nov 29th 2017 Co-existence of sport, entertainment, and serious fighting art

This is an entrance scene of MMA style match Kiyoshi Tamura vs Renzo Gracy which was taken place on the RINGS fighting network nearly 20 years ago from now. Tamura was a fighter in Universal Wrestling Federation (UWF), which debunked for financial reasons a little bit before this bout. The theme of UWF was " sporty shoot wrestling " and Tamura loved and. In other words, UWF was a belief and reason to live for Tamura. The opponent Renzo Gracy was representing the Gracy family of Brazilian jyujitsu. The audience was expecting Tamura would embody the pride and legacy of UWF against one of representative fighters of Gracy family through this bout.  Usually Tamura was using another theme music for his entrance in those days. However, Tamura chose the theme music of UWF intentionally for this bout specifically.  The big surprise of fans right after the intro of this music tells everything such as determination of Tamura and expectation of fans. So to speak, what on Tamura's shoulders were beyond our imagination, I think. That is why I get a power and courage from this video every time I watch it.

もう20年近く前の映像ですが、リングスでの田村潔司vsヘンゾ・グレーシーの入場シーン。田村が所属していたUWFプロレスは経営上の理由で、この試合の少し前に解散してしまいました。しかし、田村はUWFの理念である「ルールに基づいたスポーティな総合格闘技」を信条としていました(おそらく、今でも)。 当時、田村選手は試合での入場テーマ曲には別の音楽を使用していましたが、グレーシー柔術を代表するヘンゾ選手とのこの試合では、自分の愛するUWFのテーマ曲に乗って入場してきました。
UWFの解散以降、ファンの誰もが、もうあの曲は聞けないと思っていました
しかし、ここ一番で田村はUWFの威信と自分の信念をかけてこの曲を選んだのだと思います。曲が始まった直後のファンの驚きと大歓声が全てを物語っています。
気が付けば、僕自身も、自分の所属するフィットネス団体などの信頼を背負う立場になりつつあります。この一戦で、田村選手の背負った決意と覚悟を思うと胸が熱くなります。
(実況付きバージョンhttps://www.youtube.com/watch?v=mTmoGlWKj7A)

| | Comments (0)

11/27/2017

Diary Nov 27th 2017

Start sailing little by little

| | Comments (0)

11/25/2017

Diary Nov 25th 2017

How you turn a negative view into a positive view. In other words, how you convert some uncomfortable events such as a trivial misunderstanding with your coworkers into an opportunity to get to know their ways of thinking better, and a chance for one's growth.  That kind of change of perspective would be necessary for me.

| | Comments (0)

11/21/2017

Diary Nov 21st 2017 Gary V

I'm not sure this singer Gary Valenciano is known in the USA and Europe, however his song " I will be here " is one of my recent favorites. His song and lyrics are very heart touching. I knew about him through one of my learning partners in the Philippines.  I hope you enjoy the video

フィリピンの人気歌手 ゲリー・ヴァレンシアーノのヒット曲 I will be here です。だいぶ前に、フィリピンの先生から教えてもらったのですが、よい曲で気に入っています。ニックネームが「ミスター・ピュアエナジー」のゲリー・ヴィーさんにも暖かい人柄を感じます

| | Comments (0)

11/19/2017

Diary Nov 19th 2017 - achievement rate of 60 - 70 %

I had my current English skills evaluated on an online English conversation service yesterday. I booked a new instructor to me, and introduced myself briefly at the beginning of the 25 minute session. After that I conveyed my scores in TOEFL and TOEIC test to the instructor. And, the instructor sent me the following link on the chat board, so I answered the first 12 questions or so in the remaining 15 minute. After the discussion, I asked the instructor my current English skills on a scale of 10. The instructor's answer was " from 6 to 7 out of 10,   the reason for the 3-4 point reduction is your weaknesses in listening comprehension ".  I don't know the validity of this instructor's evaluation, because the discussion was based on the written topics on the webpage, I mean listening skills evaluation was not included that discussion.  The instructor was only listening my speech. So, I think this instructor's evaluation was biased with my scores in TOEFL and TOEIC,  because my scores in listening scores were lower than the other sections. In other words, this instructor was having a preconception saying that this guy would be not good at listening. (I told her my test scores before the discussion). besides, this instructor is not a native English speaker, a person in a European country, who majored in English literature at a college).  However, I'm willing to accept the evaluation saying that 6-7 out of 10,  because it means if I improve my English by 30-40 %, it would become a satisfactory level.  I'm not sure the meaning of the score 10, whether it is a level equivalent to native speakers,  or a satisfactory level among people who are learning English as a second language ...  Anyway, if I was given 8-9 score, I would be satisfied with the status quo, and my progression would stop there. In that sense, I appreciate that instructor's evaluation saying that " your current achievement rate is from around 60 - 70 % ".   There is still a room for improvement !
question topics used for the evaluation https://esldiscussions.com/e/entertainment.html

昨日は、いつもお世話になっているオンライン英会話の先生がフィリピンの先生もヨーロッパの先生も皆、休みだったので、初めての先生を予約してみた(セルビア出身の30代の女性で、大学で英文科だったとのこと)。初回なので、現在の僕の英語力を評価してもらった。簡単な自己紹介をして(住んでいるところや職業など)、おおよそのレベルを伝えるために過去に受験したTOEFL ibt とTOEICの点数を伝えた。
その後、ディスカッション用のお題がチャットボードで送られてきた(上記リンク)。15分位の間に、最初の10問程度のお題に自分なりの考えを述べた。 つまり、トーフルのスピーキングセクションのインディペンデントタスクを10問程度やったような形式。その後、先生の判定は「そうねー、今のあなたの英語力は、10段階でいうと6から7の間位かな、3~4減点した理由は、あなたはリスニングが得意ではないから」とのこと。
僕がお題に答えている間、先生は聞いているのみで、意見のやりとり、つまり僕が先生の英語を聞き取るというリスニング的な要素はこの15分間の評価には、ほとんど含まれておらず、もっぱら僕が英語を喋っていただけ、つまり、スピーキング主体のテスト。なのに、リスニングを減点の理由にしたのは、事前に僕が伝えたTOEICの点数に先入観を持っていたのでしょう。僕のTOEICスコア(2008年受験)はリーディングは満点、リスニングは正解率8割程度だったので、「こいつは、日本人にしては、喋るのはまあまあ上手いけど、リスニングはイマイチなんだろうな」と思い込んでいたのだと思われる。
でも、6から7という評価で感謝しています。8とか9の評価をもらったら嬉しいけど、現状に満足してしまって、今以上に頑張ろうという向上心が薄れます。こんなアルバイト感覚のレベルの低い講師に、適当に6から7の評価をつけられて、正直、悔しさがこみ上げましたが、それと同時に、もっともっと頑張って改善しようと思えました。
余談ですが、「今まで多くの日本人のレッスンを担当したけど、TOEFLのスコアを申告してきた人は、あなたが初めてよ、TOEICの点数を言ってくる人は多いけど...」と言っていました。

| | Comments (0)

11/16/2017

Diary Nov 16th 2017 - ビール瓶=ハリセン理論

Today's topic is my thought about the recent scandal of Japanese Sumo wrestling world, and this topic is closely associated with traditional and indigenous japanese culture and values, therefore this topic is not suitable for writing it in English, so, I will write today's post in Japanese language only (僕は、最近の相撲には全く興味がありませんが、本日、エクササイズクラスの休憩中に例の相撲の話題が出ましたので、僕の意見を書きたいと思います。この話題は日本固有の価値観に根付いたことだと思うので、今日は日本語だけで書きます)

まず、事実関係がわからないのではっきりしたことは言えませんし、言う立場にもありません。世間の意見では、若い衆を酒の席で殴った力士を非難する声が多いようですが、これはプロの格闘家(力士)の仲間内のことであり、世間一般の常識や価値観とは異なる世界の話だということ。
何かに例えるならば、お笑い芸人の方々が仲間や相方にツッコミを入れるときに、スリッパやハリセンでひっぱたいたりします。昔は相方へのツッコミとして飛び蹴りを喰らわすコンビもいたように記憶しています。日本の伝統的なお笑いの価値観では、頭をはたいたりするのは、一見、乱暴に見えても、ある種のスキンシップやコミュニケーションのようなものだと思います。カラダを通じて友情を確認したり、親睦を深めたり。
格闘技も同様に肉体を通じて会話する人達だということ。酔った席で、無礼な後輩へ説教するのに、ビール瓶で小突くくらい、そんなに大騒ぎするような問題ではないように思うのですが ...(もちろん、格闘家が一般人相手に同様のことをしたら大問題ですが)
むしろ、上位にランクされている自分の地位を危険にさらしてまで、相撲の世界の中での礼儀・礼節を世間知らずの若い力士に教えようとしたのは、ある意味勇敢なことだと僕は思います。
今回の件を更に複雑にしているのは、外国出身力士への偏見のようなものも多少なりとも関わっている気がします。日本人以外の力士が優勝すると、その外国出身の力士を苦々しく思うような雰囲気がまだ一部に根強く残っているように思います。同じようなことは海外でもあると思います。例えば、テニスのウィンブルドンで英国以外の選手が優勝すると、イギリス人の中には、快く思わない人達もいるように。
はっきり言って大相撲の文化は日本国内では次第に衰退していっているのが現状だと思いますが、外国出身の力士が、失われつつある日本の伝統文化を継承してくれていることを考えると、彼らを敵視するよりは感謝すべきた思うのですが。
言葉も生活様式も違う国から日本へやってきて、日本の国技と言われる格闘技の世界で成功するのは並大抵の努力と覚悟では不可能だと思います。
先輩・後輩の礼儀礼節など日本古来の文化の良いところを、これからは自分たちが継承して未来に受け継いで行くんだというくらいの高い志と気構えで毎日稽古している外国出身の力士もいると思うんです。
というように、僕は今回の相撲スキャンダルは、プロ格闘家の仲間内では、ビール瓶での口論は、お笑い芸人仲間が意見の相違で口論になりハリセンやスリッパで殴り合っている(じゃれあっている)のと似たようなもんかな?と考えているのですが、いかがでしょうか?
肉体を通じた過激な親睦会が世間やマスコミの目には暴力沙汰に映ってしまうということ

| | Comments (0)

11/15/2017

Nov 15th 2017 - pure and passionate kung-fu guys

On youtube, I found a bunch of passionate and enthusiastic kung-fu movie aficionado guys whose team name is " martial club ".  https://www.youtube.com/watch?v=A2yvzrfrRsQ  this link is one of their videos.
the situation in this footage is ... they are great fan of Donny Yen, and when Mr.Yen came to a move theater for premier ceremony of his new film, the Martial Club guys asked Mr. Yen's permission to demonstrate their action stunt performance in front of the eyes of their idol Donny, and Mr.Yen kindly accepted their offer. What is impressive to me is these guys' pure and intense passion for martial arts, especially preparation and hard training for this moment.  And also I was impressed with Mr.Yen's kind and gentle attitude to accept their sudden offer.
Donny was also a kung fu kid (even now), so he can understand the pure heart and passion of Martial Club guys, I guess.
check this video out especially from around 2 minute 50 second.

最近、メイクアップ系やフィットネス系のユーチューバーは多いですが、カンフー映画マニアのユーチューバーを偶然見つけました。マーシャル・クラブという名前のチームで、アメリカ在住の東洋人なのか、香港の人達なのか?よくわかりませんが、上記のビデオを見て感じたのは、純粋な熱意と真剣さがスゴイということ
ビデオの状況は、彼らが尊敬するカンフー映画スター ドニー・イェン氏が新作映画の舞台挨拶に来た時に会場に行き、質問コーナーで手を挙げ、ドニー氏の武術哲学などに関して質問した後、「実は俺たち、貴方(ドニーさん)の映画にも大きく影響されて武術の練習してるんです。もしできれば、この場で型の演武を少しだけ披露させていただいてよろしいでしょうか?」と尋ねてみる。 ドニー・イェンさんは「もちろんOKだよ」と快諾。
(上記リンクの2分50秒のあたりからです)
この瞬間に向けて、彼らがいかに真剣に練習を重ねてきたかがよくわかります
このようなマニアックなファンからの突然の申し出を快く受け入れたドニーさんも紳士的で心の優しい人だと思います。ドニーさん自身がカンフー少年だったから(今も)、彼らの熱い真剣な気持ちがわかるのでしょう

| | Comments (0)

11/12/2017

Diary Nov 12th 2017

Some people find their values in being conformed with people around themselves, whereas, some people find their values in being outstanding from others (being different from others in a good sense = you are special). In Japan as a whole, being conformed with others is regarded as a harmonious relationship. However, I grew up with a lot of influence of " fitness " . for example, in the world of bodybuilding or dancing or martial arts, superb technique and physique are important factor, in other words, my value in life is " being proficient " in one's specialty field.  However, the more you pursue your own way, the larger the difference in perspectives and way of thinking between yourself and people around you becomes. This is an ironical result of pursuing something to some extent. Of course, I'm still on the way to pursuit of fitness and language learning, however, recently I feel that kind of tendency sometimes.  Being proficient and outstanding and good relations with people around you.  It is easy to say but not so easy to do for me.

ものの考え方や価値観は人によって様々で、例えば、周囲の人達と同じであることを良しとする考え方もある。「人並みが良い、とか、周囲と違っているのはイヤだ」という考え方。
一方で、「いかに人と違っているか? 個性的か? 特殊技能があるか?」ということに価値観を見出す考え方もある。

特に日本では全般的に、和や調和を重んじるように、周囲と考え方や外見などが大きく違っている人は誤解を受けやすかったりする傾向はあるように思う。
僕自身はフィットネスやボディビルや外国語学習の価値観の中で育ってきたので、良い意味でいかに人と違うか?ということに価値観を見出す傾向が強いと自分では思う。

ただし、自分の道を追求すればするほど、いわゆる世間一般の考え方や価値観と、相違が生じてきてしまう部分がある。もちろん、僕などフィットネスも英語も、その入り口に立ったかどうかあたりのところにいるけれど、最近、色々なところで見解の相違などを感じて、ひとり悩んだりすることもある。意見の相違などでちょっと人間関係がギクシャクしたりすると、「僕は、人によっては、迷惑な存在なのかなあ?」なんて考える日々です。つまらないこと書いてスミマセン。

| | Comments (0)

11/09/2017

Diary Nov 9th 2017 Trinity and Three Musketeers

I talked about the concept of trinity in Christianity with one of of my language learning partners the day before yesterday. For non-Christian people like me, the notion saying that " the god is the son, the god is the father, and the god is holly spirit, and the son is not the god, the father is not the god, the holly spirit is not the god "is a bit confusing.  The learning partner explained that notion to me as he trinity concept is a three different manifestations of the god.

What I thought about the trinity concept is ... the story of three musketeers might have derived from the trinity concept, I mean the power of the each warrior is relatively limited, however if three warriors converge its power and strengths, it will generate a synergy. And each person (musketeer) has its own unique characteristics.
I'm not sure my understanding is correct, the above is only my interpretation.
オンラインでキリスト教のトリニティ(三位一体説)についての話題になった。僕なりの解釈では、三位一体説は三銃士のコンセプトと少し似ている気がする。日本風に言えば三本の矢。一人一人の力は比較的限られているけど、3人が力や知恵を合わせれば強大な力を生み出す、といった考え。しかも、3人の戦士それぞれが個性や特徴を持っている。
(こんな風に勝手に解釈してしまったら、教義に厳格な人からはお叱りを受けるかもしれないけど)

| | Comments (0)

11/08/2017

Japanese girls band Gacharic Spin

I'm ignorant of recent showbiz topics, and one of my friends showed me the presence of a girls-rock band in Japan, their name is Gacharic Spin. When I saw their videos on youtube, my first impression was its taste is a bit like women's pro-wresting, because of the mixture of their bling bling costume, rock'en roll, dancing, seriousness and comedy tasting. It seems that they have a hardcore fan base here in Japan.

最近の芸能ネタには全く疎いのですが、友人からマニアックなガールズバンドの存在を教えてもらいました。名前は、ガチャリック・スピンと言うのだそうです。youtubeでビデオを見て、僕が思った第一印象は、「女子プロレスとか初期FMWのような雰囲気を感じる」ということでした。キラキラでフリフリの衣装がなんとなく、女子プロレスを思い起こさせるし、ギター、歌、ダンス、シリアス、コメディチックなど色々な要素を含んでいて、おもちゃ箱をひっくり返したようなところが、良い意味でプロレスっぽいなと感じました。僕と同じように彼女たちをプロレスと結びつけて考える人は他にもいるようで、天龍選手が出てくるプロモ・ビデオを見つけました(上記リンク)。今後の飛躍に期待。

| | Comments (2)

11/07/2017

Diary Nov 7th 2017 - sins and earthly desires

I had a bit meaningful talk with one of my language learning partners (online language service) yesterday. Our conversation went to a direction of similarity between the original sin in Christianity and the early desires in Buddism. That said basically the human being has desires for possessing a lot of materials, eating gorgeous meals, dominating and controlling something ... and so on.  And probably various religious practices would be a method for controlling or getting along with that kind of human instinct or innate desires.

昨日は、オンライン会話の先生の一人と中々有意義な話が出来ました。日本語には訳しにくいので簡単に上に書きました。
And the topic of sin reminded me of this song (で、この曲を思い出しました)
https://www.youtube.com/watch?v=85BNrEUYHO0

| | Comments (0)

11/06/2017

Diary 6th 2016 - vocabulary building

I'm writing today's post for simply increasing my English vocabulary.
The following are new words I came across with through a book I'm reading now
ある本を読んでいて、自分の中に定着していないと思った単語を書き出してみました

squander = waste
premade,    e.g., premade lunch
a cornerstone  = a very important thing/point
drag down = hinder, obstruct, disturb 
underpin = support
be cognizant of = be aware of,  know 

| | Comments (0)

11/05/2017

Diary Nov 5th 2017 - border free & diversity

When I introduce myself in my youtube videos, my self-introduction in basically like this " Hi, this is Yoshi, it's been a while ! "or " Hello I'm Yoshi Endo, fitness instructor in Japan ". The reason why I refer to Japan is of course, many of my intended video viewers are people and my friends outside Japan except for a small handful of my intimate friends in Japan. However, what I feel these days is ... if you emphasize one's country or home town too often or too much in your talk, that kind of attitude or behavior may look a bit nationalism-ish or racist-ish to eyes of some people. Even if viewers of my videos don't know me at all, probably many of them will be able to surmise that this guy is from Asia, especially somewhere in the far east (from my outlook and English accent). Of course, cultural uniqueness and diversity would be important in this era of globalization, and at the same time, the world is becoming culturally crossover little by little nowadays.  For these reasons, recently I'm thinking whether it is appropriate often refers to personal information concerning one's country or hometown. I mean, maybe I'm in a stage to graduate from " I'm Yoshi in Japan "type self-introduction (in a good sense).

これまで自分自身のビデオの冒頭部分で自己紹介をする時は「日本のヨシです、ご無沙汰しています」とか「はじめまして、日本のフィットネス・インストラクター、エンドウです」といった感じで、ほぼ必ず「日本の」という言葉を加えてきました。理由は、僕のビデオを見て下さっているのは、日頃親しくさせていただいている日本の友人達に加えて、海外の友人達も対象にしているからです。
「日本のヨシです」みたいに、常に日本を強調するのは、良いことなのかどうなのか?と最近思ったりします。日本人同士で会話する時も、事あるごとに自分の出身地や地元を話題に出すと、場合によっては嫌味に聞こえたり反感買ったりする場合もありますよね。「東京では...」とか「今頃、富士山はね...」とか
僕のビデオを初めて見る方でも、僕の顔や肌の色、英語の発音などから、「ああ、こいつは東洋人だな、おそらく日本とか韓国とか極東地区の」くらいは簡単に想像がつくと思います。「日本の」と言わなくても、おおよそのことは察しがつくと思いますし、ネットの普及などにより国や人種の違い等への認識が少しずつ小さくなっていっている時代に、自己紹介のたびに「日本の...」と出身地やホームタウンの話題に触れるのは良いことなのだろうか?と思ったりするわけです。 「日本の」といつも言っているのは、ある意味、悪い意味で、国家主義者や人種主義者っぽいかなあ?なんて思ったりするわけです(大袈裟に言うと、コンプレックスと裏返しのエジアン・サプレマシーみたいな)
グローバル化と同時に多様化も尊重される時代です、なので自国の文化などのユニークさを強調するのも時には良いとは思うのですが、問題はタイミングと状況ですよね。
そろそろ、良い意味で「日本の...」的な自己紹介からは卒業するべきなのかもしれません。

| | Comments (0)

11/03/2017

Diary Nov 3rd 2017 - Not to become an answering machine

What I felt in yesterday's senior fitness class
You don't need to answer all the questions from the class participants perfectly.
Rather give them opportunities to think about the question on their own way (curiosity and self-learning) and expand the conversation meaningfully for them.
I have a tendency to be like an answering machine when getting a question
Talking too much aren't necessarily welcomed by people.

| | Comments (0)

11/02/2017

Nov 2nd 2017 - Fitness Trend for 2018

This is a fitness trend forecast for 2018, surveyed by ACSM, survey participants are about 4000 fitness professionals in the world.  Fitness trend forecast means what kind of exercise and workout, educational programs and so on get popular in the fitness world in the next year.  フィットネスの世界で2018年にどんなトレーニング法が流行するか?を予測した「2018フィットネス・トレンド」がACSMより発表されました。世界の約4000名のフィットネス関係者にアンケート調査をした結果です(僕も参加しました) トップ10は ...

1. High Intensity Interval Training (高強度で短時間のインターバル・トレーニング)
2. Group Training  (グループでのエクササイズ)
3. Wearable Technology (コンピュータ内臓の万歩計など、体に装着可能で消費カロリーなどを管理できる機器類)
4. Body Weight Training (器具を使用せず、自分の体重を負荷にするトレーニング)
5. Strength Training  (基礎的なストレングス・トレーニング)
6. Educated and Experienced Fitness Professionals (インストラクター・トレーナーなどフィットネス指導員の教育と経験を高めること)
7. Yoga (ヨガ)
8. Personal Training  (パーソナル・トレーニング)
9. Fitness Programs for Older Adults (高齢者向けのフィットネス・プログラム)
10. Functional Fitness (ファンクショナル・フィットネス)
An interesting point is that the ranking of Personal Training dropped a bit compared to previous years, and instead, Group Exercise format is gaining attention and popularity, that is probably because the increase of aging population, I think.
10位のファンクショナル・トレーニングとはよく聞く言葉ですが、僕の意見としては、機能的(ファンクショナル)とは人や状況、目的によってずいぶん異なると思います。 例えばですが、ボディビルダーにとって必要なトレーニングと、レスキュー隊員の方に要求されるトレーニングは異なりますが、どちらのトレーニングも彼らにとっては現実に即したもの=機能的なわけです。 同様に、自転車に乗ることが多い人と、車椅子を使用の方では、何が機能的なトレーニングか?は当然違ってくると思います。 テニス選手に必要な機能性と相撲の力士に要求される機能性は異なるわけです。

このように「ファンクショナル」という言葉の定義は、非常に難しいと思います。 だけど、「ファンクショナル・トレーニングが流行る」なんて言うと、やたらと皆、ファンクショナルなんて言葉を安易に使い出すのは一考を要すと思います。(コアとか体幹とかインナーなんて言葉が流行る傾向も同様)
Retrieved from the website of American College of Sports Medicine

| | Comments (2)

11/01/2017

Diary Nov 1st 2017 - flu vaccination

I got a flue vaccination today at a nearby hospital. What I think every year I get flue vaccine is how long the vaccination effect does lasts ? ...  According to some information about it on the internet, many of the answers are " the effect of flue shot last around 4 months or so ".   When I asked this question to this physician last year, he gave me a very interesting question "  He said " although this is only my opinion and scientific evidence doesn't exist, if you got a certain type of flue vaccine injected into your body, the antibody to the certain type of influenza works more or less as long as you are alive, I guess.  The problem is ... whether that certain type of flue vaccine corresponds to the actual flue type (strain) that gets prevalent in that season, because as you know, choice of a flue vaccine is based on a forecast "
And he said like this as well " Just in case your health condition gets bad after the vaccination, feel free to come for complaining "   I like this physician's and humor based on his long years of  experience "

早いもので、今日から11月ですね。本日、インフルエンザの予防注射に行ってきました。ワクチンというか抗体を体内に注入したせいか、いつもより体が少しだけ疲労したような倦怠感があります、気のせいかもしれませんが。今日は、少し早めに就寝しようと思います。

| | Comments (0)

« October 2017 | Main | December 2017 »