« Diary Nov 3rd 2017 - Not to become an answering machine | Main | Diary 6th 2016 - vocabulary building »

11/05/2017

Diary Nov 5th 2017 - border free & diversity

When I introduce myself in my youtube videos, my self-introduction in basically like this " Hi, this is Yoshi, it's been a while ! "or " Hello I'm Yoshi Endo, fitness instructor in Japan ". The reason why I refer to Japan is of course, many of my intended video viewers are people and my friends outside Japan except for a small handful of my intimate friends in Japan. However, what I feel these days is ... if you emphasize one's country or home town too often or too much in your talk, that kind of attitude or behavior may look a bit nationalism-ish or racist-ish to eyes of some people. Even if viewers of my videos don't know me at all, probably many of them will be able to surmise that this guy is from Asia, especially somewhere in the far east (from my outlook and English accent). Of course, cultural uniqueness and diversity would be important in this era of globalization, and at the same time, the world is becoming culturally crossover little by little nowadays.  For these reasons, recently I'm thinking whether it is appropriate often refers to personal information concerning one's country or hometown. I mean, maybe I'm in a stage to graduate from " I'm Yoshi in Japan "type self-introduction (in a good sense).

これまで自分自身のビデオの冒頭部分で自己紹介をする時は「日本のヨシです、ご無沙汰しています」とか「はじめまして、日本のフィットネス・インストラクター、エンドウです」といった感じで、ほぼ必ず「日本の」という言葉を加えてきました。理由は、僕のビデオを見て下さっているのは、日頃親しくさせていただいている日本の友人達に加えて、海外の友人達も対象にしているからです。
「日本のヨシです」みたいに、常に日本を強調するのは、良いことなのかどうなのか?と最近思ったりします。日本人同士で会話する時も、事あるごとに自分の出身地や地元を話題に出すと、場合によっては嫌味に聞こえたり反感買ったりする場合もありますよね。「東京では...」とか「今頃、富士山はね...」とか
僕のビデオを初めて見る方でも、僕の顔や肌の色、英語の発音などから、「ああ、こいつは東洋人だな、おそらく日本とか韓国とか極東地区の」くらいは簡単に想像がつくと思います。「日本の」と言わなくても、おおよそのことは察しがつくと思いますし、ネットの普及などにより国や人種の違い等への認識が少しずつ小さくなっていっている時代に、自己紹介のたびに「日本の...」と出身地やホームタウンの話題に触れるのは良いことなのだろうか?と思ったりするわけです。 「日本の」といつも言っているのは、ある意味、悪い意味で、国家主義者や人種主義者っぽいかなあ?なんて思ったりするわけです(大袈裟に言うと、コンプレックスと裏返しのエジアン・サプレマシーみたいな)
グローバル化と同時に多様化も尊重される時代です、なので自国の文化などのユニークさを強調するのも時には良いとは思うのですが、問題はタイミングと状況ですよね。
そろそろ、良い意味で「日本の...」的な自己紹介からは卒業するべきなのかもしれません。

|

« Diary Nov 3rd 2017 - Not to become an answering machine | Main | Diary 6th 2016 - vocabulary building »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Diary Nov 3rd 2017 - Not to become an answering machine | Main | Diary 6th 2016 - vocabulary building »