« Diary Nov 16th 2017 - ビール瓶=ハリセン理論 | Main | Diary Nov 21st 2017 Gary V »

11/19/2017

Diary Nov 19th 2017 - achievement rate of 60 - 70 %

I had my current English skills evaluated on an online English conversation service yesterday. I booked a new instructor to me, and introduced myself briefly at the beginning of the 25 minute session. After that I conveyed my scores in TOEFL and TOEIC test to the instructor. And, the instructor sent me the following link on the chat board, so I answered the first 12 questions or so in the remaining 15 minute. After the discussion, I asked the instructor my current English skills on a scale of 10. The instructor's answer was " from 6 to 7 out of 10,   the reason for the 3-4 point reduction is your weaknesses in listening comprehension ".  I don't know the validity of this instructor's evaluation, because the discussion was based on the written topics on the webpage, I mean listening skills evaluation was not included that discussion.  The instructor was only listening my speech. So, I think this instructor's evaluation was biased with my scores in TOEFL and TOEIC,  because my scores in listening scores were lower than the other sections. In other words, this instructor was having a preconception saying that this guy would be not good at listening. (I told her my test scores before the discussion). besides, this instructor is not a native English speaker, a person in a European country, who majored in English literature at a college).  However, I'm willing to accept the evaluation saying that 6-7 out of 10,  because it means if I improve my English by 30-40 %, it would become a satisfactory level.  I'm not sure the meaning of the score 10, whether it is a level equivalent to native speakers,  or a satisfactory level among people who are learning English as a second language ...  Anyway, if I was given 8-9 score, I would be satisfied with the status quo, and my progression would stop there. In that sense, I appreciate that instructor's evaluation saying that " your current achievement rate is from around 60 - 70 % ".   There is still a room for improvement !
question topics used for the evaluation https://esldiscussions.com/e/entertainment.html

昨日は、いつもお世話になっているオンライン英会話の先生がフィリピンの先生もヨーロッパの先生も皆、休みだったので、初めての先生を予約してみた(セルビア出身の30代の女性で、大学で英文科だったとのこと)。初回なので、現在の僕の英語力を評価してもらった。簡単な自己紹介をして(住んでいるところや職業など)、おおよそのレベルを伝えるために過去に受験したTOEFL ibt とTOEICの点数を伝えた。
その後、ディスカッション用のお題がチャットボードで送られてきた(上記リンク)。15分位の間に、最初の10問程度のお題に自分なりの考えを述べた。 つまり、トーフルのスピーキングセクションのインディペンデントタスクを10問程度やったような形式。その後、先生の判定は「そうねー、今のあなたの英語力は、10段階でいうと6から7の間位かな、3~4減点した理由は、あなたはリスニングが得意ではないから」とのこと。
僕がお題に答えている間、先生は聞いているのみで、意見のやりとり、つまり僕が先生の英語を聞き取るというリスニング的な要素はこの15分間の評価には、ほとんど含まれておらず、もっぱら僕が英語を喋っていただけ、つまり、スピーキング主体のテスト。なのに、リスニングを減点の理由にしたのは、事前に僕が伝えたTOEICの点数に先入観を持っていたのでしょう。僕のTOEICスコア(2008年受験)はリーディングは満点、リスニングは正解率8割程度だったので、「こいつは、日本人にしては、喋るのはまあまあ上手いけど、リスニングはイマイチなんだろうな」と思い込んでいたのだと思われる。
でも、6から7という評価で感謝しています。8とか9の評価をもらったら嬉しいけど、現状に満足してしまって、今以上に頑張ろうという向上心が薄れます。こんなアルバイト感覚のレベルの低い講師に、適当に6から7の評価をつけられて、正直、悔しさがこみ上げましたが、それと同時に、もっともっと頑張って改善しようと思えました。
余談ですが、「今まで多くの日本人のレッスンを担当したけど、TOEFLのスコアを申告してきた人は、あなたが初めてよ、TOEICの点数を言ってくる人は多いけど...」と言っていました。

|

« Diary Nov 16th 2017 - ビール瓶=ハリセン理論 | Main | Diary Nov 21st 2017 Gary V »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Diary Nov 16th 2017 - ビール瓶=ハリセン理論 | Main | Diary Nov 21st 2017 Gary V »