« July 2017 | Main | September 2017 »

08/27/2017

diary Aug 27th 2017

I 'm writing today's post as a reminder to myself for increasing English vocabulary.  Words that are not in my current vocabulary ... enlargement, hypertrophy, atrophy, the gorge tendon organ, muscle spindles, the sliding filament theory, thyroid.

朝夕は少しだけ涼しくなったなと感じますが、まだまだ暑い日が続きます。近所の野良ネコが日陰で昼寝している光景が微笑ましくて気分的に癒されてますが、暑い時期に、やや怠惰になるのって、余分なエネルギーを浪費しないための動物の本能ではないのかな?などと思ったりします。

| | Comments (0)

08/23/2017

スリムダウン骨盤体操 2017年秋コース参加者受付中

Pelvis_exercise_pic_2

私が担当させていただいている「スリムダウン骨盤体操」講座の2017年秋季コースの参加者を現在、受け付けております。10月2日より毎週月曜・全8回、19:00より。会場は静岡市の静岡県立科学技術高校です。静岡県教育委員会が主催の生涯学習講座の一環のため、お手頃な受講料で参加できます。申し込み方法等、詳しくは下記のリンクよりどうぞ。ご参加お待ちしております。http://www1.kiuchi.jp/pfi/lle.html

My exercise class titled as " Slimming down Pelvis Exercise ", which I have at Shizuoka Prefectural Science & Technology High School, is accepting new participants for 2017 Fall season course. This exercise class is a kind of mind & body exercise incorporating easy stretching, muscle toning, foam roller exercise and so on. This course is operated by the local government (education board of the prefecture), therefore it is offered in a very reasonable attendance fee. Please refer to the above link for details. I'm waiting for your participation with hearty welcome !
start day -  October 2nd 2017,        19:00 - 20:30 PM
every Monday, totally 8 sessions
attendance fees - 5600 Japanese Yen
deadline for signing up is September 1st 2017

| | Comments (0)

08/22/2017

diary Aug 22nd 2017 - English conversation with an 8 yeas old girl

I had an opportunity to talk with an 8 year old Japanese girl practicing English. and her language level was amazing. Even the talking partner was 8 years old, I didn't slow down my English speed, because if I do that, it would be discourteous to this little serious learner. I heard that she practices English with language teachers in the Philippines through online tutorial usually, and when she has a lot of time such as summer vacation, she spends almost the whole vacation in the Philippines with her teachers, and she keeps that lifestyle for several years. although that was a 5 minute conversation or so, both of us didn't use Japanese language at all, and this girl understood and responded to my English precisely. her English was quite natural and almost like an Asian girl living in some English speaking country. thanks to this little pretty girl, I got a good stimulus for my language practice.   thank you, you will become an amazing lady in the future !

英語を勉強している8歳の日本人少女と話をする機会があったが、この子の英語力が凄かった。帰国子女とかインターナショナルスクールなど特別な英語環境にあるわけではなく、普通の日本の小学生だが、普段はオンライン英会話でトレーニングし、夏休み等まとまった時間のある時は、1ヵ月位フィリピンに滞在し、先生から直接レッスンを受ける、こんな生活をもう数年続けているらしい(御両親が教育熱心なんでしょうけど)。
相手が8歳とは言え、カタカナっぽい英語でスピードも下げて「ワット イズ ユア ネイム?」なんてやっていたら、英語学習者であるこの少女に失礼なので、手加減せずいつも通りの英語で話しかけた。5分間程の会話であったが、僕の英語をほとんど正確に理解し、文法的にも発音も、ごく自然な英語で答えてくれたので、正直、驚いた。日本の小学生だと言わなければ、英語圏在住のアジア人の子供にしか思えない。日本の英語教育って、二極分化しつつあるんだろうなと思った。世の中の流れは、小学校5年または6年から英語を必修化などと言っているが、英語に興味のない子供に小学生の頃から無理やり英語を押し付けても、英語嫌いになるだけだと思う。教える側の小学校の先生方も、多くは英語の専門家ではないし。その一方で、習得意欲の高い生徒は、この少女のように、ネットを上手く利用したりすれば、かなりの環境が整えられる。そんな時代になりつつあるのだろうのだろうと感じた。8歳の少女から良い刺激をもらいました。 

| | Comments (0)

08/20/2017

diary Aug 20th 2017 - bubbly person

As I learned English (and am learning) mainly through journal articles and books concerning health & fitness, wellness coaching, newspaper articles about health, science and things like that, my English is a bit hard topic-ish, or if you express it in a good way, it may be a bit academic, however, one of weaknesses in my English is that I'm not familiar with casual expressions, slung in vogue, party conversations and situations like that. What I learned recently is the expression saying that " he/she is a bubbly person ". In Japan, people's image about the word " bubble " is an economic growth or inflated economy in the mid 1980's ", so many people in Japan will have an image that " oh, he/she might have a lot of money ", if he/she hears the expression saying that " bubbly person.

僕は健康&フィットネス関連の本や記事などを読むことで英語に触れることが多いため、どうしても英語の表現が硬くなりがちです。よく言えば、専門的な英語とでも言えるかもしれませんが、くだけた表現や流行りのスラングなどは、あまりよく知りません。最近、覚えたのは「バブリー・パーソン」という表現。この場合、陽気な人、ノリの良い明るい人、といったニュアンスになるようです。日本語では、バブルと言うと、1980年代のバブル経済を連想する人が多いと思うので、「あの人はバブリーな人」というと、お金を沢山持っていそうな人といったイメージを持つかもしれませんが、英語だと、泡のように弾けている人、といったイメージになるようです

| | Comments (0)

08/16/2017

an intriguing language learning nerd video blogger Loretta

one of video bloggers who are intriguing to me is this woman.
https://www.youtube.com/watch?v=WRm4CBOh3h4
according to her past videos, Ms. Loretta is from College of William and Mary and she started learning Japanese language when she was 14 yeas old or so, because of influence of Japanese anime cartoons. In order to pursue her language learning and intercultural communication and understanding, she enrolled in a graduate school in Tokyo from the spring 2017, and she finished her first semester recently. I also did my graduate school programs in a foreign language, which is English in my case. So, I can understand how she feels right now. As she expresses her state of her mind in the title of this video " I somehow survived the first semester ", I also had a similar feeling after my first semester. A complicated emotion such as a mixture of a little bit relieved emotion temporarily, expectation and pressure for the future semesters and so on. Ms. Loretta, your enthusiasm and energy are a good encouragement for your video viewers including me !

僕が注目しているビデオブロガーの一人が日本語学習オタクのアメリカ人・ロレッタさんです(上記リンクのビデオ)。14歳頃に日本のアニメの影響などで日本語の勉強を始めたらしいです。米国の有名大学の一つ、カレッジ・オブ・ウィリアム&メアリー出身とのことなので、勉強好きな性格なのでしょう、ほとんど独学で日本語能力検定の1級(N1)に合格されており、もの凄い努力だと思います。
で、2017年の春より日本の大学院でビジネス関連分野を勉強されています。留学生向けのコースではなく、日本人向けの修士過程に日本語で院試を突破して学ばれています。最近、第1学期がようやく完了したとのことで、ホッと一息ついているのが、上記のビデオです。精神的にも肉体的にも、少しだけの安堵感と疲労感、次の学期への期待とプレッシャーなどが伝わってきます。思えば、数年前、僕自身も似たような状況にありましたので、今現在のロレッタさんの心情がよくわかります。色々と大変なことは多いと思いますが、自分の好きなことを追及されているので、今後、日本語も勉強も更に進歩すると思います。見ている側も彼女の頑張りからエネルギーをもらっている気分です。

| | Comments (0)

08/09/2017

focus of attention during exercise - two types of attentional focus

In order to earn continuing education credits for my fitness certifications, I was going through articles on Strength & Conditioning Journal today, and I came across an intersting article that focused on two types of attentional focus during strength training. one is internal focus, which is paying attention/concentrating on contraction/expansion of target muscles of an exercise you are doing. another is external focus, which is focusing on some environmental object around you during the exercise, for example, if you are doing bench presses, external focus means " push the bar explosively toward the ceiling ! "  Which type of focus you should choose depends on your training purposes.
for details, please check out the following article
Reference
Schoenfeld, B,J., & Contreras, B., (2016). Attentional Focus for Maximizing Muscle Development: The Mind-Muscle Connection. Strength & Conditioning Journal, 2016, 38(1), p 27-29.

資格更新の継続教育ポイントを得るためストレングス&コンディショニング・ジャーナルに目を通していたら、興味深い記事を見つけました(上記、引用参照)。トレーニング中に、「動作や筋肉に意識を集中しよう」とはよく言われることですが、この「意識」には2つのタイプがある。ひとつは、インターナル・フォーカス、つまり、そのエクササイズで鍛えたい筋肉の収縮・伸展に最大限の意識を注ぐこと、たとえば、ベンチプレスなら大胸筋群の収縮・伸展を感じながら行う、というように。 もう一つは、エクスターナル・フォーカス、つまり、自分の周囲の環境的要因(器具など)に意識を持っていく。たとえば、ベンチプレスなら、「バーベルシャフトを天井まで放り投げてやる!」くらいのパワフルな気持ちと意識でバーベルを押し上げる、ということです。もちろん、僕自身も両方のタイプの意識の仕方を使い分けています。インターナル・フォーカスとエクスターナル・フォーカスのどちらがトレーニング効果を上げるのに効果的か?は目的によります。詳しくは、このジャーナル記事本文を読まれるとよいでしょう。

| | Comments (0)

« July 2017 | Main | September 2017 »