« October 2016 | Main | December 2016 »

11/18/2016

fitness trend for 2017 - wellness coaching

American College of Sports Medicine announced a forecast of top 20 fitness trend in 2017. among the top 20 trend, what is worth noting especially is that Wellness Coaching has been ranked in the top 20 for these consective several years,  which is a kind of coaching psychology for health related behavior change. As a certified Wellcoach myself, I'm happy with that what I'm learning is gaining attention

Acsm_fitness_trend_2017_wellness__2

米国スポーツ医学会(ACSM)は2017年にフィットネス業界で注目されるであろうトレンド予測・トップ20を発表しました。 ここ数年の傾向で注目に値するのはウェルネス・コーチングが注目を集めつつあることでしょうか。

フィットネス・インストラクターの主な役割はフィットネスに関する技術や知識をお伝えすることですが、ウェルネス・コーチの役割は、やせたい、肉体改造したい、生活習慣を改善したいと願う方々の気持ちを前向きにするように心理面をサポートしたり、行動計画の設定のお手伝いなどをします。いわば、健康関連分野のコーチング心理学や行動変容心理学の一種ですね。自分の学んでいる分野が注目されつつあり嬉しく思います

| | Comments (0)

11/12/2016

diary Nov 12th 2016

After the November 9, it is a kind of transitional period now and future view is uncertain and bleak, therefore it would be a tough time for many in mentally and psychologically especially for those who are concerned with two countries or more in some way, and I'm also not an exception. however, seeing from the other side, it might be a good opportunity to think about how the future direction of our planet, international affairs, and the world peace should be. The world without stereotypical view, preconception, and prejudice is not easy, however, I would like to believe that we are heading for a better direction gradually in the long run.

11月9日以降、多くの人達にとっては、この先の展望が不確実で、精神的に不安な毎日を過ごしていると思います。特に複数の国に何らかの形で関わっている人には尚更だと思います。しかし、あえて、逆から考えれば、国際関係や世界平和などがどうあるべきか?考える良い機会なのかもしれません。先入観や偏見などがない世界というのは、中々難しいものでしょうが、長期的に見れば、少しずつでも良い方向へ向かっていると信じたいと思います。       

| | Comments (0)

11/06/2016

diary Nov 6th 2016 the importance of expansion and contraction

basically, people who are engaging in instructing profession such as fitness instructors are in the side of sending sending messages and information, and one of my bad habits is sometimes I tend to talk too much, or sending too much information at once.  what I feel recently is that instructors sometimes need to be in the side of listening to stories and emotions of class participants mindfully. eliciting participants' forward looking and positive attitude through mindful listening, that is also an important part of instruction and coaching, I think.

フィットネス指導員など、自分も含め、いわゆるインストラクター業をしている人達は、基本的には情報やメッセージを発信する側にいることが多いのですが、最近感じることは、指導員や教官は、時には、参加者の皆さんの話に耳を傾ける、つまり聴いたり、メッセージを受け取る側に回ることも必要だろうな、ということ。僕の悪い癖の一つは、時として喋り過ぎたり、色々な情報を一度に与えようとしがちなところ(自分としてはサービス精神でやっているつもりでも、それが吉と出るとは限らない)。「押し」と「引き」の加減が中々難しいですよね。

| | Comments (0)

« October 2016 | Main | December 2016 »