« 中年期における運動習慣が認知症予防に大切な可能性 | Main | ブルース・リーの哲学&成功法則 - from TED talk »

02/23/2016

ブルース・リーの哲学

No_limitstoday I found this encouraging message on the web. what I like/admire about Mr. Bruce Lee is his philosophy like this one. my another favorite Bruce Lee's word is " absorb what is useful whatever it is, and discard what is not "

本日、インターネットでこのメッセージを見かけました。ブルース・リーさんの言葉ですが、よいメッセージなので訳しますね。
"自分のやることすべてにいつも自分自身で限界を決めつけていたら(それが格闘技や肉体鍛錬でも、勉強や仕事など別のことでも) それは、自分の仕事や生活にも悪影響を及ぼすだろう。プラトー(一時的な停滞状態)というものはあるにしても、限界なんてものはないんだよ。そして、そこで立ち止まっちゃだめなんだ。それを乗り越えていかなきゃ"

ブルース・リーさんが32年という短い生涯で、あれだけ偉大なものを世界に残したのは、このような彼の生きる姿勢だと思います。僕はそれを尊敬します

|

« 中年期における運動習慣が認知症予防に大切な可能性 | Main | ブルース・リーの哲学&成功法則 - from TED talk »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 中年期における運動習慣が認知症予防に大切な可能性 | Main | ブルース・リーの哲学&成功法則 - from TED talk »