« 15th oct 2012 diary | Main | standing type PC desks »

10/16/2012

Japanese Sumo might be a hint for the MMA's frequent injury issue

this article on mma weekly.com states its author's opinion about why MMA fighters get injured so often
the author claims that MMA has substancially no off-season unlike seanonal sports like NFL and MLB,   and the lack of enough rest and preparation period between matches can lead to frequent injuries
http://www.mmaweekly.com/working-class-fitness-why-are-so-many-fighters-getting-hurt

i guess a possible solution for this problem lies in the world of Japanese Professional Sumo Tournament,  cuz the professional Sumo tournament is an all year round seasonal sport
what mean by that is... the Sumo tournament in japan are held in January, March, May, July, September, November  and each tournament lasts consecutive15 days, the grand champion is decided based on the number of wins during each tournament
so this vout system in every two month enables Sumo wrestlers take nearly two months of recovery and preparatory period for the next season after each tournament
actually between tournaments, Sumo wrestlers have regional circuits for fans in local areas, but the nature of regional circits are closer to exhibition matchs rather than the real match
i guess this is a wisdom of the Sumo world based on the history and tradition of over 350 years

MMAウイークリーの記事を読んでいたら「総合格闘技では、どうして、こんなに怪我が多いのか? 考えられる理由の一つとしては、MMAが野球やアメフトのようにシーズン性のスポーツではなく、実質的に、オフシーズンがないのに等しいので、総合格闘技の選手達は試合の後に充分な休息期間や次の試合に向けた計画的なコンディショニング期間をとるのが中々難しいためではないか?」と中々、興味深い内容

「格闘技とシーズン性」ということを考えていたら、日本の大相撲を思いつきました
そこで、上記の英文では、海外の方に向け、日本の大相撲について紹介しました
(こんな内容を書きました ↓)

総合格闘技での怪我多発問題へのヒントが日本の相撲トーナメントにあるように思う
なぜなら、日本の相撲は通年性のシーズンスポーツだから
大相撲トーナメントは、1月・3月・5月・7月・9月・11月に開催され
各場所は連続15日間、試合が続く    優勝者は期間中の勝利数によって決まる
このシステムにより、スモウ・レスラー達は各場所後、次のシーズンに向けて
2ヶ月近い回復&準備期間をとることが出来る
実際のところは、各場所の間に、地方ファンのための地域巡業があるが、地方巡業は真剣勝負というよりは、エキシビションマッチに近い
これは350年以上の歴史と伝統に基く相撲界の知恵だと思う

|

« 15th oct 2012 diary | Main | standing type PC desks »

Comments

平均体重150キロ超級の人間がガチでぶつかりあったらとても年間90番は体が持ちませんよね・・・どうしても仲間意識の情相撲(八百長とはいいません)が出てしまうのが現実なんでしょうか?
15番年間6場所というのはまだ最近の事で、双葉山の時代までは11番年間2場所でした。
今のシステム自体見直さないと潰しの効かない力士になろうという若者は益々減ってしまうかもしれません・・・年間3場所でエキシビジョンを増やした方がいいかと思いますが。。。

Posted by: MAC | 10/18/2012 at 10:59 PM

>MAC先輩

何の世界でも、同業者同士、助け合おうという相互扶助みたいな部分はありますし、必要でもありますよね  狭い世界となると、なおさらだと思います

双葉山の時代、年間2場所だった頃は、ほとんど全てがガチだったのか?興味深いですよね    戦時中の頃は相撲など興行のたぐいは自粛傾向にあったのかもしれませんし、テレビもあまり普及してなかったでしょうから、視聴率を上げなきゃ、ってのも少なかったでしょうしね

テレビが普及して相撲が重要なコンテンツとなると、視聴率や放映権料、スポンサーの都合もあり、どうしても興行回数を増やさざるを得ないんでしょうね

そうですね、本場所を年間2~3回とし、これは完全ガチ  合間の地方興行はエキシビション&ファンサービスというようにハッキリ色分けした方が良いのかもしれませんね

かつて総合格闘家が、年に数回PRIDEで試合する時はガチ  合間にハッスルに出る時はエンタテイメント・プロレスをやっていたように(笑)

若いお相撲さんが相撲以外の部分で広く社会性を学ぶという点でも、 日本全国色々な場所で子供達~年配者と触れ合う・ちゃんこをふるまう・地方興行へ向けての広報や営業活動・地方滞在中の食材等の管理確保など、地方巡業も意義があると思いますね

Posted by: ENDO | 10/18/2012 at 11:32 PM

This is my first time pay a quick visit at here and i am truly impressed to read everthing at single place.

Posted by: Interstellar online | 11/07/2014 at 09:09 AM

Hello, Neat post. There is a problem together with your web site in web explorer, may test this? IE nonetheless is the marketplace chief and a good portion of other folks will pass over your fantastic writing due to this problem.

Posted by: Bogowie zobacz online za darmo 2014 | 11/20/2014 at 05:12 AM

Hi it's me, I am also visiting this site on a regular basis, this web page is actually nice and the visitors are really sharing pleasant thoughts.

Posted by: Bogowie zobacz online za darmo 2014 | 11/20/2014 at 07:36 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110755/55906436

Listed below are links to weblogs that reference Japanese Sumo might be a hint for the MMA's frequent injury issue:

« 15th oct 2012 diary | Main | standing type PC desks »