« 有酸素運動・ウエイトトレーニングのタイミング | Main | jam packed commuter trains in Tokyo »

10/31/2012

fitness trends for 2013 by ACSM

on June 15's posting, i wrote that i participated in a survey predicting fitness trends in 2013,   and the result of the survey has been announced by American College of Sports Medicine and published on TIME magazine online
the number of fitness professionals participated in the survey is 3346 worldwide, and i'm a bit honored to be a part of it !
http://healthland.time.com/2012/10/29/latest-fitness-trends-body-weight-training-takes-centerstage/

6月15日の日記で、「2013年のフィットネス業界で何が流行するか?」を予測する調査に参加した件を書きました ↓
http://walkon.cocolog-shizuoka.com/fitness/2012/06/power-rope-trai.html
集計結果がACSMより発表され、TIMEのオンライン版に掲載されました (上記リンク)

記事の概要
2013年、フィットネス分野で何が流行るか?を予測するため、米国スポーツ医学会(ACSM)は世界中のフィットネス業界関係者 3346名を対象にアンケート調査を実施した アンケートは37項目のトレーニング法やトピックの中から関心の高いものをピックアップする形式      以下がトップ10

1 インストラクター・トレーナーの教育レベル・資格などの更なる向上
世の中の健康ブームの高まりを受けて、フィットネス指導者には、より専門的な知識や教育が要求されるようになっている

2 ストレングス・トレーニング (いわゆるウエイト・トレーニング)
近年の研究によりウエイト・トレは筋力・体力に加え、精神的な健康にも良い効果がある面が注目されている

3 ボディ・ウエイトトレーニング (器具を使わず、自分の体重のみを負荷とするトレーニング)
世界的に経済状況が停滞している中、お金のかからない手軽な健康法として注目
TRXなどのサスペンション・ワークアウトも、このボディ・ウエイトトレーニングに分類されるようです

4 子供の肥満問題とエクササイズ
幼児や学童など子供の肥満が世界的な問題

5 ダイエット (体重を減らすエクササイズ)
いわゆる「ダイエット」は今後も世間の関心が高い

6 高齢者向けのフィットネスプログラム
団塊世代が高齢化し、高齢者の健康体力づくりへの関心が益々高まっている

7 パーソナル・トレーニング
個人のニーズに対応する、きめ細かいマンツーマン・トレーニング

8 ファンクショナル・フィットネス (日常生活動作などの機能性改善トレーニング)
特に高齢者の筋力やバランス感覚などを向上させるプログラムに注目度高い

9 コア・トレーニング (体幹部分の筋力を高めて、姿勢や安定性を向上させる)

10 グループ・パーソナルトレーニング (少人数グループでのプライベートレッスン)
完全マンツーマンのレッスンでは料金が高いという方にも、少人数グループでの
プライベートレッスンならば、比較的安い料金で参加可能ということで要注目

☆ TIME誌に掲載されたフィットネス業界トレンド調査 3346名に参加できて光栄です

|

« 有酸素運動・ウエイトトレーニングのタイミング | Main | jam packed commuter trains in Tokyo »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110755/56011057

Listed below are links to weblogs that reference fitness trends for 2013 by ACSM:

« 有酸素運動・ウエイトトレーニングのタイミング | Main | jam packed commuter trains in Tokyo »