« May 2012 | Main | July 2012 »

06/30/2012

degree of antioxydant property of tart cherry products

on june 28's posting, i wrote about anti-inflammatory property of tart cherry,  actually one of my friends also looks to be interested in it and me too.    but research on this aspect is relatively new,
so probably many of u have no idea what kind of form u should choose(dried fruit, juice, tablets ...etc) when purchasing a tart cherry product,  and neither do i

i found a chart showing degree of anti oxydant strength of tart cherry in various forms on the website of choosecherries.com
although this is a promotional website by tart cherry growers,
i hope this will be a helpful hint when choosing tart cherry products
http://www.choosecherries.com/

6月28日の記事で「タートチェリーが関節の保護に有用かもしれない」と注目を浴びつつあると書きました。トレーニングしている皆さんにとって関節のコンディションを保つのは大切な事なので、タートチェリーに関心を持たれた方も多いと思います
僕もちょっと関心あります

タートチェリーの関節保護効果が研究され始めたのは最近のことらしく、ネットで情報を検索しても、まだ少なめです。 タートチェリーの製品(ジュース・ドライフルーツ・サプルメント等)ネット上に出回ってますが、試すにしても、どれを選んだら良いか?見当がつきません  そしたら、ある資料を発見しました。 ドライフルーツやジュースなど色々な形態のタートチェリーの抗酸化力を数値で比較したものです
これは、さくらんぼ生産業者の組合みたいなサイト(上記リンク)にあった資料なので
販売促進的な要素もあると思います、  参考程度に捉えて下さい

Antioxydant Capacity of Tart Cherries   (タートチェリーの抗酸化力)

Form                  ORAC per serving                   ORAC per 100grams
製品形態         一回量あたりの抗酸化指数            100gあたりの抗酸化指数

Frozen Cherries   2724   1cup     計量カップ1杯                2000
(冷凍チェリー)
Dried   Cherries    6120   half cup 計量カップ半分              6800
(乾燥チェリー)
Cherry Juice         3622   8 oz      約226g               1600
(ジュース)
Cherry Juice Concentrate 3622  1oz  約28.3g                12800
(高濃度濃縮ジュース)

ORAC stands for Oxygen Radical Absorbance Capacity
the bigger the number gets,  the stronger the anti oxygen property is

ORACとは「活性酸素吸収力」の略、  この数値が高いほど、抗酸化力が強いことを示す

上記のサイトで、管理栄養士&スポーツ栄養の専門家の方が、スポーツ選手の関節保護には、タートチェリー・ジュースを1日2回(トレーニング前と後に1杯ずつ)飲むプログラムを紹介しています。  トレーニング後は、他の栄養素も補給するため、プロテインや炭水化物も入れてシェイク(スムージー)みたいにしても良いとのこと 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

appropriate form of steep incline situps    急角度の腹筋運動

when having workout at the weight training room in the city gymnasium today,
i was spoken to by a young boy in his 20's or so.
he asked me to show correct way of doing steep incline situps.   he continued...
''when doing situps on the steep incline board(the angle of situp board against the floor was around 70 degree), the base of my legs get tired and feel burning sensation on that portion, not the abs,  so could you show me the correct way to hit the abs ? ''

i understood what he meant right at that moment
doing situps mainly by iliopsoas and rectus femoris rather than rectus abdominis is one of common tendencies among workout beginners.
so today, i will explain how to make the intervention of iliopsoas and rectus femoris as little as possible in steep incline situps.

●first, be sure to bend knees at around 90 degree. if your legs are straightened, participation of illiopsoas and rectus femoris gets bigger.
●when sitting up, roll up your upperbody from the head as small as possible
(like drawing a small half circle with your upperbody, looking at your navel)
if your upperbody gets straight, stimuli(excessive stress)for lower back and base of legs gets bigger.
●relax your ankles, calves, shins
●cross arms on the chest or put hands on the tummy rather than joining hands on the back of head, this makes you concentrate on abs easier

●and basically, i don't recommend steep incline situps over 45degree, as an exercise for rectus abdominis. (but high incline situps over 45 degree is beneficial in terms of strengthening iliopsoas and rectus femoris)
because if your body gets upside down
(like situps on the board of 60~80 degree)
muscles connecting upperbody and lower body are strongly pulled by the gravity and contruct (e.g. psoas major, iliopsoas,  rectus femoris ...etc)
consequently, these muscles tend to work relatively stronger than abs throughout the motion even if you maintain correct form.

so, if you want to increase intensity of situps, i would recommend to hold a barbell plate on the chest rather than increasing the angle of situp board, after the angle of the board has reached 45 degree or so.

仕事の後、市営ジムでトレーニングしていたら、20代位の青年から声をかけられた。
「高角度(60度位)の腹筋台でシットアップをすると、腿の付け根あたりの筋肉ばかりが疲労して、腹筋には効いている感じがないので、正しいやり方を教えて下さい」とのこと

筋トレのビギナーには良くありがちなトピックなので、今日はこれを解説します。
(トレーニングに詳しい方には、つまらない内容でスミマセン)

●まず、シットアップをする際は、膝を90度前後に曲げて行うこと
(脚が伸びた状態でシットアップを行うと、腹筋よりも腰や腿に強く効いてしまいます)
●カラダを起こす際は、頭の方から、背骨をひとつひとつロールアップするように、上半身を小さく丸め起こすようにする
(上体が伸びたフォームでは、やはり腰や腿に効いてしまいます)
●手は頭の後ろで組むよりも、胸の前で交差させるか、腹筋の上に手を置いて行うと、上体を丸めやすく、腹筋も意識しやすい

●基本的に、腹筋台の角度を45度以上にした状態でのシットアップは、腹直筋のエクササイズとしては、あまりオススメしません
なぜなら、60~80度位の急角度シットアップ(つまりカラダが逆さまに近い状態)では、
上半身と下半身をつないでいる筋肉(大腰筋・腸骨筋・大腿直筋、腰部筋群など)が地球の重力に引っ張られ、その伸展反射的な作用で強く収縮しがちです。 そのため、上に挙げたような正しいフォームを保っても、腹直筋と同程度、またはそれ以上に大腰筋・腸骨筋・大腿直筋・腰部などが比較的強く動作に介入する傾向にあります

腹直筋のエクササイズとしてシットアップの強度を高めるには、腹筋台の角度が45度位に達したら、その後は、台の角度を増すよりも、角度は30~45度程度のまま、おもりを胸の前に持って負荷を増すことをオススメします

急角度の腹筋台で腹筋運動を行っていると、「あの人スゴイ!」と周囲の人にハッタリかます&自己満足を得るには良いかもしれませんが、実は思ったほど腹直筋には負荷がかかっていません。ジャッキーが「酔拳」などの映画で、ロープで逆さまに吊るされて腹筋やっているシーンの影響などもあると思います。
ただし、このような急角度のシットアップは、大腰筋・腸骨筋・大腿直筋などを鍛えるには良いトレーニングの一つとも言えますので、陸上選手・体操選手・格闘家などには
それなりに意味があるとも言えます。

☆何のエクササイズにしても、どこを鍛えたいか?でフォームは異なるということですね
初対面の僕に声をかけてくれたこの青年に感謝です

| | TrackBack (0)

06/28/2012

food in vogue  tart cherry                タートチェリーの抗炎症効果 

Tart_cherry

osteoarthritis is one of most common orthopedic diseases among the middle aged and elderly,
and for athletes too, maintaining good condition of joints is an important issue isn't it
as many of you have already known it,  anti-inflammatory effect of tart cherry is drawing attention now
http://www.marketwatch.com/story/researchers-say-tart-cherries-have-the-highest-anti-inflammatory-content-of-any-food-2012-05-30

オレゴン健康科学大学 ケリー・クァール博士の調査チームが、5月30日に行われたACSM(米国スポーツ医学会)の総会で発表した研究

●変形性関節炎を持つ40~70歳の女性20名が対象

タートチェリー(さくらんぼの一種・写真)のジュースを1日2回、3週間飲用

結果  関節炎の炎症の程度を示す検査数値が著しく改善
     また、先行研究では、タートチェリーのジュースを飲用している長距離ランナーはトレーニング後に関節の痛みを訴える割合が、非常に少なかった

考察  タートチェリーに含まれる抗酸化物質・アントシアニンが非常に強力な抗酸化&抗炎症作用を持ち、その効果は鎮痛剤に匹敵する可能性もある

☆ 「自然食品の中では、現在、タートチェリーが一番強力な抗炎症作用がある」
と述べている研究者もいるようで、慢性関節炎の改善等にタートチェリーに注目が集まっているようです   

| | TrackBack (0)

06/27/2012

comparison of the three major diets       ダイエット法比較 最新情報

this article on msnbc.com sheds light on the effect of ''the low glycemic index foods diet''
but the size of this research is relatively small, therefore it is not a decisive conclusion
today, i translate this article into japanese below
http://todayhealth.today.msnbc.msn.com/_news/2012/06/26/12422704-low-carb-diets-may-burn-the-most-calories

msnbcニュースより (米国医学協会ジャーナル・6月27日号に掲載された記事)
ボストン小児病院・デビッド・ラドウィッグ博士の研究

世間には色々なダイエット法がありますが、代表的なダイエット法が、肥満者の体重減少にどのような効果があるか?を比較した記事です。
対象となったダイエット法は...
●低脂肪ダイエット (脂肪分の少ない食品を中心にし、脂肪摂取量を少なくする方法)
●低炭水化物ダイエット アトキンス・ダイエット  炭水化物の摂取を極端に少なくする方法)
●低GIダイエット 低インシュリン・ダイエット   血糖値が急上昇しやすい食品を避ける方法)

実験方法
肥満の方々、21名が対象  最初の7ヶ月間は、全員に同じ内容の食事を1日3食提供
もともと体重の多い人達なので、この期間で、平均14%程度の体重が減った

8ヶ月目は、この21名を3つのグループに分けて、1ヶ月間、経過観察
①グループ  低脂肪食中心
②グループ  炭水化物を極力減らす
③グループ  低GI食品中心  (例、 白米や精製パンの代わりに、麦がゆ・黒パンなどを選択)

そして、各人の代謝率(カロリー燃焼率)、 心臓病や糖尿病に関する検査項目を調べた

結果は...
低炭水化物グループが、カロリー燃焼率が最も上がったが、ストレスホルモンが増加したり、体内の炎症反応が上昇するという影響も見られ、心臓病予防の観点からは危険性もある

低脂肪食のグループは、インスリン抵抗性・脂質レベル・HDL(善玉)コレステロールに
マイナスの影響が見られた。

低GI食のグループは、低炭水化物のグループと同じくらいカロリー燃焼率が上がり、
健康上、極端な影響も少なかった。ただし、このグループは、多くの研究者が推奨する脂質摂取量よりも、脂質の摂取がやや多かった。

過去には、低脂肪ダイエットがダイエットの王道だった。
その後、アトキンス・ダイエット(超低炭水化物ダイエット)が話題となった。
ただし、炭水化物の摂取を激減させると、結果として脂肪分の割合が多くなってしまう余地が大きく、動脈硬化などを招く可能性もある

この研究は、対象者が21名という小さな実験なので、ハッキリした結論は出ていない。
現段階で実用的なアドバイスとしては、適量の炭水化物と適量の脂質のバランスが
肝要である    
(例えば、野菜を少量の油で調理する、ブロッコリーに少量のチーズをまぶす、ブリトーにアヴォカドを少々入れる、 など)

☆ 記事の要点だけ意訳しました。 ご了承下さい

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/26/2012

japanese words used in overseas

today, i was talking with one of participants of the senior fitness class
he seemed to have read a letter to the newspaper questioning influx of many foreign words to japanese society.
actually many japanese(including me) are not good at english,  but many english words are used in our daily conversation (e.g. ''mind control''  ''convenience store''  ''fast food restaurant''... etc)

and conversely, he seemed to want to know if there are japanese derived words used in overseas, such as sushi and tsunami
i sometimes come across some japanese derived words when reading newpaper article at CNN, BBC ... etc
examples of them are...  ''tycoon''  ''honcho''

as u know, the word tycoon is used for bigshots in business field or media world...etc
originally, the word tycoon was another name for shogun in feudal japanese period(shogun is a title for warrior's head or regional lord)
so to speak, its original meaning is substantially close to ''dictator''

and the meaning of the word honcho in english speaking countries is ''boss'' ''head'' and things like that,  right ?
in japan, honcho is a leader in classroom, business team, police, military, local community ...etc          and we pronounce it ''hancho''

i am pleased that many japanese derived words are settled in overseas nowadays.
and i will show u a japanese word meaning ''geek''  ''nerd''    OTAKU
for example, if u are fitness enthusiast, it is called ''fitness otaku''
oh, its me   haha...

高齢者筋トレ教室の参加者の方と話をしていて、「新聞の投書欄で、''最近、外国語の単語の氾濫が著しいので、適切に日本語訳した言葉を作るべき'' という意見を読んだ」という話題が出た。

確かに、日本人は外国語が苦手なのに(僕も、その一人)やたらと外来語を使いたがる
それでは、逆はどうか? 「海外で定着している日本語の単語はあるのだろうか?」という話になった。

スシ・ツナミ・ニンジャ・カラテなどはお馴染みだろうが、僕がCNNやBBC等の記事を読んでいて、比較的多く見かける日本由来の単語は、tycoonhoncho

tycoonとは、将軍などを意味する「大君」から来ている。英語圏でタイクーンという言葉は、主に経済界やメディア界の大物などを呼称するときに使われる。

honchoってのは、「班長」のこと。 英語でも、日本での使い方に近く、何らかのチームや団体・組織のリーダーなどを意味する。  (ホンチョーって発音に近い)
ちなみに、TBSで「班長」っていう刑事ドラマがあるが(見たことないけど)、 ハンチョーという日本語が国際化したので、このタイトルがつけられたのでしょう。

日本語を含め、日本文化が更に海外に浸透すれば良いと思います
☆訳のわからない単語と言えば、「サカナクション」って何? オッサンには全然、訳わからん     

| | Comments (4) | TrackBack (0)

06/23/2012

Bernard Ackah   one of martial artists representing Japan 

do u know a mma fighter in japan named Bernard Ackah ?  though he is from Cote d'lvoire, he grew up in japan since he was two, and has long years of experience in Judo and Taekwondo.  we was doing comedian & radio reporter in japan till 2006 and debuted as professional mma fighter in 2007.  in his second match, he knocked out the former NFL player Johnnie Morten who played for San Francisco 49ers too.  since then he fought nearly 20 mma & kickboxing matches.

Mr. Ackah hang up his gloves at Deep Impact 58 held in Tokyo on June 15th 2012      in his later career he was plagued by various injuries such as fracture of fist, due to accumulated damage by his '' go for broke '' fighting style.  ironically, that is the biggest point many japanese fans love and respect his fight.

of course i dont have any personal relationship with him, but i have some indirect connections with him so far, for example one of my gym mates fought againt Mr. Ackah before and things like that.
so i feel a kind of intimacy with him.
at present Mr.Ackah is 40 years old and i'm also in my middle 40's.
so i got a lot of power from his courageous fight and way of living
if possible i want to watch him fighting on the ring more,  at the same time i expect he will become an excellent martial arts coach and make great contribution to the world of martial arts in the future.
i congratulate him on the start of his next career !!

his profile        http://en.wikipedia.org/wiki/Bernard_Ackah
vs Johnnie Morton http://www.youtube.com/watch?v=mniHJAQmNG8

格闘技ファンの皆さんにはお馴染みと思いますが、お笑い芸人&タレントとしても活躍している格闘家のベルナール・アッカさんが先週、プロ格闘家を引退されました。
2007年に総合格闘家デビューしたアッカさんを見て、打撃の当て勘の良さ・常に前へ出る積極的なファイトスタイルに感銘し、ずっと注目していました。

僕はアッカさんと面識はありませんが、僕が通っている市営トレーニング場にも以前、
プロ格闘家の方が来ていて、トレーニング場で会うと「ハイ!元気?」と挨拶する程度でしたが、その方がアッカさんと試合したりして、間接的ではありますが、アッカさんと不思議な縁のようなものを感じます。

今後もタレントさん&格闘技の指導者としてアッカさんの活躍に期待したいと思います    

| | Comments (8) | TrackBack (0)

ENDO GENERATION  wellmade copy of SNSD

today i introduce you to japanese showbiz world !
one of my current favorites is ENDO GENERATION, a cover dance group of the korean girl group GIRL's GENERATION aka SNSD
ENDO is the name of leader of the group, and incidentally same as my last name,  he is not my relative though...   haha
ENDO GENERATION's dance is funny, comical, and cool !!
check them out on the video
the tall black guy is ENDO  (he has african american and japanese descent)

http://www.youtube.com/watch?v=nvx7yI1toZc

今日は芸能ネタ(笑)      現在、僕のイチ押しは「遠藤時代」
ご存知の方も多いと思うが、「少女時代」のコピーグループ    昨年、話題になったが諸事情により解散(各メンバーの本業がプロダンサーなので、各個人での活動が忙しく、''遠藤時代''としてユニットで集まる時間の確保が難しいらしい)
が、最近また活動を再開したようです!
上のビデオは少し古い作品だが、少女時代を忠実にコピーしつつも、コミカルな味付けをしているところが面白い。          ☆要チェック☆    
ちなみに、背の高い黒い男性がリーダーの遠藤君です  (日本人とアフリカ系アメリカンのダブル)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

06/22/2012

Calisthenics for Japan's Self Defence Force

yesterday, i wrote about The Radio Calisthenics in japan
and today, i have found an interesting (kinda weird) calisthenics on youtube
Calisthenics for Japanese Military,  which seems to be used as a warming up for daily military exercises at Japan's Self Defence Force.
(in japan, we call the military as Self Defence Force,  the reason is... after the WWⅱ Japan renounced any force as a means of conflict resolution forever therefore we japanse are not allowed to have any offensive force in the name of Military)

as u can c,  this calisthenics is presumed to have been made long time ago and a bit retrospective fashion
but these days, workouts utilizing own body weight such as PowerYoga, Taichi, Pilates ... are drawing attention as well as conventional style weight training, u know
in that sense, this Self Defence Force Calisthenics might be a sample & reference for exercise instructors.

http://www.youtube.com/watch?v=-YKmdL9KXSo&feature=related

the sequence is made up of the following moves.
☆arm circle
☆opening up the chest
☆flextion, extention, circle of neck

☆side lunge like move
☆forward bending & hyper back extention
☆diagonal twisting
☆jumping jacks
☆side bending
☆leap
☆plie like move
☆thigh raises

most moves of this calisthenics are ballistic in nature
so it is not advisable for deconditioned people, seniors ... etc
cuz this is a warming up for the military,  if you apply this exercise to general population,  some adjustment & modification will be necessary.

昨日はラジオ体操について書きましたが、今日はyoutubeでちょっと面白い映像を
見つけました  (上記リンク)
「自衛隊体操」    自衛隊の隊員さん達が、日々の訓練前の準備運動や体力づくりとして行っているらしいです。

ラジオ体操の内容をハードにした感じです。 バリスティック(反動や弾みをつけた)動作が多いので、この体操を行う前に、しっかり準備運動(ストレッチ)するのが必要と思います
自衛隊の隊員さん用に考案されたものですから、体力のある人向きですね。
こういうものもあるんだ、という参考程度にどうぞ。
☆なんか、松雪オラキオを思い出したわ  (笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/20/2012

Radio Calisthenics   ラジオ体操

i usually introduce latest health&fitness topics in the states to japanese people through this blog.  but today, conversely i would like to transmit information in japanese fitness scenes to overseas
what is called '' physical fitness movement'' is originated in the US
and fitness industory in other countries take in trends and examples in the states
therefore what is happening in japanese fitness industory is not so different from the situation in the US.
some of traditional martial arts like Judo, Karate... etc have their origins in japan, but since K-1 and PRIDE were bought out by foreign company respectively, the momentum of japanese martial arts world has moved abroad

so i thought if we have something unique to japanese fitness scenes now, and what came up to my mind is.....   The Radio Calisthenics
(refer to the youtube video below)
Radio Calisthenics is an exercise accompanied by music & instruction from radio broadcast, and deeply takes root in japanese society for long time.   it is mainly done in the park every early morning(around AM 6:30) and main participants are the elderly.
elementary kids also participate during summer vacation.
it's just like Taichi done in chinese parks.

http://www.youtube.com/watch?v=3lSxredOH6w       ビデオ

it seems that original form of Radio Calisthenics was invented in the US about 80years ago,  some revisions were made at japan after that and has reached the current form.
though u might take it ''old school'',  content of Radio Calisthenics is well organized and made up of almost all basic moves of human body,  such as bending forward, backward, to the sides, twisting,  elevating arms, rotating scapulas,  bending hip, knees, ankles,  small jumping in place... etc

another good point of this radio exercise is to stick with ''earlybird lifestyle'', getting up early, going to the park and meeting friends & acquaintances every morning
unlike Yoga and Taichi, moves of Radio Calisthenics are ballistic and relatively fast
in terms of enhancing blood circulation of stiff muscles&joints in eary morning,  preparing for active every single day, rhythmic moves might be more suitable than static exercises.
but in order to ensure safety, warming up your body by static stretching before doing Radio Calisthenics is desirable, i guess.
☆the current number of participants to this radio exercise is said to be 30 million all over japan

このブログでは、海外(主に米国)の健康&フィットネス情報を日本の皆さんに紹介することが多いが、僕のブログを海外から見てくださっている方も、最近少しずつ増えているようなので、今日は日本発のフィットネス情報を海外に向けて発信しようと思う

いわゆる「フィットネス」というのは米国発祥なので、日本のフィットネス業界で流行するものは、米国でブームになったものが数ヶ月~数年遅れで日本に入ってくる場合が多い
柔道・空手などの伝統武道は日本発祥だが、K-1やPRIDEが海外の企業に買収されて、日本の格闘技界の勢いも海外に移ってしまった気がする。 そう考えると、日本特有のフィットネス情報やトレーニング法って、あまり思いつかない...

で、思いついたのが「日本にはラジオ体操があるではないか!」
海外でラジオ体操が実施されているというのは聞いたことがない。
というわけで、海外の人に日本のラジオ体操を紹介するのに、上記リンクのyoutubeビデオを選びました (英語でコメント書いてる人いますが、日本に滞在歴のある外人さん達が懐かしがって書いてるみたい、 初日と最終日だけ、景品のお菓子もらいに行ったな、とか 笑)

僕自身、時々「ラジオ体操ってカラダにいいんですか?」と聞かれることがある。
ラジオ体操って、ちょっと古くさいイメージもあるかもしれないが、非常に素晴らしく構成されていると思う。 前屈、後屈、側屈、捻る、腕を挙げたり、肩甲骨を回す、股関節・膝・足首を曲げ伸ばす、軽くジャンプする... などなど人間のカラダの基本的動作の多くが、無理ない形で、しかも理想的な順番で配列されている。 原形となるものは、1928年に米国で考案され、その後、日本に紹介され、色々な修正が加えられたらしいが、数十年前、まだエクササイズ・サイエンスが発達していなかった時代に、ラジオ体操を考案した人は、スゴイと思う。

ラジオ体操に限らず、何の運動でもそうですが、「各動作が、どの筋肉を刺激するためのものか?」 「安全に効果的に行うためのポイントは何か?」 把握した上で行うことが大切です。 ラジオ体操も、キチンと正しく行えば非常に良い運動になります。

早朝に中高齢者が公園で行う健康法という点は太極拳と同じですが、太極拳やヨガなどは静的な動き (反動をつけずにゆっくり行う)が主体ですが、ラジオ体操は動的 (反動や弾みをつけた動き)が多いです。 朝、起きがけのカラダの血行を良くして、1日を活動的に過ごす準備をする意味では、静的な動作よりも、動的な動作の方が理にかなっているかもしれません。

ただ、ひとつ注意が必要なのは、朝、起きがけで、筋肉や関節がほぐれていない状態で、いきなり反動や弾みをつけた動作を行うと、筋肉や関節を痛める危険性もあります (ラジオ体操会場まで歩いて来る途中でカラダもほぐれるので、あまり心配ないと思いますが)
より安全性を高めるには、ラジオ体操のための準備運動として、軽く、静的ストレッチ等を行うと理想と思います (最近、NHKで早朝に放送されている番組では、そのように、ラジオ体操前のストレッチが取り入れられているらしいです。 見たことないけど...)
☆日本のラジオ体操、海外の人の目には、どう写るんでしょうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/19/2012

current access to my blog  (as of june 2012)

according to the access statistics of cocolog
currently my blog has 50~200 access on average a day

and this access analysis function shows me what language each visitor to my blog sets on their PCbrowser.
according to it, around 70% of visitors to my blog is presumed to be Japanese, and the remaining 30% is access from browsers set in English language.
(it's impossible to track further informations, so please don't worry)
now, i'm hoping to increase access from abroad as well as from japan.
i have 20 years of experience in the health&fitness industory and also like learning english   (even sesame street is still hard for me though   LOL)

i don't mean to be presumptuous, but it would be ideal if i could be a bridge to connect fitness professionals & industories in japan and abroad through this blog or in some way.  
in order to get one step closer to it, i need to heighten my skills in exercise instruction and english more.
☆ i appreciate your heartwarming support & friendship always ! ☆

ココログのブログにはアクセス解析機能があり、久しぶりに見たら、僕のブログへのアクセス数は現在、1日あたり50~200前後です。 また、ブログを訪問して下さった方がパソコンのブラウザで何語を設定しているか? わかるようになっており、現在、約70%は日本からのアクセス、 30%は英語で設定してあるPCからのアクセスのようです。
(個人を特定するような詳しい情報までは解析出来ませんので御心配なく)

僕はフィットネス業界に約20年おり、英語を読むのも好きです (ヘタですが 笑)
大それたことを言うつもりはないですが、このブログを通じ、あるいは何らかの形で
日本と海外のフィットネス業界やインストラクターをつなぐ架け橋となれたら理想だと思います。    ☆皆さん、今後ともご指導・ご親交、宜しくお願い申し上げます☆

| | TrackBack (0)

06/18/2012

THE EAS IMPACT AWARD

Easlogo

do u know a supplement foods company named ''EAS sports nutrition'' ?
if u are bodybuilding fan or fitness enthusiast, EAS must be a household brand with their high quality protein powder products such as Myoplex
EAS has launched a wonderful award initiative (a kind of grant program) The EAS IMPACT AWARD
the award has two categories, ''the personal trainer'' and ''the group exercise instructor''
winner of each category is awarded $5000 !! (under the current rate, 400,000 Yen equivalent)
as a fitness professional myself, i'm very pleased with this initiative
if i am allowed to mention my personal opinion, hopefully this award will be opened to h&f professionals residing outside of the states as well in the future.  even in that case, San Diego is far from japan though...
i wish it becomes completely online contest...    

anyway, i'm looking forward to the result of this inaugural event and cheering the finalists from under the sky of japan.
voting is open to everyone !   http://www.facebook.com/easbrand
and don't forget to check the website of EAS !         http://eas.com/

P.S   i wanna thank Dear Max & Morgen in EAS for their kindness       

EASっていうサプルメント会社知ってます? ボディビル雑誌の広告などで見たことあるかもしれませんね。 このEASが今回、THE IMPACT AWARDという表彰制度を始めました。簡単に言うと、フィットネストレーナー・オブ・ザ・イヤーみたいなもんで、毎年、
優秀なインストラクターを選出し、2名に賞金5000ドル(1ドル=80円で40万円)進呈しようという企画です。

先日、この企画のエントリー案内が来たので、「おっ、40万円もらえるかも、応募しちゃおうか?」と思ったが、エントリー要項を読んだら、''アメリカ在住の人に限る'' というものでした...  ファイナリストに投票するのは誰でも出来るので(上記facebookリンク)
僕も一票投じて、誰が優勝するか?楽しみにしています。

☆ちなみに、「今後、アメリカ在住の人以外も応募可能なように希望」ってコメント送ったら、EASから返事が来て「担当者に伝えました」だって。 EAS、親切な会社だね 好感度UP!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

06/17/2012

learning program for MMA conditioning is coming out from NASM

hey guys !    it's a topic from NASM again.
NASM is launching a credential (educational program)of physical conditioning for mixed martial arts !     check it out on the video below
frankly speaking, as far as u watch the promotional video, training methods included in this course are presumably not so special
for example, explosive exercise using the sledgehammer and huge tire(u might have seen Fedor doing it in pre-fight video of PRIDE), Kettlebell,  Power Rope Workout...etc
but learning this program looks so interesting & exciting !
cuz i am mma fan.
hopefully the price of this course($399)gets a bit cheaper in the future... http://www.youtube.com/watch?v=0eku4-WPs2w 

昨日に引き続き、NASMの話題です(笑)  あ、別にNASMの回し者ではありません(笑)
総合格闘技(MMA)ブームを反映して、MMA向けフィットネス・トレーニング指導の
教育認定プログラムを開始するそうです。
名称は、
MMA コンディショニング・スペシャリスト (略してMMA CS)

ゴルフフィットネス・スペシャリストと同じタイプの講座だと思われます
「資格」というよりは、「学習コース」のようなもの
(オンライン教材で学習して、修了検定を受けて合格すれば認定されるシステム)
上記リンクがプロモVですが、これを見る限り、なんか「いかにも」って感じもします(笑)
PRIDEの選手紹介VTRでヒョードルがやっていたのを見た人も多いと思いますが、デカいハンマーでタイヤを叩いて瞬発力を強化するトレーニング・ケトルベル・パワーロープなどなど、この教材で学ぶトレーニングプログラムの、おおよその見当はつきますね。

ミーハーなのは解っているんだけど、格闘技ファンとしては、この教材面白そう (ゴクリ)
でも、ちょっと価格が高いんですよ  (399ドル  1ドル=80円として32000円位ですか...)
フィットネス関係者の多くが格闘技好きなのを承知の上で、あえて強気な価格設定を
するところは商売上手ですな(笑)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

06/16/2012

tips for golf conditioning

today i received monthly newsletter from National Academy of Sports Medicine,  one of features of this month is corrective exercise tip for golf conditioning.
in other organization's publications, tips for golf conditioning are relatively rare, so i guess this topic might be useful for y'all and i translate it into japanese below.
cuz this is free material, it is not so specific,  but hope it helps.
http://www.nasm.org/Solving_Hip_Dysfunction_for_Improved_Golf_Performance/?utm_source=nasm&utm_medium=email&utm_campaign=0612_Newsletter

NASM(全米スポーツ医学アカデミー)から今月号のニュースレターが届きました。
ゴルフのコンディショニングに関する話題が取り上げられており、フィットネス団体の機関紙でゴルフ関連のトレーニング記事は比較的少ないので、ご参考までに翻訳します
(上記のリンク記事)  あまり専門的な内容ではなく、どちらかというと一般的な内容ですが、お役に立ちますか...

長時間の通勤・テレビ・パソコンの使用など機械化された現代では、我々は運動不足になりがちで、1日30分以上の運動×週5回以上実施している人は限られており
リクリエーションレベルのゴルファーの多くもコンディショニング不足傾向にある。
長時間のデスクワーク等が不良姿勢・柔軟性・筋力・有酸素能力の低下を招き、
18ホールをプレイするのに必要なフィットネスレベルに支障が出ることもある。

長時間のデスクワークでは股関節が常に屈曲した状態にあり、股関節の屈曲筋群
(大腿直筋・大腿筋膜張筋・腸腰筋など)の硬化・短縮を招き、骨盤が前湾傾向になる。
前傾した骨盤は、骨盤の上方・下方に連鎖的な反応を起こし、腰痛や仙腸部の機能低下につながり、ゴルフのスイングメカニズム低下の原因となり得る。

いくつかの研究によると、腰痛を持ったゴルファーは利き脚(右利きのゴルファーの場合、左脚)の股関節内旋の可動域低下・腰椎伸展力の低下・腹斜筋・脊柱起立筋・膝伸展筋群の活動性&タイミングの低下といった傾向が見られる。バイオメカニクス的に正しいスイングを実現するには適切な柔軟性・筋力・神経ー筋コーディネーションが必要である。これら3要素なしには、正しいショットを一貫して打ち続けることは出来ない。

硬化・短縮した股関節屈曲筋に焦点を置いたコレクティブエクササイズ(修正・矯正エクササイズ)はゴルフフィットネスの要である。 多くのゴルファーにとって、バックスイングの
トップポジションでの股関節(骨盤)の回旋角度は平均47~55度程度である。適切な股関節(骨盤)の回旋能力なしには、適切なバックスイングに必要なパワーと正確性を得られない。股関節の不良動作、例えばヒップハイク(骨盤の片側が上方に挙がる)・スウェイ(横へのブレ)・回旋不足・体軸のブレ等、股関節の機能性が低下した人に良く見られる現象である。

コレクティブエクササイズ・トレーニングの目的はスイングの各フェイズを適切に実現するために必要な可動域と神経ー筋コントロールの確実性を高めることである。

text by ブライアン・サットン  運動科学修士  NASM 認定パーソナル・トレーナー
コレクティブエクササイズ・スペシャリスト  パフォーマンスエンハンスメント・スペシャリスト

☆☆NASMは、以前このブログで紹介した通り、「ゴルフフィットネス・スペシャリスト」という教育認定プログラムを行っているので、その宣伝も兼ねた記事だと思われます
それと、僕自身はゴルフのことは良くわかりません。 ので、翻訳に不適切な部分がありましたら御教授下さい 

| | TrackBack (0)

ACSM CECクイズ オンライン提出可能に

good news for ACSM certified professionals
online submission of CECself tests has bocome available !
but, processing fee for online submission is bit higher ($25) than the conventional submission in paper form($20)
hopefully the online submission fee becomes the same as the paper submission in the future...
http://www.acsm.org/find-continuing-education/cec-cme-opportunities/online-learning-opportunities

ACSM 有資格者の皆さんにグッドニュース、 継続教育ポイント(CEC)取得のためのセルフテスト提出がオンラインでも出来るようになりました (上記リンク参照)

従来のように解答用紙を米国まで郵送する方式だと、単位取得証明書が届くまでに1ヶ月程度要していましたが、オンライン提出ならば、提出後スグに証明書がプリントアウト出来るようです。 ただし、オンライン提出は、なぜか手数料がやや高くて、25ドル
(郵送での提出なら20ドル、 切手代が190円程度かかるけど...)
願わくば、オンライン提出も20ドルになれば良いのですが...

☆ちなみに、このオンラインシステムはIDEAのFitness Connectと連動した形に
なっており便利です

| | TrackBack (0)

06/15/2012

Power Rope Training (パワーロープ・トレーニング)

i participated in an online survey by a major fitness organization yesterday.  this survey is for predicting what is going to be hot in the health&fitness industory in 2013.   survey participants are required to rate their interest in various fitness workout methods and tools such as Yoga, Pilates, Zumba, Spinning in the water, Functional workout, Core strength workout, Boot Camp workout... etc in ten point scale.
among these trends, what is intriguing to me is Power Rope Training
may be some of you already know it.   it's a muscle strength workout using a rope like the one used for the tug of war.
it looks to demands grip strength and core muscles.  in that sense,
it might be similar to Kettlebell workout.    check it out on this video !
http://www.youtube.com/watch?v=uZqZ7qhcNDE

僕が認定を受けている米国のフィットネス団体からメールが届き、ある調査への参加を依頼された。 これは、「来年、フィットネス業界で何が流行するか?」という2013年の
フィットネス・トレンド
を予測するためのもので、世界各国のフィットネス指導員が現在
どんなトレーニング方法・器具などに関心があるか?をアンケート形式で調査するもの
光栄なことに日本のモニターの一人に僕が選ばれたようだ。

アンケートには伝統的なものから新しいものまで色々なトレーニングが記載されている
(伝統的ウエイトトレーニング・自重トレーニング・バランスボール・フォームローラー・ヨガ・ピラテス・ザンバ・格闘技系ワークアウト・ブートキャンプ・スピニング・水中スピニング・ コアワークアウト・ファンクショナルトレーニング・バイブレーショントレーニング... などなど数十項目)
で、それらにどの程度関心があるか? 効果が期待できそうか? などを評価&コメントする形式。調査の結果を集計し、11月~12月頃に来年のトレンドとして発表するらしい

これらの中で、ちょっと面白そうだなと思ったのが、パワーロープ・トレーニング
上記のリンク動画を見て頂ければわかるが、綱引きに使用するようなロープを使用し、色々なバリエーションでロープを振ったりするもので、握力・前腕・上腕・肩・体幹に
かなり効きそうで、これら部位の筋力&筋持久力を鍛えるには良いかもしれない。
なんとなく、流行りそうなヨカーン!    ☆要チェック☆ 

| | TrackBack (0)

06/14/2012

オールナイトフジのファンサイト 

about three years ago i wrote my thought about the legendary japanese nightly TV show titled '' All Night Fuji ''  which was aired from 1983 to the early 90's and gained amazing high ratings as a TV show in the middle of night.   the biggest feature of the program was a bunch of pretty female college students called All Nighters,  they challenged funny games, comedies, midnight aerobic dance in sexy costumes ...etc.    i was also a college student then and i loved that program.   and i began bodybuilding and started working as a parttime instructor at a workout gym at that time.   so to speak, All Night Fuji is a mirror projecting my sweet memories of those days.
and today i got a comment from a kind person saying that '' I have made a website on All Night Fuji, if you would like please come to see the site''        Voila !  i've never seen such a wellmade website and pages concerning All Night Fuji !   its outstanding and full of affection for All Night Fuji       thanks Mr. Fujiyama     its fabulous !

約3年前、このブログで伝説の深夜番組「オールナイトフジ」への考察を書いた↓
http://walkon.cocolog-shizuoka.com/fitness/2009/04/post-c006.html?cid=71446199#comment-71446199 
本日、ある方からコメントを頂き、「オールナイトフジのファンサイトを立ち上げたので
よろしければどうぞ」とのこと。 早速、拝見した ↓
http://allnightfuji2012.web.fc2.com/

ネットで「オールナイトフジ」と検索しても、これ程までに良く出来たサイトやページは見たことがない珠玉の出来です。何よりも、このサイトを作った方のオールナイトフジへの愛情を感じます。

オールナイトフジの全盛期、僕は大学生で毎日が新たな発見と出会いに満ちてました
(今もそうですが)   静岡の田舎から東京へ出てきた・ボディビルを始めた・趣味が高じて、フィットネスクラブでアルバイトするようになった・永田さん・寺町さん・大河原さん等
僕のフィットネス&ボディビル人生における師匠との出会いがあった・ジムにはチャーミング&セクシーなハイレグのおねーさん達が大勢いて毎日が鼻血ブー状態だった(笑)

つまり、オールナイトフジは僕にとって、新たな道をスタートした当時の楽しい日々の
代名詞なのです。  コメントを下さったフジヤマさん、素晴らしいサイトをありがとう!

| | TrackBack (0)

06/12/2012

永田孝行先生監修 食べ順革命ダイエット

Photo_2

japan's one of leading health&fitness experts, Dr.Takayuki Nagata's new book is coming out !
this new book titled in japanese '' Eating order Revolution'' is written by Mr&Mrs. Kujirai (Nagata's friends) about how they successfully attained good shape by devising eating order, and Dr. Nagata serves directional role in this publication.
Dr.Nagata(PhD in health science)was the head instructor in the workout gym i worked for when
i started my career in the health&fitness industory in 1985.
after that, he served the manager of TANITA Best Weight Center, TANITA is the largest company in japan making body fat scales.
at present, Nagata disseminates innovative informations and products through his own company, books, lectures, media appearances...etc
http://www.tn-hp.com/
i'm very proud of him as my great senior & trailblazer in this path !

本日2回目の更新で失礼します。フィットネス業界における僕の大先輩・永田孝行さんが新しく本を監修されましたので告知です。

永田先生は、テレビや雑誌で「低インシュリン・ダイエット」でお馴染みですね。
20年以上前、僕がフィットネスクラブで働き始めた時、永田さんは、そこのジムのチーフトレーナーでした。僕にインストラクターとしてのイロハを教えて下さり、仕事の後も一緒にトレーニングして鍛えてもらったりと、僕の師匠の一人です。

極真空手の指導員やキックボクサーをされていた経歴もあり、高田馬場BIG BOXの
大きなサンドバッグにドスドス蹴り込んでいたローキックは圧巻でした。

東京大学・大学院で健康医科学を研究され、博士号も取得された文武両道の方です
永田孝行先生ブログ  →  http://ameblo.jp/tn-hp/
☆新刊はAmazonでも予約を受け付けているようです。

| | TrackBack (0)

海外駐在者にとって最も物価の高い都市は東京

according to the news below, the capital of my country Tokyo has been ranked as the most expensive city in the world for expatriates.
i have a bit mixed feeling about this news , whether i should take it
'' Tokyo is the toughest city for oversee dwellers '' or '' Tokyo is the wealthiest city in the would ''   as a japanese i wanna hope the latter.
http://edition.cnn.com/2012/06/12/world/asia/tokyo-most-expensive-city/index.html?hpt=ias_c2
http://www.mercer.com/costoflivingpr#City_rankings (ランキング50)

(CNNニュースより)
米国のコンサルタント会社・マーサーが「海外居住者にとって物価の高い都市」2012年ランキングを発表しました。このランキングは世界214主要都市の家賃・交通費・食費・衣料品や家庭用品の価格・娯楽費など200以上の項目を、基軸通貨(おそらく、ドル)
ニューヨークの物価を基準に比較したものらしい。

1  東京
2  ルアンダ  (アンゴラ共和国) 
3  大阪
4  モスクワ
5  ジュネーブ
6  チューリッヒ
6  シンガポール
8  ンジャメナ    (チャド共和国)

9  香港
10 名古屋
  (上海16位 北京17位 ソウル22位 ロンドン25位 ニューヨーク33位 パリ37位)

トップ10のうち、日本から3都市入っていますが、やはり円高が影響してるのでしょう。
日本でビジネスしている欧米系企業は外国人従業員には給料をドル(またはユーロ等)で支払っているところが多いでしょうから、もらった給料を円に換金すると、円高だと金額が低くなってしまうわけで、そこから東京の高い家賃や生活費を支払うのは中々キツイでしょうね。

東京を「世界で最も外国人とって金のかかる都市」と見るべきか?
「世界で最もリッチな都市」と見るべきか?   微妙なところですね

| | TrackBack (0)

06/10/2012

study material for CIFT exam

Text_book_3

in yesterday's posting, i wrote that i passed Certified Inclusive Fitness Trainer exam, and today i introduce you to one of text books i used for the exam preparation.    this book is well organized and easy to understand, so you can gain knowledges and hints about how to adapt exercise programs for people with disabilities through many pictures and illustrations.
cuz this book was published in 1995, some of informations on this book have become outdated now, but i guess this is one of recommendable study materials concerning inclusive fitness program.

昨日、インクルーシブ・フィットネストレーナー試験に合格した件を書きましたが、ご参考に試験準備に使用したテキストを紹介します。これ以外に、もう1冊使用しましたが、
主に使用したのはこちらです。

この本は写真やイラストが豊富で、通常のトレーニングプログラムを障害のある方々に
どうアレンジしていくか?というのが解りやすく示されていますので、受験目的でなくとも、色々と参考になる点は多いかと思います。

書籍名はご覧の通り ''Fitness Programming and Physical Disability''
Human Kinetics社から出ていますが、日本や米国のAmazonでも扱っています。
(ちなみに僕は、Amazonから中古本が安く出ていたので、それを購入しました)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/09/2012

ACSMインクルーシブ・フィットネストレーナー資格 Passed the ACSM/CIFT exam !

Cift_score_report_2

As I'm engaged in exercise instruction at public health centers, welfare facilities... etc in addition to personal training sessions,  some of the participants have some physical disability such as use of assistive device like wheelchair or cane, muscle and joint contracture, hearing or visual problem.   ACSM/NCHPAD Certified Inclusive fitness Trainer is a certification program focused on exercise instruction for these special population. It is a joint initiative by The National Center on Physical Activity and Disability and American College of Sports Medicine. In order to increase my understanding in this aspect, I challenged this exam today and luckily passed !  Although the existence of this certification program is not well known even among health&fitness professionals yet, I would like to recommend it as a good learning opportunity for enhancing knowledge, skills, and awareness about exercise instruction for the special population.   

保健センターや福祉施設などでフィットネス指導していると、何らかの身体障害を持った方々もいらっしゃいます  (例えば、車椅子や杖などの補助具を使用している・関節や筋肉に運動制限や拘縮がある・聴覚や視覚に制限がある... など)

イリノイ州立シカゴ大学の付属研究機関でNCHPAD(全米障害者運動センター)という組織があり、障害者の方々のフィットネスやスポーツを研究したり、情報発信しています。https://www.nchpad.org/
このNCPADとACSM(米国スポーツ医学会)が提携して「インクルーシブ・フィットネストレーナー」という資格を認定しています。  これは、そのような身体障害のある方々へフィットネス指導する際に、どんな点に注意・配慮が必要か?といった面に焦点を当てた内容です  http://certification.acsm.org/acsm-inclusive-fitness-trainer

試験は今のところ英語受験のみということもあり、日本のフィットネス関係者の間では、この資格の存在自体あまり知られていないようで、「インクルーシブ・フィットネストレーナー」とネット検索しても、該当する情報は見当たりません。

この試験を本日、受験してきました(2012年6月)。受験準備を開始したのは6週間前で、テキスト2冊を3~4回読んだのみで、充分な準備とは言えませんが、挑戦してみることにしました。試験時間は2時間30分で問題数は110問。 2時間半で100問ちょっとなら、時間に余裕があるかな?と思っていましたが、110問やり終えた段階で、制限時間の10秒前でした(汗) 結果は何とか合格し、ホッとしました。

まだ、世間的には認知度の高くない資格で、日本での取得者は今のところ僭越ながら私だけのようですが、世の中ではパラリンピック等への関心も次第に高まっていることもありますし、障害のある方々へのエクササイズ指導に関する理解を深めるには有用な資格だと感じています。試験に受かったとはいえ、まだ理解が不十分な面もありますので、引き続きこの方面に関しても学んでいく必要がありそうです。 (写真は本日の試験のスコアシート)

copyright  Yoshihiko Endo 

| | Comments (2)

06/07/2012

7th june 2012 diary

i've been using Internet Explorer for my pc browser so far. i've come to know the presence of Google Chrome for the first time recently and saw some good reputations about it on the net. like'' Google Chrome's response is faster than IE and u can watch heavy texts and videos more comfortably '' so i tried installing it today. i've not yet thoroughly confirmed its response, but a youtube video stopped several times.  so i dont think there is a big difference between GChrome and IE. what do ya think of it ?

僕のパソコンのブラウサはインターネット・イクスプローラーを使用してますが、最近  「グーグル・クローム」なるブラウザの存在を初めて知りました  (疎くてスミマセン...)

「グーグル・クローム」の評判をネットで見ると「インターネット・イクスプローラーよりも  反応が速く、動画も快適に見られる」という書き込みがいくつかあったので、試しにグーグル・クロームをインストールしてみました。

動画の画面が途中で止まるとイライラしますが(笑)、それが解消されるか?(ゴクリ)とQ太郎AAばりに息を呑んで、グーグル・クロームからyoutube動画にアクセスしてみましたが、やっぱり途中で画面が止まること数回 ...   今のところ、IEもGクロームも大して変わらん、ならば使い慣れたIEの方がいいかな、という感想ですが、Gクロームを使用している皆さん、どうッスか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/05/2012

NSCAウェブサイト  リニューアル

the website of National Strength & Conditioning Association has been renewed !        the biggest feature of this new site is ...        the main website of NSCA and the site of Certification Commission have been integrated.     previously, these two were separated.
though it is still under development, i expect the new site becomes increasingly fulfilling & user friendly.

NSCAのHPが新しくなりました。従来のNSCAサイトでは、メインサイトとcertification commissionのサイトが別々だったのですが、今度は一つのHPに統一されました。  まだ、作成中のページもあるようで、全部の機能は試してないのですが、以前のサイトよりも更に充実することを期待したいと思います。
http://www.nsca.com/Home/ 

| | TrackBack (0)

06/01/2012

ニューヨーク市  Lサイズジュースの販売禁止か?

on may 28's blogpost, i wrote that portion sizes of sugary drinks and snacks are getting bigger,    and as many of you already know on the news, a move to tackle this issue is proposed in NYC. http://edition.cnn.com/2012/05/31/us/new-york-sugar-drinks/index.html?iref=allsearch

5月28日の記事で、ファーストフード店などのメニューや飲物のサイズが以前と比べて増量傾向にある件を書きましたが、この問題に対処する提案がニューヨークで発表されました。

現在、ニューヨーク市の成人の58%が肥満傾向にあるそうで、この肥満問題を改善するため、NY市長のマイケル・ブルームバーグ氏の提案で、「16オンス(約460cc)以上の サイズの炭酸飲料やジュース類(砂糖が沢山入った飲料)はレストランやファーストフード軽食の屋台などでは販売禁止にしてはどうか?」というものです。

まだ決定したわけではなく、6月12日より審議に入り、3ヶ月間検討した後、議会投票で決議。 もし可決されれば、来年からこの法令が施行され、16オンス以上のソフトドリンクを販売した店には200ドルの罰金が科せられるらしい。 ただし、grocery store  (いわゆる食品雑貨店みたいなところ)は、法令の適用外となるため、マクドナルド社などからは「不公平だ!」と反対の声が上がっているようです。

まあ、460ccのラージサイズが販売禁止になっても、沢山飲みたい人はMサイズを2本買うでしょうから(値段は割高になりますが)、根本的な解決になるかどうかは??

| | TrackBack (0)

UFC146 メディカル・サスペンション

according to the news on mma weekly.com, UFC146 medical suspention has been released.  in terms of each fighters income&job career, being sidelined for a long period of time might be tough times, but in terms of securing fighter's health and safety, these measures are necessary, i guess.    though mma is very popular spectator sports in japan too, actually we have no governing body for fighter's health&safety, anti doping procedure ...etc in japan.
so the mma world in japan should emulate the example of the Nevada Commission in this aspect, i guess.
http://www.mmaweekly.com/ufc-146-medical-suspensions-several-fighters-face-six-months-on-the-sideline

先日、UFCのギャラを書いた記事で米国はアスレティックコミッションの安全管理が厳しいという話を書きましたが、UFC146が行われたラスベガスでのスポーツイベントを管轄するネバダ州アスレティックコミッションより、メディカルサスペンション (負傷した選手の 処遇勧告)が発表されました。     以下がネバダ・コミッションの指示

●セミファイナルの試合でアントニオ・シウバに勝ったケイン・ヴェラスケスは、拳を痛めたようなので、左拳のレントゲンを撮ること。もし検査結果が陽性なら(つまり骨折など)、試合復帰には医師の許可が必要、さもなくば、11月20日までは試合出場を禁止する。検査結果に問題なくとも、6月26日迄は次の試合を控えること。

●顔に多くのパンチを受けたアントニオ・シウバは鼻のレントゲンを撮ること。検査結果が陽性ならば試合復帰には耳鼻科医師の許可が必要、 さもなくば11月20日まで試合出場を許可しない。検査に問題なくとも、7月23日までは次の試合を控えること。

出場した選手の多くにこのような勧告が言い渡されています。 最長で半年間も試合に出られないということは選手の収入にとっては大きな痛手ですし、選手寿命があまり長くないMMA選手のキャリアを考えても酷ですが、選手の健康と安全性を考えたら必要な措置だと思います。

日本のプロ格闘技界では、米国のアスレティック・コミッションのように安全管理・ドーピングテストを施行したり、選手への支払いギャラを把握して収入面でも一定のラインを 担保するようなキチンとした権威的組織がないのが現状のようです。

K-1やDRIDEなどでも試合前のメディカルチェック(試合の数日前に脳の検査や健康診断を行い、異常がある場合は出場させない)は行われていたようですが、試合後の身体管理については聞いたことありません。特に人気選手は、大きなダメージを負っても主催者から「次の大会も出てくれ」と頼まれるので、短い間隔で連戦が続くことになり、疲労やダメージが蓄積していきます。

K-1やPRIDEはイベントとしての完成度は素晴らしく、その点では海外の格闘技イベントを大きく上回っていましたが、選手の健康管理や禁止薬物の規制・ギャラの公正な配分などの点では海外に遅れています。今後、ネバダ・コミッションのような厳とした管理を見習うべきでしょう。

| | TrackBack (0)

« May 2012 | Main | July 2012 »