« tribute to the great diva | Main | バドワイザー新CM  歴代格闘技映画のパロディ »

05/19/2012

ジャッキー 演技派俳優へ転向か

like many of you do, i love Jacky Chan,  according to this news, the next movie seems to be his last action flick, and Jacky looks to pursue ''true actor'' hereafter.        http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-18114255

(BBCニュースより) ジャッキー・チェンは本格的なアクション映画に出演するのは次回作が最後で、今後は演技派俳優を目指すようです。

ジャッキーの新作 ''Chinese Zodiac'' は今年12月に公開予定。          Armor of God(サンダーアーム龍兄虎弟)  Armor of God 2(プロジェクト・イーグル)の続編にあたるもので、インディアナ・ジョーンズのように、失われた国宝級の宝を探して冒険する物語。

現在58歳のジャッキーは「あとどれくらいアクションを続けられるか自分のカラダに相談しみるけど、もうそんなに若くはないよ。自分はアクションだけじゃなくて演技も出来るんだということを皆に知って欲しい。''本物の俳優''になりたいんだ。 でも''カラテキッド''の続編や''ラッシュアワー4''はやるつもりだけどね」と言っています。

新作''Chinese Zodiac''のテーマとなる十二支の銅像は歴史上実在したもので、  18世紀中国の清王朝時代に作られ、1860年に何者かに奪われ、12体のうち5体は 現在も所在不明。 昨年、ロンドンのサマセット・ハウスの展示会のため、中国の建築家アイ・ウェイウェイによって再現され話題となった。

☆☆個人的には今後もジャッキーにアクション続けて欲しいです。 カラテキッド・リメイク版のように、武術の師匠役で、ちょこっとアクションも見せてくれるような役どころが良いと思います

|

« tribute to the great diva | Main | バドワイザー新CM  歴代格闘技映画のパロディ »

Comments

僕の中では、ジャッキーからコミカル・アクションを取ったら、
何も残りません(笑)。
『酔拳』1作目は面白かったですが、
2作目はシリアスでつまらなかったですからね。

Posted by: HIRA | 05/20/2012 at 02:08 PM

>HIRAさん

そうですね、やっぱりジャッキーはコミカルなアクションあってこそジャッキーですよね。

コミカルなカンフーアクション&師匠のユニークな鍛錬法という原点も「酔拳」1作目にありますよね。「酔拳2」はジャッキーが伝説の英雄 ウォン・フェイフォンを演じたのがポイントでしたね。

これまでと同じようなアクションをするのは肉体的にキツイと思いますが、年齢なりのアクションを魅せてくれればそれで良いと思います。いつも、ありのままの姿を見せてくれるのがジャッキーの凄さ&世界中で愛されている理由だと思いますもんね。

Posted by: ENDO | 05/20/2012 at 05:59 PM

伝説の英雄といえば、フォ・ユアンジャもそうですよね。
ジェット・リーの『SPIRIT』と
ブルース・リーの『ドラゴン怒りの鉄拳』を2本立てにすれば、
ストーリー的にも繋がりますが(笑)。

Posted by: HIRA | 05/20/2012 at 08:24 PM

>HIRAさん

「怒りの鉄拳」の続編で若き日のジャッキーが主演した「新精武門」(レッドドラゴン/新・怒りの鉄拳)というのもありましたね。「SPIRIT」→「怒りの鉄拳」→「新精武門」と、それぞれ主演俳優は異なりますが、3部作みたいなもんですかね(笑)

Posted by: ENDO | 05/20/2012 at 09:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110755/54748207

Listed below are links to weblogs that reference ジャッキー 演技派俳優へ転向か:

« tribute to the great diva | Main | バドワイザー新CM  歴代格闘技映画のパロディ »