« NASM コレクティブ・エクササイズ スペシャリスト | Main | 総合格闘技の世界連盟 発足 »

04/13/2012

NASM コレクティブエクササイズ・スペシャリスト取得

120412_225455_2

last time i wrote about NASM's Corrective Exercise program, and i somehow completed the learning materials in just a week, and fortunately passed the final exam !   thanks to heartwarming & friendly service of NASM's staff , i had a meaningful time through this course.      i want to apply what i have learned through this program to my everyday instruction.

前回、NASM コレクティブ・エクササイズのオンラインコースを受講中と書きました。受講開始してからまだ1週間ですが、ちょっとした手違いで、早くも試験を受けてしまい、運良く合格しました。

練習用の模擬試験問題が100問あり、それをやっていました。 100問終了すると、''Do you continue ? ''(続行しますか?)というメッセージが画面に表示されました。「これは、この後に別の練習問題がもう1セットあるんだろうな」と思い、YESをクリックして第2ラウンドを開始しました。気のせいか、最初の練習問題よりも難易度が少々上がったような気がしましたが、なんとか制限時間(90分)ギリギリで100問やり終えました。

すると、''congratulations !  you have passed the exam'' (試験合格おめでとう)なんてメッセージが表示されました。本番の試験の受験ボタンをクリックした覚えはないので、状況が飲み込めずポカンとしていましたが、事情が判りました。

僕はオンライン学習コースと本試験をまとめてパック購入していたので、学習コースの巻末にある模擬試験をやり終わった後、本試験問題が引き続き、パソコンの画面にアップロードされるようになっていたのです。 つまり、練習問題・第2ラウンドのつもりでやっていたのが、実は本番の試験だったのです。

それほど難しい問題はありませんが、このプログラムは腰・頚部・肩・膝・足首などの歪みや不良姿勢を改善し、障害を予防することに焦点を当てた内容なので、これらの部位の機能解剖については、割と細かな知識も問われ、これらの面に限れば、CSCSの試験問題よりもやや難しいかな?と感じる問題も多少ありました。

問題数100問に対して時間が90分なので、1問あたり約50秒で回答する必要があります。70%以上正解で合格だそうで、僕は87点でした。制限時間と問題数を他の試験と比較した場合、例えば日本で取得者の多いNSCAパーソナルトレーナー試験は、3時間で140~150問前後だと思います。なので、90分で100問と聞くと、なんだか凄く時間に追われるイメージを受けるかもしれませんが、ケーススタディ形式の長い問題は少なく、基本的な知識を確認する問題が主体で、1問1問の問題文がそれほど長くないので、スピードが必要なのは事実ですが、キチンと準備していれば何とかなります。もちろん、英語で問題を読めることが大前提ですが。(写真はパソコンからプリントアウトした仮合格証で、公式認定証は4週間位で届くらしいです)

試験に受かったとは言っても、まだまだ理解が不充分ですので、引き続き理解を深めるようにしたく思います。

|

« NASM コレクティブ・エクササイズ スペシャリスト | Main | 総合格闘技の世界連盟 発足 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110755/54457813

Listed below are links to weblogs that reference NASM コレクティブエクササイズ・スペシャリスト取得:

« NASM コレクティブ・エクササイズ スペシャリスト | Main | 総合格闘技の世界連盟 発足 »