« an angel with adorable dimples | Main | Miranda Kerr appears on a japanese commercial »

03/06/2012

a latest report about HIT

about the article i posted on this blog three years ago(jan 29th 2009), i got a comment from an anonymous person today.  in that article i wrote that 30 seconds of intense bicycle workout 4sets three times a week is beneficial for insulin sensitibity, citing an article on bbc news.  the anonymous comment claims that even 2-3 minutes of intense workout a week makes difference.     the answer to this comment is ....  whether 2-3 minutes of high intensity training works or not depends on your genetic factors.  for details, please refer to this report. http://www.bbc.co.uk/news/health-17177251

3年前(2009年1月29日)このブログに書いた記事について、本日、匿名の方からコメントを頂きました。3年前に僕が書いた記事はbbcニュースを引用したもので、「30秒の自転車ダッシュ×4セットを週3回行うと、血糖値のコントロール(糖尿病の予防)に良い効果がある」といった内容です。

本日頂いたコメントは、「週3回ではなくて、週2~3分ではないですか?」との指摘。 実は僕自身も数日前に「週2~3分の高強度トレーニングの効果」に関する記事をチラッと目にしたのですが、週2~3分で効果が上がるというのは、いくら何でも胡散臭いと思い、あまり気に留めていませんでしたが、コメントを頂いたのをキッカケに、あらためて 最新情報を読んでみました    (マイケル・モスレー博士というイギリス人が2012年2月28日bbcに寄稿した記事  上記リンク↑)   以下、概要を翻訳します。

(マイケル・モスレー)が、「週に3分運動するだけで、著しい効果がある」という話を聞いた際、正直、信じ難かった。 しかし、この憤慨すべき説は、イギリスを含む数ヶ国で数年に渡り研究されているという。 そんなわけで、私自身がこのトレーニング法の効果を試してみることにした。

この高強度・短時間トレーニングの主導者はバーミンガム大学のジェイミー・ティモンズ教授(加齢生物学) ジェイミー教授は「週3分の高強度トレを4週間実施すると、大きな変化が期待出来る」と説明してくれた。 具体的には、インスリンの感受性が平均で24%程度改善し(つまり糖尿病の予防になる)、有酸素運動能力が向上するとのこと。

しかし、詳しい説明を聞くと、美しいバラにはトゲがあるものである。この高強度・短時間トレが功を奏するかどうか?は遺伝的要因が影響するという。つまり、このトレーニングに反応する体質の人と反応しない体質の人がいるのだ。それは遺伝子検査で調べられるという。なので、私もその遺伝子検査を受けた。ただし、結果はこのトレーニング実験が終了するまで知らされない。

トレーニング内容はシンプルで、エアロバイク(パワーマックス・タイプの物だろう)で数分 ウォームアップする、その後20秒全力で漕ぐ、2~3分ペースを落とし、また20秒全力で漕ぐ、また少々ペースダウンし、また20秒全力で。  つまり、20秒の自転車ダッシュをインターバルを挟んで3セット行うだけである。      (週3回ペースで実施した模様) 

効果があるかどうか?懐疑的な気分と義務感で4週間のトレーニング実験を終了した。4週の合計で12分の全力ペダリングおよび36分の低強度ペダリング(インターバル時)を実施した。 そして、実験開始前と4週後の血液検査等のデータを比較してみた。

結果は複雑で、私のインスリン感受性は24%向上していたが、有酸素能力(おそらくVO2max)には変化が見られなかった。私は落胆したが、ジェイミー教授は驚いた様子はなかった。遺伝子検査の結果、私はこの手のトレーニングに反応しないタイプだったからだ。

グルコース代謝が向上する効果は見られたので、今後もこの高強度・短時間トレを続けるつもりである。短時間だが、非常に強度が高いので、誰にでも合うものではない。  特に何らかの疾患などを有する場合は、このトレーニングを実施する前に、医者に相談した方が良い。

長くなるので主な部分だけを意訳しましたが、おおよそこんな内容です。 コメント下さった方、興味深いネタをありがとうございました。

|

« an angel with adorable dimples | Main | Miranda Kerr appears on a japanese commercial »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110755/54158097

Listed below are links to weblogs that reference a latest report about HIT:

« an angel with adorable dimples | Main | Miranda Kerr appears on a japanese commercial »