« NSCAの新資格  CSPS | Main | 27th feb 2012 diary »

02/24/2012

feb 24th 2012 diary

仕事が終わってから、市民体育館のトレーニング室にトレーニングに行った。トレーニング室に入ると、60歳位のオジさんが僕に声をかけてきた。「デッドリフトを初めてやるんだけど、やり方がわからないので教えてもらえませんか?」と言う。

このオジさん、トレーニング室で時々見かけるが、話をしたことはないので、僕の職業など知らないハズである。トレーニング室には既に3~4名程度の人がトレーニングしていたが、なぜ、僕を待っていたように声をかけてきたのか?

一瞬だが返答に迷った。皆さん御存知の通り、デッドリフトは正しいフォームでやらないと腰など痛めやすい種目である。正しいフォームを習得するには、少々のコツと練習が必要である。自分のトレーニング前に、片手間に簡単にデッドリフトを教えて、このオジさんが理解不十分なまま実施してしまったら、それこそ、腰を痛めたりして危険である。

正しく習得してもらうためには、ある程度時間をかけて、キチンと段階を踏みながら説明してゆく必要があるが、そうなると、僕にとっては「仕事の一部」となってしまい、レッスン料金を頂かなくてはならない。

しかし、このオジさんが僕に声をかけて下さったのも何かの縁だろうから「あ、いいですよ」と引き受けた。

デッドリフトにはノーマルタイプとスティッフレッグがあり、どちらを選択するかで鍛える筋群が異なることから説明した。(オジさんはノーマルタイプを希望した)

まず、脛がシャフトに触れるくらい近い位置に立つこと・持ち幅・ノーマルグリップとオルタネイトグリップの違い・スタンス・肩の先端がシャフトの延長上よりも多少、前に来る位置に構えること・引き上げる時も下ろす時もシャフトがズボンに触れるくらいの位置にキープすること・シャフトの軌道..... etc  順を追って基本通りに説明していった。

このオジさん、デッドリフトは初めてだが、トレーニング経験はあるので、飲み込みが早く、 中々スジが良い。一通り説明が終わると「いやー、素晴らしい説明ですね」と僕の指導を褒めて下さった。

理想ならば、「お役に立てれば幸いです、また何かあったら声かけて下さいね!」とでも言えば良いのだろうが、僕はトレーニング指導で収入を得ている身である。ここで僕の身分を明かしておかないと、このオジさん、この次に会った時も「また続きを教えて!」とか「今度はパワークリーンを教えて!」とか言ってくる可能性がある。

僕はこのオジさんと、もう関わりたくないわけではない、また声をかけて頂ければ嬉しいし、金銭は抜きにしても、トレーニングを通じて多くの人々と触れ合えるのは喜びである。しかし、有料レッスンに等しいことを、特に親しい間柄でもない人にそう何度も無料で提供したら、お金を払って僕のレッスンを受けて下さっている皆さんに申し訳がないという気持ちもある。

だから、無礼を承知で僕は言った「僕は、これを教えるのが仕事なんです、フィットネス・インストラクターなんです。 こう言っては何ですが、あなたは運が良い、声をかけた相手に恵まれた」   最後の一言は余計だったかもしれない、俺は何て嫌味な奴なんだろうと少々自己嫌悪になった。世の中、持ちつ持たれつで、いつかどこかでこのオジさんに僕が世話になることもあるかもしれない。

と、少々、複雑な心境の出来事だったが、今日の出会いに感謝したいと思う。

|

« NSCAの新資格  CSPS | Main | 27th feb 2012 diary »

Comments

親切ですね。僕なら最初に自分の職業を言って、
「僕の指導を受けると料金が発生しますがよろしいですか」と
言ってしまうでしょう。

Posted by: HIRA | 03/02/2012 at 11:47 AM

>HIRAさん

ありがとうございます!
ちょうど1週間経過して、今日また仕事帰りに前回とほぼ同じ時間帯にトレーニング場に行って来ました。今日は、このオジさんは来ていませんでした。願わくば、その後もデッドリフトを順調に実施してくれていると良いのですが...


公共のトレーニング施設は低料金で気軽に利用できるせいもあり、色々な人が来ますよね。大半は常識的で良識のある方々ですが、時々マナーの悪いヤツがいますよね。 例えば...

・自分が使ったプレート・シャフト・ダンベルなどを片付けないで帰っちゃうヤツ

・混んでいる時間帯にスーパーセットやサーキット・トレーニング等を行い、2ヶ所も3ヶ所も同時に器具を独占するヤツ

・巻き藁やサンドバッグの代わりに、スクワットラックなどをガンガン蹴ってローキックの練習してるヤツ などなど...

あんまりマナーが良すぎるジムというのも、ある意味、無機質で気味悪いかもしれませんから、ちょっと変わった人達とか変態がいるくらいの方が面白くて良いのかもしれませんが(笑)

Posted by: ENDO | 03/02/2012 at 07:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110755/54065131

Listed below are links to weblogs that reference feb 24th 2012 diary:

« NSCAの新資格  CSPS | Main | 27th feb 2012 diary »