« November 2011 | Main | January 2012 »

12/31/2011

31st dec 2011 diary

in the past several years in japan, mma events had been broadcasted on tv on new year's eve.   but japanese mma business is in recession now , therefore mma isn't aired on tv tonight.   so now i am watching victoria's secret fashion show on fox channel instead.

watching beautiful models on new year's eve isn't not that bad, u know ?    i have become a fan of miranda kerr and alessandra ambrosio,  so cute heart    have a good end of year everyone !!     

ここ数年、恒例だった大晦日の格闘技番組が今年は放送されていないので、Foxチャンネルでヴィクトリア・シークレットのファッションショーを今観てます。 格闘技の代わりにキレイなモデルさん達を観て大晦日過ごすのもたまにはいいか(笑)

アレッサンドラ・アンブロジオって人が凄いcoolな美人で、ミランダ・カーもカワイイよね。年甲斐もなく、ファンになってしまいました(笑)

皆さん、今年もありがとうございました。良いお年をお過ごし下さい(^^)   

| | TrackBack (0)

12/30/2011

Worldwide フィットネス関連団体 主なもの

in the fitness industory, there are a large number of organizations worldwide,  the following are links to leading organizations .

フィットネス業界には数多くの教育&資格認定団体が存在していますが、世界的な規模で見ると、日本で知られているのは、ごく一部です。以下、主だった組織を列記してみます(設立されたのが古い順から書きます&日本国内限定の組織は除きます)

ACSM (米国スポーツ医学会)  ・・・ 1954年設立  世界で一番最初に創設されたフィットネス&スポーツ医科学の学術組織  http://www.acsm.org/

クーパー研究所 ・・・ 1970年設立 ”エアロビクスの生みの親”ケネス・クーパー博士が、有酸素運動を通じた健康増進のため設立。パーソナルトレーナー認定なども行っている  http://www.cooperinstitute.org/

NSCA (全米ストレングス&コンディショニング協会) ・・・ 1978年設立  筋力トレーニング研究の専門組織として世界最初の団体  http://www.nsca-lift.org/

IDEA(国際ダンス・エクササイズ協会) ・・・ 1982年設立  資格の認定は行っていないが、インストラクターへの情報や継続教育の提供機関として機能    http://www.ideafit.com/

AFAA (米国エアロビクス&フィットネス協会) ・・・ 1983年設立 エアロビクス・インストラクターの認定機関としてスタートしたが、現在は幅広く、パーソナル・トレーナー、グループエクササイズ・インストラクター等の資格認定も行っている。2018年現在、米国体育&フィットネス協会 Athletics and Fitness Association of Americaという呼称に変わり、運営会社も創設時とは変わっています。 http://www.afaa.com/

ACE(米国エクササイズ評議会) ・・・ 1985年設立 日本ではあまり知られていないが、堅実でしっかりした組織として北米を中心に中々大きな組織。認定指導員の人数はアメリカを中心にかなり多い模様。http://www.acefitness.org/

NASM(全米スポーツ医学アカデミー) ・・・ 1987年設立、日本ではあまり知られてないが、フィットネス関連のメディアには時々、名前が登場する創設時にプログラム開発をしていたのは、理学療法の専門家が中心で、その意味ではフィットネスの専門家が作った団体ではないが、別の見方をすれば、従来のフィットネス団体にはない「リハビリ&ケガの予防的な視点」が興味深いとも言えるかもしれない。http://www.nasm.org/

もちろん、これらの団体以外にも多くのフィットネス資格認定&教育団体が存在しますが、日本だけでなく、北米を中心とした世界規模での広がりや歴史などを考えると、主要な団体の部類に見なされるのはこれらの団体でしょうか。また新しい団体も次から次に誕生しています。この記事を最初に書いたのは2011年ですので、「あれ、あの団体が載ってない」ということもあり得るかもしれませんが、ご容赦下さい。

全米トレーナーズ協会 NATAは、スポーツ関連障害の予防および対処に関する専門家の組織であり、フィットネス・インストラクターやパーソナルトレーナーとは専門性がやや違っています。関連分野ということで相互理解や協力関係が理想ですが、フィットネス団体に含めるのは、彼らの専門性に敬意を欠くことになり得るので、ここには含めていません、ご了承下さい。

| | Comments (33)

12/29/2011

ACSM版 ストレングス&コンディショニング テキスト発売

51uoynnwgyl__sl500_aa300_ACSM(American College of Sports Medicine) and NSCA(National Strength &Conditioning Association) are the most representative major two organizations in fitness industory.

the difference between these two organizations is .... the focus of NSCA is research & practical application of muscle training ,  whereas in ACSM, the focal point has been in effects of cardiovascular fitness on health and disease prevention.  but recently, ACSM is beginning to put focus on resistance training too as an integral part of exercise program,  and has released a book on strength & conditioning.    i wonder how different this book is from NSCA's Essentials of S&C ?

ACSM (米国スポーツ医学会)とNSCA(全米ストレングス&コンディショニング協会)というのは、フィットネス業界を代表する2大メジャー団体です。

似たような名称ですが、NSCAは筋力トレ-ニングの専門機関、一方、ACSMは有酸素系の運動が健康や疾病予防にもたらす効果を中心に研究してきました。が、ここ数年、ACSMも筋力トレーニングの研究に力を入れ始めています。

(ちなみに、初動負荷理論の研究論文はACSMに提出されていますし、加圧トレーニングもACSMと研究提携しているとか.....フィットネス関連の研究者の間では、やはり、ACSMに認められてこそ本物!みたいな認識があるようです)

そして最近、ACSMのストレングス&コンディショニング専門書が発売になったようです。500ページ以上あるそうで、NSCAのS&Cテキストに匹敵するボリュームですね。 買ったわけではないのですが、どんな内容か、ちょっと気になります。

(この本の著者 ニコラス・ラタメスという人はNSCAの研究員&CSCSでもあるらしいので、   結局のところ、NSCA版テキストと似たような内容になっているとは思いますが.....このようにACSMとNSCAの接点が出来るのは良い傾向ですね)

| | TrackBack (0)

12/24/2011

マイピラミッドのサイト

as u may already know, i have found a useful website for weight management, if u enter the amount of foods u took & duration of physical activity, this website calculates your calorie intake & energy expenditure.

http://www.mypyramidtracker.gov/default.htm

体重管理が気になる人に役立つウェブサイトを見つけました。食べた物の種類や量を入力すると、自動的にカロリーを算出してくれます。 同様に、活動量(どんな運動を何分位行ったか?を入力すると消費カロリーを算出してくれます。

ただし、アメリカのサイトなので、食事計算に関しては、日本人がよく食べるメニューや食材のデータは少ないです。最初に簡単なユーザー登録が必要ですが、興味のある人は試してみると良いですよ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

12/11/2011

ミルコ  k-1ルールで復帰予定

one of my favorite fighters Mirko Cro Cop, who said farewell to UFC in october seems to have made up his mind to continue fighting . his comeback fight is gonna be kickboxing on march 10th in his native country croatia.  i like his never give up attitude .

http://www.mmafighting.com/2011/12/09/despite-close-to-ufc-career-mirko-cro-cop-plans-return-to-kickb/

ミルコ・クロコップが10月のUFC137で試合後、「これがお別れ試合だ( this is my farewell fight)」と言ったのを受け、多くの格闘技メディアは「ミルコ引退!」と報じました。 でも、ミルコはquitとかretireとかは一言も言っていなかったので、あくまで「UFCでの最後の試合」という意味だと僕は思っていました。

で、予想通り、ミルコは引退する気はまだないようで、3月10日に母国クロアチアでk-1ルールのキックボクシングの試合をするそうです(対戦相手はまだ未定)  2003年以降、総合格闘技に専念していたミルコにとっては、約10年ぶりのキックルールの試合となります。 現在、右上腕部の筋肉を痛めていて、年内一杯くらいは右肘をギプス固定するようですが、可能な範囲の練習は再開した模様です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/09/2011

9th Dec 2011 diary

少しずつ冬らしくなってきましたね、皆さんお変わりありませんでしょうか?

今、帰宅してクルマを駐車場に入れた途端に、いつもこの付近をウロウロしているノラ猫がクルマのボンネットの上に飛び乗った。で、そこから離れようとしない・・・・  考えてみたら、エンジンの余熱でボンネットの上が暖かくて、猫には気持ち良いんだろうね。クルマの上に乗っている姿がカワイイので、写真に撮ろうと携帯をカメラモードにして構えたら、気配を察知したらしく逃げてしまったが、またスグに戻ってきて再びボンネットの上に・・・(笑)

最近、ボンネットやフロントガラスに猫の足跡がペタペタついているのは、この猫だったのネ・・・ 僕は猫好きなので、クルマの上に乗られるのは構わないんだけど、この寒い時期に、毎日、雑巾で猫の足跡を拭き取るのは面倒です(苦笑)  動物のこんな本能的な行動に冬を感じた瞬間でした。 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

12/04/2011

4th Dec 2011 diary

today i tried downloading the kindle reader software from amazon on my pc.  until now i was thinking that buying a kindle-reader tablet device was necessary for reading electoronic books, but i found out that the kindle reading software is downloadable on pc too, so i installed the software and got a sample e-book for free.  though i haven't learned how to utilize the software fully yet, i'm gonna learn it little by little.

今日は、アマゾンからキンドル・リーダーのソフトをパソコンにダウンロードしてみました。電子書籍を購入して読むには、専用のキンドル・リーダーのタブレット端末が必要だとばかり思っていましたが、パソコンにも専用ソフトを無料ダウンロード可能と知って、即インストール。

とりあえず、電子書籍のサンプル版を無料で入手してみました。まだ完全に使い方を理解してないので、使い勝手が良いとは言えないですが・・・(笑)  今のところ、キンドルを利用できるのはUSAのアマゾンのみですが、近日中に日本のアマゾンでもキンドルによる電子書籍の販売を始める予定らしいです。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2011 | Main | January 2012 »