« マイピラミッドのサイト | Main | Worldwide フィットネス関連団体 主なもの »

12/29/2011

ACSM版 ストレングス&コンディショニング テキスト発売

51uoynnwgyl__sl500_aa300_ACSM(American College of Sports Medicine) and NSCA(National Strength &Conditioning Association) are the most representative major two organizations in fitness industory.

the difference between these two organizations is .... the focus of NSCA is research & practical application of muscle training ,  whereas in ACSM, the focal point has been in effects of cardiovascular fitness on health and disease prevention.  but recently, ACSM is beginning to put focus on resistance training too as an integral part of exercise program,  and has released a book on strength & conditioning.    i wonder how different this book is from NSCA's Essentials of S&C ?

ACSM (米国スポーツ医学会)とNSCA(全米ストレングス&コンディショニング協会)というのは、フィットネス業界を代表する2大メジャー団体です。

似たような名称ですが、NSCAは筋力トレ-ニングの専門機関、一方、ACSMは有酸素系の運動が健康や疾病予防にもたらす効果を中心に研究してきました。が、ここ数年、ACSMも筋力トレーニングの研究に力を入れ始めています。

(ちなみに、初動負荷理論の研究論文はACSMに提出されていますし、加圧トレーニングもACSMと研究提携しているとか.....フィットネス関連の研究者の間では、やはり、ACSMに認められてこそ本物!みたいな認識があるようです)

そして最近、ACSMのストレングス&コンディショニング専門書が発売になったようです。500ページ以上あるそうで、NSCAのS&Cテキストに匹敵するボリュームですね。 買ったわけではないのですが、どんな内容か、ちょっと気になります。

(この本の著者 ニコラス・ラタメスという人はNSCAの研究員&CSCSでもあるらしいので、   結局のところ、NSCA版テキストと似たような内容になっているとは思いますが.....このようにACSMとNSCAの接点が出来るのは良い傾向ですね)

|

« マイピラミッドのサイト | Main | Worldwide フィットネス関連団体 主なもの »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110755/53596981

Listed below are links to weblogs that reference ACSM版 ストレングス&コンディショニング テキスト発売:

« マイピラミッドのサイト | Main | Worldwide フィットネス関連団体 主なもの »